Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

20181106_Comparison_Between_JAWS-UG_and_SSMJP_Community_Management

1,521 views

Published on

20181106_Comparison_Between_JAWS-UG_and_SSMJP_Community_Management
#ssmjp for outputter

Published in: Business
  • Be the first to comment

20181106_Comparison_Between_JAWS-UG_and_SSMJP_Community_Management

  1. 1. ssmjp 2018/11/06 @Typhon666_death
  2. 2. 自己紹介 • @Typhon666_death • 仕事:某セキュリティ専門会社にて、 セキュリティエンジニア/コンサルタント/アナリスト/営業 してました • 業務:以前は多種企業向けMSS、今は自社サービスの運用保守 • 活動コミュニティ: • OWASP Japan Promotion Teamメンバー • AISECjp 運営メンバー • Security-JAWS 運営メンバー • X-Tech JAWS 運営メンバー • FinJAWS 運営メンバー • 全脳アーキテクチャ若手の会 運営メンバー https://www.slideshare.net/Typhon666_death
  3. 3. 2015/08/25:人工知能の概論の概論とセキュリティへの応用的な〜 (人生初LT) 2016/05/30:俺、Hardeningで何やったっけ?いや、沖縄で何やったっけ?(Hardening振り返り回) 2016/12/20:オンラインデーティングアプリ Know-how Do-how (おすすめする出会い系アプリの話) 2017/07/31:アルキカタ 〜IT Exhibition walking project〜 (キャンギャルの話) 2017/12/14:もしそこらへんの運用担当者が波田野 裕一の『「運用改善」を考える ~「自動化」を 考える前に』を読んだら (もしハタ) 2018/01/12:OWASP (Open Well Architected Shichimi Project) (おすすめする七味の話) 2018/11/06:JAWS-UGコミュニティ運用とssmjpとの比較あれこれ←NEW!! ssmjpでの登壇は今日で7回目
  4. 4. 私からも質問を用意しましたので、その質問に対するアウトプットも していただけると助かります。 ぜひ皆さんも快便目指してください。 Outputする人だけが参加出来る#ssmjp
  5. 5. ざっくり Outputする人だけが参加出来る#ssmjp
  6. 6. JAWS-UGの紹介 Security-JAWSの紹介 X-Tech JAWSの紹介 第三者によるssmjpの紹介 運営比較 コミュニティに関わって変化したこと 総括 おしながき
  7. 7. JAWS-UG: AWS (Amazon Web Services) が提供するクラウドコンピューティン グを利用する人々の集まり(コミュニティ) オフィシャルHP: https://jaws-ug.jp/ JAWS-UG
  8. 8. Security-JAWSは、AWS+Securityをコンセプトに立ち上げられた勉強会 地方支部や沿線支部が立ち上がっていく中で、技術専門支部が少ない状態 の中、セキュリティやっていき!のメンバー同士で声かけあったのが、 JAWS DAYS 2016。4月頃初MTGし、5月初開催でキャパ40のところ、キ ャンセル待ち150名まで発生。 オフィシャルページ: https://s-jaws.doorkeeper.jp/ Security-JAWS
  9. 9. FinTech(金融)だけに限らず、InsureTech(保険)、HealthTech(ヘルスケア)、 MediTech(医療)、AdTech(広告)、EdTech(教育)、LegalTech(法律)など、あらゆ る業界において技術革新が求められるなかで、クラウドの利用ひいては、AWS の利用の加速と業界間・異業種企業間のハブになれるようなそんな支部(コミ ュニティ)としての役割を果たせられたらと思い、X-Tech JAWSは誕生しまし た。 自分なりにファウンドして、一番、個人的に大変と考えているコミュニティ オフィシャルページ: https://xtechjaws.doorkeeper.jp/ X-Tech JAWS http://ascii.jp/elem/000/001/164/1164664/
  10. 10. X-Techとは • X-Tech(エックステック、エクステック)とは • 引用:(株式会社NTTデータ経営研究所のサイトより) https://www.keieiken.co.jp/monthly/2015/1203/
