Groovy Conference2008 Nttsoft

1,656 views

Published on

Published in: Technology
0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
1,656
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
11
Actions
Shares
0
Downloads
7
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Groovy Conference2008 Nttsoft

  1. 1. 上原潤二・中野靖治 Grails による社内システム開発 Excel 難民救済計画 Groovy Conference 2008 2008/8/22
  2. 2. 問い <ul><li>Grailsは、 イントラシステム開発に、 絶大な威力を発揮する </li></ul>、のか ?
  3. 3. こんなんを開発しました <ul><li>顧客名簿管理システム </li></ul><ul><ul><li>顧客情報の蓄積・管理・ チェック を WEB 経由で行なう </li></ul></ul><ul><ul><li>数千件 の肩書き・郵送先などを、年間数回、全営業関連メンバ総出で実施 </li></ul></ul><ul><ul><li>確認後案内状送付 </li></ul></ul>数百人
  4. 4. Excel 難民の苦境 <ul><li>従来システム </li></ul><ul><ul><li>Access からデータを 担当ごとに Excel に export して 数百名にメール 配布 </li></ul></ul><ul><li>マージは 基本的に地獄 </li></ul><ul><ul><li>勝手に親切に追加・訂正してくれる皆様 </li></ul></ul><ul><ul><li>表記ブレ頻発 </li></ul></ul>某 SaaS では柔軟性に欠ける
  5. 5. 画面 (1) ACEGI プラグイン使用 ログイン画面 メインメニュー
  6. 6. 画面 (2) 検索画面 一覧・修正画面 カスタム項目 越後藩 江戸幕府 インプレース編集 薩摩藩 尾張藩 好評
  7. 7. システム概要 <ul><ul><li>4 ヶ月 × 0.5 ~ 1.5 人 (Grails 未経験者 2 名 ) </li></ul></ul><ul><ul><li>開発期間 </li></ul></ul>acegi-0.3, richui-0.2, i18n-templates-1.0.1 <ul><ul><li>使用プラグイン </li></ul></ul>~数千件 <ul><ul><li>データ数 </li></ul></ul>~ 200 人 <ul><ul><li>利用者数 </li></ul></ul>82 (groovy ファイル ) 5.5 (KL 、自動生成物含む ) <ul><ul><li>ソース規模 </li></ul></ul><ul><ul><li>51   (*.gsp) + 60   ( 動的 Scaffold 生成 ) </li></ul></ul><ul><ul><li>画面数 </li></ul></ul>30 クラス ( 関連クラスは除く ) <ul><ul><li>ドメインクラス数 </li></ul></ul>
  8. 8. 工夫点・特徴 <ul><li>Scaffold多用 </li></ul><ul><ul><li>国際化テンプレート(i18n-templates)プラグインで日本語化 </li></ul></ul><ul><ul><li>マスター系管理画面ではscaffold動的生成も多用 </li></ul></ul>
  9. 9. Grails のメリット (1) <ul><li>アジャイル開発に最適 </li></ul><ul><ul><li>デモしながら仕様策定 </li></ul></ul><ul><ul><li>Java・Java EE経験者なら基本的にそのままスタート可 </li></ul></ul>
  10. 10. Grails のメリット (2) <ul><li>生産性向上効果 </li></ul><ul><ul><li>設定は 劇的に 楽! </li></ul></ul><ul><ul><li>マスター管理系は 劇的に 簡易化! </li></ul></ul><ul><ul><li>仕様変更しやすさが大きなメリット </li></ul></ul><ul><ul><li>プラグインによる再利用 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>今後の課題 </li></ul></ul></ul>
  11. 11. 苦労した点・留意点 (1) <ul><li>以下に対し Grails は開発負荷を軽減しない </li></ul><ul><ul><li>複雑なデータベース操作、特に 関連やカスケード </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>GORM 、 Hibernate で隠されているだけに むしろ見通しが悪い </li></ul></ul></ul><ul><ul><li>きめ細かな Javascript 制御 </li></ul></ul>
  12. 12. 苦労した点・留意点 (2) <ul><li>Grails 知識だけで開発できるかという と </li></ul><ul><ul><li>Spring は良く知らなくても大丈夫 </li></ul></ul><ul><ul><li>Hibernate は会得すべき。 </li></ul></ul><ul><ul><li>スキーマ生成規則や HQL 修得は死活的に 必要。 </li></ul></ul><ul><li>ドメインクラス設計は 超重 要 </li></ul><ul><ul><li>あとで変更するのは大変。 </li></ul></ul><ul><ul><li>RDBMS の特性を熟知し行なうべき </li></ul></ul><ul><ul><li>Scaffold を活用できるように設計する </li></ul></ul><ul><li>要望: </li></ul><ul><ul><li>デバッガ欲しい </li></ul></ul><ul><ul><li>src 配下などもホットデプロイ希望 </li></ul></ul>
  13. 13. 結論 <ul><li>Grailsは、 イントラシステム開発に、      絶大なる威力を発揮する </li></ul><ul><ul><li>Java 要員・経験の活用可 </li></ul></ul><ul><ul><li>管理簿系アプリには特に向く </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>Excel+ メール業務フロー脱却 </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>メール誤送信対策 </li></ul></ul></ul>おそらく
  14. 14. デモ

×