Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

01/07/19 UIE Response To USA Shutdown (Japanese)

58 views

Published on

17 USC § 107 Limitations on Exclusive Rights – FAIR USE

これは、彼が彼の彼の法務顧問(Baker Donelson Bearman CaldwellとBerkowitz)と忠告の何十億も得ないならば「国民の緊急事態」を課すためにアメリカ大統領ドナルドトランプによるアメリカ政府のシャットダウンと脅迫に対するUtica国際大使館の応答です彼らのCO共謀者(すなわち、イスラエルなど)は、彼らが今アメリカ人のホストを握っているので、そのような身代金要求を通して輸出しようとしています!そのような「国家的緊急事態」がそのような「国家的緊急事態」を米国政府の役人、すなわちナチスおよび/またはWHITEユダヤ人/シオニストに対して支持するようなUIEは、そのようなテロリスト法の有利な行為を「利用する」 /至上主義者!


UIEはまた、米国司法省刑事訴訟/国際刑事裁判所通信の起草中の訴訟カウント(約65件)を更新し、米国公務員危機の危機とUtica国際大使館に対して平準化された脅威を使用する予定です。政府高官および市民/支持者。

最も暖かいよろしく、
Vogel Denise Newsome暫定首相
ウティカ国際大使館
(888)700-5056
ウェブサイト:https://uticainternationalembassy.website

Published in: News & Politics
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

01/07/19 UIE Response To USA Shutdown (Japanese)

  1. 1. 17 USC § 107 Limitations on Exclusive Rights – FAIR USE 2019年1月7日 UTICA INTERNATIONAL 大使館の 応じAMERICA'S UNITED STATES OF 専制政治の政府SHUTDOWNと HOSTAGE- TAKING 危機に、 ETC; そして ON UPDATE UNITED STATES DEPARTMENT'S正義の刑事苦情 / INTERNATIONAL刑事裁判所'S COMMUNICATION ...
  2. 2. 17 USC § 107 Limitations on Exclusive Rights – FAIR USE Page 1 of 32 c/o Interim Prime Minister Vogel Denise Newsome Post Office Box 31265 - Jackson, Mississippi 39286 Toll Free - (888) 700-5056 Phone: (601) 885-3358 or (513) 680-2922 Website: www.uticainternationalembassy.website Email: interimpm@uticainternationalembassy.website 2019年1月7日 に: メールで: 国際刑事裁判所/検察官の事務所- C / OのMark P.デ ィロン(情報・証拠ユニットのヘッド) - otp.informationdesk@icc-cpi.int ファディエル・アブダラ/スポークスマンFadi.El- Abdallah@icc-cpi.int ICC広報- PublicAffairs.Unit@icc-cpi.int 電子メールおよび/またはファクシミリ: (601) 965-4409 正義/検事総長の米国部門 C / OカーラJ.クラーク- carla.clark@usdoj.gov C / D.マイケル・ハーストO - mike.hurst@usdoj.gov 501東裁判所ストリート - スイート4.430 ジャクソン、MS 39201 EMAILおよび/またはファクシミリ: (212)486- 1361 国連国際刑事裁判所の連絡事務所- liaisonofficeny@icc-cpi.int ATTN: さんカレンMosoti 866国連プラザ、スイート476 ニューヨークNY 10017 メールで: ICC -被害者の参加と賠償節 OPCV@icc-cpi.intおよび/ VPRS.information@icc- cpi.int EMAILおよび/またはファクシミリ: (212)867 〜7086 イスラム共和国の永久ミッション -国連イランのiran@un.int ATTN: 閣下ハサン・ロウハーニー(代表取締役 社長) 622 Third Avenueの ニューヨーク、NY 10017 EMAILおよび/またはファクシミリ: 外国/政府の指導者 RE: 米国政府のSHUTDOWNとSTATUS -提出のためにファイナライズされてUTICA INTERNATIONAL EMBASSY暫定首相VOGEL DENISEニューサム'S USA刑事告訴/ ICCコミュニケーションについてOTP-CR-18分の367:国際刑事裁判所の REFERENCE ご挨拶! この対応は、提供することを目的とする回答アメリカの専制帝国の存在の米国に関するウティカ国際 大使館からの政府のSHUTDOWNを同様に提供ステータス更新を上記参照事項に関する当社刑事告訴/コミ ュニケーションに。 我々は我々の敵、彼らは私たちの地域にもたらしてきたEVILSと邪悪に対処する私たちの 目標に統一するために、私たちの心の中に私たちの目的は、国・オブ・色として知られている、2019年の正 月に前進させ続けると、生活、文化、道徳、独立と自由、などは 、私たちが最初に私たちは、自分自身を愛 する自分自身を値、およびすべてのほとんどは、神(創造主)に真でなければならないことを理解しましょう !
