New feature of Groovy2.0 G*Workshop

5,878 views

Published on

JGGUG G*ワークショップ「Vert.x+JavaOne+Groovy2.0なG*」での発表資料です。

Published in: Technology
0 Comments
6 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
5,878
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1,460
Actions
Shares
0
Downloads
15
Comments
0
Likes
6
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

New feature of Groovy2.0 G*Workshop

  1. 1. Groovy2.0 の新機能 疾きこと CompileStaticのごとし 2012/10/26 JGGUG G*Workshop #24 NTTソフトウェア Grails推進室 上原潤二 http://www.flickr.com/photos/mrhermit/3214708288/12年10月27日土曜日
  2. 2. 自己紹介 上原潤二(@uehaj) NTTソフトウェア株式会社Grails推進室 JGGUG(日本Grails/Groovyユーザグルー プ)運営委員 書籍執筆: プログラミングGROOVY(技術 評論社), Grails徹底入門(翔泳社) ブログ「Grな日々」 GroovyServ, LispBuilder, GVM開発者 Slide # JGGUG G*Workshop Copyright(C) 2012 NTT Software Corporation All rights reserved.12年10月27日土曜日
  3. 3. お品書き Groovyの歴史を簡単に Groovy1.8の新機能(おさらい) Groovy2.0の新機能 静的Groovy indy対応 ライブラリ強化 モジュール化 まとめ Groovy 3.X Slide # 3 JGGUG G*Workshop Copyright(C) 2012 NTT Software Corporation All rights reserved.12年10月27日土曜日
  4. 4. Groovyの歴史を簡単に 年 リリース トピックス 2003 Groovy 開発開始 2004 Groovy 1.0-jsr-01 JSR 241 2007 Groovy 1.0 2007 Groovy 1.5(=1.1) Java5対応 2009 Groovy 1.6 AST変換導入 2009 Groovy 1.7 2011 Groovy 1.8 2012 Groovy 2.0(=1.9) Java SE 7対応 Slide # 4 JGGUG G*Workshop Copyright(C) 2012 NTT Software Corporation All rights reserved.12年10月27日土曜日
  5. 5. 静的Grovy AST変換強化 Groovy 2.0 Java SE 7対応 の新機能 その他 ライブラリ強化 Slide # 5 JGGUG G*Workshop Copyright(C) 2012 NTT Software Corporation All rights reserved.12年10月27日土曜日
  6. 6. 静的Grovy AST変換強化 静的型チェック 静的コンパイル Groovy 2.0 Java SE 7対応 の新機能 その他 ライブラリ強化 Slide # 5 JGGUG G*Workshop Copyright(C) 2012 NTT Software Corporation All rights reserved.12年10月27日土曜日
  7. 7. 静的Grovy AST変換強化 静的型チェック NotYetImplemented 静的コンパイル Groovy 2.0 TypeChecked, CompileStatic Java SE 7対応 の新機能 その他 ライブラリ強化 Slide # 5 JGGUG G*Workshop Copyright(C) 2012 NTT Software Corporation All rights reserved.12年10月27日土曜日
  8. 8. 静的Grovy AST変換強化 静的型チェック NotYetImplemented 静的コンパイル Groovy 2.0 TypeChecked, CompileStatic Java SE 7対応 の新機能 その他 モジュール化 ライブラリ強化 Slide # 5 JGGUG G*Workshop Copyright(C) 2012 NTT Software Corporation All rights reserved.12年10月27日土曜日
  9. 9. 静的Grovy AST変換強化 静的型チェック NotYetImplemented 静的コンパイル Groovy 2.0 TypeChecked, CompileStatic Java SE 7対応 の新機能 その他 Project Coin対応 モジュール化 二進リテラル ライブラリ強化 リテラル中の下線 マルチキャッチ indy対応 Slide # 5 JGGUG G*Workshop Copyright(C) 2012 NTT Software Corporation All rights reserved.12年10月27日土曜日
  10. 10. 静的Grovy AST変換強化 静的型チェック NotYetImplemented 静的コンパイル Groovy 2.0 TypeChecked, CompileStatic Java SE 7対応 の新機能 その他 Project Coin対応 モジュール化 二進リテラル ライブラリ強化 リテラル中の下線 マルチキャッチ Collection.inject() Matcher.matchesPartially() takeWhile/dropWhile indy対応 Calendar.next/Previous withDefault/withEagar … Slide # 5 JGGUG G*Workshop Copyright(C) 2012 NTT Software Corporation All rights reserved.12年10月27日土曜日