  11. 11. X-Techとは • 最近、AWSJ亀田さんはクロステックと呼びます。 日経さんの記事はxTECH(クロステック)です。 • 引用:「日経 xTECH」、2月13日創刊 http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/mag/14/122200008/122800006/
  12. 12. X-Tech vs xTech Retail Legal Finance Media Others Food Vice Civil Retail Legal Finance Media Others Food Vice Civil X-Tech エクステック xTech クロステック
  13. 13. 主にインフラ・運用などがメインテーマですが、最近はセキュリティ に関しての発表なども活発に行っている、毎月都内のどこかで開催さ れる街角勉強会。話したい内容はある程度自由。 個人的主観としては、テーマにしばりはあっても、ゆるふわ故に皆に 愛される勉強会といったイメージ。 オフィシャルページ: https://ssm.pkan.org/ #ssmjp http://ascii.jp/elem/000/001/164/1164664/
  14. 14. 運営比較 ssmjp Security-JAWS X-Tech JAWS コミュニティ参加者 2018/11/04現在 1886人(connpass) 1313人(doorkeeper) 634人(doorkeeper) リーダー @yakumo3 南原 正樹 吉江 瞬 開催頻度 月1(たまに派生) 3ヶ月1回(たまに派生) 3ヶ月に1回 1回の登壇者数 3〜7 5〜6 5 ジャンル ITインフラ運用 じゃ ないですよね? セキュリティxAWS 異業種xAWS 配信 なし なし あり(Chime)
  15. 15. 運営比較 ssmjp Security-JAWS X-Tech JAWS 前説担当 @tigerszk 誰かがやる 吉江 瞬 前説内容 クソコラ 勉強会紹介&名刺交換 勉強会紹介 運営メンバー数 5人 10人 6人 メディア なし 主にアスキーの方に オファー 主にアスキーの方に オファー 創設の歴史 2009/06 2016/05 2017/10 slack あり なし なし
  16. 16. 運営比較 ssmjp Security-JAWS X-Tech JAWS twitter @_ssmjp @security_jaws @xtechjaws コラボ回数 ? 3 0 コラボ回の決まり方 ? (比較的)オファられる まだなし 登壇者オファー方法 ? 仕事関係、展示会や 別勉強会で知る 仕事関係、展示会や 別勉強会で知る オファー時の観点 ? ? ? 過去最高収容人数 ? 120 120
  17. 17. 運営比較 ssmjp Security-JAWS X-Tech JAWS ドタキャン率 ? 30%前後 40%前後 運営で定常的に発生 する困ったこと ? 個人的にはなし 登壇者オファー先を みつけること 金銭問題 ? まだなし 有償/無償で揉めた マニフェスト ? JAWS-UGで有り JAWS-UGで有り 大規模参加者勉強会 なし JAWS DAYS JAWS DAYS
  18. 18. JAWS-UG マニフェスト https://github.com/jaws-ug/manifesto/blob/master/for-contributors.md
  19. 19. コミュニティに参加のみの頃 意外と勉強会告知から入ってくる情報が情報源でしかなかったり ある時、登壇してみたいと思い、登壇したことで、便秘が解消 コミュニティに関わって変化したこと
  20. 20. コミュニティ運営しだすと、 登壇者調整を考えたりしてるうちに、先の情勢を知ろうとする頭が働きだ した。 グループマネジメント力の向上→部内、社内のマネジメントにも一助 コミュニティ運営同士の会話から始まる知識向上とGive&Takeの連鎖 Giveする力は、Outputへの連鎖にも繋がる 知名度もアップ?知らない社内の人が何故か自分を知ってるが、俺はお前 を知らない。 コミュニティに関わって変化したこと
  21. 21. この資料いいよ コミュニティリーダーズサミットでKDDI大橋さんが登壇された資料 DevRelやっていきたい https://www.slideshare.net/ohashimamoru/devrel-119371496
  22. 22. DevRelやっていきたい 自社にも似たような活動の部隊はいるが、 アウトプットの仕方には個人的に改善余地ありと思っている。 https://www.slideshare.net/ohashimamoru/devrel-119371496
  23. 23. 総括
  24. 24. 告知 JAWS DAYS 2019 〜満漢全席〜 2019/02/23(土) TOC五反田メッセ 統括します! Save The Date!!!

×