GitHubで雑誌・書籍を作る
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

GitHubで雑誌・書籍を作る

on

  • 32,669 views

 

Statistics

Views

Total Views
32,669
Views on SlideShare
26,240
Embed Views
6,429

Actions

Likes
128
Downloads
84
Comments
0

18 Embeds 6,429

http://gihyo.jp 3138
https://twitter.com 1098
http://forza.cocolog-nifty.com 988
http://n-sega.hatenablog.com 616
http://tboffice.hatenablog.jp 254
http://app.m-cocolog.jp 106
https://gitter.im 88
http://andbrowser.com 49
http://s.deeeki.com 35
http://gsbina.com 20
http://tweetedtimes.com 16
http://b.hatena.ne.jp 7
http://49.212.34.189 6
http://t.co 3
https://www.chatwork.com 2
https://kcw.kddi.ne.jp 1
http://translate.googleusercontent.com 1
http://slideshare-download.seesaa.net 1
More...

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

GitHubで雑誌・書籍を作る GitHubで雑誌・書籍を作る Presentation Transcript

  • GitHubで
 雑誌・書籍を作る 稲尾尚徳 WEB+DB PRESS編集部(技術評論社) 2014/06/01 GitHub Kaigi
  • どんな雑誌・書籍を 作っているか
  • WEB+DB PRESS • 初公開! 6月24日発売 • 明日入稿だけどたぶん
 この表紙で確定 • @naoyaさんのGitHubの記事 もあります
  • WEB+DB PRESS plus • 現在40冊 • @hirocasterさんのGitHubの本もあります
  • どんな人と
 作っているか
  • 執筆陣は一流のエンジニア @naoyaさん :雑誌、書籍( 3冊!)、ムック @hirocasterさん:雑誌、書籍、ムック @amatsudaさん :雑誌、ムック @miyagawaさん :雑誌( Vol.2から!)、ムック @kenchanさん :雑誌、ムック @yandodさん :雑誌、書籍( 2冊!) ! ※本日の登壇者・運営チームより(登場順。漏れがあったらすみません) ※会場にはもっとたくさん!
  • どのように 作っているか
  • 使っているツール • GitHubで原稿管理とやりとり • md2inaoで原稿テキストの変換 • Adobe InDesignで紙面レイアウト
  • md2inaoとは何か • Markdownで書かれたテキストを、
 WEB+DB PRESS/WEB+DB PRESS plus用の InDesignテキストに変換するツール • ソースコードの文字数チェック機能なども備えて いる
  • md2inaoの
 簡単な歴史 詳細はこちら https://gist.github.com/inao/baea09bc6fc53551886b
  • md2inao以前(∼2010年) プログラミング雑誌の原稿中でもぜったいに登場しない
 全角を駆使した編集記号での執筆をお願いしていた。 • ■大見出し • ◆b/◆太字◆/b◆ • ◆i/◆イタリック◆/i◆ • ◆ルビ/◆技評◆ぎひょう◆/ルビ◆ この編集記号からInDesignテキストに変換するプログラム を、別途編集部で持っていた。
 https://github.com/inao/idtagreplacer
  • markdown2inao.plの誕生 (2010年) 「そんなわけのわからない記法で書けるか!」
 ってことで、@typesterさんが自身の執筆用に Markdownから編集記号に変換するスクリプトを 作り、Gistでも公開してくださった。
  • markdown2inao.plの成長 (2010∼2012年) その後、@hsbtさん、@hokacchaさん、
 @suzukiさん、@syohexさんといった方が、
 Gist上で少しずつ、そして時には大きく改善してく ださった。
  • markdown2inao.plから md2inaoへ(2013年) 昨年春、@naoyaさんが連載スタートを機に
 GistからGitHubに移行し、名前もmd2inaoにあら ため、マニュアル、テスト、Travis CI、Web版な どもそろえてくださった。 md2inao.plができるまで - Togetterまとめ http://togetter.com/li/465621
  • もはやinaoではない 現在のmd2inaoは、InDesignテキストに変換する 機能も備えたため、編集もMarkdownで行い、 MarkdownからInDesignテキストに直接変換して います。 ですので実態としては、もはやmd2inaoではなく md2indesignです。
  • md2inaoの近況 2013年春の@naoyaさんの怒涛の更新ラッシュが 去ったあと、しばらく沈黙が続いていましたが、 ここ最近、@gfxさんの特集の執筆を機に、@gfx さんによるCPAN化、@naoyaさんによるHeroku への自動デプロイ機能など、再び進化しました。
  • md2inaoの今後、あるいは
 おんぶにだっこな開発の未来 @gfxさんの記事も明日印刷所に入稿しちゃうの で、再びの沈黙も予想されています。 なお、現在Issueは14個ほど挙がっています。 https://github.com/naoya/md2inao/issues?state=open
  • InDesignテキストとは 何か
  • 正確には
 InDesignタグ付きテキスト • 文字周りのスタイルをひと通り設定できる • 画像周りは取り扱えない • Re:VIEWなどが対応しているInDesignのXML だと、画像なども扱える • ただXML版でも、2段組のWEB+DB PRESS のレイアウトまでを行うのは難しそうとのこと
