Successfully reported this slideshow.
研究・技術・イノベーションの実現に向
けて
課題分析

Yuriko Sawatani, Fellow
JST (Japan Science and Technology Agency)
1
アジェンダ
• 研究・技術計画学会の研究テーマ別発表
件数の変遷(第24回〜第27回)
• 技術経営関連学会の研究テーマの比較
• 課題分析とアクションの提案

2
第24回-27回 年次学術大会
恒常イシュー発表申込件数割合
カテゴリー
技術経営
(総論、分野別)

恒常イシュー
技術経営

分野別のR&Dマネジメント
科学技術のグローバライ 知的財産権
ゼーションと知的財産・
標準化
標準化
科学技術の...
第24回-27回 年次学術大会
ホットイシュー発表申込件数割合
カテゴリー

国際・人
材・
グローバラ
イゼーショ
ン
サービスイ
ノベーショ
ン、
戦略
イノベー
ション

新規課題

人と科学技
術
新規課題

科学技術
政策

ホットイ...
技術経営関連の学会
学会名

研究・技術計画学会

経営情報学会

日本MOT学会

産学連携学会

産学連携に関心を有する
経営情報にかかわる諸問
全ての方々を対象とし、
題の研究および応用を促
○技術経営の向上
産学連携に従事する際の
進し...
技術経営関連学会の研究テーマの比較
研究テーマ

技術経営、分野別のR&Dマネジメント

EC/eビジネス、SCM、供給調達
起業・事業開発、ベンチャー企業・サービスイノベーション
経営戦略
技術戦略・研究開発戦略
情報システム、情報化社会,経...
課題分析とアクションの提案
• 課題
– 研究テーマ毎のクリティカルマスの保持
– 企業のマネジメント需要とのミスマッチ
• 戦略、マーケティング、事例、業務プロセス、サービスイノ
ベーション等

• アクションの提案
– 研究カテゴリーの導入...
研究カテゴリーの導入
恒常イシューとホットイシュ−の関連
カテゴリー

恒常イシュー
技術経営
分野別のR&Dマネジメント
知的財産権
標準化
科学技術のグローバリゼーショ
ン
評価
メトリクス
技術進歩の経済分析
科学技術政策と政策論
戦略形...
クリティカルマスの維持
カテゴリー別研究テーマの割合
100%
科学者社会学・倫理問題
90%
人材問題

80%
70%

地域と産学官連携
60%
ベンチャー・企業・大学の技術経営と
イノベーションシステム

50%
40%

国際競争力・...
現場とアカデミアをつなぐ
Program
イン・アウトリーチ
研究の体系化
アカデミアでの研究
知識化

コミュニティの拡大 一般・産業フォーラム
研究技術イノベーション
Project

研究開発の
価値の実現
プロジェクト
学会・研究会

...
現場から政策までをつなぐ研究
政策
提言

研究開
発・イ
ノベー
ション
の測定
手法

科学技術政策とナショナル・イ
ノベーション・システム(戦略
形成、資金配分)

第二層(Meso)
ベンチャー・企業・大学の
技術経営とイノベーション
...
イノベーションフロンティア研究会の
提案
• 目的
– 現場とアカデミアをつなぎ、研究・技術・イノベー
ション研究の最前線を研究する

• 活動
– 学や企業からの課題とニーズの提案の掘り下げ(状況
分析)
– これらのニーズをブリッジしていく...
Thank you!
backup

14
カテゴリー別研究テーマの割合
カテゴリー
技術経営(総論、分野別)
地域と産学官連携
評価、メトリクス
ベンチャー・企業と大学をつなぐR&Dシステム
科学技術政策、戦略、イノベーションシステム
知的財産、標準化、科学技術のグローバライゼーショ
...
2013年からのテーマ提案
2013年度からのカテゴリ−案
旧カテゴリーとの対応
説明
技術経営(戦略・R&Dマネ 技術経営,分野別のR&Dマネ
1
昨年度までの「技術経
ジメント)
ジメント
営」、「分野別のR&Dマ
2 技術経営(教育・育成...
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

