Spring Day 2016 springの現在過去未来

3,708 views

Published on

そこの貴方、どうですか、時間があるならちょっとだけ、この年寄りの昔話を聞きませんか。 Springが初めて世の中に出てきた頃の、Javaを使ったシステム開発の話。
Springがどう変わって行ったのか。Springは何を変えたのか、変えなかったのか。 まぁ、そう言わずに。昔話の中に、Microservicesやこれからの開発を理解するヒントが潜んでいないとも限りませんよ。

Published in: Education
0 Comments
6 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
3,708
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
2,434
Actions
Shares
0
Downloads
25
Comments
0
Likes
6
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Spring Day 2016 springの現在過去未来

  1. 1. For BeginnerFor Beginner Springの 現在,過去,未来 日本Springユーザ会 長谷川 裕一 1
  2. 2. For Beginner 2 自己紹介 • 長谷川 裕一 – 日本Springユーザ会会長、Starlight&Storm 代表 • 1986年、イリノイ州警察指紋システムのアセンブリ言語プログラマ からスタート、色々あって、CORBAからEJB、Webサービスを経て Springへ • 国内で最も初期のXPコンサルタント • 現在はオブジェクト指向を中心に、コンサルティング(IT戦略、技 術、プロセスetc)や教育で活動 • 書籍 – プログラムの育てかた(ソフトバンク),Spring入門,Spring2.0入門, Spring3入門,間違いだらけのソフトウェア・アーキテクチャ(技術評論 社) • その他 – SQuBOK策定メンバ, チェンジビジョン・コンサルティング・パートナー
  3. 3. For Beginner 本日のハナシ • 0. Spring誕生 – 2000~2003年 J2EE(EJB)の全盛期 • 1. Spring乳児期 – 2004~2008年 SpringがDIとAOPだった時代 • 2. Spring幼年期 – 2009〜2016年 Microservice、Cloudへ 3 高齢者の昔話なので 期待しないで聞いておくれ。
  4. 4. For Beginner 本日のハナシ • 0. Spring誕生 – 2000~2003年 J2EE(EJB)の全盛期 • 1. Spring乳児期 – 2004~2008年 SpringがDIとAOPだった時代 • 2. Spring幼年期 – 2009〜2015年 Microservice、Cloudへ 4 入社前の話だ…
  5. 5. For Beginner Spring登場前後 20032000 J2EE1.2 EJB1.1 Servlet2.1 JSP1.1 Struts J2EE1.4 EJB2.1 Servlet2.4 JSP2.0 2006 JavaEE5 EJB3 Servlet2.5 JSP2.1 Spring Hibernate Seasar2 Remoteから Localな Interface POJO & JPA 5 JSUG EJB1の話でもしようかのぅ
  6. 6. For Beginner EJB1-分散メカニズム • 2種類のEnterprise Bean(2.0からMDB追加) – SessionBean – EntityBean EJB Contaiter Instance Pooling :C lient C ode :Hom e Interface :EJB O bject :Enterprise Bean :Hom e O bject :Rem ote Interface 1:新しいEJBO bjectの生成依頼 3:EJBO bjectの参照を返す 4:処理の依頼 5:処理をデレゲート 2:EJB O bjectを生成 :Enterprise Bean assign 6 Remoteアクセスしか なかったんじゃよ。
  7. 7. For Beginner 10年早くて、間違って使われたEJB • 時代はローカルなWebアプリケーション – 分散オブジェクトは過剰、ローカルアクセスだけで十分 – 単なるトランザクションスクリプトとORMが欲しい – SQLは自分で書いた方がいい(CMPは使わない) – コンテナがないとテストできない – 再利用(ポータビリティ)の仕組みを考えたけど、再利用で きない •7 ポータビリティを 考えたんですか? そうそう そういう団体がありましたねぇ EJBは分散を捨てたんじゃ。 そしてSpringの真似を始めたのじゃ。 そのまま分散で進んでいたら今頃…
  8. 8. For Beginner 2000年頃のWebアプリ EIS層中間層Client層 RDBBrowser JavaBeans 自家製の フレームワーク自家製の フレームワーク プレゼンテーション層 ビジネス層 データアクセス層 Session Bean Entity Bean 8 いわゆる普通の業務アプリじゃよ。 EJBはサッカーチームのメンバに、 空きがあるからと入れられた キックボクサーみたいなもので、 EJBが可哀想じゃったよ…
  9. 9. For Beginner Spring誕生 • 実践J2EE – 重厚なJava EE(EJB)の否定 – 軽量なコンテナ Spring0.9 2003 9 なんのポーズですか?
