Successfully reported this slideshow.

EMTEを使って自動化の費用対効果をわかりやすく表現する

5

Share

Upcoming SlideShare
What to Upload to SlideShare
What to Upload to SlideShare
Loading in …3
×
1 of 39
1 of 39

EMTEを使って自動化の費用対効果をわかりやすく表現する

5

Share

Download to read offline

自動テストの工数を評価する際は「構築工数」、「結果分析工数」、「メンテナンス工数」のメトリクスを使うと効率よく評価することができます。そのメトリクスをEMTE(手動でのテスト実施工数)という単位を使って評価を行うことで、時間のみの測定より分かりやすく自動化の効果を表すことが出来ます。今回は実際の評価事例を元にEMTEについて解説したいと思います。

自動テストの工数を評価する際は「構築工数」、「結果分析工数」、「メンテナンス工数」のメトリクスを使うと効率よく評価することができます。そのメトリクスをEMTE(手動でのテスト実施工数)という単位を使って評価を行うことで、時間のみの測定より分かりやすく自動化の効果を表すことが出来ます。今回は実際の評価事例を元にEMTEについて解説したいと思います。

More Related Content

Related Books

Free with a 14 day trial from Scribd

See all

EMTEを使って自動化の費用対効果をわかりやすく表現する

  1. 1. EMTEを使って自動化の費用対効果を わかりやすく表現する RUEY JYE 芮 杰 (ゼイ ジェ)
  2. 2. © LIFULL Co.,Ltd. 本書の無断転載、複製を固く禁じます。2 アジェンダ • 自己紹介 • EMTEとは • 自動テストの評価指標 • 実際のプロジェクトでの検証、測定 • EMTEを使うメリット • まとめ
  3. 3. © LIFULL Co.,Ltd. 本書の無断転載、複製を固く禁じます。3 自己紹介
  4. 4. © LIFULL Co.,Ltd. 本書の無断転載、複製を固く禁じます。4 自己紹介 Ruey Jye 芮 杰 (ゼイ ジェ) 台湾出身のSET (Software Engineer in Test) 呼び方:ゼイさん、Jさん 経歴: 2016 (来日) LIFULL(新卒) 品質管理グループ 2018 LIFULL SETグループ 2020 LIFULL クオリティエンジニアリンググループ 資格 • ISTQB CTFL (Foundation Level) • ISTQB CTAL-TAE (Advanced Level Test Automation Engineer) テストプロバイダ経由し て、日本のテストセンタ ーで試験受けました。
  5. 5. © LIFULL Co.,Ltd. 本書の無断転載、複製を固く禁じます。5 EMTEとは
  6. 6. © LIFULL Co.,Ltd. 本書の無断転載、複製を固く禁じます。6 みなさんはEMTEを聞いたことありますか?
  7. 7. © LIFULL Co.,Ltd. 本書の無断転載、複製を固く禁じます。7 EMTEとは EMTE (Equivalent Manual Test Effort) テストを手動で実行する工数 参考:ISTQBの用語集 https://glossary.istqb.org/jp/search/EMTE
  8. 8. © LIFULL Co.,Ltd. 本書の無断転載、複製を固く禁じます。8 EMTEとは 例: テストを手動で実行する工数:120分 そのテストを自動化したときの実行時間:30分
  9. 9. © LIFULL Co.,Ltd. 本書の無断転載、複製を固く禁じます。9 EMTEとは 例: テストを手動で実行する工数:120分 ➡︎ 1 EMTE そのテストを自動化したときの実行時間:30分 ➡︎ 0.25 EMTE EMTEは時間単位と変換ができます!
  10. 10. © LIFULL Co.,Ltd. 本書の無断転載、複製を固く禁じます。10 なぜEMTEに変換するのか?
  11. 11. © LIFULL Co.,Ltd. 本書の無断転載、複製を固く禁じます。11 EMTEの効果 手動実行で消費した時間と相対的にできる 手動実行時間自動実行時間 その他の工数 自動テスト実行 0.25 EMTE (テスト実施者は手動実行の 1/4だと直感的に判断できる)
  12. 12. © LIFULL Co.,Ltd. 本書の無断転載、複製を固く禁じます。12 自動テストの評価指標
  13. 13. © LIFULL Co.,Ltd. 本書の無断転載、複製を固く禁じます。13 なぜ自動テストを評価するのでしょうか