  11. 11. 静的Grovy AST変換強化 静的型チェック NotYetImplemented 静的コンパイル Groovy 2.0 TypeChecked, CompileStatic Java SE 7対応 の新機能 その他 Project Coin対応 モジュール化 二進リテラル ライブラリ強化 リテラル中の下線 マルチキャッチ Collection.inject() Matcher.matchesPartially() takeWhile/dropWhile indy対応 Calendar.next/Previous withDefault/withEagar … Slide # 5 JGGUG G*Workshop Copyright(C) 2012 NTT Software Corporation All rights reserved.12年10月27日土曜日
  12. 12. AST変換群 2.0新機能 Since Since Since Groovy 1.6 Groovy 1.8 Groovy 2.0 Bindable ListenerList NotYetImplemented Vetoable AutoClone TypeChecked Category AutoExternalize CompileStatic Delegate Canonical Immutable EqualsAndHashCode Lazy Field Mixin IndexedProperty Newify InheritConstructors Singleton Synchronized PackageScope ConditionalInterrupt ThreadInterrupt Since TimedInterrupt Groovy 1.7 ToString TupleConstructor Grab power assert WithReadLock / WithWriteLock Commons / Log / Log4j / Slf4j Slide # 6 JGGUG G*Workshop Copyright(C) 2012 NTT Software Corporation All rights reserved.12年10月27日土曜日
  13. 13. 静的Groovy http://www.flickr.com/photos/kaeru/501750/12年10月27日土曜日
  14. 14. 静的型チェック/静的コンパイル 2.0新機能 @TypeChecked: 静的型チェック この2者を総称 ➡型を確定することでわかるエラー したものが をコンパイル時にチェック Groovy2.0での 「静的Groovy」 @CompileStatic: 静的コンパイル ➡静的型チェックに加え、 型が静的に定まっている ことを前提としたコードが生成 ➡目的は性能向上 AST変換アノテーションとして実装されている これらのアノテーションをクラスやメソッドに指定すると、 その範囲のメソッド内のコードが対象となる Slide # 8 JGGUG G*Workshop Copyright(C) 2012 NTT Software Corporation All rights reserved.12年10月27日土曜日
  15. 15. 「静的Groovy」で何がどう変わるの? 変数・メソッド引数等に型宣言が必要となる (その結果キャスト等が必要になる場合がある) 要はjavaといっしょだyo!!! ただし型推論により型宣言は省略できる場合がある 変数への代入/初期化の右辺等により型を決める 型推論対象: クロージャから参照されていないローカル変数やメソッド引数 型推論対象外(明示的型指定が必要): フィールドやバインディング変数 クロージャ引数(itなど) クロージャから参照されているローカル変数やメソッド引数 他スレッドによる変数の値変更をコンパイラが把握できないため Slide # 9 JGGUG G*Workshop Copyright(C) 2012 NTT Software Corporation All rights reserved.12年10月27日土曜日
  16. 16. 静的型チェックにより検出されるエラー例 import  groovy.transform.TypeChecked @TypeChecked 型が違う! int  foo(String  s)  { そんなメソッド無い!    int  i  =  s    //  [Static  type  checking]  -­‐  Cannot  assign  value  of  type   java.lang.String  to  variable  of  type  int    String  result  =  s.toUppperCase()    //  [Static  type  checking]  -­‐  Cannot  find  matching  method   java.lang.String#toUppperCase().  Please  check  if  the  declared  type  is   right  and  if  the  method  exists.    return  result 型が違う!    //  [Static  type  checking]  -­‐  Cannot  return  value  of  type   java.lang.String  on  method  returning  type  int } Slide # 10 JGGUG G*Workshop Copyright(C) 2012 NTT Software Corporation All rights reserved.12年10月27日土曜日
  17. 17. GGTS 3.0.0から利用 Slide # 11 JGGUG G*Workshop Copyright(C) 2012 NTT Software Corporation All rights reserved.12年10月27日土曜日
  18. 18. フローセンシティブタイピング def a = -3 a.abs() a.toUpperCase() a = "ABC" a.abs() a.toUpperCase() Slide # 12 JGGUG G*Workshop Copyright(C) 2012 NTT Software Corporation All rights reserved.12年10月27日土曜日
  19. 19. フローセンシティブタイピング aはint型と見なさ れる def a = -3 a.abs() a.toUpperCase() a = "ABC" a.abs() a.toUpperCase() Slide # 12 JGGUG G*Workshop Copyright(C) 2012 NTT Software Corporation All rights reserved.12年10月27日土曜日
