Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Road to Next MT - MTDDC Meetup TOKYO 2015 Keynote

4,145 views

Published on

The Keynote at MTDDC Meetup TOKYO 2015, the largest user gathering event of Movable Type in this year.

Published in: Internet
  • Be the first to comment

Road to Next MT - MTDDC Meetup TOKYO 2015 Keynote

  1. 1. Road to Next MT 2015.11.28 Six Apart CTO Daiji Hirata
  2. 2. MTDDC Meetup Movable Type のユーザーグループが 主催して開催されるイベント これまでに6回
  3. 3. MTコミュニティは全国に 東京なごや蝦夷福岡 東北長野広島関西 鹿児島新潟愛媛
  4. 4. 全国に300社のProNet
  5. 5. Six Apart について 2001年創業、2003年創立、まもなく創立12周年 【移動方法】 【表情バリエーション】 嬉しい:耳としっぽが揺れる 跳ねながら移動 びっくり:しっぽが小刻みに揺れる
  6. 6. 14年以上の歴史 ‒ 互換性を重視 MTML ‒ 簡単かつ強力なテンプレート言語 柔軟なアーカイブマッピング 拡張性の高いプラグイン機構 セキュリティ重視 静的ファイル出力をベースに動的生成にも対応 日本では事実上標準の CMS に成長
  7. 7. ソフトウェア版 クラウド版 Movable Type for AWS (AMI) Movable Type Advanced and Azure Deploy Kit 広がる MT Family
  8. 8. Movable Type Cloud IDCフロンティア, GMO Cloud のクラウド基盤上で Nginx + PSGI でチューニング、Data API キャッシュにも対応 監視、バックアップ(7世代) 付き サーバ配信機能を追加 リダイレクト、パスワード保護、IP制限も簡単に設定
  9. 9. Movable Type for AWS Amazon EC2 で直ぐに起動
 できる AMI Nginx + starman と 
 Apache httpd + starman yum update movabletype 
 で簡単アップデート Amazon Linux の最新版に追従 micro インスタンス向けは
 無料で提供中
  10. 10. Movable Type advanced エンタープライズ向け Movable Type LDAP 認証、SQL Server, Oracle DB に対応 Azure にも対応。Deploy Kit も用意 PowerCMS とセットでの利用も
  11. 11. 2015年2月に正式リリース 本格的に使えるサービス (Saas) CMS - Custom Field, フルカスタマイズテンプレート いろいろなテーマも提供。これからも増やしていきます。 フォーム機能も搭載
  12. 12. 2月から少しずつ、着実に進化 - お客様からのリクエストへの対応が迅速化 - Daily Deployment、ChatOps - 一年で Over 200 Deployments サーバの管理、大規模アクセスにも対応 - 完全な動的ページ生成
  13. 13. ChangeLog since beta launch Simple Productテーマを追加/MEDIAテーマを追加/メール投稿機能を追加/メインカテゴリ機能を追加/ZIP展開機能を追 加/ページ送り機能を追加/Sitemapの自動作成機能を追加/カテゴリ、フォルダのUI改善/Shopテーマを追加/テーマギャ ラリーを公開/ブログダッシュボードのUI改善/管理画面をタブレット端末に対応/メンバー管理機能を改善/独自ドメインリ ダイレクトを改善/テーマの再適用に対応/複数ファイルのアップロード機能を追加/画像の最大サイズの設定機能を追加/フォ ルダのインデックスページの設定機能を追加/アーカイブパスにカテゴリーを追加/画像アップロード機能のUI改善/フォーム 機能を追加/XML-RPC APIを追加/デザインテーマのインポート・エクスポート機能を追加/スマートフォンアプリを公開/ Material Blog テーマを追加/公開日時に現在日時を追加/MTEntriesとMTPagesの最大件数を100件に拡張/デザイン