  10. 10. For Beginner 本日のハナシ • 0. Spring誕生 – 2000~2003年 J2EE(EJB)の全盛期 • 1. Spring乳児期 – 2004~2008年 SpringがDIとAOPだった時代 • 2. Spring幼年期 – 2009〜2015年 All in OneからMicroserviceとCloudへ 10
  11. 11. For Beginner EJBのInterfaceで目覚めた • Interfaceってそうやって使うのか! – Interfaceは部品間をつなぐ • ソフトウェアを電気製品みたいに部品化したい – 部品化 = インタフェース接続 •11 それまでは、部品化 って考えてなかったんですか? 時代はまだまだ、 モノリシックなアプリケーションが多かったのじゃ。
  12. 12. For Beginner インタフェースとレイヤ,パッケージ • 変更単位や開発単位に適宜導入する – レイヤ • パソコン本体, ディスプレイ, キーボード... – パッケージ(コンポーネント) • パソコンの中のCPU, メモリ, HDD... – 密結合なオブジェクト • CPUやメモリの中の、ハンダ付けされた部品 •12 プレゼン テーション ビジネス ロジック データベース アクセス RDB ブラウザ 表示の仕組み 永続化の仕組み業務の仕組み それに、Interfaceを使うにはFactoryなど 自分で用意しないといけなかったからのぅ。
  13. 13. For Beginner Spring – 利用前 • Serviceクラス(具象) – Interfaceを利用するためにFactory Methodが別途必要 – トランザクション管理や例外、ログの処理が必要 •13 public class EmployeeServiceImpl implements EmployeeService{ ・・・ public List findAll() throws Exception { if(Log.flag) { System.out.println(“***Start”); } Connection conn = null; ・・・ EmployeeDao dao = (EmployeeDao)Factory.create(KEY); List employeeList = null; try { employeeList = dao.findAll(conn); conn.commit(); } catch(Exception e) { conn.rollback(); ・・・ } finally { conn.close(); ・・・ } if(Log.flag) { System.out.println(“***End”); } return employeeList; } ・・・ 今思えば、同じことを何度も コーディングしておったのぅ。
  14. 14. For Beginner 余談:設計の原則 • 背景 – Interfaceの置かれている場所が、おかしいことが多々有 る • 原則 – Interfaceは偉い方に置く – Interfaceの置かれている場所で、部品(コンポーネント) 間の序列が分からなければいけない 14 電気製品で考えればわかるじゃろ? 電気製品から伸びているコードを差し込みに行く 「穴」がInterfaceじゃ。 電気製品は穴が空いている方が、偉いんじゃよ。
  15. 15. For Beginner Spring 1 • Spring1.0 – DIxAOP コンテナの原点。XML Bean定義ファイル時 代の幕開け • Spring1.1 – XML Bean 定義ファイルの簡略化 • Spring1.2 – さらなるXML Bean 定義ファイルの簡略化 • Other Products – Spring Web Flow 2004 2005 15 いよいよ登場かな?
