• Like
iTamabi13 第1回: イントロダクション・開発環境の準備
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

iTamabi13 第1回: イントロダクション・開発環境の準備

  • 705 views
Uploaded on

 

  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Be the first to comment
No Downloads

Views

Total Views
705
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
3

Actions

Shares
Downloads
6
Comments
0
Likes
3

Embeds 0

No embeds

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
    No notes for slide

Transcript

  • 1. iTamabi 13   第1回: イントロダクション・開発環境の準備 2013年9月9日 多摩美術大学PBL科目 担当: 田所 淳
  • 2. イントロダクション
  • 3. イントロダクション ‣ iTamabiではiPhone/iPadのアプリケーション開発を行います!! ‣ 今年で4期目
  • 4. イントロダクション ‣ tamabi.tvで、これまで開発したiPhone/iPadアプリ公開
  • 5. イントロダクション ‣ 今期も昨年に引き続き、ARTSATプロジェクトと連動 ‣ 衛星アプリの開発を目指します!
  • 6. 去年開発したARTSATアプリのデモ ‣ 去年、このPBL科目で開発されたアプリをみてみましょう!
  • 7. イントロダクション ‣ 開発に必要なもの ‣ ケース 1 - 1:この教室(206教室)のMacbook Proで開発 ‣ 実機には書きださない場合 ‣ 特に必要なものはありません ‣ ケース 1 - 2:実機に書き出したい(iPhone/iPad/iPod Touch) ‣ 書き出しをしたい実機のIDを登録 ‣ 登録方法は今後の授業で、解説します
  • 8. イントロダクション ‣ 開発に必要なもの ‣ ケース 2:自分のマシンで開発したい ‣ 10.7(Lion)以降がインストールされたマシンが必要 ‣ Apple Developer Programに個別に登録 ‣ 開発環境(Xcode + iOS SDK)のインストール ‣ 開発チーム(iOS Developer University Program)に加入 ‣ 各種証明書、プロビジョニングファイルの設定 ‣ 具体的な手続は、今後の授業で解説します
  • 9. 開発のための準備
  • 10. 今日やること ‣ まずは、開発のための準備の第一歩 ‣ 統合開発環境 (Xcode) ‣ 開発フレームワーク (openFrameworks) ‣ 以上2つをインストールします
  • 11. 開発環境の準備 ‣ iPhone開発に必要なもの ‣ XCode - 開発統合環境 ‣ openFrameworks for iPhone ‣ ARTSAT API (詳細は後述) ‣ 大学のMacには既にインストールしてあります +
  • 12. 開発環境の準備 ‣ XCodeをを入手するには → App Store.app を利用する ‣ App Storeで「Xcode」で検索
  • 13. 開発環境の準備 ‣ XCodeのバージョン ‣ OSX 10.7 Lion、 10.8 Mountain Lion → XCode 4.x ‣ 2013年9月現在の最新版は、4.6.3 ‣ OSX 10.6以下の方はOSのバージョンアップをお薦めします
  • 14. openFrameworksのインストール ‣ 自分のマシンで開発したい方 ‣ http://openFrameworks.cc/ を開く ‣ downloadメニューで、0.8.0 - iOS バージョンをダウンロード
  • 15. まずはSimulatorで実行してみる!! ‣ 例:advancedGraphics
  • 16. まずはSimulatorで実行してみる!! ‣ 「/apps/iPhoneExamples/」以下にあるフォルダ内のXCodeの プロジェクトファイル「.xcodeproj」を開く ‣ プロジェクトファイルを開くと、自動的にXcodeが起動 ‣ ツールバーの「ビルドして進行」を押す ‣ プログラムがコンパイルされ、エラーが無ければそのままサン プルが実行される
  • 17. いろいろなサンプルを実行してみる ‣ appsフォルダ内には、たくさんのサンプルあり ‣ いろいろ起動してどんなことが可能なのか実感してみましょう
  • 18. 今後の作業 ‣ 登録した実機デバイスを書き出すための設定 ‣ かなり複雑 → 次週じっくりやっていきたい Mac OSX XCode キーチェーンアクセス iOS Dev Center 証明書を要求 証明書を登録 CSR 証明書 デバイスID (UDID) XCode プロジェクト Certificate Provisioning Provisioningファイル 開発者の登録 App ID アプリIDの作成 プロビジョニング ファイルの生成 Device ID デバイスの登録 iPhone iPad iPod touch 開発者の証明 プログラム開発と書出