研究・技術・イノベーションの実現に向けて Panel presentation at Jssprm 2012

504 views

Published on

  • Be the first to comment

研究・技術・イノベーションの実現に向けて Panel presentation at Jssprm 2012

  1. 1. 研究・技術・イノベーションの実現に向 けて 課題分析 Yuriko Sawatani, Fellow JST (Japan Science and Technology Agency) 1
  2. 2. アジェンダ • 研究・技術計画学会の研究テーマ別発表 件数の変遷(第24回〜第27回) • 技術経営関連学会の研究テーマの比較 • 課題分析とアクションの提案 2
  3. 3. 第24回-27回 年次学術大会 恒常イシュー発表申込件数割合 カテゴリー 技術経営 (総論、分野別) 恒常イシュー 技術経営 分野別のR&Dマネジメント 科学技術のグローバライ 知的財産権 ゼーションと知的財産・ 標準化 標準化 科学技術のグローバリゼーション 評価 研究開発・イノベーショ ンの測定手法 メトリクス 科学技術政策とナショナ ル・イノベーション・シ ステム (戦略形成、資金配分) 研究対象 研究領域 #24 #25 #26 #27 技術、組 6.8% 15.7% 18.4% 19.1% 企業 織 技術、組 6.8% 6.1% 8.2% 7.3% 企業 織 技術、組 5.6% 6.1% 5.7% 3.9% 企業、政策 織 技術、組 1.1% 6.1% 0.0% 0.0% 企業、政策 織 1.1% 1.5% 0.6% 2.2% 企業、政策 組織 手法、企業、政 技術、手 6.8% 6.6% 7.0% 6.2% 策 法 手法、企業、政 技術、手 3.4% 3.0% 1.3% 5.1% 策 法 手法、政策、社 技術、手 1.1% 0.5% 0.6% 0.6% 会 法 4.5% 3.0% 3.2% 3.9% 政策 政策 5.1% 2.5% 1.3% 1.1% 政策 政策 技術進歩の経済分析 科学技術政策と政策論 戦略形成 ナショナル・イノベーション・シス テム 政策 公的資金配分機関のマネジメント 政策 国際競争力・産業競争力 政策、企業 ベンチャー経営と政策 政策、企業 研究開発システムとモデル 政策、産業 国際競争力・産業競争力 ベンチャー・企業・大学 の技術経営とイノベー ション システム 科学技術と大学 産官学連携 地域と産学官連携 地域科学技術研究 政策、大学 政策、地域 政策、地域 政策 政策 競争者 政策 政策 技術、組 織 組織 組織 3.4% 5.1% 7.3% 4.0% 2.8% 3.0% 1.5% 8.6% 0.5% 2.5% 4.4% 8.2% 3.8% 0.0% 1.9% 2.8% 3.9% 7.9% 1.7% 5.1% 4.0% 7.9% 3.4% 2.5% 5.1% 3.9% 3 7.1% 15.8% 10.1% 5.1% 4.4% 2.2%
  4. 4. 第24回-27回 年次学術大会 ホットイシュー発表申込件数割合 カテゴリー 国際・人 材・ グローバラ イゼーショ ン サービスイ ノベーショ ン、 戦略 イノベー ション 新規課題 人と科学技 術 新規課題 科学技術 政策 ホットイシュー 研究対象 MOT視点からの国際競争力向上の視座 企業、国際 新興国市場台頭、市場グローバル化に対応した研究・技術開発・マネジメン ト 企業、国際 グローバル化時代における産業の国際展開と人材育成 企業、国際 研究開発パラダイムを変える新興国市場と日本企業の在り方 企業、国際 標準化と国際分業─日本における政策・戦略検討のための実証研究の展望 企業、国際 企業、国際、政 国際標準化と事業戦略・産業政策 策 サービス・イノベーションによる新産業成長 企業、サービス サービスイノベーションの新展開 企業、サービス 次世代の事業戦略と産業戦略 企業、政策 ビッグデータ活用によるイノベーションと政策的課題 企業、政策 アカデミック研究からのイノベーション創出、そのマネジメントと評価 企業、大学 企業、大学、社 社会的価値を創造するシステムの構築 会 危機状況下のマネジメント 企業、リスク 企業、リスク、 東日本大震災による製品開発マネジメントの変化 復興 政策形成における科学的助言のあり方 社会 科学技術と社会のコミュニケーションを再考する 社会 科学技術不信の下での科学技術コミュニケーション 社会 科学技術は復興の役に立つのか 社会、復興 リサーチ・アドミニストレータ(URA) 政策 『科学技術イノベーション政策の科学』の推進 政策、科学技術 科学技術政策における国の役割 政策、科学技術 「科学技術イノベーション政策の科学」—次へのステップに向けて 政策、科学技術 「科学技術イノベーション政策の科学」実践のコミュニティ構築および持 # # # # 24 25 26 27 15 12 10 9 5 6 19 15 16 8 14 14 4 5 6 10 6 3 14 24 3 17 4
