Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

RxTstudy第15回オープニング・パネルディスカッション

4,020 views

Published on

RxTstudy第15回オープニング・パネルディスカッション

第65回 SEA関西プロセス分科会&RxTStudy #15 「チケット管理システムによるプロセス支援と今後の課題」の感想: プログラマの思索 http://forza.cocolog-nifty.com/blog/2016/07/65-searxtstudy-.html

Published in: Technology
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

RxTstudy第15回オープニング・パネルディスカッション

  1. 1. 第65回 SEA関⻄プロセス分科会 第15回 RxTStudy 『チケット管理システムによる プロセス支援と 今後の課題』 2016/7/30 あきぴー@RxTStudy Copyright2016 akipii@XPJUG関西 1
  2. 2. パネルディスカッション 『チケット管理システムによる プロセス支援と今後の課題』 2016/7/30 あきぴー@RxTStudy Copyright2016 akipii@XPJUG関西 2
  3. 3. パネルディスカッションに入る前に • 最初にダイアログタイムを取ります • 近くの4〜6人で、自己紹介してください • 今日の講演を聞いた感想、自分が持つ問題意識を共有 してください • その他、何でも共有してみてください • ダイアログタイムは15分です • その後、パネラーによる議論と、質問タイムを⾏います copyright2016 akipii@XPJUG関西 3
  4. 4. 【再掲】Redmineの運用拡大イメージ Copyright2016 akipii@XPJUG関西 4 導入期 拡大期 安定期 ユーザ数 PJ数 ユーザが増大して トラッカーやPJが 増大 ⇒WFも複雑怪奇 問題噴出! 衰退期
  5. 5. 【再掲】運用拡大のフェーズ • Redmine運用拡大中に、トラップが幾つかある Copyright2016 akipii@XPJUG関⻄ 5 No フェーズ 状況 発生する問題 1 導入期 環境構築 初心者はインストールでつまずく 2 1チームの運用 プロセスを安定させるために試⾏錯誤する 3 拡大期 他部署へ展開 ①ユーザ、トラッカー、PJが増大 ②他チームに定着させるために試⾏錯誤する 4 機能改善 Redmineの機能改善の要望が増える (ガントチャート改善、メトリクス集計) 5 安定期 保守維持作業 ①カスタマイズしたRedmineはVerUpしにくい ②Redmine設定が複雑になる ③運用プロセスが複雑になる
  6. 6. 皆さんへアンケート 1. 今日の講演会は、どこから知りましたか? 2. あなたのRedmineの使用バージョンは? 3. あなたのRedmineサーバーのOSは? 4. あなたのRedmineのチケットは何枚? 5. あなたのRedmineのユーザは何人? 6. あなたのRedmineのトラッカーは何個? 7. あなたのRedmineプロジェクトは何個? copyright2016 akipii@XPJUG関西 6
  7. 7. 質問① • Redmineの運用を定着させるために、どんな手法を 試したか? • 成功談、失敗談を聞かせてください • 例:他チームへ説明しても定着しなかった • 例:自社の多種多様な案件に対応できなかった • 例:ユーザ数が増えるにつれて、トラッカーやカスタムフィー ルドが増えて、プロセスが複雑になった • 例:チケット管理とExcel報告書を使い分ける基準が曖 昧なために、Excel管理に戻ってしまった copyright2016 akipii@XPJUG関西 7
  8. 8. 質問② • Redmineが組織を良い⽅向に変える場⾯はありますか? • 例:PJ型組織の雰囲気になり、一体感が出る • 例:自発的な⾏動を⽀援する • 例:運用プロセスが標準化される • Redmineが組織に従う場⾯はありますか? • 例:既存の組織構造がモロに反映される • 例:業務フローがスリムにならない • 例:Redmineが運用プロセスを窮屈にする copyright2016 akipii@XPJUG関西 8
  9. 9. 質問③ • Redmineの機能拡張や保守負担をどのように下げる か? • 例:ガントチャート改善やメトリクス集計の要望が多い • 例:Redmine本体のVerUpに追随しにくい copyright2016 akipii@XPJUG関西 9
  10. 10. 最後に議論したいこと • Redmineガイドラインをコミュニティで作りたい • Redmineの業務テンプレートを集めて公開したい • トラッカー名 • ステータス名 • ワークフロー • カスタムフィールド名 • Redmineの機能に、組織や業務をどのように適合させるか? • 組織とプロセスは、Redmineにどのように反映させるか? • メリット①:初心者はベストプラクティスをすぐに使える • メリット②:経験者は以前の設定を流用できる copyright2016 akipii@XPJUG関西 10
  11. 11. 第65回 SEA関⻄プロセス分科会 第15回 RxTStudy クロージング 2016/7/30 あきぴー@RxTStudy Copyright2016 akipii@XPJUG関西 11
  12. 12. 最後に • 今日の勉強会は楽しんで頂けましたか? • 続きは懇親会で語りましょう • それでも足りない人は、、、 • 2次会、3次会(?)でどうぞ • RxTStudyスタッフを募集中です • スタッフになりたい⽅は、スタッフにお声掛け下さい copyright2016 akipii@XPJUG関西 12
  13. 13. copyright2016 akipii@XPJUG関西 13 それでは また次回 お会いしましょう

×