SlideShare a Scribd company logo
1 of 70
Download to read offline
まだまだ
Spring∼3.1


             1
自己紹介
•  長谷川 裕一(日本Springユーザ会 会長)
  ‒  1986年、イリノイ州警察指紋システムのアセンブリ言語プログ
     ラマからスタートして、PL,PMと経験し、アーキテクト、コ
     ンサルタントへ
  ‒  現在はオブジェクト指向(特にJava/Spring)を中心に、コン
     サルティング(IT戦略、技術導入/検証、プロセスetc)や教育
     で活動
•  書籍
  ‒  プログラムの育てかた(ソフトバンク),Spring入門(技術評
     論社),Spring2.0入門(技術評論社),間違いだらけのソフ
     トウェア・アーキテクチャ(技術評論社)
•  その他
  ‒  Starlight&Storm LLC代表社員、SQuBOK策定メンバ
  ‒  株式会社フルネス取締役、チェンジビジョン・コンサルティン
     グ・パートナー


                                           2
おしながき
•  Spring概要∼SpringFrameworkからSpringへ!?
  ‒  SpringSource.org
  ‒  SpringSource.com
•  Spring3.1∼主な追加機能
  ‒    Bean定義のプロファイル機能
  ‒    組込みデータベースサポート
  ‒    Object/XMLマッピング連携
  ‒    Cache Abstraction機能
  ‒    非同期実行/スケジューリング実行
•  これからのJava EnterpriseとSpring∼みんなの生き残り戦略
  ‒  Spring 現状の問題と解決の術
  ‒  Javaの方向性と生き残りの術(JavaOneから見えてきた)



                                         3
SpringFrameworkからSpringへ!?

Spring概要
springsource.org
Spring
•  Spring Framework
  ‒  ロッド・ジョンソン氏(SpringSource[旧社名:
     Interface21])が中心に開発
  ‒  Java/JEEアプリケーション開発用フレームワーク
     •  DIxAOPコンテナ
  ‒  ASL(Apache Software Licence) Ver2.0に基づいたオープ
     ンソース




                                                   6
Springの年譜
•    2002年11月 書籍:Expert One-on-One J2EE
•    2004年3月 Spring 1.0
•    2004年9月 Spring 1.1
•    2005年5月 Spring 1.2
•    2006年10月 Spring 2.0
•    2007年11月 Spring2.5
•    2009年12月 Spring3.0
•    2011年12月 Spring3.1
     ‒  Java7, Spring Cache, Hibernate4...
•  201x年 Spring3.2
     ‒  Hibernate4 FullSupport...



                                             7
Springの主なプロジェクト
•    Spring   Framework     •  Spring Mobile
•    Spring   AMQP          •  Spring .NET
•    Spring   Android       •  Spring Roo
•    Spring   Batch         •  Spring Security
•    Spring   BlazeDS       •  Spring Security
•    Spring   Data             OAuth
•    Spring   Gemfire        •  Spring Social
•    Spring   Integration   •  Spring Web Flow
                            •  Spring Web
                               Services

                                                 8
springsource.com
Spring 開発-実行-管理
•  開発(Java Leadership)
  ‒    Spring
  ‒    Groovy&Grails
  ‒    SpringSource Tool Suite
  ‒    Cloud Foundary
•  実行(Application Platform)
  ‒    vFablic   ERS
  ‒    vFablic   tc Server
  ‒    vFablic   RabitMQ
  ‒    vFablic   GemFire
•  管理(Apllication Management)
  ‒  vFablic Hyperic
Grailsの代わりにSpring Roo
•  コマンドラインを利用してソースを自動生成するツール
 ‒  生産性の向上及び仕様変更や機能追加にも耐えうる継続的な開発
 ‒  Java界隈においてメジャーなフレームワークを利用
 ‒  自動生成した後もモデルクラスの変更に対して、ビューやコントロー
    ラクラスが自動で再作成される




                                      11
STS
•  SpringSource Tool Suite
   ‒  EclipseベースのSpringアプリケーション開発環境
   ‒  各種サーバへのデプロイ管理
cloudfoundry.com
vFabric
•  VMwareのソリューション
 ‒  クラウド向けのアプリケーション基盤(ミドルウェア)
 ‒  vSphere のメモリ管理機能を利用したコンピュータリソースの
    有効活用
 ‒  vCenter によるアプリケーションの監視
 ‒  仮想マシンの数に応じた価格体系を提供


          Spring + Application	

                vFabric	
                VMware
vFabric
•  VMWare が提供するクラウド向けのアプリケーション
   基盤
 ‒  AP サーバーやデータベースやメッセージキューなどのソフト
    ウェアを1セットで提供する
 ‒  Springを使用することで仮想アプリケーションとクラウド アプ
    リケーションの開発期間が最大 50 % 短縮


                ERS(Enterprise Ready Server)
                        Webサーバ	
    Hyperic
   (モニタリング               tc Server	
     と監視)	
                RabbitMQ                GemFire
              (メッセージング)                (データ管理)
ERS(Enterprise Ready Server)
•  Web サーバーとロードバランスの機能を提供
 ‒  Apache HTTP Server を使用
 ‒  Apache と比較して最大 100% のパフォーマンスアップ
•  迅速にバグフィックスするサポートを提供
 ‒  Apache HTTP Server のサポートを提供していた Covalent 社
    を SpringSource が買収




                                tc Server	

                    ERS	

                                tc Server
tc Server
•  エンタープライズ向けにカスタマイズされた Tomcat
  ‒  開発者に馴染みの Tomcat互換
  ‒  Springを利用して作成したアプリケーションを実行するのに適
     した環境
•  Tomcat + α
  ‒  Webベースの管理UI
  ‒  アプリケーションの設定とデプロイ管理
  ‒  パフォーマンスのモニターおよび状態の診断

                      tc
            ERS	
                    Server	
                               Rabbit
                      tc        MQ	
            ERS	
                    Server	
                               Rabbit
                      tc        MQ	
            ERS	
                    Server
RabbitMQ
•  AMQP(Advanced Message Queuing Protocol) を実
   装したメッセージキュー
•  多彩なメッセージングのパターンに対応
  ‒  point-to-point, publishsubscribe,routing...
•  多彩なプロトコル、言語(クライアント側)に対応




      ERS	
         tc Server	
    RabbitMQ	


                              Cloud時代のスケール
                              メッセージBus
GemFire
•  メモリーベースの分散型のデータ管理プラット
   ホーム(永続化も可能)
 ‒  Key-Value ストア ・マシンを動的に追加可能
 ‒  非同期のイベント通知




