Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

20191212 jbug sapporo_murai

228 views

Published on

第6回JBUG札幌での発表スライド
「プロジェクト管理目線で見たbacklogでの進捗管理ってどう?」
INTLOOP株式会社
村井 茂樹

  • Be the first to comment

20191212 jbug sapporo_murai

  1. 1. プロジェクト管理目線で見た backlogでの進捗管理ってどう? 2019年12月12日 発表概要:backlogをうまく活用すればプロジェクトの進捗管理ってうまくいくのかな? という 最近backlogを使い始めて感じた自身の疑問に対して、過去のプロジェクト経験から WBS、ガントチャートの観点でbacklogの運用方法について考察してみたいと思います。
  2. 2. © 2019 INTLOOP inc All rights, reserved. Proprietary and Confidential 1 プロフィール
  3. 3. © 2019 INTLOOP inc All rights, reserved. Proprietary and Confidential 2 1.今日のお話し プロジェクトを円滑に進めるにあたり、どのように利用するのがよいか? backlogでプロジェクト管理すると、どんなメリットがあるのだろうか? backlogを使っているけど、さらに便利な使い方を知りたい(Tips) どんな機能・使われ方がされているのか知りたい(事例) backlogを使ったことがない(知りたい) サービス体系・料金・どんなものか(予算) ★ ★ ガントチャートを利用したウォーターフォール型のPJで(アジャイルは置いといて) どう利用すると管理(監視)しやすいのかを考察してみよう!
  4. 4. © 2019 INTLOOP inc All rights, reserved. Proprietary and Confidential 3 2.backlogを見た時の最初の印象 「予実の進捗をどうやってみるのかな・・・・」
  5. 5. © 2019 INTLOOP inc All rights, reserved. Proprietary and Confidential 4 3.プロジェクト管理視点で見た時の気づき ■backlogを利用して気づいたこと ウォーターフォールの考え方と、そもそも思想が違う!と思った。 アジャイルは変更があるのが前提で、細かいサイクルのイテレーションごとに進捗遅 れを捉えて、都度、原因分析・対策を繰り返していく。 それに対して、ウォーターフォールは遅れてから気づくではPJへの影響が大きい この思想の違いを明確にとらえる必要がある。と思う。。。 ■ウォーターフォールに適用する際の仮説 ①とにかくタスクを細かく分けて遅れたときに対策?? ②単位は変わらないがチケット内で進捗を入力 ③その他 例)エクセル等の別ツールでも管理 きっとどれも正解だけど、ウォーターフォール型のプロジェクトでの変更管理や監視は どのように運用するんだろう??
  6. 6. © 2019 INTLOOP inc All rights, reserved. Proprietary and Confidential 5 4.backlogガントチャートを利用する際の着目点 考え方として、PMBOKなどのプロジェクト管理体系に基づき、監視・管理のプロセスに注目 しbacklogガントチャート(最新クラウドツール)を適用させることを考察してみよう・・・ 出典元:https://products.sint.co.jp/obpm/blog/serial-umeda01
  7. 7. © 2019 INTLOOP inc All rights, reserved. Proprietary and Confidential 6 実際にbacklogガントチャート機能を見てみよう
  8. 8. © 2019 INTLOOP inc All rights, reserved. Proprietary and Confidential 7 5.監視しづらいと感じた点 ・タスク一覧画面では進捗について遅延する前に気づきづらい?気がする ・リスケの前の元々のスケジュールが履歴で残らない (このため) →計画に対する実績の進捗やコスト管理が見えづらい?(但し、実績項目あり) →変更要求などからのリスケも、もともとの計画通りなのか見えづらいため スコープクリープ(肥大化)が捉えづらく、PJの肥大化につながりやすいかも?
  9. 9. © 2019 INTLOOP inc All rights, reserved. Proprietary and Confidential 8 プロジェクトの成功の大きな要因は日々のコミュニケーション!! みんな仲良く、楽しくやりましょう!!Typetalkの利用いいね! ・「マイルストーン」「カテゴリー」「親子課題」をうまく活用して、タスクの適正な 粒度に振り分けることと、ソート・抽出・ウォッチ機能などで監視をしやすい仕 組みづくりは可能ではと感じた。 「カスタム属性」機能でさらに便利に・・・(プレミアムプラン) ・ExcelやCSV抽出機能により管理者が俯瞰してチェックすることはできる 但し、予実表現やリスケ機能の今後に期待! CSV出力から誰かいいツール作れば、さらに管理しやすくできるかも・・・ ★最初のWBS・タスク割り・マイルストーンなどの置き方が重要! うまくプロジェクトの特性に合わせた検討ができればPJが成功に近づくはず。 6.考察結果(こうやればうまくいく気がする) 是非、スタンダードプランにしてガントチャート機能を利用してみよう♪
  10. 10. © 2019 INTLOOP inc All rights, reserved. Proprietary and Confidential 9 ご清聴ありがとうございました。

×