  • md2inaoで変換したこんな感じの テキストをInDesignに取り込むと <ParaStyle:大見出し>GitHub <ParaStyle:本文> GitHubはもはやお馴染みですね。GitHub はGitのリモートリポジトリとして利用できるWebサービスで、 ほかのユーザに向けてソースコードを共有・公開できます。ほ かの開発者とのコミュニケーションにもよく利用されることか ら、「プログラマのためのソーシャルネットワーク」と呼ばれ ることもあります(<CharStyle:太字>図1<CharStyle:>)。 ── 伊藤直也著「Emerging Web Technology研究室」第8回「GitHubを使った Pull Requestベース開発プロセス」『WEB+DB PRESS Vol.81』、技術評論社、 2014年、p.144
  • こんな簡易PDFができます ※前述した@naoyaさんの 原稿をサンプル用に切り 貼りしたため、文章はつ ながっていません
  • GitHubをどのように 使っているのか 詳細はこちら http://d.hatena.ne.jp/naoya/20140127/1390815492
  • ブランチモデル • 作業者が、WIP(Work In Progress)な
 Pull Requestを送る • 執筆時は、著者さんがWIP Pull Requestを出す • 編集時は、編集者がWIP Pull Requestを出す • これを繰り返していくことで完成させる • 複数人での執筆、複数章に分かれた執筆、同時進 行の作業などの場合は、Pull Requestからさらな るPull Requestを派生させることもある
  • たとえばこんなPull Request
  • コミット • コミット数は、特集でだいたい500くらい • 基本的な校正時には見出し単位でコミット • <見出し名>を校正した • 意図を伝えたい変更は、ピンポイントでコミット • ○○と重複しているので削除した • 話題が変わったので段落分けを行った • SourceTreeだと、hunkより細かい行単位で選択 したコミットがやりやすい • revertする/される可能性がある変更も、その変更のみ でコミット
  • フィードバック方法 • Pull Requestの確認時に気がついたものは、 GitHub上でコメント • テキスト上での校正時に気がついたものは、
 テキスト中に直接書き込み • ★○○などの★ライブラリがあります。 • ★なぜ、☓☓なのかがちょっとわかりませんで した★ • これらのコメントは簡易PDFでは赤字になる
  • これくらいの活用状況
  • プライベートリポジトリなので みなさんから見るとこんな感じ
  • GitHubで何が変わったか • 進 状況が見える化された • 従来はアウトライン、草稿、完成原稿の3回くらい • Issue/Pull Requestによりメールを使わなくなった • 特集だと100を超えるメールをやりとりしていた • コミットメッセージで変更意図を伝えやすくなった • メールあるいは原稿テキスト中に書く必要があっ たので、従来は大きなものしか伝えなかった • 思い切った変更の提案が行いやすくなった • Pull Requestの破棄やrevertがあるので
  • どれくらいGit/GitHub を使いこなしているか
  • ごく基本的なことしか
 できません • そのときどきで、著者さんに教えていただきなが ら習得していっています • 著者さんの寛容さに助けられています • 使い方が適当でも許してくださる • 使い方がわからないときは教えてくださる
  • Git/GitHubの習得 • Gitの学習(2009年) • GitメンテナのJunio C Hamanoさんに
 「はじめてのGit」を書いていただいて (「開発ツール徹底攻略」にアップデート版を収録) • Gitの実戦投入(2009年) • @tyanoさん、@yoshioriさんの特集原稿で • GitHubの実戦投入(2013年) • @amatsudaさん、@idesakuさんの特集原稿、
 @naoyaさんの連載原稿で • Joined on Nov 19, 2008でした
  • プライベートリポジトリをforkしてPull Request がきたけど、fork先のプライベートリポジトリ にはアクセス権がないのでcheckoutできない
  • 急にmasterが pullできなくなった
  • まとめとして
 背景にある経験・考え
  • 雑誌・書籍作りは、ソフトウェア 開発に近づけたほうがうまくいく • 著者さんの普段のワークフローに近いから? • 雑誌や書籍もソフトウェアだから?
  • おんぶにだっこされながらも できるだけ取り入れたい • GitHubによる常時共有、バージョン/課題管理 • Markdownという書き慣れた記法による執筆 • HTMLや簡易PDFの作成による常時結合 • 簡易PDFは常時ではないですけど>< • レビューによるフィードバック
  • 編集者はゼロを1にはできないけど、1を2にする お手伝いはできるかもなので(とゆうかそれがお 仕事なので)、著者さんが一人で苦闘しないよう、 こまめな成果物やフィードバックを。
  • ご注意事項
  • GitHubのプライベートリポジトリ はご用意いただく必要があります • 現時点で当社でご用意できるのは、試験運用中 のGitLabのみ(バックアップなし) • 1媒体1リポジトリとすると、当社全体だと年間 約400のプライベートリポジトリが必要 • 増刷や改定もあるので、1年だけ維持すれば良 いわけではない • 実際には雑誌は1記事1リポジトリほしいので、 僕一人でも年間50リポジトリ程度必要
  • ご参考:Vol.81での勢力図
  • あくまで私の場合のお話です • 今回の発表内容はあくまで僕の場合のお話です • WEB+DB PRESS編集部の人は
 だいたい同じようなやり方でいけます
  • 最後に
  • ハブでありたい GitHubさんにはとうてい及びませんが、
 WEB+DB PRESSはエンジニアの方々の
 ハブの一つでありたいと願っています。 読者の方同士、著者さん同士、読者の方と著者さん、 さまざまなプログラミング言語や技術、
 誌面を通して、これらをつなぐハブになりたいです。 そのためには、、、
  • 書いてください or 読んでください
  • ご静聴ありがとう
 ございました