   ERS	
   tc Server	
      GemFire	


                         Cloud時代のスケール	
                         データストレージ
Hyperic
•  tc Serverの管理・監視・計測
  ‒  他のミドルウェアや OS リソースも監視できる
•  管理
  ‒  ランタイムインスタンスの起動・停止
  ‒  JVM オプション・ JDBC データソースなどの設定
  ‒  Web アプリケーションのデプロイ
•  監視
  ‒    リソースの閲覧・監視・コントロール
  ‒    デッドロックの検知
  ‒    ガベージコレクションの時間
  ‒    JDBC データソースの監視
•  計測
  ‒  instrumented 版の Spring Framework を利用し、 bean のメ
     ソッドの処理時間などを表示
主な追加機能

Spring3.1

            21
主な追加機能
•  Bean定義のプロファイル機能
•  組込みデータベースサポート
•  Object/XMLマッピング連携
•  Cache Abstraction機能
•  非同期実行/スケジューリング実行




                         22
主な追加機能
•  Bean定義のプロファイル機能
•  組込みデータベースサポート
•  Object/XMLマッピング連携
•  Cache Abstraction機能
•  非同期実行/スケジューリング実行




                         23
Bean定義のプロファイル機能
•  Bean定義をプロファイルという形でグループ化
  ‒  Bean定義の有効範囲を指定できる機能
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<beans ・・・>
 <beans profile="test">	
   <bean id="dataSource"
     class="org.springframework・・・DriverManagerDataSource">
  </bean>
  <bean ・・・
 </beans>	
 <beans profile="production">	
   <jee:jndi-lookup id="dataSource"
     jndi-name="・・・"/>
  <bean ・・・
 </beans>	
</beans>	

                                                              24
DIコンテナ作成時に指定
•  DIコンテナの作成時にtestを指定


GenericXmlApplicationContext factory
             = new GenericXmlApplicationContext();
// プロファイルは複数選択可
factory.getEnvironment().setActiveProfiles("test");	
factory.load("classpath:/META-INF/spring/beans.xml");
factory.refresh();	




                                                   25
SpringJUnit4ClassRunnerで指定
•  SpringJUnit4ClassRunnerを使用したテ
   ストクラスでtestを指定


@RunWith(SpringJUnit4ClassRunner.class)
@ContextConfiguration
       ("classpath:/META-INF/spring/beans.xml")
@ActiveProfiles("test")
public class BeanProfileSpringTest {
 ・・・	




                                                  26
Webアプリで指定(1)
•  Webアプリケーションでtestを指定
  ‒  ContextLoaderListenerの場合


web.xml

<context-param>
 <param-name>spring.profiles.active</param-name>
 <param-value>production</param-value>
</context-param>	




                                                   27
Webアプリで指定(2)
•  Webアプリケーションでtestを指定
 ‒  DispatcherServlet

web.xml
<servlet>
 <servlet-name>dispatcherServlet</servlet-name>
 ・・・省略・・・
 <init-param>
  <param-name>spring.profiles.active</param-name>
  <param-value>test</param-value>
 </init-param>
 ・・・省略・・・
</servlet>	

                                                28
主な追加機能
•  Bean定義のプロファイル機能
•  組込みデータベースサポート
•  Object/XMLマッピング連携
•  Cache Abstraction機能
•  非同期実行/スケジューリング実行




                         29
組込みデータベースサポート
•  組込みデータベースをDIコンテナで管理
 ‒  DataSourceオブジェクトとしてアクセスすることが
    できる機能
 ‒  データベースの起動/停止を意識することなくアプ
    リケーションを実行可能
 ‒  メモリ上で起動、終了時には破棄
   •  テーブルやデータをSQLスクリプトファイルに記述
•  Javaの軽量なデータベース
 ‒  HSQLDB(http://www.hsqldb.org/)
 ‒  H2(http://www.h2database.com/)
 ‒  Apache Derby(http://db.apache.org/derby/)


                                                30
HSQLを利用
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<beans xmlns="http://www.springframework.org/schema/beans"
 xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance"
 xmlns:jdbc="http://www.springframework.org/schema/jdbc"
 xsi:schemaLocation="
  http://www.springframework.org/schema/beans
  http://www.springframework.org/schema/beans/spring-beans.xsd
  http://www.springframework.org/schema/jdbc	
  http://www.springframework.org/schema/jdbc/spring-jdbc-3.1.xsd">	
  ・・・	
 <jdbc:embedded-database id="dataSource">
   <jdbc:script location="classpath:/META-INF/sql/ddl.sql"/>	
   <jdbc:script location="classpath:/META-INF/sql/data.sql"/>
 </jdbc:embedded-database>	
  ・・・	
</beans>	
                   <jdbc:embedded-database id="dataSource" type="H2">
                                                              ※type ="DERBY"	


                                                                          31
主な追加機能
•  Bean定義のプロファイル機能
•  組込みデータベースサポート
•  Object/XMLマッピング連携
•  Cache Abstraction機能
•  非同期実行/スケジューリング実行




                         32
Object/XMLマッピング連携
•  OXM(Object/XMLマッピング )共通のイン
   タフェースを定義
 ‒  Marshallerインタフェース
   •  Object→XML
 ‒  Unmarshallerインタフェース
   •  XML→Object
•  実装クラス
 ‒  JAXB(http://jcp.org/en/jsr/summary?id=222)
 ‒  Castor(http://castor.org/xml-framework.html)
 ‒  XMLBean(http://xmlbeans.apache.org/)
 ‒  JiBX(http://jibx.sourceforge.net/)
 ‒  XStream(http://xstream.codehaus.org/)
                                               33
OXMサンプル

      XML	


                               :Customer	


   HTTPリクエスト	
     Http        メソッドの引数	
                                             Spring
                 Message
                 Converter	
                  MVC	
   HTTPレスポンス	
                 メソッドの戻り値	

      XML	
                               :Customer	




                                                      34
Bean定義ファイル(JAXB利用)
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<beans xmlns="http://www.springframework.org/schema/beans"
  xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance"
  xmlns:oxm="http://www.springframework.org/schema/oxm"
  xsi:schemaLocation="
    http://www.springframework.org/schema/beans
     http://www.springframework.org/schema/beans/spring-beans.xsd
    http://www.springframework.org/schema/oxm	
     http://www.springframework.org/schema/oxm/spring-oxm-3.1.xsd"> 	

 <oxm:jaxb2-marshaller id="marshaller">	
  <oxm:class-to-be-bound name="sample.customer.biz.domain.Customer" />
 </oxm:jaxb2-marshaller>	

