SlideShare a Scribd company logo
Closure CompilerのES6対応 
あるいは 
ES6時代のAltJS生存戦略 
@teppeis 
ES6 Casual 2014/10/29
Hello! 
• @teppeis 
• cybozu kintone 
• Closure Compiler, TypeScript, Testing, Scaling..
Closure Compiler
Closure Compiler 
• compile JS to better JS 
• 超圧縮&最適化 
• JSDocベースの静的型付け
あなたも毎日使ってます!
JSDocベースの静的型付け
JSDocベースの静的型付け 
• 冗長だけど、既存のJSとの親和性がバツグン 
• JavaScriptの進化に追随できる(後述) 
• コンパイルなしでも実行可能 
• どうせJSDoc書くし。 
まさか、ドキュメント書かない気ですか?
5月にGitHub化
活発に開発中
最近何やってんの? 
• ECMAScript6対応 
• 型推論の強化 
• RefasterJS(自動リファクタリング) 
• Conformance(規約チェック)
ECMAScript 6
Compile ES6 to ES3 
java -jar compiler.jar  
--language_in ECMASCRIPT6  
--language_out ECMASCRIPT3  
--js foo.js
Arrow Function
Class
Enhanced object literals
Default, rest, spread params
and already supported ! 
• const/let 
• Generator 
• Destructuring 
• String templates 
• Binary & octal literal 
• …
実装中の大物 
• Modules 
• super (Class)
ES6 compatibility table 
各種ブラウザとコンパイラのES6対応表 
http://kangax.github.io/compat-table/es6/
対応状況のチェックを自動化 
• かなりの書きなぐりコード 
• 6to5とかも対応しようと思ったけど面 (ry
Why doesn’t 
Closure use Traceur?
Tracuerを使わなかった理由 
• Tracuerは変換結果にコメントを残せない 
• Closure CompilerではJSDocが肝 
• パフォーマンス問題 
• TraceurはJS実装、ClosureはJava実装 
• ASTとソースの変換が2回
コンパイルのコスト 
• Traceur + Closure 
• ES6 > Traceur AST > ES5 > Closure AST > Optimized ES5 
• Closure only 
• ES6 > Closure AST (ES6 > ES5) > Optimized ES5
nodeconf.eu 2014 
http://yosuke-furukawa.hatenablog.com/entry/2014/09/10/191140
ちょw
Tracuerの微妙なところ 
• 自前で実装する基準がよくわからない 
• String.prototype.startsWith とか 
• そのおかげでランタイムがめちゃでかい。 
• コンパイル不要な機能は 
es6shimに任せれば良いのでは?
ES6 vs. AltJS
AltJS黎明期 
• 各種AltJSがオレオレ最強Syntaxを実装 
• そのうち有用なものをES6/7が取り込む 
• ES6だけでも十分モダンなsyntaxに 
• 各ブラウザとコンパイラがES6対応開始 
• いまここ
AltJSの選定基準 
• そのコンテキストにおけるJSの不満を解決 
• 主目的はそれぞれ 
• 学習コスト、開発者の確保 
• ECMAScriptベースだと楽じゃない? 
• AltJSからの出口戦略(プロダクトとAltJSどっちが長生き?) 
• 開発の継続性 
• コミュニティが活発 
• 強力な後ろだて(政治) 
• 移行コスト 
• 元コードがキレイ or 生成コードがキレイ(標準に近い)
ECMAScript準拠の強み 
• Closure Compilerは基本文法はJSそのまま 
• JS (ECMAScript) が進化すれば、 
Closure Compilerも合わせて進化できる 
• 独自syntaxのAltJSではそうもいかない 
• 進化しないと、機能落ち、 
類似だけど微妙に違う仕様、などに陥る
ES6時代のAltJS 
• 欲張らないES6ベース + 独自色(主目的) 
• Closure(型、圧縮) 
• TypeScript(型) 
• AngularJS AtScript(型、アノテーション) 
• Facebook Flow(型、高速化?)
型ばっかりでゴメンw 
• でも Google, Microsoft, Facebook, 
ビッグネームが型付きJS始めたのは 
偶然じゃあない。 
• ECMAScript Types が提案に(次の発表で!) 
• 最強の出口戦略: 標準化 
• 来るか大統一型定義時代!
http://teppeis.hatenablog.com/entry/2014/10/facebook-flow-in-3-minutes
Thanks!