  16. 16. For Beginner Spring - DIコンテナ • DI(Dependency Injection) – 依存性の注入 • インタフェースの導入が楽 •16 EmpServiceImpl DIコンテナ ①生成 ②セット (依存性の注入) ③利用 EmpDaoImpl EmpDao
  17. 17. For Beginner AOPを使ってもっと部品化する • AOPを使えば処理を後からクラスに追加できる – 例:トレースログを追加する •17 public class DaoImpl extends Dao{ ・・・ public List find() { List list = select(); return list; } } >java ・・・ 16:00:01 *Start* find() DaoImpl 16:00:02 *End* find() DaoImpl 17:02:12 *Start* find() DaoImpl 17:02:13 *End* find() DaoImpl DaoImpl find() ServiceImpl find()を呼ぶ Dao 実行結果
  18. 18. For Beginner AOPの仕組み例 • Proxyベース(かつ、定義ファイル利用)の場合、ProxyオブジェクトはAOP のコンテナが自動生成する •18 :Proxy :Bean Interface :Client Bean定義 ファイル Adviceの呼び出し 自動生成 :Advice :Spring Pointcutの参照 処理の 依頼 処理の依頼
  19. 19. For Beginner Spring - AOP • Joinpointはメソッドの開始時、終了時 • Pointcutはワイルドカード風(!?) • AdviceはAround、Before、After、After Returning、Throw • 主な利用方法 – トランザクション管理 • トランザクション管理は難しいくプログラマに任せられない – ログ管理 • メソッドの開始と終了のトレースログが正しく出力されない – 誰もフォーマットを守らない – トレースログを追加し忘れる – 例外管理 • 処理の途中でExceptionが握りつぶされてしまう – Exceptionを実行時例外にする •19
  20. 20. For Beginner Spring – 利用後 public class EmployeeServiceImpl implements EmploeeService { private EmployeeDao dao; public List findAll() { return dao.findAll(); } ・・・ public void setEmployeeDao(EmployeeDao dao) { this.dao = dao; } } <?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?> <!DOCTYPE beans PUBLIC "-//SPRING//DTD BEAN//EN" "http://www.springframework.org/dtd/spring-beans.dtd"> <beans> <!-- jdbc --> <bean id="propertyConfigurer" class="org.springframework.beans.factory.config.PropertyPlaceholderConfigurer"> <property name="locations"> <list> <value>com/mamezou/config/jdbc.properties</value> </list> </property> </bean> <bean id="dataSource" class="org.springframework.jdbc.datasource.DriverManagerDataSource"> <property name="driverClassName"><value>${jdbc.driverClassName}</value></property> <property name="url"><value>${jdbc.url}</value></property> <property name="username"><value>${jdbc.username}</value></property> <property name="password"><value>${jdbc.password}</value></property> </bean> <!-- Hibernate SessionFactory --> <bean id="sessionFactory" class="org.springframework.orm.hibernate.LocalSessionFactoryBean"> <property name="dataSource"><ref local="dataSource" /></property> <property name="mappingResources"> <value>com/mamezou/person/dao/hibernate/person.hbm.xml</value> </property> <property name="hibernateProperties"> <props> <prop key="hibernate.dialect">net.sf.hibernate.dialect.HSQLDialect</prop> <prop key="hibernate.c3p0.minPoolSize">1</prop> <prop key="hibernate.c3p0.maxPoolSize">2</prop> <prop key="hibernate.show_sql">true</prop> </props> </property> </bean> <!-- Transaction Manager --> <bean id="transactionManager" class="org.springframework.orm.hibernate.HibernateTransactionManager"> <property name="sessionFactory"><ref local="sessionFactory" /></property> </bean> <!-- Business Interface --> <bean id="personService" class="org.springframework.transaction.interceptor.TransactionProxyFactoryBean"> <property name="transactionManager"><ref local="transactionManager" /></property> <property name="target"><ref local="personServiceTarget" /></property> <property name="transactionAttributes"> <props> <prop key="find*">PROPAGATION_REQUIRED, readOnly</prop> <prop key="add*">PROPAGATION_REQUIRED, -AddPersonException</prop> <prop key="remove*">PROPAGATION_REQUIRED, -RemovePersonException</prop> </props> </property> </bean> <!-- Business Object --> <bean id="personServiceTarget" class="com.mamezou.person.business.PersonServiceImpl"> <property name="personDao"><ref local="personDao"/></property> </bean> <!-- Data Access Object --> <bean id="personDao" class="com.mamezou.person.dao.hibernate.PersonDaoImpl"> <property name="sessionFactory"><ref local="sessionFactory"/></property> </bean> </beans> コードはすっきり XML Bean定義 (イメージです。拡大しないように) 20 スライド13より格段に減ってる!