  3. 3. 17 USC § 107 Limitations on Exclusive Rights – FAIR USE Page 2 of 32 モーセ、当社の暫定首相フォーゲルデニス・ニューサムは制御されているアメリカ連合国(「CSOA」 )によって浸潤し、転覆された米国として知られているEVIL / WICKED /重苦しい政府政権下まで上昇しまし たそしてナチスおよび/またはWHITEユダヤ人/シオニスト/至上主義者によるRUN! 私たちは目的のために信じて、私たちの幸福これまで以上に、あること、およびその他の国・オブ・ 色の「統一」私たちの国の中では、我々はナチスに直面している問題および/またはWHITEユダヤ人/シオニ スト/至上主義に対処することが重要/不可欠です白人至上主義のためのQUEST 下にアドルフ・ヒトラーの「 新秩序」LEGACY / K / - 「新世界秩序!」 など「新世界秩序」の下で転覆しようと奴隷国・オブ・カラー、 彼らの政府、指導者、市民、など。 また、「WHITE」のユダヤ人/カトリック信仰を進めるために! 私たちは、あなたがより良い世界を構築し、ために私たちと協力することを祈る私たちは識別でき問 題とアドレス私たちの国は、WEST /ヨーロッパ人から顔 /アメリカのナチスのアメリカ/連合国のすなわち、 米国および/またはWHITEユダヤ人/シオニスト-至上主義者-とその同盟国/アライアンス!私たちは、神(創 造主)による電荷を与えられている保護するために自分の子供たちの生活/ CHOSENを! :で、ウィキペディアを参照してください https://en.wikipedia.org/wiki/New_Order_(Nazism)
  4. 4. 17 USC § 107 Limitations on Exclusive Rights – FAIR USE Page 3 of 32 それは言われていると、私たちは私たちにそれを助言して喜んでいます。 AMERICA'S OF米国での 司法省: 米連邦捜査局 VOGEL DENISEニューサム'S OFFICIAL刑事苦情と 調査のためのREQUEST(S)と起訴(S) *************************** 国際刑事裁判所に ハーグ、オランダ OFFICIAL COMMUNICATION /刑事苦情 VOGEL DENISEニューサムから提出された 国際刑事裁判所のREFERENCE: OTP-CR-367/18 (以下、/ K / 「USA USDOJ / FBIの苦情... ICC通信。」) 私たちはアメリカのアメリカに対して持参することを求めることを次のようにしている約65カウントを持っ ている- -また、アメリカ連合国として知られている、すなわち - - 国家元首(バラク・フセイン・オバマとし てUSA社長ドナルドジョントランプや元米国大統領としてIIは、ジョージ・W・ブッシュ、ウィリアム「ビル 」クリントンとその副社長)、政府機関職員は、(アメリカ議会など)として、そのSTATE機関の職員 -とし て、すなわち、ミシシッピ/知事フィル・ブライアントのSTATE関係者や機関の内のその-ユーティカの町と して[機関番号2508] /市長ケネス・ブルーム/ チーフ警察のティモシー・マイルズ、彼らの法律顧問ベーカー ・ドネルソンBearmanコールドウェル&バーコウィッツ(スコットW. Pedigo、アメリアWilliams-コッホ、ス コットL.キャンベルなど)、など COUNT 1 陰謀 基づき18 USC第19章、371条 および/または適用法令/法律の支配が問題と(S) COUNT 2 独占する陰謀 基づき18 USC§§ 241、371 および/または適用法令/法律の支配が問題と(S) COUNT 3 権利陰謀 基づき18 USC§§ 241、 371 および/または適用法令/法律の支配が問題と(S)
  5. 5. 17 USC § 107 Limitations on Exclusive Rights – FAIR USE Page 4 of 32 COUNT 4 殺人共謀 よる18 USC§§§§371、1111、1114、1117 および/または適用法令/法律の支配が問題と(S) COUNT 5 オフェンスコミットする陰謀 または詐取 基づき18 USC§§241、371、 15A CJS陰謀§257 および/または適用法令/法律の支配が問題と(S) COUNT 6 PUBLIC CORRUPTION ホッブズ法/ 18に基づき§1951 、 および/または適用法令/法律の支配が問題と(S) COUNT 7 誘拐をコミットする陰謀 連邦誘拐法に基づき、18 USC§§§ 1201、1202、1203、_ および/または適用法令/法律の支配が問題と(S) COUNT 8 誘拐 連邦誘拐法に基づき、18 USC§§§ 1201、1202、1203、_ および/または適用法令/法律の支配が問題と(S) COUNT 9 FALSE逮捕/不法監禁 1001§18 USC、25 CFR 11.404に基づき、 および/または適用法令/法律の支配が問題と(S) COUNT 10 暴力の犯罪 基づき18 USC§16、18 USC§924、 および/または適用法令/法律の支配が問題と(S) COUNT 11 暴力の犯罪をコミットするに勧誘 基づき18 USC§373 および/または適用法令/法律の支配が問題と(S) COUNT 12 悪化ASSAULT 10 USCに基づき§928 および/または適用法令/法律の支配が問題と(S) COUNT 13 窃盗 基づき10 USC§921 および/または適用法令/法律の支配が問題と(S) COUNT 14 カージャック/強盗/武装強盗 1992連邦盗難防止ACT 基づき、18 USCの§2119 および/または適用法令/法律の支配が問題と(S)
  6. 6. 17 USC § 107 Limitations on Exclusive Rights – FAIR USE Page 5 of 32 COUNT 15 違法押収 米国のアメリカの憲法に基づき- 4 番目の 改正および/または 適用法令/法律支配が問題と(S) COUNT 16 証拠の改ざん 基づき18 USCの§1519 および/または適用法令/法律の支配が問題と(S) COUNT 17 贈収賄 よる18 USC§201 および/または適用法令/法律の支配が問題と(S) COUNT 18 横領 18 USCに基づき 第31章 および/または適用法令/法律の支配が問題と(S) COUNT 19 加担 基づき18 USCの§2 および/または適用法令/法律の支配が問題と(S) COUNT 20 支援及び教唆 基づき18 USC§2 および/または適用法令/法律が支配が問題と(S) COUNT 21 威圧 25 CFR 11.406に基づき および/または適用法令/法律の支配が問題と(S) COUNT 22 法律に基づく権利の剥奪 基づき18 USC§242 および/または適用法令/法律の支配が問題と(S) COUNT 23 オフェンスコミットする陰謀か 詐取UNITED STATES 基づき18 USC§371 および/または適用法令/法律の支配が問題と(S) COUNT 24 妨げ陰謀 基づき、1503年18 USC§371 および/または適用法令/法律の支配が問題と(S) COUNT 25 詐欺とSWINDLES 基づき18 USCの§1341 および/または適用法令/法律の支配が問題と(S) COUNT 26 裁判所命令の閉塞 基づき18 USC§§1509、1506 および/または適用法令/法律の支配が問題と(S)