More Related Content

What's hot

Web socket and gRPC
Web socket and gRPCWeb socket and gRPC
Web socket and gRPC
TIS Inc
 
React.js + Reduxで作るSPA
React.js + Reduxで作るSPAReact.js + Reduxで作るSPA
React.js + Reduxで作るSPA
Shohei Saeki
 
Ansibleハンズオン勉強会
Ansibleハンズオン勉強会Ansibleハンズオン勉強会
Ansibleハンズオン勉強会
Takahisa Iwamoto
 
Presentation on your terminal
Presentation on your terminalPresentation on your terminal
Presentation on your terminal
Takuya ASADA
 
ECMAScript6による関数型プログラミング
ECMAScript6による関数型プログラミングECMAScript6による関数型プログラミング
ECMAScript6による関数型プログラミング
TanUkkii
 
About Reauire.js
About Reauire.jsAbout Reauire.js
About Reauire.js
Kyohei Morimoto
 
Containerで変わるDevOps
Containerで変わるDevOpsContainerで変わるDevOps
Containerで変わるDevOps
shokiri
 
OSC 2011 KeySnail
OSC 2011 KeySnailOSC 2011 KeySnail
OSC 2011 KeySnail
Masafumi Oyamada
 
LocalStack
LocalStackLocalStack
LocalStack
chibochibo
 
webアプリケーションフレームワークの話
webアプリケーションフレームワークの話webアプリケーションフレームワークの話
webアプリケーションフレームワークの話
Yoshihiro Ura
 
Reactとbabelで簡易タスク管理ツール作ってみた
Reactとbabelで簡易タスク管理ツール作ってみたReactとbabelで簡易タスク管理ツール作ってみた
Reactとbabelで簡易タスク管理ツール作ってみた
Tsuyoshi Maeda
 
うわ…私のEmacs力、低すぎ...?
うわ…私のEmacs力、低すぎ...?うわ…私のEmacs力、低すぎ...?
うわ…私のEmacs力、低すぎ...?Masahiro Sano
 
Babelで先取り次世代javascript
Babelで先取り次世代javascriptBabelで先取り次世代javascript
Babelで先取り次世代javascript
Tsuyoshi Maeda
 
LT#7 Hello coffeeしてきた
LT#7 Hello coffeeしてきたLT#7 Hello coffeeしてきた
LT#7 Hello coffeeしてきた
Shingo Inoue
 
Yesodを支える技術
Yesodを支える技術Yesodを支える技術
Yesodを支える技術
Hiromi Ishii
 
Yesod勉強会
Yesod勉強会Yesod勉強会
Yesod勉強会
Hideyuki Tanaka
 
高トラフィックサイトをRailsで構築するためのTips基礎編
高トラフィックサイトをRailsで構築するためのTips基礎編高トラフィックサイトをRailsで構築するためのTips基礎編
高トラフィックサイトをRailsで構築するためのTips基礎編
Kazuya Numata
 
仮想マシンを使った開発環境の簡単共有方法
仮想マシンを使った開発環境の簡単共有方法 仮想マシンを使った開発環境の簡単共有方法
仮想マシンを使った開発環境の簡単共有方法
Hideo Takahashi
 
200k/sec
200k/sec200k/sec
200k/sec
Sugawara Genki
 

What's hot (20)

Web socket and gRPC
Web socket and gRPCWeb socket and gRPC
Web socket and gRPC
 
React.js + Reduxで作るSPA
React.js + Reduxで作るSPAReact.js + Reduxで作るSPA
React.js + Reduxで作るSPA
 
Ansibleハンズオン勉強会
Ansibleハンズオン勉強会Ansibleハンズオン勉強会
Ansibleハンズオン勉強会
 
Presentation on your terminal
Presentation on your terminalPresentation on your terminal
Presentation on your terminal
 
ECMAScript6による関数型プログラミング
ECMAScript6による関数型プログラミングECMAScript6による関数型プログラミング
ECMAScript6による関数型プログラミング
 
About Reauire.js
About Reauire.jsAbout Reauire.js
About Reauire.js
 
Containerで変わるDevOps
Containerで変わるDevOpsContainerで変わるDevOps
Containerで変わるDevOps
 
OSC 2011 KeySnail
OSC 2011 KeySnailOSC 2011 KeySnail
OSC 2011 KeySnail
 
LocalStack
LocalStackLocalStack
LocalStack
 
webアプリケーションフレームワークの話
webアプリケーションフレームワークの話webアプリケーションフレームワークの話
webアプリケーションフレームワークの話
 
Reactとbabelで簡易タスク管理ツール作ってみた
Reactとbabelで簡易タスク管理ツール作ってみたReactとbabelで簡易タスク管理ツール作ってみた
Reactとbabelで簡易タスク管理ツール作ってみた
 
うわ…私のEmacs力、低すぎ...?
うわ…私のEmacs力、低すぎ...?うわ…私のEmacs力、低すぎ...?
うわ…私のEmacs力、低すぎ...?
 