  20. 20. フローセンシティブタイピング aはint型と見なさ れる def a = -3 a.abs() a.toUpperCase() a = "ABC" aはString型と見 なされる a.abs() a.toUpperCase() Slide # 12 JGGUG G*Workshop Copyright(C) 2012 NTT Software Corporation All rights reserved.12年10月27日土曜日
  21. 21. フローセンシティブタイピング aはint型と見なさ れる def a = -3 [Static type checking] - a.abs() Cannot find matching method java.lang.Integer#toUpperCas a.toUpperCase() e() a = "ABC" aはString型と見 なされる a.abs() a.toUpperCase() Slide # 12 JGGUG G*Workshop Copyright(C) 2012 NTT Software Corporation All rights reserved.12年10月27日土曜日
  22. 22. フローセンシティブタイピング aはint型と見なさ れる def a = -3 [Static type checking] - a.abs() Cannot find matching method java.lang.Integer#toUpperCas a.toUpperCase() e() a = "ABC" aはString型と見 なされる a.abs() [Static type checking] - Cannot a.toUpperCase() find matching method Slide # 12 JGGUG G*Workshop java.lang.String#abs() rights reserved. Copyright(C) 2012 NTT Software Corporation All12年10月27日土曜日
  23. 23. 静的コンパイル  String foo(String s) {      s.toUpperCase()  }  @CompileStatic  String bar(String s) {      s.toUpperCase()  } Slide # JGGUG G*Workshop Copyright(C) 2012 NTT Software Corporation All rights reserved.12年10月27日土曜日
  24. 24. 静的コンパイル  String foo(String s) {      s.toUpperCase()  } public String foo(String s) { CallSite acallsite[] = $getCallSiteArray(); return (String)ScriptBytecodeAdapter.castToType(acallsite[0]. call(s), java/lang/String); }  @CompileStatic  String bar(String s) {      s.toUpperCase()  } Slide # JGGUG G*Workshop Copyright(C) 2012 NTT Software Corporation All rights reserved.12年10月27日土曜日
  25. 25. 静的コンパイル  String foo(String s) {      s.toUpperCase()  } public String foo(String s) { CallSite acallsite[] = $getCallSiteArray(); return (String)ScriptBytecodeAdapter.castToType(acallsite[0]. call(s), java/lang/String); }  @CompileStatic  String bar(String s) {      s.toUpperCase()  } public String bar(String s) { return s.toUpperCase(); } Slide # JGGUG G*Workshop Copyright(C) 2012 NTT Software Corporation All rights reserved.12年10月27日土曜日
  26. 26. ベンチマーク(CompileStatic) 1.2## 1.0## 0.8## CompileStatic 0.6## Groovy#1.8.2# 0.4## Groovy#2.0.1# Groovy#2.0.1#CompileSta<c# 0.2## Java#SE#1.7.0u6# 0.0## ]# # )]# # ]# )]# ]# # ]# # a] f)] g] rt] es y) m ch ry #i f in st c#i so ar or re ku ce na a dR a< rn ck lN [F y#T nn an er ea #te ui ( st ra ar c#t a st [Q hr ct [F ce ib (i n in a< pe [T [F an[B ib ( st [S st [F ib (i n [F ib [F https://github.com/alextkachman/fib-benchmark をベースに計測。 グラフはJavaを1としたときの実行時間の比率(大きいほど速い)。 Slide # 14 JGGUG G*Workshop Copyright(C) 2012 NTT Software Corporation All rights reserved.12年10月27日土曜日
  27. 27. 静的型のメリット・デメリット 静的型のメリット: 総合的にいっ 1.静的型情報に基づいた最適化による性能向上 て、本当に向上 するかは議論の ➡静的コンパイル 余地がある 2.コンパイル時型チェックによる信頼性向上 ➡静的型チェック 3.作業効率向上(IDEによる入力補完機能、タイプミス早期検出) ➡静的型チェック 4.ドキュメンテーションとしての型情報による保守性向上 ➡オプショナルタイピング(既存機能) デメリット: 面倒臭い・字数が増える・多態コード・動的機能 (EMC,Builderやマルチメソッドなど)が利用できない Slide # 15 JGGUG G*Workshop Copyright(C) 2012 NTT Software Corporation All rights reserved.12年10月27日土曜日