  7. 7. 17 USC § 107 Limitations on Exclusive Rights – FAIR USE Page 6 of 32 COUNT 27 WITNESS / VICTIMの改ざん 基づき18 USCの§1512 および/または適用法令/法律の支配が問題と(S) COUNT 28 WITNESS / VICTIM報復 基づき18 USCの§1513 および/または適用法令/法律の支配が問題と(S) COUNT 29 RECORDSの破壊/改変や改竄 基づき18 USCの§1519 および/または適用法令/法律の支配が問題と(S) COUNT 30 MAILの閉塞 基づき18 USCの§1701 および/または適用法令/法律の支配が問題と(S) COUNT 31 対応の閉塞 基づき18 USCの§1702 および/または適用法令/法律の支配が問題と(S) COUNT 32 THEFTまたは盗難にメールの受信 基づき18 USCの§1702 および/または適用法令/法律の支配が問題と(S) COUNT 33 詐取にメールを使用しました 基づき18 USC§§ 63、876、880 、および/または適用法令/法律統治(S)が問題と COUNT 34 強請 基づき18 USC§873 および/または適用法令/法律の支配(S)が問題と COUNT 35 INTERSTATE COMMUNICATIONS 基づき18 USC§875 および/または適用法令/法律の支配(S)が問題と COUNT 36 防ぐために、POWER / FAILURE 42 USCのに従い §1986 および/または適用法令/法律の支配が問題と(S) COUNT 37 司法OF JUSTICE /閉塞の閉塞 よる18 USC§1503と、1505と、1512年 および/または適用法令/法律の支配が問題と(S) COUNT 38 PEACE AGAINST PEACE /犯罪のPUBLIC PEACE /違 反違反 第六条ニュルンベルク憲章に基づき、 10 USC §916 および/または適用法令/法律の支配が問題と(S)
  8. 8. 17 USC § 107 Limitations on Exclusive Rights – FAIR USE Page 7 of 32 COUNT 39 中傷 基づき28 USCの§4101 および/または適用法令/法律の支配が問題と(S) COUNT 40 中傷 基づき28 USCの§4101 および/または適用法令/法律の支配が問題と(S) COUNT 41 中傷 基づき28 USCの§ 4101 および/または適用法令/法律の支配が問題と(S) COUNT 42 ストーカー 基づき18 USC§2261A および/または適用法令/法律の支配が問題と(S) COUNT 43 戦争犯罪 18 USCの§2441に基づき および/または適用法令/法律の支配が問題と(S) COUNT 44 人道に対する罪 人類法に対する犯罪に基づき および/または適用法令/法律の支配が問題と(S) COUNT 45 アパルトヘイト犯罪 包括的な反アパルトヘイト法に基づき および/または適用法令/法律の支配が問題と(S) COUNT 46 GENOCIDE 18 USC章に基づき。50A、§1091 および/または適用法令/法律の支配が問題と(S) COUNT 47 ハラスメントを抑制する民事訴訟 基づき18 USCの§1514 および/または適用法令/法律の支配が問題と(S) COUNT 48 憎悪犯罪 18 USC§249に基づき、 1871年の公民権法、1871年のフォース法、クー・クラック ス・クラン法、 第三に施行法、およびサードクー・クラックス・クラン法 および/または適用法令/法律の支配が問題と(S) COUNT 49 奴隷誘惑 18 USCの§1583に基づき および/または適用法令/法律の支配が問題と(S)
  9. 9. 17 USC § 107 Limitations on Exclusive Rights – FAIR USE Page 8 of 32 COUNT 50 強制労働 18 USC§§1589に基づき および/または適用法令/法律の支配が問題と(S) COUNT 51 PEONAGE、奴隷制度に関して、非自発的隷属、または強 制労働WITH人身 18 USCの§1590に基づき および/または適用法令/法律の支配が問題と(S) COUNT 52 人身、PEONAGE、奴隷制度、非自発的隷属、または強制 労働の促進にあるドキュメントに対する違法行為 18 USCの§1592に基づき および/または適用法令/法律の支配が問題と(S) COUNT 53 MANDATORY反発 18 USCの§1593に基づき および/または適用法令/法律の支配が問題と(S) COUNT 54 PEONAGE、奴隷FROM財政利益を得、そして人身売買 18 USC§1593Aに基づき および/または適用法令/法律の支配が問題と(S) COUNT 55 一般規定 18 USCの§1594に基づき および/または適用法令/法律の支配が問題と(S) COUNT 56 CIVIL REMEDY 18 USCの§1595に基づき および/または適用法令/法律の支配が問題と(S) COUNT 57 追加の管轄権 18 USCの§1596に基づき および/または適用法令/法律の支配が問題と(S) COUNT 58 虐待的性的接触 18 USC§§2244、2246に基づき および/または適用法令/法律の支配が問題と(S) COUNT 59 INTERESTへの贈賄、グラフトや紛争 18 USC第11章に基づき および/または適用法令/法律の支配が問題と(S) COUNT 60 恐喝 18 USC§§§§§1951、1957、1958、1959、1961に基づき- 1968、および/または適用法令/法律支配が問題と(S) COUNT 61 詐欺や虚偽 18 USCの§1001に基づき および/または適用法令/法律の支配が問題と(S)