Babelで先取り次世代javascript
Babelで先取り次世代javascriptBabelで先取り次世代javascript
Babelで先取り次世代javascript
 
LT#7 Hello coffeeしてきた
LT#7 Hello coffeeしてきたLT#7 Hello coffeeしてきた
LT#7 Hello coffeeしてきた
 
Ppl
PplPpl
Ppl
 
Yesodを支える技術
Yesodを支える技術Yesodを支える技術
Yesodを支える技術
 
Yesod勉強会
Yesod勉強会Yesod勉強会
Yesod勉強会
 
高トラフィックサイトをRailsで構築するためのTips基礎編
高トラフィックサイトをRailsで構築するためのTips基礎編高トラフィックサイトをRailsで構築するためのTips基礎編
高トラフィックサイトをRailsで構築するためのTips基礎編
 
仮想マシンを使った開発環境の簡単共有方法
仮想マシンを使った開発環境の簡単共有方法 仮想マシンを使った開発環境の簡単共有方法
仮想マシンを使った開発環境の簡単共有方法
 
200k/sec
200k/sec200k/sec
200k/sec
 

Viewers also liked

React Canvasで作るFlappy Bird
React Canvasで作るFlappy BirdReact Canvasで作るFlappy Bird
React Canvasで作るFlappy Bird
Takuya Tejima
 
AngularとOnsen UIで作る最高のHTML5ハイブリッドアプリ
AngularとOnsen UIで作る最高のHTML5ハイブリッドアプリAngularとOnsen UIで作る最高のHTML5ハイブリッドアプリ
AngularとOnsen UIで作る最高のHTML5ハイブリッドアプリ
アシアル株式会社
 
Kotlinこんなん出ましたけど
Kotlinこんなん出ましたけどKotlinこんなん出ましたけど
Kotlinこんなん出ましたけど
yy yank
 
最新Web 通信系API総まくり!WebRTC, Streams, Push api etc.
最新Web 通信系API総まくり!WebRTC, Streams, Push api etc.最新Web 通信系API総まくり!WebRTC, Streams, Push api etc.
最新Web 通信系API総まくり!WebRTC, Streams, Push api etc.
Kensaku Komatsu
 
非ガチ勢「よし、Coffee script使おう!」
非ガチ勢「よし、Coffee script使おう!」非ガチ勢「よし、Coffee script使おう!」
非ガチ勢「よし、Coffee script使おう!」
Muyuu Fujita
 
9 anti-patterns for node.js teams
9 anti-patterns for node.js teams9 anti-patterns for node.js teams
9 anti-patterns for node.js teams
Jeff Harrell
 
Next Generation Web Application Architecture
Next Generation Web Application ArchitectureNext Generation Web Application Architecture
Next Generation Web Application Architecture
Koji SHIMADA
 
これからはじめるCoda2とSublime Text 2
これからはじめるCoda2とSublime Text 2これからはじめるCoda2とSublime Text 2
これからはじめるCoda2とSublime Text 2
masaaki komori
 
new Objctive-C literal syntax
new Objctive-C literal syntaxnew Objctive-C literal syntax
new Objctive-C literal syntax
Wataru Kimura
 
blogサービスの全文検索の話 - #groonga を囲む夕べ
blogサービスの全文検索の話 - #groonga を囲む夕べblogサービスの全文検索の話 - #groonga を囲む夕べ
blogサービスの全文検索の話 - #groonga を囲む夕べMasahiro Nagano
 
Rubyはとても「人間的」
Rubyはとても「人間的」Rubyはとても「人間的」
Rubyはとても「人間的」
Kazuhiro Serizawa
 
本格的に始めるzsh
本格的に始めるzsh本格的に始めるzsh
本格的に始めるzsh
Hideaki Miyake
 
Ruby1.9のfiberのかっこいい使い方
Ruby1.9のfiberのかっこいい使い方Ruby1.9のfiberのかっこいい使い方
Ruby1.9のfiberのかっこいい使い方Kindai University
 