 <bean id="marshallingConverter"	
    class="org.springframework.http.converter.xml.MarshallingHttpMessageConverter">
  <property name="marshaller" ref="marshaller"/>
  <property name="unmarshaller" ref="marshaller"/>
 </bean>	

</beans>	

                                                                                      35
主な追加機能
•  Bean定義のプロファイル機能
•  組込みデータベースサポート
•  Object/XMLマッピング連携
•  Cache Abstraction機能
•  非同期実行/スケジューリング実行




                         36
Cache Abstraction機能
•  キャッシュを抽象化する機能
 ‒  アプリケーション開発者がキャッシュを管理す
    るオブジェクトを全く意識することなくキャッ
    シュを実現
 ‒  CacheManagerをBean定義ファイルに設定
 ‒  アノテーションやBean定義でキャッシュを実現




                            37
SimpleCacheManagerの利用
<bean id="cacheManager"
  class="org.springframework.cache.support.
                            SimpleCacheManager">
 <property name="caches">
  <list>
   <bean class="org.springframework.cache.
           concurrent.ConcurrentMapCacheFactoryBean">	
      <property name="name" value="users"/>
   </bean>	
    <bean class="org.springframework.cache.
            concurrent.ConcurrentMapCacheFactoryBean">
   ・・・省略・・・
  </list>
 </property>
</bean>	


                                                          38
アノテーションの利用(1)
•  cache:annotation-drivenタグを設定
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<beans
  ・・・省略・・・
  xmlns:context="http://www.springframework.org
                                 /schema/context"
  xsi:schemaLocation="
     ・・・省略・・・
     http://www.springframework.org/schema/cache
     http://www.springframework.org
          /schema/cache/spring-cache-3.1.xsd">

 <cache:annotation-driven />

・・・省略・・・	

                                                    39
アノテーションの利用(2)
 @Cacheable(value = "users", key = "#userId")
 public User findById(long userId){
   ・・・省略(データベースアクセスなど)・・・	




                                                        :User	
                                          :User	
                  userId="001"の場合	
                   userId=003	
                                       userId=001	

findById(..)	


                 userId="009"の場合	
                                      :UserTBL	



                                                                     40
アノテーションの利用(3)
    @CacheEvict(value = "users", key = "#user.id")
    public void update(User user) {
     ・・・省略(データベースアクセスなど)・・・	




                                                        :User	
                                         :User	
userId="001"の場合                                       userId=003	
                       delete	
        userId=001	

  update(..)	


                       update	
                                     :UserTBL	



                                                                     41
Bean定義の利用
•  キャッシュの設定をソースに書きたくな
   い場合
<cache:advice id="cacheAdvice">
 <cache:caching cache="users">
  <cache:cacheable method="findById" key="#userId"/>
  <cache:cache-evict method="update" key="#user.id"/>
  ・・・省略・・・
</cache:advice>	




                                                        42
主な追加機能
•  Bean定義のプロファイル機能
•  組込みデータベースサポート
•  Object/XMLマッピング連携
•  Cache Abstraction機能
•  非同期実行/スケジューリング実行




                         43
非同期実行/スケジューリング実行
•  アノテーションで非同期実行やスケ
   ジューリング実行が可能
 ‒  @Asyncアノテーション
 ‒  @Scheduledアノテーション




                        44
Bean定義ファイル
•  task:annotation-drivenタグを設定
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<beans
  ・・・省略・・・
  xmlns:task="http://www.springframework.org/schema/task"
  xsi:schemaLocation="
     ・・・省略・・・
     http://www.springframework.org/schema/task
     http://www.springframework.org/schema/
                             task/spring-task-3.1.xsd">

<task:annotation-driven/>
・・・省略・・・	



                                                        45
非同期メソッド(戻りなし)

 @Async
 public void foo() {
 ・・・




 @Async
 public String foo() {
  ・・・
  // 戻り値を指定してもnullしか戻らないので注意




                               46
非同期メソッド(戻りあり)
非同期メソッド
@Async
public Future<String> foo() {
  ・・・
  String result = ・・・
  return new AsyncResult<String>(result);
}



呼び出し/受け取り
Future<String> asyncResult = object.foo();
・・・	
String result = asyncResult.get();



                                             47
スケジューリング
 @Scheduled(fixedDelay = 5000)	
 public void bar() { ・・・
   //属性は1つしか指定できない


    属性                         説明

           cron形式で指定したスケジュールに従って実行する
 cron
           例)毎日12時に実行 cron = "0 0 12 * * ?"

           指定されたミリ秒の間隔でメソッドを実行する
 fixedDelay メソッドが実行されるまでの間隔は、前のメソッド
           が終了した時点からカウントされる

          指定されたミリ秒の間隔でメソッドを実行する
 fixedRate メソッドが実行されるまでの間隔は、前のメソッド
          が開始した時点からカウントされる


                                              48
みんなの生き残り戦略

これからのJava Enterprise
とSpring
                       49
•  Spring 現状の問題と解決の術
•  Javaの方向性と生き残りの術(JavaOne
   から見えてきた)




                             50
•  Spring 現状の問題と解決の術
•  Javaの方向性と生き残りの術(JavaOne
   から見えてきた)




                             51
Springの現状
•  大手SIが標準アーキテクチャ(フレーム
   ワーク)のベースとして利用するなど、
   多くの企業で採用
•  JSUG発表事例から
 ‒  CSK(当時)
 ‒  NTTデータ
 ‒  日本UNISYS
 ‒  アクセンチュア



                         52
Spring利用時の問題点(昔)
•  Webアプリで、様々なクラスが
   ApplicationContextを生成してクラスを
   getしていた
 ‒  ネット連載の初回しか見なかったのか?
•  何でもかんでもInterfaceを付加して
   Injection(今でもちょっとある)
 ‒  書籍や記事等で強調し過ぎた!?
•  「うちではそんな高度なフレームワーク
   は使いこなせません」
 ‒  これはちょっと…
                                 53
Spring利用時の問題点(今)
•  Spring3なのにSpring1
 ‒  勉強不足です…
•  「Rooを使えばCOBOLERだけでもレガ
   シーマイグレーション可能ですよね」
 ‒  過信しすぎ…
•  ビジネスロジックの作りの酷さが目立つ
   ようになってきた
 ‒  WebやDAOなど全体的に奇麗になってきた
    ので、余計に目立つ