  10. 10. 17 USC § 107 Limitations on Exclusive Rights – FAIR USE Page 9 of 32 COUNT 62 偽証 18 USC第79章に基づき、1622§ および/または適用法令/法律の支配が問題と(S) COUNT 63 虚偽の情報やデマ 18 USCの§1038年、第41章§§§873、875、876、878に基づ き および/または適用法令/法律の支配が問題と(S) COUNT 64 トラベルACT 基づき18 USCの§1952 および/または適用法令/法律の支配(S)が問題と COUNT 65 テロ行為 18 USC CHAPTER113Bに基づき および/または適用法令/法律の支配が問題と(S) 私たちは確定し続けている「USA USDOJ / FBIの苦情... ICC通信を」私たちは、あなたがそこにい ることを知ってほしいです 法律や合法的な政府機関(S)のステップ 米国司法省(「USDOJ」として、およ び/または裁判所は、 )、および/または国際刑事裁判所(取ることができ、「ICC」)に先立って主権国家・ オブ・色とその政府/市民がいることを保証するために私たちの刑事告訴/通信完了保護されてい アメリカや 他の米国の法律だけでなく、国際法で禁止されているアメリカのナチスおよび/またはWHITEユダヤ人/シオ ニスト/至上主義者TERRORISTと人種差別主義者/差別慣行のアメリカの/連合国の米国によるさらなる残虐 行為から外国! 依頼するいくつかの質問: 「弁護士/弁護士のすべてに及び裁判所世界中で、『 なぜ』法律が守られていないと『WHY』 USAの専制政府の体制がされて許可 され、このような世界の犯罪遂行するために NAME内を「新世界 ORDER」と 、NOTされ、調査しようとしましたと起訴?」」 それにもかかわらず、私たちは聞かせて忘れないこと、米国とそのWESTカウンターパートは、世界 各地の確立についての行っていることをSTRONGHOLDをしなければならないナチリーダーアドルフ・ヒトラ ーとその部下で行われるような、すなわち、 -調査や訴追通じて対処し、対処することが! 当社の暫定首相フォーゲルデニス・ニューサムされました: (1) 政府- / K /アメリカ連合国-アメリカのの米国の下で発生します。 (2) キリスト教- WHITE男の/ローマ帝国の宗教の下に発生します。 (3) WHITE男の法律の下で発生します。 今、私たちはこの情報を使用している法的に/合法的に構築する 「NEW」ユーティカ国際大使館を通じて政 府や国家を-すなわちナチスおよび/またはWHITEユダヤ人/シオニスト/至上主義者が自分の構築について行 っている方法とは異なり、米国、の状態をイスラエル、など刑事専制帝国:
  11. 11. 17 USC § 107 Limitations on Exclusive Rights – FAIR USE Page 10 of 32 米国のアメリカの浸潤/打倒の連合国: https://www.slideshare.net/VogelDenise/count-4-conspiracy-to-murder-for-uiecriminal- complaint ナチス/ユダヤ人/シオニストイスラエル国家の設立: https://www.slideshare.net/VogelDenise/baker-donelson-founder-of-state-of-israel
  12. 12. 17 USC § 107 Limitations on Exclusive Rights – FAIR USE Page 11 of 32 今、私たちはアメリカの専制政府帝国の米国のSHUTDOWNで成功していることを、米国は、この時 間を使ってみましょうBUILDし続けることを理解WHITE男はことはできません私たちの問題を解決します: 佳作マルコムX:「YOUR RACE TO裏切り者」/「WHITE MANは、問題を 解決することができない」https://www.slideshare.net/VogelDenise/hurricane- katrina-the-unlawful-stealing-of-land それについて考える: 見て下の世紀と十年で白人のシオニスト/至上主義議題とNOW 、見STATEとCONDITION まで彼らの抑圧的な判決の下で世界のなど、 我々はできるとWE WILLは、「DO BETTER!」 私たちがしてみましょう統一 に橋の建設!「避けられない」COLLAPSEアメリカの専制帝国の米国 のは、単に預言満たされます!したがって、私たちは米国政府の使わせSHUTDOWNとのDESTRUCTION 世界NOを。私たちの有利に1 WARMONGER!私たちがしてみましょう持参で作業を続ける米国の/南軍ア メリカのナチスの状態とWHITEのユダヤ人/シオニスト/至上主義者JUSTICEへを! 聞いて質問が、あるかどうか外国・オブ・色が持っていた、および/または所定の位置に設定し、危機 管理計画を 一部のレポートがとき、2012年に浮上した アメリカの合衆国に関するCOLLAPSEおよび/または POWERから落ちます!今、私たちはここにあります!
  13. 13. 17 USC § 107 Limitations on Exclusive Rights – FAIR USE Page 12 of 32 VIDEO - 12/28/18 END-OF-THE-YEAR電話会議: ウティカ国際大使館アメリカのムーア人の科学寺で: YouTubeの:https://youtu.be/69Vdtzme0eA Vimeoの:https://vimeo.com/309670714 01/07/19のよう-ユーティカ国際大使館のウェブサイト: http://uticainternationalembassy.website/index.php/com-jm-video-galleries- title-videos/uie-videos UNDERSTANDING AMERICA'S UNITED STATES OF SHUTDOWNを: 以前対応して共有通り- 米国から来るように気晴らしを避けます! 米国の政府のSHUTDOWNに関する 最近の気晴らしはありませに関するWALLの建物! 持っNO緊急計画を すべきであるアドルフ・ヒトラーの「 NEW ORDER」/ K / NEW「WORLD」注文FAIL。シャットダウン時間がNOWされる参照するために使用さ れている「HOW」 -可能な場合、そのようグローバル露光および非表示することができないと- アメリカのの USAさん/連合国 ナチスおよび/またはWHITE ユダヤ人 / シオニスト / 至上主義者は 、この時間を使用する ことができます押し出す SPOTLIGHTに「ヒトラーはスタイル」専制帝国とCONTINUE HOLDING 「ソブリ ン」など、市民の人質を! 最近、アメリカの専制政府の社長ドナルド・トランプのUSAさん/連合国があることが報告されている コールすると脅し「NATIONAL」 緊急!(強調追加) このような動きは、「証明する」ユーティカ国際大 使館に有益と助成での人質の状況、当社の政府とその主権市民が現在の対象と永続的なされています! USA / CSOAは現在、ベーカー・ドネルソンBearmanコールドウェル&バーコウィッツの彼らのテロリスト法律事務 所持っている(「ベーカードネルソン」)計画さ画策して9月11日、世界貿易センターや他の疑惑の対象に 2001年国内のテロ行為を行っていることを。 9/11爆撃は「テロリスト/テロリズムの行為を!」とみなされて きたので、USAの社長ドナルド・トランプによるいかなる申し立てられた「国家非常事態」は、実際に米国の / CSOAのテロリストは、使徒の促進に作用すること緊急事態対処されていますウティカ国際大使館の政府職 員で-暫定首相フォーゲルデニス・ニューサムとして、つまり!このように、持参「CHICKENS / テロとの戦 いをホーム」USA / CSOAとその専制帝国の玄関に!さらに発表THEFT / 横領やその他の犯罪納税者の金銭の を融資するTERRORIST /ナチ/シオニスト活動を!