  28. 28. @CompileStatic適用の実際 既存のGroovyコードを静的コンパイルするために必要なのは、 @CompileStaticをつけて回るだけの簡単な作業・・・ ではない!(少なくともGroovy 2.0.0では。) 静的コンパイルを通すための修正(例):型宣言を省略していたところを補う(def, 引数, it を型指定して宣言)/Closure#call()の返り値はキャストする/nullを適宜キャストする/引数の動的型に基いたメソッド 選択(マルチメソッド)を使用していた場合、静的に型が確定しているならキャストで。していなければ、Java的にダブルデ ィスパッチで実装しなおす/ダックタイピングは複数メソッドに展開するかinterfaceを導入 ➡規模が大きいと書き換えは相当面倒 以下は対応不可 EMC、カテゴリ、invokeMethod()などによる動的メソッド追加(結果とし てのBuilder周り) メソッド引数でのSpread/Spread map operator (*)の使用 アクセス修飾(private,protected,package private)が効いてアクセス不可 ➡@CompileStatic(TypeCheckingMode.SKIP)で逃げる Slide # 16 JGGUG G*Workshop Copyright(C) 2012 NTT Software Corporation All rights reserved.12年10月27日土曜日
  29. 29. CompileStaticとアクセス修飾 静的コンパイルで生成されるコードはJavaのアクセス 修飾子による制限に支配される 他クラスのprivateメソッドは呼べない(Javaでは当たり前) ただし、Groovyで定義した(GroovyObjectを継承した)クラスに 対して、フィールドに関してはブリッジメソッド経由でアクセス可 class  Target  {    private  int  field ちなみに@TypeCheckedではエラ    private  void  method(){} ーにならないのが仕様らしいが } (GROOVY-5677) @groovy.transform.CompileStatic class  StaticCompiledClass  {    void  foo(Target  t)  {        t.method()    //  Cannot  call  private  method  Target#method        "ABC".value[0]  =  "x"  //  [STC]  -­‐  Access  to  java.lang.String#value  is  forbidden        t.field  =  3      //  OK    } } Slide # 17 JGGUG G*Workshop Copyright(C) 2012 NTT Software Corporation All rights reserved.12年10月27日土曜日
  30. 30. 余談:Grails 2.2での状況 Grails 2.2ではGroovy 2.Xが採用される予定 Grailsの最新ソースを「CompileStatic」で grepしてみる %  grep  -­‐r  CompileStatic  . ./grails-­‐bootstrap/src/main/groovy/grails/util/ BuildSettings.groovy:import  groovy.transform.CompileStatic ./grails-­‐bootstrap/src/main/groovy/grails/util/BuildSettings.groovy:         @CompileStatic ./grails-­‐bootstrap/src/main/groovy/grails/util/BuildSettings.groovy:         @CompileStatic ./grails-­‐bootstrap/src/main/groovy/grails/util/BuildSettings.groovy:         @CompileStatic ./grails-­‐bootstrap/src/main/groovy/grails/util/BuildSettings.groovy:         @CompileStatic ./grails-­‐bootstrap/src/main/groovy/grails/util/BuildSettings.groovy:         @CompileStatic  : %  grep  -­‐r  CompileStatic  .  |  wc              124          247      13863 Slide # 18 JGGUG G*Workshop Copyright(C) 2012 NTT Software Corporation All rights reserved.12年10月27日土曜日
  31. 31. Groovy++と静的Groovy Groovy++ Groovy 2.0 2009∼2011(開発完) 2011∼ コードベースの継続性はない @Typedアノテー @TypeChecked ションによる 静的型チェック 静的Groovy @CompileStatic 静的コンパイル mixedモードコンパイル、 末尾再帰最適化、traits.. などの先進的な機能 対応物は今のところ 無し Slide # 19 JGGUG G*Workshop Copyright(C) 2012 NTT Software Corporation All rights reserved.12年10月27日土曜日
  32. 32. ベンチマーク(vs. Groovy++) 1.2## Grroovy++ 1.0## 0.8## Groovy#1.8.2# 0.6## Groovy#2.0.1# 0.4## Groovy#2.0.1#CompileSta<c# Java#SE#1.7.0u6# 0.2## Groovy#2.0.1#indy# Groovy++0.9.0/1.8.2# 0.0## ]# # )]# )]# ]# )]# ]# # ]# # a] g] rt] es y) m ch ry f #i f in st c#i so ar or re ku ce na a dR a< rn ck lN [F y#T nn an er ea #te ui ( st ra ar c#t a st [Q hr ct [F ce ib (i n in a< pe [T [F an[B ib ( st [S st [F ib (i n [F ib [F Slide # 20 JGGUG G*Workshop Copyright(C) 2012 NTT Software Corporation All rights reserved.12年10月27日土曜日