                            54
これからSpringを使うには
•  ドメインモデリング重要
 ‒  責務が明確で、分かり易く、変化に対応でき
    るビジネスロジック
  •  トランザクションスクリプトからドメインモデル
     へリファクタリングすることも、ひとつの手とし
     はアリかも!?
  •  例:トランザクション内に分散したValidationを
     エンティティに移動する
 ‒  Springが得意とするレイヤ間の疎結合は、そ
    の前提
 ‒  DDDは教材の1つとして有効

                                   55
•  Spring 現状の問題と解決の術
•  Javaの方向性と生き残りの術(JavaOne
   から見えてきた)




                             56
Javaの目指すところ
•  JavaOneで見えてきた、クラウドへの道
 ‒  Cloud Device+PaaS



       Cloud	




                           57
JavaEE
•  JavaEE7
  ‒  標準的なPaaSの提供を目指す
     •  クラウド環境に対応した自動プロビジョニングや、多岐にわ
        たる参加者の管理モデルも提唱
  ‒  JDK(Project Lambda)
     •  JDK8 2013年
  ‒  使い易くなるキャッシュ機能(JCache 1.0)
  ‒  既存のAPIにはマルチテナント対応の拡張
     (JPA2.1)
  ‒  コンポーネントの容易な組み合わせ(CDI 1.1)

                           PaaS	
                                    58
JDK8(Project Lambda)
•  関数型の採用
•  マルチコア対応

 (int x, int y) -> x + y

 () -> 42

 (String s) -> { System.out.println(s); }

 http://cr.openjdk.java.net/~briangoetz/lambda/lambda-state-4.html	



                                                                       59
JCache
•  分散環境でデータをキャッシュすることにより、アプリ
   ケーションの性能と拡張性を確保することができる
•  Cacheに大事なものをしまって、キーを与える
 ‒  CacheManager, CacheFactory




               APサーバ	


                    キャッシュ	
                            データベース	




                                       60
Contexts and Dependency Injection
•  コンポーネントを簡単に組み合わせる仕
   組み
 ‒  仕様の異なるコンポーネントを、組み合わせ
    るのが大変だった
   •  @Inject
 ‒  Web Beans
   •  JBoss Seam
          JSF	
    EJB	
   JPA	



                   CDI	


                                   61
JPAのマルチテナント対応
•  SaaSの効率を高める仕組み
 ‒  マルチテナンシー(マルチテナントの性格をもつ)なアプリ
    ケーション
•  アノテーションと設定ファイルでテナントを使い分け
 ‒  @Multitenant、@TenantDiscriminatorColum




 AP     AP      AP                           AP




                                                  62
GlassFish
•  Java EEのリファレンス実装
 ‒  JavaEE7 → GlassFish4
 ‒  2013年第2四半期ころに登場予定
 ‒  他のAP Serverの対応状況は不明


    2012	
            2013	




    3.1.2	
             4	

                               63
Spring+αで十分
•  Spring3.1
   ‒ Cache(JCache)
   ‒ DIxAOP(CDI)
•  Scala
  ‒  関数型(Lambda)
•  Hibernate4
  ‒  マルチテナンシー(JPA)


                新SSH	
                         64
まとめ


      65
中心にはSpring
•  やっぱりまだまだSpring

                     Hight	

           Cloud	



          Spring	


           Java	
                     Low	



                               66
まだまだSpringだと思った貴方へ
CM

                     67
JSUG勉強会
•  是非ご参加下さい
 ‒  2ヶ月に1回あれば良い程度に開催
 ‒  MLにてお知らせ
   •  http://groups.google.co.jp/group/jsug
•  発表者求む!
 ‒  ご連絡ください:staff@springframework.jp




                                              68
8月頃発売予定
•  Spring入門 3.1対応版(技術評論社)




          Now Printing	


                            69
BON VOYAGE!




              70

More Related Content

What's hot

Sql server 2014 新機能の紹介 改訂版
Sql server 2014 新機能の紹介 改訂版Sql server 2014 新機能の紹介 改訂版
Sql server 2014 新機能の紹介 改訂版Oda Shinsuke
 
JVM上でのストリーム処理エンジンの変遷
JVM上でのストリーム処理エンジンの変遷JVM上でのストリーム処理エンジンの変遷
JVM上でのストリーム処理エンジンの変遷Sotaro Kimura
 
[AWSマイスターシリーズ] AWS Elastic Beanstalk
[AWSマイスターシリーズ] AWS Elastic Beanstalk[AWSマイスターシリーズ] AWS Elastic Beanstalk
[AWSマイスターシリーズ] AWS Elastic BeanstalkAmazon Web Services Japan
 
Webアプリケーションの パフォーマンス向上のコツ 概要編
 Webアプリケーションの パフォーマンス向上のコツ 概要編 Webアプリケーションの パフォーマンス向上のコツ 概要編
Webアプリケーションの パフォーマンス向上のコツ 概要編Masahiro Nagano
 
SQL Beginners Day #1 - SQL Server および Azure SQL のインストールと管理
SQL Beginners Day #1 - SQL Server および Azure SQL のインストールと管理SQL Beginners Day #1 - SQL Server および Azure SQL のインストールと管理
SQL Beginners Day #1 - SQL Server および Azure SQL のインストールと管理Oshitari_kochi
 
Windows PowerShell によるWindows Server 管理の自動化 v4.0 2014.03.13 更新版
Windows PowerShell によるWindows Server 管理の自動化 v4.0 2014.03.13 更新版Windows PowerShell によるWindows Server 管理の自動化 v4.0 2014.03.13 更新版
Windows PowerShell によるWindows Server 管理の自動化 v4.0 2014.03.13 更新版junichi anno
 
SQL Azure のシームレスな管理
SQL Azure のシームレスな管理SQL Azure のシームレスな管理
SQL Azure のシームレスな管理junichi anno
 
Open Liberty / WebSphere Liberty
Open Liberty / WebSphere LibertyOpen Liberty / WebSphere Liberty
Open Liberty / WebSphere LibertyTakakiyo Tanaka
 
初心者エンジニアのシステム構築失敗談
初心者エンジニアのシステム構築失敗談初心者エンジニアのシステム構築失敗談
初心者エンジニアのシステム構築失敗談Makoto Haruyama
 
sbt, past and future / sbt, 傾向と対策
sbt, past and future / sbt, 傾向と対策sbt, past and future / sbt, 傾向と対策
sbt, past and future / sbt, 傾向と対策scalaconfjp
 
RedHat MW 2015
RedHat MW 2015RedHat MW 2015
RedHat MW 2015omatsuha
 
Open Liberty: オープンソースになったWebSphere Liberty
Open Liberty: オープンソースになったWebSphere LibertyOpen Liberty: オープンソースになったWebSphere Liberty
Open Liberty: オープンソースになったWebSphere LibertyTakakiyo Tanaka
 
DBスキーマもバージョン管理したい!
DBスキーマもバージョン管理したい!DBスキーマもバージョン管理したい!
DBスキーマもバージョン管理したい!kwatch
 
[db tech showcase Tokyo 2015] C27:楽天MySQL Backup Structure by 楽天株式会社 粟田啓介
[db tech showcase Tokyo 2015] C27:楽天MySQL Backup Structure by 楽天株式会社 粟田啓介[db tech showcase Tokyo 2015] C27:楽天MySQL Backup Structure by 楽天株式会社 粟田啓介
[db tech showcase Tokyo 2015] C27:楽天MySQL Backup Structure by 楽天株式会社 粟田啓介Insight Technology, Inc.
 