  14. 14. 17 USC § 107 Limitations on Exclusive Rights – FAIR USE Page 13 of 32 早くも2018年11月として、ユーティカ国際大使館は、タイムリー、適切かつ十分に「通知された」の 「緊急事態」米国の危機:https://www.slideshare.net/VogelDenise/110718-state-of-emergencyutica- international-embassy
  15. 15. 17 USC § 107 Limitations on Exclusive Rights – FAIR USE Page 14 of 32 アメリカの/アメリカの、その法律顧問ベイカードネルソンとそれらの連合国の米国GERMAN / ナチ ス (CO-陰謀などシーメンス産業株式会社は、)開始している化学攻撃および/または攻撃給水上をミシシッ ピ州に(すなわち特にジャクソンの資本をターゲットに、ミシシッピ州は持って多数決人口黒人/黒人/アフリ カ系アメリカ人/ピープル・オブ・色のラベルが付いてきた先住民、アメリカ先住民および/またはそれらの) だけでなくSTRAWMANをエスカレートすることを使用して詐欺などを違法ナチス/クー・クラックス・クラ ンのロードブロッキングなどのプロパティ/土地だけでなく、彼らの「13件のTHEFTの目的のために目の 改正詐 欺-つまり奴隷制/禁固...議題! https://www.slideshare.net/VogelDenise/122018usdoj-icc-mississippi-under-terrorist-attacks :注意することが重要 WHITEユダヤ人/シオニストは/至上主義者がしようとしているもの のCONTROL取るためにおよび/またはのためのクレジットをアメリカの/アメリカのの連合国の米国 COLLAPSE / FALL 情報を解除することにより、更なる支援 USAのベーカー・ドネルソンBearmanコールド ウェル&の法律事務所をバーコウィッツ」PLANNING、オーケストレーションと『テロ行為実施する世界貿 易センタータワーや他の疑惑の対象に2001年9月11日に』や他の犯罪を(9/11)、『依頼者への質問(複数可 )は、』さ「WHY 国連や外国政府がしている「NOT」を求め 「独立」だけで、依拠調査と、「FALSE」ス テートメントおよびレポートの米国の公務員/従業員/代表者と法律顧問ベイカードネルソンBearmanコール ドウェル&バーコウィッツなどから」 - - -言い換えれば:『WHY』 weren」トン POWERS (もしあれば) の国連やその他の国際裁判所、などしないで行使開始するために、 調査(複数可)と弁護士/彼らの計画、オ ーケストレーションと実行中ベイカードネルソンとその共謀の法律事務所(公務員など)での弁護士/の実施 など、これらに審査(S)国内テロ「行為、」 など9/11爆撃やその他の疑惑ATTACKS中!
  16. 16. 17 USC § 107 Limitations on Exclusive Rights – FAIR USE Page 15 of 32 https://www.slideshare.net/VogelDenise/911-hijackers-brought-to-usa-by-cia 私たちは、と信じていPASTのための30年だけでなく、過去の内の17歳 2001年9月11日以来、世界貿 易センター国内テロ攻撃ベイカードネルソンとその共謀者が立ち上げたが、十分な情報がありトリガするため に適用される法的/合法的にSTATE OFアメリカのHEADSの米国、議会のメンバー、そしてナチスおよび/また はWHITEユダヤ人/シオニスト/専制帝国を制御し、実行している至上主義者を調査するだけでなく、起訴す るアクション! それにもかかわらず、ここではしているNOWさらにユダヤ人/シオニストの攻撃の仕事を見 て、[等「DARK OVERLORD」疑惑など]グループに面ししよう私たちの仕事のための信用を取るために - WHITE男が歴史を書いて、しようとしてすなわち WORLDを欺く に関する真実 の背後にある「WHO」と 「 WHAT」国家(ウティカ国際大使館)COLLAPSE BEHINDた/のFALLアメリカ合衆国/アメリカの南軍州 立!
  17. 17. 17 USC § 107 Limitations on Exclusive Rights – FAIR USE Page 16 of 32 https://www.slideshare.net/VogelDenise/dark-overlord-911-terrorist-blackmailers 奴隷などの解放に使用される奴隷解放宣言を実行すなわち- -アメリカ大統領エイブラハム・リンカー ンの元米国で予告したようナチスおよび/または白人至上主義者によって暗殺されました。白人のアメリカは なりませ ことDESTROYEDからOUTSIDE。しかし、白人のアメリカ「になります」 自身によって破壊さ れました! ここウティカ国際大使館で我々は単に入れている「NAIL」を アメリカの棺USAさん/南軍の状態 に!