  33. 33. indy対応 http://www.flickr.com/photos/tdar/6330565982/12年10月27日土曜日
  34. 34. indyとその利用方法 2.0新機能 indy…Java VM上での動的言語実行の効率化を目的とした 機能拡張(JSR292)の通称。Java SE 7(JDK)から利用可 groovy/groovycコマンドから使う <GROOVY_HOME>/lib,embeddeable/配下の、-indy接尾 辞のついたjarファイルを-indyなしにリネーム groovyコマンド、もしくはgroovycコマンドで--indyを指定 gradle(1.1以降)から使う dependencies  {        groovy  group:  org.codehaus.groovy,  name:  groovy-­‐all,   version:2.0.1,  classifier:indy } compileGroovy  {        groovyOptions.optimizationOptions.indy=true } Slide # 22 JGGUG G*Workshop Copyright(C) 2012 NTT Software Corporation All rights reserved.12年10月27日土曜日
  35. 35. ベンチマーク(indy) 1.2## 1.0## 0.8## 0.6## Groovy#1.8.2# Groovy#2.0.1# 0.4## Groovy#2.0.1#CompileSta<c# Java#SE#1.7.0u6# 0.2## Groovy#2.0.1#indy# 0.0## ]# # )]# )]# ]# )]# ]# # ]# # a] g] rt] es y) m ch ry f #i f in st c#i so ar or re ku ce na a dR a< rn ck lN [F y#T nn an er ea #te ui ( st ra ar c#t a st [Q hr ct [F ce ib (i n in a< pe [T [F an[B ib ( st [S st [F Groovy 2.0.1 -indy ib (i n [F ib [F Slide # 23 JGGUG G*Workshop Copyright(C) 2012 NTT Software Corporation All rights reserved.12年10月27日土曜日
  36. 36. ライブラリ 強化 http://www.flickr.com/photos/aloudnoise/5133172272/12年10月27日土曜日
  37. 37. injectのおさらい [e1,e2,e3,e4,e5].inject(ini){acc,val-­‐>式}  →  <結果> assert  [1,2,3,4,5].inject(0){a,b  -­‐>  a+b}  ==  15 25 Slide # JGGUG G*Workshop Copyright(C) 2012 NTT Software Corporation All rights reserved.12年10月27日土曜日
  38. 38. injectのおさらい [e1,e2,e3,e4,e5].inject(ini){acc,val-­‐>式}  →  <結果> ini [ e1, e2, e3, e4, e5 ] assert  [1,2,3,4,5].inject(0){a,b  -­‐>  a+b}  ==  15 25 Slide # JGGUG G*Workshop Copyright(C) 2012 NTT Software Corporation All rights reserved.12年10月27日土曜日
  39. 39. injectのおさらい [e1,e2,e3,e4,e5].inject(ini){acc,val-­‐>式}  →  <結果> ini [ e1, e2, e3, e4, e5 ] {acc,val-­‐>式} assert  [1,2,3,4,5].inject(0){a,b  -­‐>  a+b}  ==  15 25 Slide # JGGUG G*Workshop Copyright(C) 2012 NTT Software Corporation All rights reserved.12年10月27日土曜日
  40. 40. injectのおさらい [e1,e2,e3,e4,e5].inject(ini){acc,val-­‐>式}  →  <結果> ini [ e1, e2, e3, e4, e5 ] {acc,val-­‐>式} {acc,val-­‐>式} assert  [1,2,3,4,5].inject(0){a,b  -­‐>  a+b}  ==  15 25 Slide # JGGUG G*Workshop Copyright(C) 2012 NTT Software Corporation All rights reserved.12年10月27日土曜日
  41. 41. injectのおさらい [e1,e2,e3,e4,e5].inject(ini){acc,val-­‐>式}  →  <結果> ini [ e1, e2, e3, e4, e5 ] {acc,val-­‐>式} {acc,val-­‐>式} {acc,val-­‐>式} assert  [1,2,3,4,5].inject(0){a,b  -­‐>  a+b}  ==  15 25 Slide # JGGUG G*Workshop Copyright(C) 2012 NTT Software Corporation All rights reserved.12年10月27日土曜日
  42. 42. injectのおさらい [e1,e2,e3,e4,e5].inject(ini){acc,val-­‐>式}  →  <結果> ini [ e1, e2, e3, e4, e5 ] {acc,val-­‐>式} {acc,val-­‐>式} {acc,val-­‐>式} {acc,val-­‐>式} assert  [1,2,3,4,5].inject(0){a,b  -­‐>  a+b}  ==  15 25 Slide # JGGUG G*Workshop Copyright(C) 2012 NTT Software Corporation All rights reserved.12年10月27日土曜日
