Play ja 3_update

3,571 views
3,481 views

Published on

0 Comments
3 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
3,571
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1,217
Actions
Shares
0
Downloads
13
Comments
0
Likes
3
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Play ja 3_update

  1. 1. Play! Framework Update 2012/07/14 第 3 回 Playframework 勉強会 池田尚史 @ikeike443
  2. 2. 自己紹介• 池田尚史(いけだたかふみ)• 株式会社シャノン Product Manager• @ikeike443• Play! Framework コミッター• 日本 Playframework ユーザー会• 『 Jenkins 』オライリージャパン 寄稿• 勉強会、翻訳等々やってます
  3. 3. Agenda• Play って何?(おさらい)• 数字で見る Playframework• 1.x の現状• 2.x の現状
  4. 4. Playframework って何?• Java/Scala 用 Web フレームワーク• フランスの Zenexity 社が開発• 現在は Typesafe 社の Typesafe Stack の一部でも ある• Rails ライク ● フルスタック ● CoC
  5. 5. Playframework って何?• Web 開発者の Web 開発者による Web 開発者の ための Web フレームワーク• 決して JEE のフレームワークではない• JEE の規約に則っていない• Servlet を使っていない• XML 不要
  6. 6. コアメンバー
  7. 7. Playframework の歴史
  8. 8. 2007 年頃 (ver0.x)• 社内フレームワークの時代• Servlet / JSP
  9. 9. 2009 年末〜 2010 年頃 (ver1.0)• OSS 化• Groovy テンプレート , Python シェル• この頃から既に非同期 I/O を実装
  10. 10. 2011 年頃 (ver1.2)• ネットワーク周りを Mina から Netty へ• Websocket サポート• Scala サポート
  11. 11. 現在 (ver2.0.2)• 全体を Scala で書き直し• Netty+Akka で非同期 I/O の徹底• 基本的な思想は 1 系と同じ
  12. 12. Play1 と Play2• Play1 Java で書かれた Java のフレームワーク Scala はプラグインでサポート• Play2 Scala で書かれた Scala/Java のフレームワーク
  13. 13. Play1 と Play2• 基本的な設計思想は同じ• 完成度を取るなら Play1• 未来への成長を取るなら Play2
  14. 14. Play1 と Play2• Play1 が好きな人から見ると、 2 はデグレード したように見えており、少しもめていた• Play1 は今後もサポートされることを発表し、 メンテナーを増員した(それが私)• Play1 が好きな方も安心してください
  15. 15. Play1 → 2 利点• バイトコード操作との決別 ● Javassist : あらゆる箇所で ● Javaflow : Continuation の実装で• 上記を Scala + Akka で置き換えられる• 特に Javaflow は 2008 年でメンテナンス止まっ ている
  16. 16. 数字で見る Playframework
  17. 17. ML 登録メンバー数 6300 人超 • 2 年半で 15 倍以上の伸び
  18. 18. 1.x と 2.x の比較 1.x 2.xAge (years)Age (years) 2.5 0.5Pull RequestsPull Requests(Open)(Open) 49 15Pull RequestsPull Requests(Close)(Close) 473 363ForkFork 409 427WatchWatch 1308 1995ModulesModules 135 27
  19. 19. • やはり世間の注目は 2.x に集まっていると言っ ていい状況• 同時期の 1.x に比べ 2.x の開発はかなり活発• 特に Pull Request の消化数は驚異的• モジュールの数も時期を考えれば少なくない
  20. 20. 1.x と 2.x の現状
  21. 21. 1.x の現状• 1.2.5 リリース• 1.2.4 から実に半年かかった• 正式にメンテナンスモードへ移行• 次リリース( 1.3 )でおそらく終了• メンテナ ● Nicolas, Peter Hilton, Morten, Takafumi
  22. 22. 1.3• Hibernate4 対応( JDK5 サポート切り捨て)• DocViewer の i18n• 上記と細かい Bug fix のみ• 例えばマルチ DB 対応などは入らない可能性が 極めて高い
  23. 23. • i18n of docviewer のデモ
  24. 24. 2.x の現状• 2012/07/08 現在、 2.0.2 リリース• ドキュメント未整備(みなさん Wiki を編集し てください)• モジュールリポジトリなし(開発中)• モジュール志向なのにモジュールの作り方分か りづらい?
  25. 25. 2.1 ロードマップ• Scala2.10, sbt0.12 対応• Play 独自 Promise を Scala 標準 Promise(SIP-14) へ変更• スレッドプール設定の簡略化• Scala JSON API の改善• コンパイルスピードの改善• 等々
  26. 26. 2.x への要望• なにかあればぜひ!• Play は OSS です。みなさんの貢献が頼りで す。• 何か要望があれば本日まとめて伺って、ユー ザーグループの意見としてコアメンバーに共有 します。• もちろん基本はコードを読んで Pull Request ま たは本家 ML へ直接問題提起
  27. 27. ありそうな要望• ロードマップを出してほしい → 出た• ドキュメントを整備してほしい• リリースノート書いてほしい
  28. 28. 注目すべき記事• Sadek が最近立て続けにブログ書いてる• Play と RealTime WebApp ● http://sadache.tumblr.com/post/26784721867/is-socket-pu• Play の Http API ● http://sadache.tumblr.com/post/26258782102/bitsbou t-play2-architecture
  29. 29. 日本 Playframework ユーザー会• https://groups.google.com/forum/?fromgroups#!forum/play_ja
  30. 30. 日本 Playframework ユーザー会• 不定期に勉強会をやってます• 将来的にはコアメンバーたちを日本に呼ぶこと も構想しています!!• その実現のためには、みなさんのご協力が!!
  31. 31. 日本 Playframework ユーザー会• ドキュメントの翻訳も行っています!• 現在は 2.x の翻訳を進めています。• 興味のある方はぜひ ML でお知らせください。
  32. 32. というわけでPlay 勉強会、始まるよ!

×