  18. 18. 17 USC § 107 Limitations on Exclusive Rights – FAIR USE Page 17 of 32 USAのナチスおよび/またはWHITEユダヤ人/シオニスト/至上主義WARMONGERS 「繁栄」 と「喜 び」それらによって画策外国政府の崩壊とFALL以上! NOW 「鶏はねぐらに家に戻ってきています!」 https://www.slideshare.net/VogelDenise/hillary-clinton-dealing-with-the-united-states-of-americas-stingers あり十分な証拠 MAJORの役割をサポートするためには、米国の法律顧問ベイカードネルソンBearman コールドウェル&バーコウィッツ」ナチスおよび/またはWHITEユダヤ人/シオニスト/至上主義者がでプレー している戦争犯罪 -すなわち大量虐殺など駆除、殺人、。- 国内外!調査と起訴を通じて当社を通じて追求 「 USA USDOJ / FBIの苦情... ICC通信」我々は主張しているの薬/薬の試験米国とその同盟国/ CO-共謀求める S(すなわちRED CROSSとして、子供を養うなどを。)など、針を介して滴提供されます。「MASKED」予 防接種など... 、食品を介して、提供され、等
  19. 19. 17 USC § 107 Limitations on Exclusive Rights – FAIR USE Page 18 of 32
  20. 20. 17 USC § 107 Limitations on Exclusive Rights – FAIR USE Page 19 of 32 当社の成功は、外国と自国政府/リーダー/市民の手の手にこの情報を取得する当社の能力が付属して いる 会社に対して実行など、VICIOUSとBRUTAL攻撃にもかかわらず! 私たちは、と信じている IF国連・オ ブ・カラーとの関係見直しには時間がかかります彼らは、「WHITE」男の米国およびその共謀者を戦争犯罪 、荒廃、災害や残虐行為いることがわかります。。。「ARE」プレゼント!また、 WHERE 人々・オブ・色 繁栄、ナチスおよび/またはWHITEユダヤ人/シオニスト/至上主義者は、このようなPROGRESSを破壊し よう! 私たちは、アメリカの専制帝国の崩壊/ FALLの米国をもたらすためにそれを知っていた、それはその WARMONGERINGを通じて達成その金儲けの能力を破壊する事でしょう! NATIONS-OF-COLORのおか げで目を覚ますと行動をとる、USAさん/ CSOAの崩壊は非常に急速に移動します!
  21. 21. 17 USC § 107 Limitations on Exclusive Rights – FAIR USE Page 20 of 32 戦略的に故意および/または無意識のうちにアメリカの戦争犯罪の米国のアメリカの/南軍の州などの 資金調達に従事し、真実を取得されていない可能性が投資家に出た情報を取得! あなたはを保持しようとしている(イラン、など)が外国政府とその指導者を持っている詐欺的契約/ 契約として米国を含む「ACTION OF JOINT総合計画」 自体のそれを下に挑戦されることができ、[「 JCPOA」] 「INTERNATIONAL」法律およびを通じて「調査は!」 JCPOA契約は約到達している7月20日15 (強調は追加しました)!
  22. 22. 17 USC § 107 Limitations on Exclusive Rights – FAIR USE Page 21 of 32 YOUSELFをASK:それは意味を成してい国連・オブ・色がされて放 棄することを強制彼らの原子力防御を白人の間、USA / CSOAは彼らを保っています か?THENできるだけ早く国・色・オブSTOPとDESTROY彼らの原子力防御、USA さん/ CSOAのナチスおよび/またはWHITEユダヤ人/シオニスト/至上主義者は迅速に 移動し、DESTROYその政府/リーダーをして暗殺/ MURDERの民間人は -すなわち としてラベル「担保DAMAGE」のではなく、本当に何であるかは、次のとおりです 。GENOCIDE、駆除、侵略戦争、など! https://www.slideshare.net/VogelDenise/nuremberg-violations-us-vs-syria-conflict-for-translation
  23. 23. 17 USC § 107 Limitations on Exclusive Rights – FAIR USE Page 22 of 32 THERE ARE 結果 FOREIGN GOVERMENTSがAMERICA'S DEVIL / SHAYTAN OF UNITED STATESを扱 うを作ろう! JUST FACT: それはアメリカのバラク・オバマ大統領の米国で実行される契約/契約に 関連する例えば、イランの政府/リーダーを移動する必要があるのとことを理解し、「ACTION OF JOINT総 合計画」 実行がVOIDである、および/またはSCAMは、彼らはナチスおよび/または中東のUPPER HANDと DOMINENTパワーズとWHITEのユダヤ人/シオニスト/至上主義者を提供するために、だまされました! 彼 らの「NEW達成するためにWORLD注文AGENDA」の「WHITE」の覇権と:POWER陰謀打ち上げユダ ヤ人/シオニスト/至上主義者では、ターゲティングをMIDDLE EASTパワーズ-すなわちなど、イラン、シリ ア、など- の目的のためにCONTROL獲得 とへのアクセスを 資源:石油、石炭、金、土地/地域、など! JCPOAなどの契約/契約は2015年に実行されたが、注意することが重要で、ユーティカ国際大使館の暫 定首相フォーゲルデニス・ニューサムはすでに、アメリカのエグゼクティブの米国および政府の立法府によっ て調査及び訴追を要求していました。 さらに、2011年1月に、ニューサムは法的に/合法的に米国のバラク・ オバマ大統領の大統領の正当性に挑戦しました。さらに、ニュルンベルク違反への対処など 言い換えれば、米国オバマ大統領が場合だっませオフィスで法的に/合法 的に、契約および/または契約が挑戦さCANとみなされることになる、不正 VOIDと、法的強制力など- -私たちを通して「USA USDOJ / FBIの苦情... ICC 通信」私たちはする楽しみなど、法的に/合法的に米国のバラク・オバマ政権の 正当性に挑戦します
  24. 24. 17 USC § 107 Limitations on Exclusive Rights – FAIR USE Page 23 of 32 ナチスおよび/またはWHITEユダヤ人/シオニスト/至上主義者がアップ(すなわちUSA社長ドナルド ・トランプなど)彼らの共謀をスローするように求められWHEN 「バスの下に」 気晴らしのために目的と洪 水主流メディア「FAKE NEWS」など、我々は確認しましたに関するすべてのそれを維持するなどベーカー・ ドネルソンBearmanコールドウェル&バーコウィッツとそのSECRET帝国、!