  5. 5. 技術経営関連の学会 学会名 研究・技術計画学会 経営情報学会 日本MOT学会 産学連携学会 産学連携に関心を有する 経営情報にかかわる諸問 全ての方々を対象とし、 題の研究および応用を促 ○技術経営の向上 産学連携に従事する際の 進し、会員相互および関 MOTの研究・教育の集積、 ○科学技術関連政策の立 力量の涵養、地域産学連 目的 連する学協会との情報交 高度化と日本型MOTの普 案と推進 携活動の総合的支援に関 換をはかるとともに、経 及、啓蒙 する事業を遂行するとと 営情報学の確立、産業の もに産学連携業務の専門 進歩発展に寄与すること 職化を促進 産官学連携、地域科学技 術研究、分野別のR&Dマ ネジメント、科学技術政 イノベーション、マーケ 策と政策論、科学技術の ティング、起業・事業開 グローバリゼーション、 発、経営戦略、情報シス 国際競争力・産業競争力、 技術経営、イノベーショ テム、人財・能力開発、 技術経営、科学技術と社 ン研究、ベンチャー企 数理モデル、、EC/eビジ 2012年 会・倫理問題、科学社会 業・サービスイノベー ネス、SCM、情報化社会、 セッ 学、知的財産権、科学技 ション、技術戦略・研究 政府・自治体、コミュニ ション 術と大学、評価、戦略形 開発戦略、グローバル経 ケーション、意思決定、 名等 成、メトリクス、技術進 済下の技術経営、品質管 業務・企画評価、ソー 歩の経済分析、研究開発 理・技術生産性、知的財 シャルメデイアとシミュ システムとモデル、人材 産 レーション、官の情報シ 問題、標準化、ナショナ ステム、組織ディスコー ル・イノベーション・シ ス、中小企業のIT経営 ステム、公的資金配分機 関のマネジメント、ベン チャー経営と政策 110件(内ポスター15件 発表件 258件 52件 数 含む) 活動 総会、研究会、論文集 総会、研究会、論文集 総会、論文集 会長 原 陽一郎 平野 雅章 元橋 一之 早稲田大学経営専門職大 所属 長岡大学 東京大学 教授 学院教授 経営行動科学学会 経営における行動主体 (経営組織、集団、個 人)の活動が全ての分野 において、実証的・科学 的究明、旧来のパラダイ ムを超える新たな理論的 枠組みの構築をめざし、 学際的及び産学協同的ア プローチに基づく、研究 統合化 地域連携、人材育成、事 業化事例、産学連携論、 学金連携、産学官連携政 策、知的財産、農林水産、 経営行動と組織構造、生 JSTセッション、医工連 産・研究開発・販売等を 携、リエゾン、産学連携 めぐる組織行動、集団と プロジェクト、産学連携 個人の行動、人的資源管 システム、海外事例、国 理、組織における適応行 際産学連携、地域イノ 動、経営の国際化とコ ベーション、産学連携を ミュニケーション等 科学する、土佐の食品産 業を担う中核人財育成、 産学連携学の研究方法と 論文投稿 日本経営工学会 経営工学会において研究 されている領域を明確に し,その分野において関 連する研究者・実務家ら が集まり研究活動を行う 体制の導入 人的資源、経営情報、供 給・調達、経営分析、事 例発表、在庫管理、アル ゴリズム、人間工学、市 場環境、企業環境、総論 的研究、環境経営、技術 経営、推計統計・品質・ 安全性・信頼性、情報処 理、生産管理、知識情報 処理、ロジスティクス、 スケジューリング、統計 分析、その他オーガナイ ズドセッション 159件(内ポスター20年 70件 含む) 総会、研究会、論文集 総会、論文集 伊藤正実 守島 基博 約150件 群馬大学 早稲田大学 一橋大学 総会、研究会、論文集 大成 尚 5
