2010.11.25 LT Doc fluxflex on Startup Dating

1,343 views

Published on

Published in: Technology, Business
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
1,343
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
2
Actions
Shares
0
Downloads
6
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

2010.11.25 LT Doc fluxflex on Startup Dating

  1. 1. fluxflex, inc. Hiro Fukami @d_sea #startupdating 2010.11.25
  2. 2. fluxflexとは? (キーワードは「自動化」) • ユーザ共有ウェブホスティングサービスService • 個人のウェブサービス開発者 • インフラエンジニアのいないウェブサービス開発のスタートアッ プ/中小企業 Target • 自動化されたホスティングの共有によって、サーバー関連で 消費する時間/手間/コストを削減するSolution • 数クリックで利用可能、サーバー準備や設定が不要 • 開発中に、リアルタイムで自動的にテスト環境へ反映 • 数百台まで自動的にスケールする本番運用環境 Originality
  3. 3. Non-install 開発環境 セキュアチェック 自動デプロイ ワンクリック 本番デプロイ Auto Scaling Monitoring 従量課金 リミット設定 開発のサイクルとアプローチ Pay (支払って) Develop (作って) Deploy (置いて) Manage (運営して)
  4. 4. Develop (作って) Deploy (置いて) Manage (運営して) Pay (支払って) • 開発環境はどうやって用意すればいいの? • 開発中にきちんと動作するか確認するには? • ソースコードの管理はどうするの? • 本番環境への反映を効率的にしたい • 手元のファイルを編集するだけで、リモートのテ スト環境のデータも自動更新 • テストサーバーでリアルタイムにチェック • Gitによるバージョン管理に対応 • テスト環境へ自動反映 • 本番環境へ1クリック(1コマンド)で複数サーバー へ同期 Development/Deploy
  5. 5. Develop (作って) Deploy (置いて) Manage (運営して) Pay (支払って) Management/Payment Time 予測 実際 従来の拡張方法 リアルタイム オートスケーリング ユーザのトラフィックを 失っている部分 無駄なコスト(過剰投資)が 生じている部分
  6. 6. Technology • Amazon Web Service  EC2  S3  SQS  SimpleDB  EBS/Snapshot  Elastic Load Balancing  CloudWatch  Auto Scaling  MapReduce  FPS • Open Source  Apache  nginx  mysql-proxy  MySQL  PowerDNS  git  etc.
  7. 7. fluxflexの今 • 限定ユーザに触ってもらっています • トライアルユーザ募集中!  興味ある人、是非声かけてね @fluxflex_jp • TechCrunch Japanにのったよ
  8. 8. http://www.fluxflex.com/

×