Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
Upcoming SlideShare
GitLab & web hooks & git-flowで実現する企業向けgit環境の構築
Next
Download to read offline and view in fullscreen.

Share

Redmine + gitlab: merge base development

Download to read offline

RedmineとGitLabを使ったソフトウェア開発プロセスの紹介

Related Books

Free with a 30 day trial from Scribd

See all

Related Audiobooks

Free with a 30 day trial from Scribd

See all

Redmine + gitlab: merge base development

  1. 1. Redmine + GitLab マージベース開発プロセス 株式会社アピリッツ 島田慶樹
  2. 2. 2 自己紹介 • RailsでのWebシステム開発6年くらい • Apache Cassandraの導入 • 現在はScala Playframawork
  3. 3. プロジェクト概要 3 • Webサービスの新規開発(SI案件) • 開発メンバー 6名前後(Rails初心者含む) • 設計からC/Oまで数ヶ月
  4. 4. 4 ツールまわり
  5. 5. 5 Redmine • お客様参画プロジェクト • 課題管理(チケット) • ドキュメンテーション(wiki) • 開発者専用プロジェクト • タスク管理(チケット) • ドキュメンテーション(wiki)
  6. 6. 6 GitLab • リポジトリホスティング • gitアクセス権限管理 • マージリクエスト • ブランチ管理
  7. 7. 7 Jenkins • 開発ルールとしてRSpec必須化 • メインラインとマージリクエストの 2プロジェクト
  8. 8. 開発サイクル 8 1. 機能ごとにチケット起票 2. 開発者にアサイン 3. トピックブランチで開発 4. リポジトリにプッシュしてマージリクエスト 5. マージ担当者のピアレビュー、マージ
  9. 9. 9 チケット駆動開発
  10. 10. 10 ブランチ戦略 topic 1 develop master merge request! release!
  11. 11. 11 マージリクエスト
  12. 12. 12 マージリクエスト  reviewee reviewer      マジリク
  13. 13. マージリクエスト 13 メンバーの中から相手を1人選んで マージリクエストを投げる • 関連する機能を作ってる人 • 内容について相談できる人
  14. 14. 14 マジリクのルール 業務で行う開発の場合、マージリクエストは ! ! では済まされない
  15. 15. 15 OSSとの違い Pull Request コードオーナー コントリビューター LGTM! オミゴト!
  16. 16. 16 マジリクのルール • マージリクエストは自分以外の開発者に アサインする • マージリクエストを依頼するチケットを 作成する • チケットに、実装した機能を確認する手順を 簡単に記述する
  17. 17. 17 確認手順チケット
  18. 18. 18 マジリクのルール • アサインされた開発者は下記の内容を確認し、 問題がなければマージを実施する。問題があれば差し戻す • テストがついているか、Jenkinsで そのテストがパスしているか • 手順どおりに機能するか • コードのフォーマットや内容に不備がないか • メソッドの長さ、ネストの深さなど
  19. 19. 評価
  20. 20. 20 振り返り - keep • developブランチのコードを 常に動作確認済みの状態に保つことができた • マジリクを分担することにより、 他のメンバーのノウハウを吸収できた
  21. 21. 振り返り - problem 21 • 不具合対応や微調整の時期になると、 マジリクの作成・実施が重くなってきた • 一部のメンバーにマジリクの負担が 集中した
  22. 22. 22 振り返り - try • 開発のフェーズにあわせて マジリクの運用ルールを調節する • 開発者用プロジェクトをRedmineから GitLabのissue, wikiに移行 ※お客様参画プロジェクトはそのまま
  23. 23. 23 まとめ • GitLabによるマジリクベースの開発で 結合テストを開発プロセスに織り込む • RedmineとGitLabは機能がダブるので 棲み分けに工夫が必要
  • nyameji

    Jun. 14, 2017
  • MidTom

    Mar. 21, 2017
  • TakeruOoyama

    Dec. 7, 2016
  • tosshi0703

    Jun. 4, 2016
  • ShinyaKudo

    Mar. 27, 2016
  • hakihakix

    Feb. 12, 2016
  • ssuser522b07

    Nov. 28, 2015
  • chikanoritsuru

    Nov. 11, 2015
  • naokitaniguchi336

    Sep. 23, 2015
  • basaltan

    Jul. 12, 2015
  • s-tomori

    May. 16, 2015
  • horifire

    Feb. 7, 2015
  • AsHi2

    Nov. 26, 2014
  • matsunari

    Nov. 20, 2014
  • takMatsuoka

    Nov. 19, 2014
  • yasukazunagatomi

    Nov. 19, 2014
  • cakeyoshida

    Nov. 17, 2014

RedmineとGitLabを使ったソフトウェア開発プロセスの紹介

Views

Total views

23,067

On Slideshare

0

From embeds

0

Number of embeds

17,391

Actions

Downloads

27

Shares

0

Comments

0

Likes

17

×