  6. 6. 技術経営関連学会の研究テーマの比較 研究テーマ 技術経営、分野別のR&Dマネジメント EC/eビジネス、SCM、供給調達 起業・事業開発、ベンチャー企業・サービスイノベーション 経営戦略 技術戦略・研究開発戦略 情報システム、情報化社会,経営情報、情報処理 コミュニケーション、意思決定 業務・企画評価 経営行動と組織構造 企業環境、環境経営 生産管理 事例 マーケティング、市場環境 イノベーション 知的財産権 標準化 科学技術のグローバリゼーション、経営の国際化、グローバル経済下の技術 経営 研究・技 経営情 日本MOT 産学連 経営行動 日本経営 研究領域 術計画学 報学会 学会 携学会 科学学会 工学会 会 技術、情 1 1 1 企業 報 技術、情 1 1 企業 報 技術、組 1 1 企業 織 技術、組 1 企業 織 技術、組 1 企業 織 1 1 企業 情報 1 1 企業 情報、人 1 企業 組織 1 企業 組織 1 企業 組織 1 企業 組織 1 1 企業 1 1 企業、市場 顧客 技術、組 1 1 1 1 企業、政策 織 技術、組 1 1 1 企業、政策 織 技術、組 1 企業、政策 織 研究対象 企業、政策 評価、メトリクス、技術進歩の経済分析 手法 数理モデル、アルゴリズム 手法 人間工学 手法 組織 技術、手 法 組織、手 法 組織、手 法 1 1 1 1 1 1 1 6 1
  7. 7. 課題分析とアクションの提案 • 課題 – 研究テーマ毎のクリティカルマスの保持 – 企業のマネジメント需要とのミスマッチ • 戦略、マーケティング、事例、業務プロセス、サービスイノ ベーション等 • アクションの提案 – 研究カテゴリーの導入 • 恒常イシューとホットイシューの関連・更新 • 企業から新規課題の提案の促進 – 産官学の研究の場としての学会の優位性強化 • 現場とアカデミアの融合の場 • 年次総会と研究会活動との連携 • 統合・融合問題(イノベーションシステム) 7
  8. 8. 研究カテゴリーの導入 恒常イシューとホットイシュ−の関連 カテゴリー 恒常イシュー 技術経営 分野別のR&Dマネジメント 知的財産権 標準化 科学技術のグローバリゼーショ ン 評価 メトリクス 技術進歩の経済分析 科学技術政策と政策論 戦略形成 ナショナル・イノベーション・ システム 公的資金配分機関のマネジメン ト 国際競争力・産業競争力 ベンチャー経営と政策 研究開発システムとモデル 科学技術と大学 産官学連携 地域科学技術研究 人材問題 科学社会学 科学技術と社会・倫理問題 カテゴリー 技術経営 (総論、分野別) 科学技術のグローバラ イゼーションと知的財 産・標準化 研究開発・イノベー ションの測定手法 科学技術政策とナショ ナル・イノベーショ ン・システム(戦略形 成、資金配分) 国際・産業競争力 ベンチャー・企業・大 学の技術経営とイノ ベーションシステム 地域と産学官連携 人材問題 科学者社会学・倫理問 題 ホットイシュー MOT視点からの国際競争力向上の視座 新興国市場台頭、市場グローバル化対応 グローバル化時代における産業の国際展開と人 国際・人材・グ 材育成 ローバライゼー 研究開発パラダイムを変える新興国市場と日本 ション 企業の在り方 標準化と国際分業 国際標準化と事業戦略・産業政策 アカデミック研究からのイノベーション創出 イノベーション 社会的価値を創造するシステムの構築 政策形成における科学的助言のあり方 科学技術と社会のコミュニケーションを再考す る 人と科学技術 科学技術不信の下での科学技術コミュニケー ション 科学技術は復興の役に立つのか 『科学技術イノベーション政策の科学』の推進 科学技術政策における国の役割 科学技術政策 「科学技術イノベーション政策の科学」 実践のコミュニティ構築・持続的発展 「第4期科学技術基本計画」の分析と展望 地域活性化と科学技術 新たな地域自立政策とイノベーション 地域 地域イノベーションの促進と産学官連携コー ディネータの役割 サービス・イノベーションによる新産業成長 サービスイノベーションの新展開 次世代の事業戦略と産業戦略 ビッグデータ活用によるイノベーションと政策 8 新規課題 的課題
  9. 9. クリティカルマスの維持 カテゴリー別研究テーマの割合 100% 科学者社会学・倫理問題 90% 人材問題 80% 70% 地域と産学官連携 60% ベンチャー・企業・大学の技術経営と イノベーションシステム 50% 40% 国際競争力・産業競争力 30% 科学技術政策とナショナル・イノベー ション・システム(戦略形成、資金配 分) 20% 10% 研究開発・イノベーションの測定手法 0% #24 #25 #26 #27 9