  43. 43. injectのおさらい [e1,e2,e3,e4,e5].inject(ini){acc,val-­‐>式}  →  <結果> ini [ e1, e2, e3, e4, e5 ] {acc,val-­‐>式} {acc,val-­‐>式} {acc,val-­‐>式} {acc,val-­‐>式} {acc,val-­‐>式} assert  [1,2,3,4,5].inject(0){a,b  -­‐>  a+b}  ==  15 25 Slide # JGGUG G*Workshop Copyright(C) 2012 NTT Software Corporation All rights reserved.12年10月27日土曜日
  44. 44. injectのおさらい [e1,e2,e3,e4,e5].inject(ini){acc,val-­‐>式}  →  <結果> ini [ e1, e2, e3, e4, e5 ] {acc,val-­‐>式} {acc,val-­‐>式} {acc,val-­‐>式} {acc,val-­‐>式} {acc,val-­‐>式} →  <結果> assert  [1,2,3,4,5].inject(0){a,b  -­‐>  a+b}  ==  15 25 Slide # JGGUG G*Workshop Copyright(C) 2012 NTT Software Corporation All rights reserved.12年10月27日土曜日
  45. 45. 初期値無しinject 2.0新機能 [e1,e2,e3,e4,e5].inject{acc,val-­‐>式}  →  <結果> e1 [ e2, e3, e4, e5 ] {acc,val-­‐>式} {acc,val-­‐>式} {acc,val-­‐>式} {acc,val-­‐>式} →  <結果> assert  [1,2,3,4,5].inject{a,b  -­‐>  a+b}  ==  15 26 Slide # JGGUG G*Workshop Copyright(C) 2012 NTT Software Corporation All rights reserved.12年10月27日土曜日
  46. 46. Matcher#matchesPartially() 2.0新機能 (x= p).matchesPartially()の結果 true …文字列xの末尾になんらかの文字列を追加したものは、 パターンpにマッチする可能性がある false …文字列xの末尾にどんな文字列を追加しても、 パターンpにマッチすることは有り得ない assert  ("1"          =~  /ddd/).matchesPartially() assert  ("12"        =~  /ddd/).matchesPartially() assert  ("123"      =~  /ddd/).matchesPartially() assert  !("12a"    =~  /ddd/).matchesPartially() assert  !("1234"  =~  /ddd/).matchesPartially() ➡インタラクティブなバリデーションなどに使用可能 Slide # 27 JGGUG G*Workshop Copyright(C) 2012 NTT Software Corporation All rights reserved.12年10月27日土曜日
  47. 47. (List,CharSequence,Map,T[]).takeWhile{} 2.0新機 [e1,e2,e3,e4,e5].takeWhile{it-­‐>式}  →  <結果> [ ] [ ] リストの要素を順にたどり、クロージャを適用した結果が 真である要素のみからなる先頭部分を返す。 assert  [1,2,3,4,3].takeWhile{it<=3}  ==  [1,2,3] Slide # 28 JGGUG G*Workshop Copyright(C) 2012 NTT Software Corporation All rights reserved.12年10月27日土曜日
  48. 48. (List,CharSequence,Map,T[]).takeWhile{} 2.0新機 [e1,e2,e3,e4,e5].takeWhile{it-­‐>式}  →  <結果> [ e1, ] {it-­‐>式} がtrue [ e1, ] リストの要素を順にたどり、クロージャを適用した結果が 真である要素のみからなる先頭部分を返す。 assert  [1,2,3,4,3].takeWhile{it<=3}  ==  [1,2,3] Slide # 28 JGGUG G*Workshop Copyright(C) 2012 NTT Software Corporation All rights reserved.12年10月27日土曜日
  49. 49. (List,CharSequence,Map,T[]).takeWhile{} 2.0新機 [e1,e2,e3,e4,e5].takeWhile{it-­‐>式}  →  <結果> [ e1, e2, ] {it-­‐>式} {it-­‐>式} がtrue がtrue [ e1, e2, ] リストの要素を順にたどり、クロージャを適用した結果が 真である要素のみからなる先頭部分を返す。 assert  [1,2,3,4,3].takeWhile{it<=3}  ==  [1,2,3] Slide # 28 JGGUG G*Workshop Copyright(C) 2012 NTT Software Corporation All rights reserved.12年10月27日土曜日
  50. 50. (List,CharSequence,Map,T[]).takeWhile{} 2.0新機 [e1,e2,e3,e4,e5].takeWhile{it-­‐>式}  →  <結果> [ e1, e2, e3, ] {it-­‐>式} {it-­‐>式} {it-­‐>式} がtrue がtrue がtrue [ e1, e2, e3 ] リストの要素を順にたどり、クロージャを適用した結果が 真である要素のみからなる先頭部分を返す。 assert  [1,2,3,4,3].takeWhile{it<=3}  ==  [1,2,3] Slide # 28 JGGUG G*Workshop Copyright(C) 2012 NTT Software Corporation All rights reserved.12年10月27日土曜日