  14. 14. © LIFULL Co.,Ltd. 本書の無断転載、複製を固く禁じます。14 目的の達成を確認するためです
  15. 15. © LIFULL Co.,Ltd. 本書の無断転載、複製を固く禁じます。15 自動テストの評価指標 • External TAS metrics – Automation benefits (自動化メリット) – Effort to build automated tests (自動テストの構築工数) – Effort to analyze automated test incidents (自動テストの結果分析工数) – Effort to maintain automated tests (自動テストのメンテナンス工数) – Ratio of failures to defects (同じ欠陥によるケース失敗率) – Time to execute automated tests (自動テストの実行時間) – Number of automated test cases (自動テストのケース数) – Number of pass and fail results (自動テストのケース成功/失敗数) – Number of false-fail and false-pass results (自動テストの結果誤判定数) – Code coverage (自動テストのカバレッジ) • Internal TAS metrics – Tool scripting metrics (分析ツールの結果メトリクス) – Automation code defect density (自動テストのコードの欠陥密度) – Speed and efficiency of TAS components (自動テスト各コンポネートの効率) 参考:ISTQB CTAL-TAEシラバス https://www.istqb.org/downloads/category/48-advanced-level-test-automation-engineer-documents.html 補足:TASはTest Automation Solutionの略語です
  16. 16. © LIFULL Co.,Ltd. 本書の無断転載、複製を固く禁じます。16 工数系の指標のみ紹介します
  17. 17. © LIFULL Co.,Ltd. 本書の無断転載、複製を固く禁じます。17 自動テストの評価指標 • External TAS metrics – Automation benefits (自動化メリット) – Effort to build automated tests (自動テストの構築工数) – Effort to analyze automated test incidents (自動テストの結果分析工数) – Effort to maintain automated tests (自動テストのメンテナンス工数) – Ratio of failures to defects (同じ欠陥よるのケース失敗率) シラバスによるとこれらの指標は EMTEに変換して表現できることも 記載されています 参考:ISTQB CTAL-TAEシラバス https://www.istqb.org/downloads/category/48-advanced-level-test-automation-engineer-documents.html
  18. 18. © LIFULL Co.,Ltd. 本書の無断転載、複製を固く禁じます。18 自動テストの評価指標 • 自動テストの構築工数 自動テスト環境構築、テストケース設計、テストケース実装などの初期コスト • 自動テストの結果分析工数 自動テスト実行後の結果確認、不安定なテストの再実行、 デグレーションが発生の確認などの運用コスト • 自動テストのメンテナンス工数 テストケースの修正やテストデータの整備などの運用コスト
  19. 19. © LIFULL Co.,Ltd. 本書の無断転載、複製を固く禁じます。19 実際のプロジェクトでの検証、測定
  20. 20. © LIFULL Co.,Ltd. 本書の無断転載、複製を固く禁じます。20 検証したプロジェクト概要
  21. 21. © LIFULL Co.,Ltd. 本書の無断転載、複製を固く禁じます。21 検証したプロジェクト概要 Tチームの自動テストを構築しました 対応した内容: • 自動テスト環境構築 • テストケース設計、実装 • 実際の運用サポート
  22. 22. © LIFULL Co.,Ltd. 本書の無断転載、複製を固く禁じます。22 集計結果
  23. 23. © LIFULL Co.,Ltd. 本書の無断転載、複製を固く禁じます。23 実際の数字 - 実行時間 • 全ケースを手動で行う時間 1時間34分10秒 ➡︎ 5650秒 • 自動テスト実行時間 531秒 ※計算しやすくするため、秒単位で表しています