  21. 21. For Beginner Spring 2 • Spring2.0 – Bean 定義ファイルが DTD から XML スキーマ形式に変更(独 自スキーマが 使えるようになった) – アノテーションの登場 – JPA やスクリプト言語のサポートと多機能化へ突入 • Spring2.5 – アノテーションの強化 • @Autowired • Other Products – Spring Security、Spring Batch 2006 2007 21 Since2006 Springの知名度が 少しずつ上がってきた頃じゃ。
  22. 22. For Beginner Spring – 利用後 •22 public class EmployeeServiceImpl implements EmploeeService { @Autowired private EmployeeDao dao; @Transactional public List findAll() { return dao.findAll(); } ・・・ //public void setEmployeeDao(EmployeeDao dao) { // this.dao = dao; //} } <?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?> <beans xmlns="http://www.springframework.org/schema/beans" xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance" xmlns:p="http://www.springframework.org/schema/p" xmlns:aop="http://www.springframework.org/schema/aop" xmlns:tx="http://www.springframework.org/schema/tx" xsi:schemaLocation="http://www.springframework.org/schema/beans http://www.springframework.org/schema/beans/spring-beans-2.5.xsd http://www.springframework.org/schema/aop http://www.springframework.org/schema/aop/spring-aop-2.5.xsd http://www.springframework.org/schema/tx http://www.springframework.org/schema/tx/spring-tx-2.5.xsd"> <bean id="propertyConfigurer" class="org.springframework.beans.factory.config.PropertyPlaceholderConfigurer"> <property name="location" value="classpath:jdbc.properties"/> <property name="ignoreUnresolvablePlaceholders" value="true"/> </bean> <bean id="dataSource" class="org.apache.commons.dbcp.BasicDataSource" destroy-method="close"> <property name="driverClassName" value="${dataSource.driverClassName}"></property> <property name="url" value="${dataSource.url}"></property> <property name="username" value="${dataSource.username}"></property> <property name="password" value="${dataSource.password}"></property> </bean> <!-- Default Connection --> <bean id="sessionFactory" class="org.springframework.orm.hibernate3.annotation.AnnotationSessionFactoryBean"> <property name="dataSource" ref="dataSource" /> <property name="configLocation"> <value>/WEB-INF/hibernate.cfg.xml</value> </property> <property name="hibernateProperties"> <props> <prop key="hibernate.dialect">net.sf.hibernate.dialect.HSQLDialect</prop> <prop key="hibernate.c3p0.minPoolSize">1</prop> <prop key="hibernate.c3p0.maxPoolSize">2</prop> <prop key="hibernate.show_sql">true</prop> </props> </property> <property name="schemaUpdate" value="false" /> </bean> <bean id="txManager" class="org.springframework.orm.hibernate3.HibernateTransactionManager"> <property name="sessionFactory" ref="sessionFactory" /> </bean> <tx:annotation-driven transaction-manager="txManager"/> <bean id="jdbcTemplate" class="org.springframework.jdbc.core.JdbcTemplate"> <property name="dataSource" ref="dataSource"/> </bean> <bean id="baseService" abstract="true" lazy-init="true"> <property name="jdbcTemplate" ref="jdbcTemplate"/> <property name="dataSource" ref="dataSource"/> <property name="sessionFactory" ref="sessionFactory"/> </bean> </beans> コードはすっきり XML Bean定義 (イメージです。拡大しないように) スライド20よりスッキリだ!
  23. 23. For Beginner DIコンテナ登場以降のWebアプリ EIS層中間層Client層 RDBBrowser Struts JSF POJO Hibernate iBATIS DIxAOPコンテナ(オブジェクトの管理やトランザクション制御など) Spring1~2Seasar2 プレゼンテーション層 ビジネス層 データアクセス層 23 この辺になると僕でも知ってる! そう、Springの乳児期終盤には、Springか Seaser2が主に使われていたんじゃ。
  24. 24. For Beginner 本日のハナシ • 0. Spring誕生 – 2000~2003年 J2EE(EJB)の全盛期 • 1. Spring乳児期 – 2004~2008年 SpringがDIとAOPだった時代 • 2. Spring幼年期 – 2009〜2016年 All in OneからMicroserviceとCloudへ 24 Springの黄金期と 最近の話じゃ。
  25. 25. For Beginner Spring 3 • Spring3.0 – アノテーションのさらなる強化 • Spring3.1 – JavaConfigの登場 – Java7, Spring Cache – JavaEEの仕様(Bean Validationなど)の採用 – RESTfullフレームワークとしてのSpring MVC • Spring3.2 – Hibernate4のフルサポート • Other Products – Spring Data、Spring Roo、STS(Spring Tool Suite) •25 2009 2011 Springの黄金期じゃ
  26. 26. For Beginner Spring3登場以降のWebアプリ EIS層中間層Client層 RDBBrowser Struts Spring MVC POJO Hibernate MyBatis DIxAOPコンテナ(オブジェクトの管理やトランザクション制御など) SpringSeasar2 プレゼンテーション層 ビジネス層 データアクセス層 ❌ ❌ 2016年9月に 開発が終了 2013年EOL アノテーションが主流 26 DDDとか!? そうそう、今のシステムはこんな感じ!