  10. 10. 現場とアカデミアをつなぐ Program イン・アウトリーチ 研究の体系化 アカデミアでの研究 知識化 コミュニティの拡大 一般・産業フォーラム 研究技術イノベーション Project 研究開発の 価値の実現 プロジェクト 学会・研究会 研究開発の 技術・知見 研究の場 現場力の向上 現場での実践 使用価値の 検証(・実 現) 現場の知見 価値共創の場 現場(社 会)
  11. 11. 現場から政策までをつなぐ研究 政策 提言 研究開 発・イ ノベー ション の測定 手法 科学技術政策とナショナル・イ ノベーション・システム(戦略 形成、資金配分) 第二層(Meso) ベンチャー・企業・大学の 技術経営とイノベーション システム 第三層(Macro) • 政策、産業 • 社会経済システムデ ザイン • 組織、企業、地域 • 戦略、マネジメント 第一層(Micro) • 人、市民 • オペレーション ビジネス 技術 手法 経営学 技術経営 社会・環境 マネジメントシステム 科学技術政策 産業研究
  12. 12. イノベーションフロンティア研究会の 提案 • 目的 – 現場とアカデミアをつなぎ、研究・技術・イノベー ション研究の最前線を研究する • 活動 – 学や企業からの課題とニーズの提案の掘り下げ(状況 分析) – これらのニーズをブリッジしていくシステム(しく み)の先行事例・モデル分析 – 現場、学会や政府への提案、実行への橋渡し – 学会として取り組むべき課題、新規課題の掘り起こ し • メンバー募集! 12
  13. 13. Thank you!
  14. 14. backup 14
  15. 15. カテゴリー別研究テーマの割合 カテゴリー 技術経営(総論、分野別) 地域と産学官連携 評価、メトリクス ベンチャー・企業と大学をつなぐR&Dシステム 科学技術政策、戦略、イノベーションシステム 知的財産、標準化、科学技術のグローバライゼーショ ン 国際競争力・産業競争力 人材問題 公的資金配分機関のマネジメント 科学社会学、倫理問題 その他 English Session ホットイシュー #24 9.9% 8.3% 7.4% 8.7% 9.5% #25 15.9% 8.9% 7.0% 4.4% 6.3% #26 #27 18.4% 18.2% 14.0% 8.5% 5.7% 7.8% 5.3% 7.8% 6.1% 5.4% 5.8% 5.4% 5.0% 3.7% 1.7% 4.1% 3.7% 26.9% 10.0% 6.3% 2.6% 1.1% 3.0% 5.2% 2.2% 27.0% 4.4% 4.3% 2.6% 5.4% 4.4% 2.7% 5.7% 2.7% 1.3% 1.2% 0.9% 2.7% 0.4% 2.3% 30.7% 31.0% 15
  16. 16. 2013年からのテーマ提案 2013年度からのカテゴリ−案 旧カテゴリーとの対応 説明 技術経営(戦略・R&Dマネ 技術経営,分野別のR&Dマネ 1 昨年度までの「技術経 ジメント) ジメント 営」、「分野別のR&Dマ 2 技術経営(教育・育成) 技術経営 ネジメント」を、以下の3 技術経営(事例・ビジネスモ つのカテゴリーに分離 3 技術経営 デル・事業化) 4 知的財産 知的財産権, 標準化 知的財産に関するテーマ 産官学連携, 地域科学技術研 産官学連携及び地域に関 5 産官学連携・地域 究 するテーマ 公的資金配分期間のマネジ 科学技術政策に関する 6 研究イノベーション政策 メント, 科学技術と大学, 科 テーマ 学技術政策と政策論 ベンチャー経営と政策, ナ イノベーションおよびア ショナル・イノベーショ 7 イノベーション・起業 ントレプレナーシップ・ ン・システム, 研究開発シス 起業に関するテーマ テムとモデル, 戦略形成 競争だけでなく協調を含 8 国際(競争と協調) 国際競争力・産業競争力 む国際に関するテーマ 9 人材 人材問題 人材に関するテーマ 1 評価, メトリクス, 技術進歩 分析および評価に関する 分析と評価 0 の経済分析 テーマ 科学社会学, 科学技術と社 科学社会学、論理問題な 11 科学と社会 会・論理問題 どに関するテーマ 1 その他 その他 2 関連分科会 研究行動・研究組織, IM 人材問題, 女性エンジニア活性 イノベーション交流, イノベー ションフロンティア 研究行動・研究組織, IM IM, 地域科学技術政策 科学技術政策 科学技術政策, IM, イノベーショ ンフロンティア 国際問題 人材問題, 女性エンジニア活性 研究評価 科学技術政策 16

×