  25. 25. 17 USC § 107 Limitations on Exclusive Rights – FAIR USE Page 24 of 32 アメリカのSHUTDOWNの米国では、これは単にでより敵対的違法プラクティス画策して行われて隠 蔽するために 、「盗難」 および/または「横領」アメリカの納税者金銭やその他の犯罪のを! また、WHITE ユダヤ人/シオニストのできないことは、BACKなど財務省に金銭を得るために! アメリカの納税者の金銭が テロ行為の資金を調達するために使用されている/国内および国際法で禁止されているとテロリズムの行為は 戦争犯罪が私たちに対処されている『... USA USDOJ / FBIの苦情ICC通信!』 それはミシシッピ州でのローカルニュースで再生中に、注意することが重要ではアメリカの合衆国で/ 南軍の国のアメリカの法律顧問ベーカードネルソンBearmanコールドウェル&バーコウィッツはで果たす役割 のための訴訟で訴えられているANOTHERポンジースキーム/詐欺! これはありません ベーカードネルソン はに関与しているFIRSTポンジー詐欺! ポンジースキームで/詐欺WHITEユダヤ人/シオニストバーナード「 バーニー」マドフを含む [すなわち務め者として会長のために証券業気配自動通報協会 (「NASDAQ」)]]、 ベイカードネルソンからPROFITTED弁護士などのスキーム/詐欺そして、接続する証券取引委員会(「SEC 」)は、それにつながるあらゆるPAPER証跡を、カバーするために文書の破壊を見てまわりました。
  26. 26. 17 USC § 107 Limitations on Exclusive Rights – FAIR USE Page 25 of 32 米国の対ヒメネスRecio、 123 S.Ct. 819(2003) -陰謀の本質は、違法な行 為をする契約です。 陰謀の本質を構成する違法行為をコミットする契約は、ある明確な悪 存在してもよいし、実質的な犯罪が行なわれるか否かを罰せられます。同 上。 陰謀は 脅威ポーズ公衆に 関連する実質的な犯罪の手数料の脅威を超 えると上記の、両方のため、犯罪の組み合わせは、より多くの可能性にな り、手数料その他の犯罪を して、それがために減少確率という関わる個人 が出発します彼らのパスからの犯罪の。同上。 ENOUGH興味深いのは、「、質問をされWHAT(どちらかといえば)投資家 が見つけるだろう彼らの株式ポートフォリオには 、彼らがしたいはずですキャッシュ アウト!」 日付を続けているFAKE情報/レポートを作成する-バーナード・マドフと (すなわちJP Mogranチェースとベイカードネルソンなど)の彼の共謀は、などなど ポンジー詐欺からPROFITTED!
  27. 27. 17 USC § 107 Limitations on Exclusive Rights – FAIR USE Page 26 of 32 https://www.slideshare.net/VogelDenise/usa-lawyers-baker-donelson-wall-street-ponzi-scams 実際には:苦しい現金のため、 ベーカー・ドネルソンBearmanコールドウェル&バーコ ウィッツは、アメリカの法律顧問の米国NOWさに依存し、「STRAWMAN-奴隷制」システム [すなわち社 会保障番号、運転免許証、等]は、作成されたアイデンティティを盗むためにして作成FALSE アカウント、 盗難等、EMBEZZLMENT及びその他の犯罪の目的のためになど!
  28. 28. 17 USC § 107 Limitations on Exclusive Rights – FAIR USE Page 27 of 32 最後に、ご承知おきください国際刑事裁判所を支援するだけでなく、他の、この情報を受け取る外国/ 政府/リーダー/市民に私たちの研究と起草 「ICC通信... USA USDOJ / FBIの苦情を」我々が使用などのソース 、米国部門の正義のプレスリリースおよび/または裁判所への提出書類 ICC職員(この情報を受けた他の人が )ように見ることができるようになるBIAS や偏見、それが関係する刑事責任を扱うことになると米国司法省 のをフォーゲルデニス・ニューサム! たとえば、次は、プレスリリースなどに関しては2018年12月、およそ米国司法省(「USDOJ」)によ ってもたらさINDICMENTの抜粋であるメンフィス、テネシー州 警察官 サム・ブルーとCO-共謀アンソニー・ デイビス。
  29. 29. 17 USC § 107 Limitations on Exclusive Rights – FAIR USE Page 28 of 32 ご承知おきください:当社の製造においては「USA USDOJ / FBI苦情... ICC通信、」我々は それがなると信じて有益なその他の事項における犯罪のUSDOJの取り扱いに関する情報を提供します。しか し、服用FAR出発法律からフォーゲルデニス・ニューサムは、連邦捜査局(「FBI」)と刑事苦情を提出しま した。 私たちは、アメリカの専制政府の米国のアメリカの/連合国がすでにニューサムによってUSDOJのFBI に提出されている刑事告発を調査し、起訴する能力があることを信じていません。持ち込まれていることを、 おろか「USA USDOJ / FBIの苦情... ICC通信。」 CLAIMS /通信意志アドレスは、立法、当局の不作為と同様 にEXECUTIVEを言ったが、それにもかかわらず、国際法に合わせて、USDOJが含まれていますそして政府の FAILUREの司法は、その実務者の注意に持って来ら土木/刑事悪事になど、行動します! ウティカ国際大使館の政府職員と市民(DATE TO)「SOVEREIGNは」継続 の対象となる米国の/ CSOAのナチスおよび/またはWHITEユダヤ人/シオニスト/至上主義者のテロ行為禁止されているの下で国家 と 国際法を侵害しよう彼らの権利、自由、独立と主権、など違法道路障害物 [ 禁止されている、アメリカの憲 法の米国およびその他の法令/法律の下では、] ターゲッティング先住民、アメリカ先住民や黒人/黒人/アフリ カ系アメリカ人/人-ラベル付けされている人たちをの-色は、彼らを侵害するために行われている PROTECTED権利 旅行するFREEDOM、等。さらに、「FRIVOLOUS」債務を生成する 目的のために資 金調達の テロ活動を同様に違法UPカバーする「奴隷」システム米国で実行されます! https://www.slideshare.net/VogelDenise/united-states-vs-herbert-guest-highlighted