  51. 51. (List,CharSequence,Map,T[]).takeWhile{} 2.0新機 [e1,e2,e3,e4,e5].takeWhile{it-­‐>式}  →  <結果> [ e1, e2, e3, e4, ] {it-­‐>式} {it-­‐>式} {it-­‐>式} {it-­‐>式} がtrue がtrue がtrue がfalse [ e1, e2, e3 ] リストの要素を順にたどり、クロージャを適用した結果が 真である要素のみからなる先頭部分を返す。 assert  [1,2,3,4,3].takeWhile{it<=3}  ==  [1,2,3] Slide # 28 JGGUG G*Workshop Copyright(C) 2012 NTT Software Corporation All rights reserved.12年10月27日土曜日
  52. 52. (List,CharSequence,Map,T[]).takeWhile{} 2.0新機 [e1,e2,e3,e4,e5].takeWhile{it-­‐>式}  →  <結果> [ e1, e2, e3, e4, e5 ] {it-­‐>式} {it-­‐>式} {it-­‐>式} {it-­‐>式} {it-­‐>式} がtrue がtrue がtrue がfalse がtrue [ e1, e2, e3 ] リストの要素を順にたどり、クロージャを適用した結果が 真である要素のみからなる先頭部分を返す。 assert  [1,2,3,4,3].takeWhile{it<=3}  ==  [1,2,3] Slide # 28 JGGUG G*Workshop Copyright(C) 2012 NTT Software Corporation All rights reserved.12年10月27日土曜日
  53. 53. (List,CharSequence,Map,T[]).dropWhile{} 2.0新機 [e1,e2,e3,e4,e5].dropWhile{it-­‐>式}  →  <結果> [ ] [ ] リストの要素を順にたどり、クロージャを適用した結果が 偽である初めての要素以降を返す。 assert  [1,2,3,4,3].dropWhile{it<=3}  ==  [4,5] Slide # 29 JGGUG G*Workshop Copyright(C) 2012 NTT Software Corporation All rights reserved.12年10月27日土曜日
  54. 54. (List,CharSequence,Map,T[]).dropWhile{} 2.0新機 [e1,e2,e3,e4,e5].dropWhile{it-­‐>式}  →  <結果> [ e1, ] {it-­‐>式} がtrue [ ] リストの要素を順にたどり、クロージャを適用した結果が 偽である初めての要素以降を返す。 assert  [1,2,3,4,3].dropWhile{it<=3}  ==  [4,5] Slide # 29 JGGUG G*Workshop Copyright(C) 2012 NTT Software Corporation All rights reserved.12年10月27日土曜日
  55. 55. (List,CharSequence,Map,T[]).dropWhile{} 2.0新機 [e1,e2,e3,e4,e5].dropWhile{it-­‐>式}  →  <結果> [ e1, e2, ] {it-­‐>式} {it-­‐>式} がtrue がtrue [ ] リストの要素を順にたどり、クロージャを適用した結果が 偽である初めての要素以降を返す。 assert  [1,2,3,4,3].dropWhile{it<=3}  ==  [4,5] Slide # 29 JGGUG G*Workshop Copyright(C) 2012 NTT Software Corporation All rights reserved.12年10月27日土曜日
  56. 56. (List,CharSequence,Map,T[]).dropWhile{} 2.0新機 [e1,e2,e3,e4,e5].dropWhile{it-­‐>式}  →  <結果> [ e1, e2, e3, ] {it-­‐>式} {it-­‐>式} {it-­‐>式} がtrue がtrue がtrue [ ] リストの要素を順にたどり、クロージャを適用した結果が 偽である初めての要素以降を返す。 assert  [1,2,3,4,3].dropWhile{it<=3}  ==  [4,5] Slide # 29 JGGUG G*Workshop Copyright(C) 2012 NTT Software Corporation All rights reserved.12年10月27日土曜日
  57. 57. (List,CharSequence,Map,T[]).dropWhile{} 2.0新機 [e1,e2,e3,e4,e5].dropWhile{it-­‐>式}  →  <結果> [ e1, e2, e3, e4, ] {it-­‐>式} {it-­‐>式} {it-­‐>式} {it-­‐>式} がtrue がtrue がtrue がfalse [ e4, ] リストの要素を順にたどり、クロージャを適用した結果が 偽である初めての要素以降を返す。 assert  [1,2,3,4,3].dropWhile{it<=3}  ==  [4,5] Slide # 29 JGGUG G*Workshop Copyright(C) 2012 NTT Software Corporation All rights reserved.12年10月27日土曜日
  58. 58. (List,CharSequence,Map,T[]).dropWhile{} 2.0新機 [e1,e2,e3,e4,e5].dropWhile{it-­‐>式}  →  <結果> [ e1, e2, e3, e4, e5 ] {it-­‐>式} {it-­‐>式} {it-­‐>式} {it-­‐>式} {it-­‐>式} がtrue がtrue がtrue がfalse がtrue [ e4, e5 ] リストの要素を順にたどり、クロージャを適用した結果が 偽である初めての要素以降を返す。 assert  [1,2,3,4,3].dropWhile{it<=3}  ==  [4,5] Slide # 29 JGGUG G*Workshop Copyright(C) 2012 NTT Software Corporation All rights reserved.12年10月27日土曜日