いまさら聞けないDocker - 第5回コンテナ型仮想化の情報交換会@大阪
いまさら聞けないDocker - 第5回コンテナ型仮想化の情報交換会@大阪いまさら聞けないDocker - 第5回コンテナ型仮想化の情報交換会@大阪
いまさら聞けないDocker - 第5回コンテナ型仮想化の情報交換会@大阪
Kunihiro TANAKA
 
プログラマとして仕事をするために勉強すること
プログラマとして仕事をするために勉強することプログラマとして仕事をするために勉強すること
プログラマとして仕事をするために勉強すること
なおき きしだ
 
Project Lambdaの基礎
Project Lambdaの基礎Project Lambdaの基礎
Project Lambdaの基礎
Yuichi Sakuraba
 
DefinitelyTyped良いという話
DefinitelyTyped良いという話DefinitelyTyped良いという話
DefinitelyTyped良いという話gyoh_k
 
受託開発時におけるAWSクラウド活用術
受託開発時におけるAWSクラウド活用術受託開発時におけるAWSクラウド活用術
受託開発時におけるAWSクラウド活用術
Hiroshi Koyama
 
Code as data as code.
Code as data as code.Code as data as code.
Code as data as code.
Mike Fogus
 

Viewers also liked (20)

React Canvasで作るFlappy Bird
React Canvasで作るFlappy BirdReact Canvasで作るFlappy Bird
React Canvasで作るFlappy Bird
 
AngularとOnsen UIで作る最高のHTML5ハイブリッドアプリ
AngularとOnsen UIで作る最高のHTML5ハイブリッドアプリAngularとOnsen UIで作る最高のHTML5ハイブリッドアプリ
AngularとOnsen UIで作る最高のHTML5ハイブリッドアプリ
 
Kotlinこんなん出ましたけど
Kotlinこんなん出ましたけどKotlinこんなん出ましたけど
Kotlinこんなん出ましたけど
 
最新Web 通信系API総まくり!WebRTC, Streams, Push api etc.
最新Web 通信系API総まくり!WebRTC, Streams, Push api etc.最新Web 通信系API総まくり!WebRTC, Streams, Push api etc.
最新Web 通信系API総まくり!WebRTC, Streams, Push api etc.
 
非ガチ勢「よし、Coffee script使おう!」
非ガチ勢「よし、Coffee script使おう!」非ガチ勢「よし、Coffee script使おう!」
非ガチ勢「よし、Coffee script使おう!」
 
9 anti-patterns for node.js teams
9 anti-patterns for node.js teams9 anti-patterns for node.js teams
9 anti-patterns for node.js teams
 
Next Generation Web Application Architecture
Next Generation Web Application ArchitectureNext Generation Web Application Architecture
Next Generation Web Application Architecture
 
これからはじめるCoda2とSublime Text 2
これからはじめるCoda2とSublime Text 2これからはじめるCoda2とSublime Text 2
これからはじめるCoda2とSublime Text 2
 
Sinatraのススメ
SinatraのススメSinatraのススメ
Sinatraのススメ
 
new Objctive-C literal syntax
new Objctive-C literal syntaxnew Objctive-C literal syntax
new Objctive-C literal syntax
 
blogサービスの全文検索の話 - #groonga を囲む夕べ
blogサービスの全文検索の話 - #groonga を囲む夕べblogサービスの全文検索の話 - #groonga を囲む夕べ
blogサービスの全文検索の話 - #groonga を囲む夕べ
 
Rubyはとても「人間的」
Rubyはとても「人間的」Rubyはとても「人間的」
Rubyはとても「人間的」
 
本格的に始めるzsh
本格的に始めるzsh本格的に始めるzsh
本格的に始めるzsh
 
Ruby1.9のfiberのかっこいい使い方
Ruby1.9のfiberのかっこいい使い方Ruby1.9のfiberのかっこいい使い方
Ruby1.9のfiberのかっこいい使い方
 
いまさら聞けないDocker - 第5回コンテナ型仮想化の情報交換会@大阪
いまさら聞けないDocker - 第5回コンテナ型仮想化の情報交換会@大阪いまさら聞けないDocker - 第5回コンテナ型仮想化の情報交換会@大阪
いまさら聞けないDocker - 第5回コンテナ型仮想化の情報交換会@大阪
 
プログラマとして仕事をするために勉強すること
プログラマとして仕事をするために勉強することプログラマとして仕事をするために勉強すること
プログラマとして仕事をするために勉強すること
 
Project Lambdaの基礎
Project Lambdaの基礎Project Lambdaの基礎
Project Lambdaの基礎
 
DefinitelyTyped良いという話
DefinitelyTyped良いという話DefinitelyTyped良いという話
DefinitelyTyped良いという話
 
受託開発時におけるAWSクラウド活用術
受託開発時におけるAWSクラウド活用術受託開発時におけるAWSクラウド活用術
受託開発時におけるAWSクラウド活用術
 
Code as data as code.
Code as data as code.Code as data as code.
Code as data as code.
 