テーマのインポート・エクスポートをカスタムフィールドに対応/標準テーマのカスタムフィールド対応 /フォーム機能に項目 を追加/フォーム機能に必須フィールドの設定を追加/フォーム機能の送信完了画面の文言カスタマイズ機能を追加/フォーム のiframeの表示の自動調整機能を追加/マルチブログの指定に識別子を追加/MTIncludeBlockタグを追加/テーマのmetaに edgeを追加/記事はウェブページのプレビュー時間を30分に延長/フォーム機能に確認画面を追加/アーカイブタイプに投稿 者を追加/MTAuthorsタグに need_entry モディファイアを追加/MTArchiveLink の archive_type に Author を追加 /フォームのデザインを改善/フォーム機能にカスタムCSS機能を追加/記事のアーカイブパスの種類を追加/Rimoテーマを追 加/MEDIAテーマに投稿者アーカイブを追加
  14. 14. 一ヶ月無料のライセンスコード ブースで配布しています
  15. 15. 共通のMTML 共通のルックアンドフィール 様々な付加価値 - サーバ管理、サービス化、エンタープライズ MT Family
  16. 16. Movable Type 6 • Rest/JSON な Data API を装備 • ほぼすべての Object の操作(6.1)、Search なども装備 • 管理画面にもウェブサイト側にも使える • 便利なマルチアップロード、画像編集機能 (6.2) • テンプレートエンジンのチューニングで高速化
  17. 17. Movable Type 直近のアップデート • 11月26日(おととい)に 6.2.2 をリリース • クラウド版では自動アップデート • Movable Type for iOS をリリース • Data API 使っていてサクサク • Data API Swift Library も MIT ライセンスで公開
  18. 18. Next MT?
  19. 19. MT の今後 = CMS の未来 • あらゆるウェブサイトに CMS が浸透していく • 最近だとオウンドメディアなどにも利用が拡大 • いろいろなサービス、ツールと組み合わされる • EC、ソーシャルメディア、MA • ステークホルダーの変化 • マーケティング、セールスのためのウェブサイト • 予算の出所もかわり、クラウド化がすすむ
  20. 20. これからの CMS に必要なこと マルチデバイス ー PC、スマホ、アプリ、その先? コンテンツ単位の管理 > ページ単位での管理 作っておわり、ではなく「継続して運用」するのが大切 セキュリティは必須要件
  21. 21. マルチデバイス PCに (かつてはケータイサイト) スマホサイト アプリも必要 時計? どうしましょう タブレットも!? それぞれ別のページを作る? Data API は一つの答え。
  22. 22. ページ単位からコンテンツ単位へ • ページはいろいろなコンテンツの組み合わせでできている。 • 本来のパーマリンク(個別ページ)はシンプルだった • ひとつのコンテンツはさまざまなページで利用される • いろいろなデバイスといってもいい。 • マルチデバイス対応にも必須の機能 • UI を大きく見直す必要。プラグインの Data API 化をぜひ
  23. 23. 作っておわり、から運用へ • ユーザの動きが検索中心から多様化 • 継続的なユーザとの関わりがより重要に • サーチエンジンが新しいページの価値を高く評価するようになった • 更新を続けて、継続的に価値を高める努力が必要になった • チームでの利用も増える • 運用のしやすさ、スマホ対応(管理側)も必須
  24. 24. セキュリティの重要性が増大 • 放置して乗っ取られるサイトが増えている (要出典?) • のっとり、悪質なマルウェアの配布 • 標的型攻撃の踏み台 • MT は隠しやすい = 攻撃をより困難にする • 安全なウェブサイトの作り方
  25. 25. シックス・アパートのセキュリティへの取り組み • IPA と協同で注意喚起 • 旧バージョンのアップデート推進 • MT クラウドへの引越しキャンペーン • MT.net や MTクラウドでは、Six Apart が監視、運用 • 当社とみなさんとの「分業」 • Six Apart は MT を安全に保ち続けます。
  26. 26. MT はどこに向かっていくのか? マルチデバイス化、Data API、新しいUX、クラウド対応 - 長谷川氏をデザイン戦略の顧問に招聘して鋭意制作中
  27. 27. Enjoy Today, Enjoy MTDDC Meetup!

×