IBMが新しいJava EEコンテナを作っているらしい -Libertyプロファイルとは-
IBMが新しいJava EEコンテナを作っているらしい -Libertyプロファイルとは-IBMが新しいJava EEコンテナを作っているらしい -Libertyプロファイルとは-
IBMが新しいJava EEコンテナを作っているらしい -Libertyプロファイルとは-Takakiyo Tanaka
 
SpringMVCとmixer2で作るWebアプリのキホン 2013-01-24 Spring勉強会 #jsug
SpringMVCとmixer2で作るWebアプリのキホン 2013-01-24 Spring勉強会 #jsugSpringMVCとmixer2で作るWebアプリのキホン 2013-01-24 Spring勉強会 #jsug
SpringMVCとmixer2で作るWebアプリのキホン 2013-01-24 Spring勉強会 #jsugY Watanabe
 
Performance and Scalability of Web Service
Performance and Scalability of Web ServicePerformance and Scalability of Web Service
Performance and Scalability of Web ServiceShinji Tanaka
 
MySQL 5.6新機能解説@dbtechshowcase2012
MySQL 5.6新機能解説@dbtechshowcase2012MySQL 5.6新機能解説@dbtechshowcase2012
MySQL 5.6新機能解説@dbtechshowcase2012Mikiya Okuno
 
仮想化した DC を PowerShell で複製する
仮想化した DC を PowerShell で複製する仮想化した DC を PowerShell で複製する
仮想化した DC を PowerShell で複製するjunichi anno
 

What's hot (20)

Sql server 2014 新機能の紹介 改訂版
Sql server 2014 新機能の紹介 改訂版Sql server 2014 新機能の紹介 改訂版
Sql server 2014 新機能の紹介 改訂版
 
JVM上でのストリーム処理エンジンの変遷
JVM上でのストリーム処理エンジンの変遷JVM上でのストリーム処理エンジンの変遷
JVM上でのストリーム処理エンジンの変遷
 
[AWSマイスターシリーズ] AWS Elastic Beanstalk
[AWSマイスターシリーズ] AWS Elastic Beanstalk[AWSマイスターシリーズ] AWS Elastic Beanstalk
[AWSマイスターシリーズ] AWS Elastic Beanstalk
 
Webアプリケーションの パフォーマンス向上のコツ 概要編
 Webアプリケーションの パフォーマンス向上のコツ 概要編 Webアプリケーションの パフォーマンス向上のコツ 概要編
Webアプリケーションの パフォーマンス向上のコツ 概要編
 
ShizuokaITpro_Azure
ShizuokaITpro_AzureShizuokaITpro_Azure
ShizuokaITpro_Azure
 
SQL Beginners Day #1 - SQL Server および Azure SQL のインストールと管理
SQL Beginners Day #1 - SQL Server および Azure SQL のインストールと管理SQL Beginners Day #1 - SQL Server および Azure SQL のインストールと管理
SQL Beginners Day #1 - SQL Server および Azure SQL のインストールと管理
 
Windows PowerShell によるWindows Server 管理の自動化 v4.0 2014.03.13 更新版
Windows PowerShell によるWindows Server 管理の自動化 v4.0 2014.03.13 更新版Windows PowerShell によるWindows Server 管理の自動化 v4.0 2014.03.13 更新版
Windows PowerShell によるWindows Server 管理の自動化 v4.0 2014.03.13 更新版
 
SQL Azure のシームレスな管理
SQL Azure のシームレスな管理SQL Azure のシームレスな管理
SQL Azure のシームレスな管理
 
Open Liberty / WebSphere Liberty
Open Liberty / WebSphere LibertyOpen Liberty / WebSphere Liberty
Open Liberty / WebSphere Liberty
 
初心者エンジニアのシステム構築失敗談
初心者エンジニアのシステム構築失敗談初心者エンジニアのシステム構築失敗談
初心者エンジニアのシステム構築失敗談
 
sbt, past and future / sbt, 傾向と対策
sbt, past and future / sbt, 傾向と対策sbt, past and future / sbt, 傾向と対策
sbt, past and future / sbt, 傾向と対策
 
RedHat MW 2015
RedHat MW 2015RedHat MW 2015
RedHat MW 2015
 
Open Liberty: オープンソースになったWebSphere Liberty
Open Liberty: オープンソースになったWebSphere LibertyOpen Liberty: オープンソースになったWebSphere Liberty
Open Liberty: オープンソースになったWebSphere Liberty
 
DBスキーマもバージョン管理したい!
DBスキーマもバージョン管理したい!DBスキーマもバージョン管理したい!
DBスキーマもバージョン管理したい!
 
[db tech showcase Tokyo 2015] C27:楽天MySQL Backup Structure by 楽天株式会社 粟田啓介
[db tech showcase Tokyo 2015] C27:楽天MySQL Backup Structure by 楽天株式会社 粟田啓介[db tech showcase Tokyo 2015] C27:楽天MySQL Backup Structure by 楽天株式会社 粟田啓介
[db tech showcase Tokyo 2015] C27:楽天MySQL Backup Structure by 楽天株式会社 粟田啓介
 
IBMが新しいJava EEコンテナを作っているらしい -Libertyプロファイルとは-
IBMが新しいJava EEコンテナを作っているらしい -Libertyプロファイルとは-IBMが新しいJava EEコンテナを作っているらしい -Libertyプロファイルとは-
IBMが新しいJava EEコンテナを作っているらしい -Libertyプロファイルとは-
 