Similar to Closure CompilerのES6対応 あるいはES6時代のAltJS生存戦略

Startup JavaScript
Startup JavaScriptStartup JavaScript
Startup JavaScript
Akinari Tsugo
 
サーバサイドエンジニアが 1年間まじめにSPAやってみた
サーバサイドエンジニアが 1年間まじめにSPAやってみたサーバサイドエンジニアが 1年間まじめにSPAやってみた
サーバサイドエンジニアが 1年間まじめにSPAやってみた
Itaru Kitagawa
 
ES6,7で書ける JavaScript
ES6,7で書ける JavaScriptES6,7で書ける JavaScript
ES6,7で書ける JavaScript
Shin Sekaryo
 
Js frameworkの紹介
Js frameworkの紹介Js frameworkの紹介
Js frameworkの紹介
Ryo Shimada
 
今日から使って先取り ECMAScript6
今日から使って先取り ECMAScript6今日から使って先取り ECMAScript6
今日から使って先取り ECMAScript6
Ryo Ohe
 
ES6で始めるNode.js / Starting NodeJS Development with ES6
ES6で始めるNode.js / Starting NodeJS Development with ES6ES6で始めるNode.js / Starting NodeJS Development with ES6
ES6で始めるNode.js / Starting NodeJS Development with ES6
Taro Odashima
 
JBoss AS7 rev3
JBoss AS7 rev3JBoss AS7 rev3
JBoss AS7 rev3nekop
 
ASP.NETからASP.NET Coreに移行した話
ASP.NETからASP.NET Coreに移行した話ASP.NETからASP.NET Coreに移行した話
ASP.NETからASP.NET Coreに移行した話
Taiga Takahari
 
Aspnet mvc 6の今を紹介
Aspnet mvc 6の今を紹介Aspnet mvc 6の今を紹介
Aspnet mvc 6の今を紹介
Makoto Nishimura
 
dimSTATから見るベンチマーク
dimSTATから見るベンチマークdimSTATから見るベンチマーク
dimSTATから見るベンチマーク
hiroi10
 
おっさんES6/ES2015,React.jsを学ぶ
おっさんES6/ES2015,React.jsを学ぶおっさんES6/ES2015,React.jsを学ぶ
おっさんES6/ES2015,React.jsを学ぶ
dcubeio
 
LT#8 乗るしかないこのECMA Script 2015に
LT#8 乗るしかないこのECMA Script 2015にLT#8 乗るしかないこのECMA Script 2015に
LT#8 乗るしかないこのECMA Script 2015に
do7be
 
OpenJDK コミュニティに参加してみよう #jjug
OpenJDK コミュニティに参加してみよう #jjugOpenJDK コミュニティに参加してみよう #jjug
OpenJDK コミュニティに参加してみよう #jjug
Yuji Kubota
 
Scala.jsはじめました!
Scala.jsはじめました!Scala.jsはじめました!
Scala.jsはじめました!
K Kinzal
 
Chef(Server)と AWS OpsWorks(tm)の比較
Chef(Server)と AWS OpsWorks(tm)の比較Chef(Server)と AWS OpsWorks(tm)の比較
Chef(Server)と AWS OpsWorks(tm)の比較
Yukihiko SAWANOBORI
 
ななめ45°から見たJavaOne
ななめ45°から見たJavaOneななめ45°から見たJavaOne
ななめ45°から見たJavaOneAdvancedTechNight
 
JJUG CCC 2017 Fall オレオレJVM言語を作ってみる
JJUG CCC 2017 Fall オレオレJVM言語を作ってみるJJUG CCC 2017 Fall オレオレJVM言語を作ってみる
JJUG CCC 2017 Fall オレオレJVM言語を作ってみる
Koichi Sakata
 
RESTful API (JAX-RS) 書くだけで仕様書も 自動で作られていく話 with MicroProfile Open API
RESTful API (JAX-RS) 書くだけで仕様書も自動で作られていく話 with MicroProfile Open APIRESTful API (JAX-RS) 書くだけで仕様書も自動で作られていく話 with MicroProfile Open API
RESTful API (JAX-RS) 書くだけで仕様書も 自動で作られていく話 with MicroProfile Open API
Kohei Saito
 