  27. 27. For Beginner SoEとWebサービス • ここまでのWebアプリは、企業システムで一般的なSoR(System of Record )の話 • 近年はSoE(Systems of Engagement)なシステムも必要になってきた – ClientはSoEでServerはSoRという合わせ技もあり 27 EIS層中間層Client層 PCだけじゃなく、 携帯端末など アプリ アプリ 表示だけじゃなく ビジネスロジックも 持つ Webサービス 隣の部署がやってるやつだ! ではちょっと、 Webサービスの歴史も 見てみることにするかの。 RDB
  28. 28. For Beginner Webサービス!? 28 2003 2016 UDDI サービス レジストリ サービス 利用者 サービス 提供者 WSDL SOAP SOA (サービス指向アーキテクチャ) RESTful Webサービス Microservice Webサービス(初代) ②発見 ①登録 ③取得 ④利用 電話帳 サービスの 利用方法 初代のWebサービスは ダメだったんですか?
  29. 29. For Beginner Webサービス(初代)の失敗 • サービスレジストリは誰でも扱える電話帳 – 理想 • 誰でも電話帳にサービスを登録して、誰もがサービスを発見して 、利用できる – 現実 • 電話帳は便所の落書き… • 結果 – 企業内に閉じた電話帳にしよう • WSDL不要 – SOAPだね、SOAだね、RESTでいいよね… 29 まぁ、ネット上に晒せば そうなるわなぁ。 SpringのREST対応は どうなっているんですか?
  30. 30. For Beginner RESTful Webサービス • Spring MVC – @Controller – @RestController 30 Response Model Controller (@RestController) 携帯端末やSPA、 Microservice… Request Model Controller (@Controller) View Request HTML ブラウザ なるほど!
  31. 31. For Beginner RESTfulなController 31 @RestController @RequestMapping("/sample") public class SampleController { @RequestMapping(method = RequestMethod.GET) @ResponseStatus(HttpStatus.OK) public String welcome() { return "index"; } } Spring4.3からは、RequestMappingの代わりに GetMappingやPostMappingなどを使うのじゃよ。
  32. 32. For Beginner Spring 4 • Spring4.0 – Java 8&Java EE 7に対応 – WebSocket、SockJS対応 – 非同期REST対応 • Other Products – Spring Boot、Spring IO Platform – Spring Cloud 2013 32 この会場で安く発売してるんだって 早く買いに行かなくちゃ!
  33. 33. For Beginner 今、Springが目指しているところ • Cloud Native! – Cloud • Pivotal Cloud Foundary – Microservice(s) • Spring Boot App App App App App App App 33 バラバラの部品がどこにあるのか、 どうやって分かるんだろう? Microserviceという部品を いくつも組合わせて、 1つのシステムを作るのじゃよ。 Cloud Spring Boot Microservice CI/CD
  34. 34. For Beginner サービス検出 • Service Discovery(Eurekaの場合) – Client(Consumer)がAPI(Producer)へ直接アクセスするの ではなく、Registryを経由する – Microserviceの登録と発見/利用 34 Service Service Registory Service 1.register 2.discover 3.connect Productor Eureka Client ServiceService Eureka Server Consumer Eureka Client Webサービス(初代)に そっくりだ! EJB1のHome Interfaceにも 似ているじゃろ。
  35. 35. For Beginner MonolithicからMicroservicesへ •35 UI DB Monolithicから Microservices 今まではMonolithicの中の部品化。 これからは、monolithicをバラして部品化。 ということじゃな。 これってアジャイルで開発かな?