SpringMVCとmixer2で作るWebアプリのキホン 2013-01-24 Spring勉強会 #jsug
SpringMVCとmixer2で作るWebアプリのキホン 2013-01-24 Spring勉強会 #jsugSpringMVCとmixer2で作るWebアプリのキホン 2013-01-24 Spring勉強会 #jsug
SpringMVCとmixer2で作るWebアプリのキホン 2013-01-24 Spring勉強会 #jsug
 
Performance and Scalability of Web Service
Performance and Scalability of Web ServicePerformance and Scalability of Web Service
Performance and Scalability of Web Service
 
MySQL 5.6新機能解説@dbtechshowcase2012
MySQL 5.6新機能解説@dbtechshowcase2012MySQL 5.6新機能解説@dbtechshowcase2012
MySQL 5.6新機能解説@dbtechshowcase2012
 
仮想化した DC を PowerShell で複製する
仮想化した DC を PowerShell で複製する仮想化した DC を PowerShell で複製する
仮想化した DC を PowerShell で複製する
 

Similar to Jjug springセッション

Isomorphic web development with scala and scala.js
Isomorphic web development  with scala and scala.jsIsomorphic web development  with scala and scala.js
Isomorphic web development with scala and scala.jsTanUkkii
 
Javaヂカラ #Java最新動向 -Java 11 の新機能やOracle Code One 2018 発の最新技術トレンドを一気にキャッチアップ-
Javaヂカラ #Java最新動向 -Java 11 の新機能やOracle Code One 2018 発の最新技術トレンドを一気にキャッチアップ-Javaヂカラ #Java最新動向 -Java 11 の新機能やOracle Code One 2018 発の最新技術トレンドを一気にキャッチアップ-
Javaヂカラ #Java最新動向 -Java 11 の新機能やOracle Code One 2018 発の最新技術トレンドを一気にキャッチアップ-PE-BANK
 
AWS Black Belt Techシリーズ Amazon ElastiCache
AWS Black Belt Techシリーズ Amazon ElastiCacheAWS Black Belt Techシリーズ Amazon ElastiCache
AWS Black Belt Techシリーズ Amazon ElastiCacheAmazon Web Services Japan
 
Scalrご紹介資料 20130404 01
Scalrご紹介資料 20130404 01Scalrご紹介資料 20130404 01
Scalrご紹介資料 20130404 01Haruhiko KAJIKAWA
 
AWSマイスターシリーズReloaded(AWS Beanstalk)
AWSマイスターシリーズReloaded(AWS Beanstalk)AWSマイスターシリーズReloaded(AWS Beanstalk)
AWSマイスターシリーズReloaded(AWS Beanstalk)Akio Katayama
 
20120416 aws meister-reloaded-aws-elasticbeanstalk-public
20120416 aws meister-reloaded-aws-elasticbeanstalk-public20120416 aws meister-reloaded-aws-elasticbeanstalk-public
20120416 aws meister-reloaded-aws-elasticbeanstalk-publicAmazon Web Services Japan
 
プロビジョニングの今 ーフルマネージド・サービスを目指してー #cmdevio2016 #E
プロビジョニングの今 ーフルマネージド・サービスを目指してー  #cmdevio2016 #Eプロビジョニングの今 ーフルマネージド・サービスを目指してー  #cmdevio2016 #E
プロビジョニングの今 ーフルマネージド・サービスを目指してー #cmdevio2016 #EShuji Watanabe
 
NET 開発者のための Azure Service Fabric と、 Azure Container Service - 何が違うねん? -
NET 開発者のための Azure Service Fabric と、 Azure Container Service - 何が違うねん? -NET 開発者のための Azure Service Fabric と、 Azure Container Service - 何が違うねん? -
NET 開発者のための Azure Service Fabric と、 Azure Container Service - 何が違うねん? -Daiyu Hatakeyama
 
スキーマつきストリーム データ処理基盤、 Confluent Platformとは?
スキーマつきストリーム データ処理基盤、 Confluent Platformとは?スキーマつきストリーム データ処理基盤、 Confluent Platformとは?
スキーマつきストリーム データ処理基盤、 Confluent Platformとは?Sotaro Kimura
 
CloudStack Overview(OSC2012Kansai@Kyoto)
CloudStack Overview(OSC2012Kansai@Kyoto)CloudStack Overview(OSC2012Kansai@Kyoto)
CloudStack Overview(OSC2012Kansai@Kyoto)Satoshi Shimazaki
 
クラウド運用のためのストリームマイニング
クラウド運用のためのストリームマイニングクラウド運用のためのストリームマイニング
クラウド運用のためのストリームマイニングShin Matsumoto
 
Azure Cosmos DB を使った高速分散アプリケーションの設計パターン
Azure Cosmos DB を使った高速分散アプリケーションの設計パターンAzure Cosmos DB を使った高速分散アプリケーションの設計パターン
Azure Cosmos DB を使った高速分散アプリケーションの設計パターンKazuyuki Miyake
 
Backlogでの Perlのつかいかた
Backlogでの PerlのつかいかたBacklogでの Perlのつかいかた
Backlogでの PerlのつかいかたRyuzo Yamamoto
 
SQL Server 使いのための Azure Synapse Analytics - Spark 入門
SQL Server 使いのための Azure Synapse Analytics - Spark 入門SQL Server 使いのための Azure Synapse Analytics - Spark 入門
SQL Server 使いのための Azure Synapse Analytics - Spark 入門Daiyu Hatakeyama
 
利用者主体で行う分析のための分析基盤
利用者主体で行う分析のための分析基盤利用者主体で行う分析のための分析基盤
利用者主体で行う分析のための分析基盤Sotaro Kimura
 

Similar to Jjug springセッション (20)

OpenStack概要
OpenStack概要OpenStack概要
OpenStack概要
 
Isomorphic web development with scala and scala.js
Isomorphic web development  with scala and scala.jsIsomorphic web development  with scala and scala.js
Isomorphic web development with scala and scala.js
 
Javaヂカラ #Java最新動向 -Java 11 の新機能やOracle Code One 2018 発の最新技術トレンドを一気にキャッチアップ-
Javaヂカラ #Java最新動向 -Java 11 の新機能やOracle Code One 2018 発の最新技術トレンドを一気にキャッチアップ-Javaヂカラ #Java最新動向 -Java 11 の新機能やOracle Code One 2018 発の最新技術トレンドを一気にキャッチアップ-
Javaヂカラ #Java最新動向 -Java 11 の新機能やOracle Code One 2018 発の最新技術トレンドを一気にキャッチアップ-
 
AWS Black Belt Techシリーズ Amazon ElastiCache
AWS Black Belt Techシリーズ Amazon ElastiCacheAWS Black Belt Techシリーズ Amazon ElastiCache
AWS Black Belt Techシリーズ Amazon ElastiCache
 