  59. 59. モジュール化 http://www.flickr.com/photos/aplumb/3890003295/12年10月27日土曜日
  60. 60. モジュール化(1) 2.0新機能 groovy-X.X.X.jarを「拡張モジュール」の集合とし て再構成 groovy-1.8.2.jar…5,529,556バイト しゅりんく! groovy-2.0.1.jar…3,270,730バイト ➡ 切り出されたもの: groovy-ant, groovy-bsf, groovy-console, groovy-docgenerator, groovy-groovydoc, groovy-groovysh, groovy-jmx, groovy-json, groovy-jsr223, groovy-servlet, groovy-sql, groovy-swing, groovy-templates, groovy-test, groovy- testng, groovy-xml 利用者(Groovyプログラマ)にはあまり影響ない maven pomモジュールとしても分割されている 依存性がきっちり定義されている Slide # 31 JGGUG G*Workshop Copyright(C) 2012 NTT Software Corporation All rights reserved.12年10月27日土曜日
  61. 61. モジュール化(2) 拡張モジュールは「カスタム拡張メソッド」を提供できる GDKメソッドのように既存クラスにメソッドを追加する カテゴリとは異なり、静的Groovy配下で利用可能 @Grabで取り込んだ場合でもカスタム拡張メソッドは有効。 拡張モジュールは誰でも作れ、実体は以下のような内容の 「org.codehaus.groovy.runtime.ExtensionModule」 ファイルをMETA-INF/services directoryに含めたJarフ ァイル moduleName=groovy-­‐stream moduleVersion=0.5.1 extensionClasses=groovy.stream.StreamExtension staticExtensionClasses= Slide # 32 JGGUG G*Workshop Copyright(C) 2012 NTT Software Corporation All rights reserved.12年10月27日土曜日
  62. 62. まとめ Slide # 33 http://www.flickr.com/photos/limonada/214375219/ JGGUG G*Workshop Copyright(C) 2012 NTT Software Corporation All rights reserved.12年10月27日土曜日
  63. 63. Groovyの今後(1) Groovy 2.1 遅くとも2012年中 invokedynamicバイトコード命令サポートを完成させる DelegateTo(DSLに対する静的型サポート) 言語レベルの改良も継続的に行っている Groovy 3.0 2013年 GEP11 - Groovy 3 semantics and new MOPとして検討 invokedynamicを前提としたMOP(Groovyの動的コア)の全面見直し invokedynamicサポートから最大の利点を得る Groovy自体をもっとGroovy自身で書き直す Slide # 34 JGGUG G*Workshop Copyright(C) 2012 NTT Software Corporation All rights reserved.12年10月27日土曜日
  64. 64. まとめ 静的Groovyは2.0の目玉ではあるものの、誰 もが使わなければならないものでもない 実開発への適用はもうちょっと待った方が良いかも Grailsでの採用を経て鍛錬されることを期待 indy対応はまだまだですね 今後は、非標準拡張モジュールによるエコシ ステム成長(プラグイン化)が期待される Slide # 35 JGGUG G*Workshop Copyright(C) 2012 NTT Software Corporation All rights reserved.12年10月27日土曜日
  65. 65. 参考URL・商標 http://www.slideshare.net/glaforge/groovy-20-devoxx-france-2012 http://www.infoq.com/jp/articles/new-groovy-20 http://www.jroller.com/melix/entry/groovy_2_0_from_an http://docs.codehaus.org/display/GROOVY/Creating+an+extension+module http://d.hatena.ne.jp/ksky/20100513/p1 http://docs.codehaus.org/display/GroovyJSR/GEP+11+-+Groovy+3+semantics +and+new+MOP http://glaforge.appspot.com/article/minor-new-features-of-groovy-2-0 http://glaforge.appspot.com/article/incomplete-string-regex-matching http://docs.oracle.com/javase/specs/jvms/se7/jvms7.pdf http://melix.github.com/talks/s2gx-typechecking/slides.html http://m.infoworld.com/d/application-development/groovy-the-roadmap-the- popular-jvm-language-202990?page=0,1 OracleとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国にお ける登録商標です。文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合がありま す。 記載されているロゴ、システム名、製品名は各社及び商標権者の登録商標あるいは商標です Slide # 36 JGGUG G*Workshop Copyright(C) 2012 NTT Software Corporation All rights reserved.12年10月27日土曜日

×