  36. 36. For Beginner アジャイル!? 36 1999 2015 デマルコ本 eXtream Programming 大企業でアジャイル採用 1848 1922 共産党宣言 共産主義大国誕生エンゲルス本 アジャイル宣言 賃金労働と資本 アジャイルは当初、プログラマが階級闘争 (vs官僚主義的管理者)に勝利し、 プログラマのユートピアを成立させるための運動として、 多くのプログラマに支持されたのじゃ。 TDDとか、その後のCI/CDなんてのはオマケじゃ。 アジャイルの生い立ちや経過は共産主義と大変似ている。 コミュニティとコミューンなどもな。 その後、どうなったかも似るだろうな。 高齢者が壊れ始めたのかな? 共産主義大国崩壊 大企業のアジャイル失敗 ※階級闘争 資本家と労働者、管理者とプログラマなど、階級によって格差が存在する階級社会において、 階級と階級とのあいだで発生する格差を克服するためにおこなわれる闘争
  37. 37. For Beginner Microservices成功の鍵(1) • アジャイル – 成功しない分野 • SI企業による大規模開発 – 官僚的 – 格差が政治的、管理的、賃金的に発生する – 成功している分野 • ベンチャー的なプロダクト開発、プロトタイプ開発 – 自律的 – 比較的、格差が存在しない(存在しても無視できる) • Microservices – 原則 • 1つのサービスをプロダクトとして扱う – 現実 • サービスを任されたチームが、プロダクトのように扱えるか否かが鍵(そ もそも複数チームをまとめるのは大変) 37 格差があるところでアジャイルを実施しようとすれば、 必ず階級闘争が起きる。 Microserviceがアジャイルなら 階級闘争が起きない環境にしてから、開発すべきじゃ。 確かに!
  38. 38. For Beginner Microservices成功の鍵(2) • Microserviceは、EJB1でも、Webサービス(初代)でも ない – そのMicroserviceが、EJB1やWebサービス(初代)で代替可 能なら、それはMicroserviceにしなくても良いモノを Microserviceにしている可能性が高い 38 EJB1やWebサービス(初代)で代替可能なら、それに似た技術の利用を考えるべきじゃ。 Microserviceはインフラやチーム管理含め、複雑であるから、 手を出さないで済むのであれば、それにこしたことはない。
  39. 39. For Beginner 本日のハナシ • 0. Spring誕生 – 2000~2003年 J2EE(EJB)の全盛期 • 1. Spring乳児期 – 2004~2008年 SpringがDIとAOPだった時代 • 2. Spring幼年期 – 2009〜2015年 All in OneからMicroserviceとCloudへ • おまけ:幼年期の終わりに 39
  40. 40. For Beginner JavaEEは復活するの? • 再び勢力を伸ばしつつある(ようだ) – 標準らしいが、不安定なIT業界で標準であることのメリットが全くわから ない • EJB1は標準で得だったのか? – 真似ばかりで機能は少ないし、進化が遅い – ハコモノを購入しないといけない。結果、標準と謳いながらベンダ固有 の機能を勉強しないといけない – だから、Springと比較して、優秀なエンジニアが揃わない • JavaEEでやると決めたプロジェクトは、失敗の匂いがプンプン するのは気のせいか? 40 今更、JSFを使うなんてありえんじゃろ。 SIベンダがJavaEEを使うと言い出したら、 ハコモノを売りつけられるかもしれないので ユーザは注意した方がいいぞ。
  41. 41. For Beginner Spring Bootって使えるの? • 超楽チンで便利 • ただし、Springの基本的なところも理解せずに使うと、 問題発生時にハマる • Microserviceのようなモノを作るのでなければ、地道に 普通に作る方が良い 41 ワシのような高齢者は Spring Bootを使い始めるとボケてしまう…
  42. 42. For Beginner Microserviceってどうなの? • 今までどおりのエンタープライズなシステム(SoR)で は、不適当なケースが多い • エンタープライズのSoE的なところでは、利用できる 可能性が高い(成功の鍵は前述どおり) • インフラも含めて考える必要があるので、今までア プリケーションだけを考えていたエンジニアはステッ プアップが必要 42 なんでも適材適所じゃよ…
  43. 43. For Beginner Springはどうなるの? • Spring 5.0 – M1が2016/7にリリース – 正式リリースは、2017年4Qを予定 – Java8のみ対応、Reactor • 今後 – SpringはCloud Nativeに舵をきっているが、エンタープ ライズ系(SoR)はその辺は無視して、今まで通り 2017 2020 43 ここまでお付合いありがとうよ
  44. 44. For Beginner 44 ライセンスについて • JSUGマスコットアイコン(本スライド左下)が残されている場合に限り、本作品(またそれを元にした派生 作品)の複製・頒布・表示・上演を認めます。 • 非商用目的に限り、本作品(またそれを元にした派生作品)の複製・頒布・表示・上演を認めます。 • 本作品のライセンスを遵守する限り、派生作品を頒布することを許可します。

×