  24. 24. © LIFULL Co.,Ltd. 本書の無断転載、複製を固く禁じます。24 実際の数字 - 評価指標 • 自動テストの構築工数 97時間 ➡︎ 349200秒 • 自動テストの結果分析工数 30分 ➡︎ 1800秒 • 自動テストのメンテナンス工数 30分 ➡︎ 1800秒 ※計算しやすくため、秒単位で表しています
  25. 25. © LIFULL Co.,Ltd. 本書の無断転載、複製を固く禁じます。25 EMTEで変換
  26. 26. © LIFULL Co.,Ltd. 本書の無断転載、複製を固く禁じます。26 実際の数字 - 評価指標 • 自動テストの構築工数 349200秒 ➡︎ 61.81EMTE • 自動テストの結果分析工数 1800秒 ➡︎ 0.32 EMTE • 自動テストのメンテナンス工数 1800秒 ➡︎ 0.32 EMTE • 全ケースを手動で行う時間 5650秒 ➡︎ 1 EMTE • 自動テスト実行時間 531秒 ➡︎ 0.094 EMTE
  27. 27. © LIFULL Co.,Ltd. 本書の無断転載、複製を固く禁じます。27 わかったこと
  28. 28. © LIFULL Co.,Ltd. 本書の無断転載、複製を固く禁じます。28 わかったこと • 自動テストの実行効率がいい 自動実行 = 0.094 EMTE (手動の10倍ぐらい早い) • 運用作業を含めても自動テストのコストは高くない 手動実行 > ( 自動実行 + 分析 + メンテナンス ) ➡︎ 1 > ( 0.094 + 0.32 + 0.32 ) (手動実行時間内に収まる)
  29. 29. © LIFULL Co.,Ltd. 本書の無断転載、複製を固く禁じます。29 わかったこと • 構築工数を還元するまでの期間 自動化で節約出来た時間 = 手動実行 - 自動実行 = 1-0.094 = 0.906 EMTE 構築工数を還元するまでの回数 (※仮に毎回の実行で分析、メンテナンスが発生しない場合) = 構築工数 / 自動化で節約出来た時間 = 61.81 / 0.906 ≒ 68回
  30. 30. © LIFULL Co.,Ltd. 本書の無断転載、複製を固く禁じます。30 EMTEを使うメリット
  31. 31. © LIFULL Co.,Ltd. 本書の無断転載、複製を固く禁じます。31 メリット 時間より、効果がわかりやすい 手動実行時間 1時間34分10秒 自動テスト 実行時間 8分51秒 自動テスト 結果分析工数 30分 自動テスト メンテナンス工数 30分 自動テスト 構築工数 97時間 手動実行時間 1 EMTE 自動テスト 実行時間 0.094 EMTE 自動テスト 結果分析工数 0.32 EMTE 自動テスト メンテナンス工数 0.32 EMTE 自動テスト 構築工数 61.81 EMTE
  32. 32. © LIFULL Co.,Ltd. 本書の無断転載、複製を固く禁じます。32 工数と節約の費用対効果
  33. 33. © LIFULL Co.,Ltd. 本書の無断転載、複製を固く禁じます。33 費用対効果(運用コストなし) 初期コスト = 61.81 EMTE (1回のみ) 節約した工数 = 0.906 EMTE/回 68回自動テストを回すことで 初期コストの元が取れる!
  34. 34. © LIFULL Co.,Ltd. 本書の無断転載、複製を固く禁じます。34 費用対効果(運用コスト込) 初期コスト = 61.81 EMTE (1回のみ) 運用コスト = 0.64 EMTE/回 節約した工数 = 0.906 EMTE/回 233回自動テストを回すことで 初期コスト+運用コストの元が取 れる!
  35. 35. © LIFULL Co.,Ltd. 本書の無断転載、複製を固く禁じます。35 補足情報
  36. 36. © LIFULL Co.,Ltd. 本書の無断転載、複製を固く禁じます。36 補足情報 • EMTEはただの単位変換 時間単位のままでも計算出来ます • EMTEは工数の指標のみ 他の自動テスト指標は別集計が必要 • 節約は必要な自動テストのみ有効になります 1リリースサイクルで1回自動テストを実行するのであれば、 そのサイクルにある自動テストの実行のみ効果があります
  37. 37. © LIFULL Co.,Ltd. 本書の無断転載、複製を固く禁じます。37 まとめ
  38. 38. © LIFULL Co.,Ltd. 本書の無断転載、複製を固く禁じます。38 まとめ EMTEは手動で消費した時間と相対的に比較できます EMTEは効果をわかりやすく表現できます テストの目的と合わせて、必要な指標も測りましょう
  39. 39. © LIFULL Co.,Ltd. 本書の無断転載、複製を固く禁じます。39 ご清聴ありがとうございました

×