Scalrご紹介資料 20130404 01
Scalrご紹介資料 20130404 01Scalrご紹介資料 20130404 01
Scalrご紹介資料 20130404 01
 
AWSマイスターシリーズReloaded(AWS Beanstalk)
AWSマイスターシリーズReloaded(AWS Beanstalk)AWSマイスターシリーズReloaded(AWS Beanstalk)
AWSマイスターシリーズReloaded(AWS Beanstalk)
 
20120416 aws meister-reloaded-aws-elasticbeanstalk-public
20120416 aws meister-reloaded-aws-elasticbeanstalk-public20120416 aws meister-reloaded-aws-elasticbeanstalk-public
20120416 aws meister-reloaded-aws-elasticbeanstalk-public
 
プロビジョニングの今 ーフルマネージド・サービスを目指してー #cmdevio2016 #E
プロビジョニングの今 ーフルマネージド・サービスを目指してー  #cmdevio2016 #Eプロビジョニングの今 ーフルマネージド・サービスを目指してー  #cmdevio2016 #E
プロビジョニングの今 ーフルマネージド・サービスを目指してー #cmdevio2016 #E
 
NET 開発者のための Azure Service Fabric と、 Azure Container Service - 何が違うねん? -
NET 開発者のための Azure Service Fabric と、 Azure Container Service - 何が違うねん? -NET 開発者のための Azure Service Fabric と、 Azure Container Service - 何が違うねん? -
NET 開発者のための Azure Service Fabric と、 Azure Container Service - 何が違うねん? -
 
スキーマつきストリーム データ処理基盤、 Confluent Platformとは?
スキーマつきストリーム データ処理基盤、 Confluent Platformとは?スキーマつきストリーム データ処理基盤、 Confluent Platformとは?
スキーマつきストリーム データ処理基盤、 Confluent Platformとは?
 
CloudStack Overview(OSC2012Kansai@Kyoto)
CloudStack Overview(OSC2012Kansai@Kyoto)CloudStack Overview(OSC2012Kansai@Kyoto)
CloudStack Overview(OSC2012Kansai@Kyoto)
 
PHP on Cloud
PHP on CloudPHP on Cloud
PHP on Cloud
 
クラウド運用のためのストリームマイニング
クラウド運用のためのストリームマイニングクラウド運用のためのストリームマイニング
クラウド運用のためのストリームマイニング
 
Azure Cosmos DB を使った高速分散アプリケーションの設計パターン
Azure Cosmos DB を使った高速分散アプリケーションの設計パターンAzure Cosmos DB を使った高速分散アプリケーションの設計パターン
Azure Cosmos DB を使った高速分散アプリケーションの設計パターン
 
Backlogでの Perlのつかいかた
Backlogでの PerlのつかいかたBacklogでの Perlのつかいかた
Backlogでの Perlのつかいかた
 
SQL Server 使いのための Azure Synapse Analytics - Spark 入門
SQL Server 使いのための Azure Synapse Analytics - Spark 入門SQL Server 使いのための Azure Synapse Analytics - Spark 入門
SQL Server 使いのための Azure Synapse Analytics - Spark 入門
 
HTML5&API総まくり
HTML5&API総まくりHTML5&API総まくり
HTML5&API総まくり
 
20090328
2009032820090328
20090328
 
20080524
2008052420080524
20080524
 
利用者主体で行う分析のための分析基盤
利用者主体で行う分析のための分析基盤利用者主体で行う分析のための分析基盤
利用者主体で行う分析のための分析基盤
 

More from Yuichi Hasegawa

Spring 5でSpring Testのここが変わる_公開版
Spring 5でSpring Testのここが変わる_公開版Spring 5でSpring Testのここが変わる_公開版
Spring 5でSpring Testのここが変わる_公開版Yuichi Hasegawa
 
thymeleafさいしょの一歩
thymeleafさいしょの一歩thymeleafさいしょの一歩
thymeleafさいしょの一歩Yuichi Hasegawa
 
マイクロサービス入門(Spring fest 2017)
マイクロサービス入門(Spring fest 2017)マイクロサービス入門(Spring fest 2017)
マイクロサービス入門(Spring fest 2017)Yuichi Hasegawa
 
20170525 jsug バッチは地味だが役に立つ
20170525 jsug バッチは地味だが役に立つ20170525 jsug バッチは地味だが役に立つ
20170525 jsug バッチは地味だが役に立つYuichi Hasegawa
 
Application Re-Architecture Technology ~ StrutsからSpring MVCへ ~
Application Re-Architecture Technology ~ StrutsからSpring MVCへ ~Application Re-Architecture Technology ~ StrutsからSpring MVCへ ~
Application Re-Architecture Technology ~ StrutsからSpring MVCへ ~Yuichi Hasegawa
 
Spring Day 2016 springの現在過去未来
Spring Day 2016 springの現在過去未来Spring Day 2016 springの現在過去未来
Spring Day 2016 springの現在過去未来Yuichi Hasegawa
 
こどもの絵本 ヒトラーとナチ
 こどもの絵本 ヒトラーとナチ こどもの絵本 ヒトラーとナチ
こどもの絵本 ヒトラーとナチYuichi Hasegawa
 
Spring知っておきたい
Spring知っておきたいSpring知っておきたい
Spring知っておきたいYuichi Hasegawa
 
Spring4-DevLove発表資料
Spring4-DevLove発表資料Spring4-DevLove発表資料
Spring4-DevLove発表資料Yuichi Hasegawa
 
[Jjug]java small object programming
[Jjug]java small object programming[Jjug]java small object programming
[Jjug]java small object programmingYuichi Hasegawa
 
[豆ナイト]Java small object programming
[豆ナイト]Java small object programming[豆ナイト]Java small object programming
[豆ナイト]Java small object programmingYuichi Hasegawa
 
Spring3.1概要 AOP & MVC
Spring3.1概要 AOP & MVCSpring3.1概要 AOP & MVC
Spring3.1概要 AOP & MVCYuichi Hasegawa
 

More from Yuichi Hasegawa (16)

Spring 18年の歴史
Spring 18年の歴史Spring 18年の歴史
Spring 18年の歴史
 
Spring 5でSpring Testのここが変わる_公開版
Spring 5でSpring Testのここが変わる_公開版Spring 5でSpring Testのここが変わる_公開版
Spring 5でSpring Testのここが変わる_公開版
 