  30. 30. 17 USC § 107 Limitations on Exclusive Rights – FAIR USE Page 29 of 32 OVER 150年計画に入りました アドルフ・ヒトラー 「新規注文」奴隷 AGENDA 今のオーナー「新世界秩序!」 1のままにすると合理的に質問への Hも道徳、VALUES、信仰と諸外国とそれら の政府指導者の信念AVEが加担BEENアメリカのの米国で南軍のアメリカのの国「 WHITEユダヤ人/シオニスト/至上主義」 AGENDAプッシュする「WHITEをプレ マシー」アジェンダ世界中! また、必要な場合があり契約/契約の調査を USA / CSOA は、諸外国との持っているもたらした中での実施: 大量虐殺、絶滅、人口コントロー ル、およびその他の戦争犯罪を、 などでNATIONS-OF-COLOR 先頭に立っ WHITE MAN /によってヨーロッパ人! いたらそうではありませんユーティカ国際大使館の暫定首相フォーゲルデニス・ニューサムによって 行われている作業のためになってEXPOSUREにアメリカの専制帝国年代の米国の戦争犯罪 と外国・オブ・ Colorに、このような情報を提出します: 「どのくらい」だったのWORLD組織/リーダー LOOKに喜んで他の方法を?
  31. 31. 17 USC § 107 Limitations on Exclusive Rights – FAIR USE Page 30 of 32 、ご了承くださいそれは、このようなNOTIFICATIONSを通じて、それはUSDOJの義務、さらに/な戦 争犯罪を抑止する義務である、アパルトヘイトプラクティス/報告されているとに記載されている人類と他の 犯罪行為に対する犯罪上場カウントのUSA刑事告訴/ ICCコミュニケーション。米国政府は、SHUTDOWNで あるものの、これはしません緊急措置排除や意思決定を外国裁判所からこのような時代に、[など、国際刑事 裁判所として] 急務! 求める米国の結果、「国家の安全保障は、」 FURTHER FOR DOORSが開きますUTICA INTERNATIONAL EMBASSY追求する「EXPEDITION」 OF INTERNATIONAL 軍事介入を使用した「テロとの戦い」を受付け防御としてAGAINST運ば戦争 犯罪をOUTテロリスト!- - - USAの法務顧問ベイカードネルソンはことはできません提供JUSTIFICATION 政府のシャットダウンまたはのためBORDER壁の必要性を!また、正当化はことをサポートするため BORDER WALLは「NATIONAL」緊急事態であります そして、求めた数十億ドルは、単にある更の慣行恐喝 、恐喝および/または身代金要求は!
  32. 32. 17 USC § 107 Limitations on Exclusive Rights – FAIR USE Page 31 of 32 語る「鶏はHOME COMING ねぐらTO!」 それはだったアメリカの専制政府のの アメリカの/連合国の米国ジョージ・W・ブッシュ大統領は宣言および/またはそのフレーズ造語「対テロ戦 争」を した後、国内テロUSAさんナチスおよび/またはWHITEユダヤ人/シオニスト/至上主義者は、上で行う 、2001年9月11日米国の土の上に爆撃 / DEMOLITION世界貿易センタータワーや他の疑惑のターゲットの STARTINGウォーズの目的のために中東での彼らのQUESTアドルフの下でヒトラーの「新秩序」 アジェン ダ- A / K /「新世界秩序」 - するアクセスGAINとCONTROL中東地域のと国だけでなく、そのリソースを、 など ! だから、今これらのテロリストがいる浸透し、SHUTDOWN アメリカの政府の米国をして保持され ている「SOVEREIGN」市民を人質彼らがしようとして強要 より多くの金銭を融資するために更なるテロ活 動を、などとシオニスト WAR ARM (イスラエル)、中東に! NOW、を通じて「ICC通信... USA USDOJ / FBIの苦情、」ウティカ国際大使館の暫定首相フォーゲル デニス・ニューサムは法的に/合法的に与えられている権限と権利、などを求める「INTERNATIONAL」軍 事援助の支援する「NEW」で政府をそのテロとの戦い、など!
  33. 33. 17 USC § 107 Limitations on Exclusive Rights – FAIR USE Page 32 of 32 IS 国際刑事裁判所 VIABLE COURTする準備ができています ステップアップと方向リード正義のために Inを そのような取り扱い「NUREMBERG-TYPE」トライアルを AGAINST AMERICA'S米国独裁政府オフィシャル / 個人と それらの共謀? ご質問があれば、(888)700から5056または(513)680から2922で私達に連絡することを躊躇しな いでください。 丁重に提出、 ウティカ国際大使館 暫定首相フォーゲルデニス・ニューサム、O、C / 私書箱31265 ジャクソン、ミシシッピ39286 (888)700-5056または(513)680-2922 メール:interimpm@uticainternationalembassy.website ウェブサイト:https://uticainternationalembassy.website

×