Movable type seminar_20121204

1,109 views

Published on

0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
1,109
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
198
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Movable type seminar_20121204

  1. 1. Movable Type の最新情報シックス・アパート株式会社 長内 毅志
  2. 2. 自己紹介 : 長内毅志2011年よりMovable Type製品企画マネージャーtwitter: Nick_smallworldblog: smallworld.west-tokyo.com
  3. 3. Agenda• Movable Typeの動き• MTコミュニティの動き• Movable Type 最新バージョン• クラウド+MT• クラウドサービス「Movable Type EZ」• Movable Type のリリースポリシーについて
  4. 4. Movable Typeの動き
  5. 5. Movable Typeの動き• Movable Type 11th Anniversary• アメリカ再進出• Movable Type Idea Exchange in New York
  6. 6. 11th Anniversary2012/10/08
  7. 7. アメリカ再進出http://www.sixapart.jp/pressroom/2012/10/movable_type_event_in_new_york.html
  8. 8. Movable Type Idea Exchange In New Yorkhttp://blog.sixapart.jp/2012-10/movable-type-idea-exchange.html
  9. 9. MTコミュニティの動き
  10. 10. MTコミュニティの動き• 各地でオフ会、勉強会開催 – http://www.h-fj.com/blog/archives/2012/12/02-103308.php• MTDDC Fukuoka 開催(2013年1月)
  11. 11. MTコミュニティの動き• Adventカレンダー開催中 – http://www.adventar.org/calendars/26• Pronet向け勉強会 – 定期的に開催中
  12. 12. Movable Type最新バージョン
  13. 13. 最新バージョン2012年12月5日(水)
  14. 14. 定型文作成機能 •定型文管理画面から登録・修正 •定型文からブログ記事作成http://www.sixapart.jp/movabletype/ez/guide/formattedtext.html
  15. 15. 新テーマ「Rainier」•レスポンシブ・ウェブデザイン•PC、スマホ、タブレットに最適レイアウトhttp://www.sixapart.jp/movabletype/ez/guide/rainier.html
  16. 16. Rainierの特徴• レスポンシブWebデザイン対応 – PC、スマートフォン、タブレット• OGP、パンくずリスト• MT4のスタイルを レスポンシブWebデザインで利用可能
  17. 17. クラウド+MT
  18. 18. Increasing Market size国内パブリッククラウド市場、2016年には3412億円規模 (IDC Japan)
  19. 19. Various Cloud environment (Movable Type Advancedで正式対応)
  20. 20. Merit of Cloud computing• クラウドのメリットは – スピーディにサーバーの構築が可能 – サーバーのスケーラビリティ変更が容易 – アプリケーションサーバーとコンテンツサーバーの分離構成 – CDNへの可用性• ウェブソリューションを考える上で外せない技術
  21. 21. Cloud for small website• クラウドを利用したシステム構成 – 最初は小さなインスタンスでサーバー構築 – CMSサーバー、公開サーバー共にVMイメージで構築 (Amazon EC2,Windows Azure のクラウドサービスなど) VMサーバー AmazonEC2など
  22. 22. Cloud for mid-size website• サイト規模の拡大、アクセスの増加に合わせて、CMSサーバーと公開サーバーを分けて運用 – CMSサーバーをVMイメージで構築(Amazon EC2など) – 公開ページはコンテンツサーバーで構築 (AmazonS3やAzureストレージなど) VMサーバー AmazonEC2など Amazon S3など
  23. 23. Cloud for Large website• CMSサーバーの冗長化、公開サーバーをCDN化 – CMSサーバーはVMイメージ x n個で冗長構成(AmazonEC2など) – 公開ページはCDN利用(AmazonCloudFrontなど) DBサーバー CDNサーバー
  24. 24. Cloud + MT• スケーラビリティ、コストメリットにとむ• MTの静的html生成が最大限に効果を発揮 – CMSサーバーと公開サーバーを別管理可能• 様々なクラウドデザインパターンへの対応が容易
  25. 25. MT on AWS• http://www.slideshare.net/c95029/cdp-katayama• http://www.ustream.tv/recorded/20842545
  26. 26. Plugin• AmazonS3にMTからサイト公開 http://tec.toi-planning.net/mt/amazon/mt-amazons3/
  27. 27. Performance Improvement• カスタムフィールドのロジックを見直し – カスタムフィールド利用時の再構築時間が3倍高速化• 再構築時のSQL見直し – 再構築時間が120%高速化 (※上記いずれも参考値)
  28. 28. クラウドサービス「Movable Type EZ」
  29. 29. http://www.sixapart.jp/movabletype/ez/
  30. 30. Movable Type EZ とMovable Type クラウド版 ソフトウェア版 1サーバー5ユーザー版:63,000円ライセンスと料 月額9,975円、14,910円、 1サーバー無制限ユーザー版:金 19,950円の3プラン 126,000円 初年度は無料、2年目以降はサポート料金 月額料金の中に含みます 10,500円利用ユーザー数 無制限 無制限 (無制限ライセンス) インターネットにつながる WEBサーバーにMovable Typeの導入方法 パソコンがあればすぐに利 プログラムをインストールして利 用開始 用 バージョンアップ作業は運用管理 各ソリューションベンダーによる シックス・アパートが実施カスタマイズ性 SFTPでプラグイン追加可能 カスタマイズ性は高い
  31. 31. Movable Typeのリリースポリシー
  32. 32. 今後のリリースサイクル(例) 改修A 新機能B 5.2.1 改修C 5.2.2 リリース リリース 5.2.2 リリースhttp://blog.sixapart.jp/2012-10/release-cycle-movable-type.html
  33. 33. Showcasehttp://www.sixapart.jp/business/
  34. 34. Recommend Case
  35. 35. Recommend Case
  36. 36. Recommend Case

×