Enterprise Microservice
Enterprise MicroserviceEnterprise Microservice
Enterprise Microservice
 
thymeleafさいしょの一歩
thymeleafさいしょの一歩thymeleafさいしょの一歩
thymeleafさいしょの一歩
 
マイクロサービス入門(Spring fest 2017)
マイクロサービス入門(Spring fest 2017)マイクロサービス入門(Spring fest 2017)
マイクロサービス入門(Spring fest 2017)
 
20170525 jsug バッチは地味だが役に立つ
20170525 jsug バッチは地味だが役に立つ20170525 jsug バッチは地味だが役に立つ
20170525 jsug バッチは地味だが役に立つ
 
Application Re-Architecture Technology ~ StrutsからSpring MVCへ ~
Application Re-Architecture Technology ~ StrutsからSpring MVCへ ~Application Re-Architecture Technology ~ StrutsからSpring MVCへ ~
Application Re-Architecture Technology ~ StrutsからSpring MVCへ ~
 
Spring Day 2016 springの現在過去未来
Spring Day 2016 springの現在過去未来Spring Day 2016 springの現在過去未来
Spring Day 2016 springの現在過去未来
 
こどもの絵本 ヒトラーとナチ
 こどもの絵本 ヒトラーとナチ こどもの絵本 ヒトラーとナチ
こどもの絵本 ヒトラーとナチ
 
Jsug 20160422 slides
Jsug 20160422 slidesJsug 20160422 slides
Jsug 20160422 slides
 
Spring知っておきたい
Spring知っておきたいSpring知っておきたい
Spring知っておきたい
 
Spring4-DevLove発表資料
Spring4-DevLove発表資料Spring4-DevLove発表資料
Spring4-DevLove発表資料
 
[Jjug]java small object programming
[Jjug]java small object programming[Jjug]java small object programming
[Jjug]java small object programming
 
[豆ナイト]Java small object programming
[豆ナイト]Java small object programming[豆ナイト]Java small object programming
[豆ナイト]Java small object programming
 
Spring3.1 aop-mvc
Spring3.1 aop-mvcSpring3.1 aop-mvc
Spring3.1 aop-mvc
 
Spring3.1概要 AOP & MVC
Spring3.1概要 AOP & MVCSpring3.1概要 AOP & MVC
Spring3.1概要 AOP & MVC
 

Recently uploaded

PHP-Conference-Odawara-2024-04-000000000
PHP-Conference-Odawara-2024-04-000000000PHP-Conference-Odawara-2024-04-000000000
PHP-Conference-Odawara-2024-04-000000000Shota Ito
 
Postman LT Fukuoka_Quick Prototype_By Daniel
Postman LT Fukuoka_Quick Prototype_By DanielPostman LT Fukuoka_Quick Prototype_By Daniel
Postman LT Fukuoka_Quick Prototype_By Danieldanielhu54
 
新人研修のまとめ 2024/04/12の勉強会で発表されたものです。
新人研修のまとめ       2024/04/12の勉強会で発表されたものです。新人研修のまとめ       2024/04/12の勉強会で発表されたものです。
新人研修のまとめ 2024/04/12の勉強会で発表されたものです。iPride Co., Ltd.
 
Amazon SES を勉強してみる その12024/04/12の勉強会で発表されたものです。
Amazon SES を勉強してみる その12024/04/12の勉強会で発表されたものです。Amazon SES を勉強してみる その12024/04/12の勉強会で発表されたものです。
Amazon SES を勉強してみる その12024/04/12の勉強会で発表されたものです。iPride Co., Ltd.
 
プレイマットのパターン生成支援ツールの評価
プレイマットのパターン生成支援ツールの評価プレイマットのパターン生成支援ツールの評価
プレイマットのパターン生成支援ツールの評価sugiuralab
 
20240412_HCCJP での Windows Server 2025 Active Directory
20240412_HCCJP での Windows Server 2025 Active Directory20240412_HCCJP での Windows Server 2025 Active Directory
20240412_HCCJP での Windows Server 2025 Active Directoryosamut
 
IoT in the era of generative AI, Thanks IoT ALGYAN.pptx
IoT in the era of generative AI, Thanks IoT ALGYAN.pptxIoT in the era of generative AI, Thanks IoT ALGYAN.pptx
IoT in the era of generative AI, Thanks IoT ALGYAN.pptxAtomu Hidaka
 
プレイマットのパターン生成支援ツール
プレイマットのパターン生成支援ツールプレイマットのパターン生成支援ツール
プレイマットのパターン生成支援ツールsugiuralab
 

Recently uploaded (8)

PHP-Conference-Odawara-2024-04-000000000
PHP-Conference-Odawara-2024-04-000000000PHP-Conference-Odawara-2024-04-000000000
PHP-Conference-Odawara-2024-04-000000000
 
Postman LT Fukuoka_Quick Prototype_By Daniel
Postman LT Fukuoka_Quick Prototype_By DanielPostman LT Fukuoka_Quick Prototype_By Daniel
Postman LT Fukuoka_Quick Prototype_By Daniel
 
新人研修のまとめ 2024/04/12の勉強会で発表されたものです。
新人研修のまとめ       2024/04/12の勉強会で発表されたものです。新人研修のまとめ       2024/04/12の勉強会で発表されたものです。
新人研修のまとめ 2024/04/12の勉強会で発表されたものです。
 
Amazon SES を勉強してみる その12024/04/12の勉強会で発表されたものです。
Amazon SES を勉強してみる その12024/04/12の勉強会で発表されたものです。Amazon SES を勉強してみる その12024/04/12の勉強会で発表されたものです。
Amazon SES を勉強してみる その12024/04/12の勉強会で発表されたものです。
 
プレイマットのパターン生成支援ツールの評価
プレイマットのパターン生成支援ツールの評価プレイマットのパターン生成支援ツールの評価
プレイマットのパターン生成支援ツールの評価
 
20240412_HCCJP での Windows Server 2025 Active Directory
20240412_HCCJP での Windows Server 2025 Active Directory20240412_HCCJP での Windows Server 2025 Active Directory
20240412_HCCJP での Windows Server 2025 Active Directory
 
IoT in the era of generative AI, Thanks IoT ALGYAN.pptx
IoT in the era of generative AI, Thanks IoT ALGYAN.pptxIoT in the era of generative AI, Thanks IoT ALGYAN.pptx
IoT in the era of generative AI, Thanks IoT ALGYAN.pptx
 
プレイマットのパターン生成支援ツール
プレイマットのパターン生成支援ツールプレイマットのパターン生成支援ツール
プレイマットのパターン生成支援ツール
 

Jjug springセッション