1周遅れのScala入学 #nds41
1周遅れのScala入学 #nds411周遅れのScala入学 #nds41
1周遅れのScala入学 #nds41
Kazumune Katagiri
 
Nodejs+socket ioを試す
Nodejs+socket ioを試すNodejs+socket ioを試す
Nodejs+socket ioを試すuzundk
 

Similar to Closure CompilerのES6対応 あるいはES6時代のAltJS生存戦略 (20)

Startup JavaScript
Startup JavaScriptStartup JavaScript
Startup JavaScript
 
サーバサイドエンジニアが 1年間まじめにSPAやってみた
サーバサイドエンジニアが 1年間まじめにSPAやってみたサーバサイドエンジニアが 1年間まじめにSPAやってみた
サーバサイドエンジニアが 1年間まじめにSPAやってみた
 
ES6,7で書ける JavaScript
ES6,7で書ける JavaScriptES6,7で書ける JavaScript
ES6,7で書ける JavaScript
 
Js frameworkの紹介
Js frameworkの紹介Js frameworkの紹介
Js frameworkの紹介
 
今日から使って先取り ECMAScript6
今日から使って先取り ECMAScript6今日から使って先取り ECMAScript6
今日から使って先取り ECMAScript6
 
ES6で始めるNode.js / Starting NodeJS Development with ES6
ES6で始めるNode.js / Starting NodeJS Development with ES6ES6で始めるNode.js / Starting NodeJS Development with ES6
ES6で始めるNode.js / Starting NodeJS Development with ES6
 
JBoss AS7 rev3
JBoss AS7 rev3JBoss AS7 rev3
JBoss AS7 rev3
 
ASP.NETからASP.NET Coreに移行した話
ASP.NETからASP.NET Coreに移行した話ASP.NETからASP.NET Coreに移行した話
ASP.NETからASP.NET Coreに移行した話
 
Aspnet mvc 6の今を紹介
Aspnet mvc 6の今を紹介Aspnet mvc 6の今を紹介
Aspnet mvc 6の今を紹介
 
dimSTATから見るベンチマーク
dimSTATから見るベンチマークdimSTATから見るベンチマーク
dimSTATから見るベンチマーク
 
おっさんES6/ES2015,React.jsを学ぶ
おっさんES6/ES2015,React.jsを学ぶおっさんES6/ES2015,React.jsを学ぶ
おっさんES6/ES2015,React.jsを学ぶ
 
LT#8 乗るしかないこのECMA Script 2015に
LT#8 乗るしかないこのECMA Script 2015にLT#8 乗るしかないこのECMA Script 2015に
LT#8 乗るしかないこのECMA Script 2015に
 
OpenJDK コミュニティに参加してみよう #jjug
OpenJDK コミュニティに参加してみよう #jjugOpenJDK コミュニティに参加してみよう #jjug
OpenJDK コミュニティに参加してみよう #jjug
 
Scala.jsはじめました!
Scala.jsはじめました!Scala.jsはじめました!
Scala.jsはじめました!
 
Chef(Server)と AWS OpsWorks(tm)の比較
Chef(Server)と AWS OpsWorks(tm)の比較Chef(Server)と AWS OpsWorks(tm)の比較
Chef(Server)と AWS OpsWorks(tm)の比較
 
ななめ45°から見たJavaOne
ななめ45°から見たJavaOneななめ45°から見たJavaOne
ななめ45°から見たJavaOne
 
JJUG CCC 2017 Fall オレオレJVM言語を作ってみる
JJUG CCC 2017 Fall オレオレJVM言語を作ってみるJJUG CCC 2017 Fall オレオレJVM言語を作ってみる
JJUG CCC 2017 Fall オレオレJVM言語を作ってみる
 
RESTful API (JAX-RS) 書くだけで仕様書も 自動で作られていく話 with MicroProfile Open API
RESTful API (JAX-RS) 書くだけで仕様書も自動で作られていく話 with MicroProfile Open APIRESTful API (JAX-RS) 書くだけで仕様書も自動で作られていく話 with MicroProfile Open API
RESTful API (JAX-RS) 書くだけで仕様書も 自動で作られていく話 with MicroProfile Open API
 
1周遅れのScala入学 #nds41
1周遅れのScala入学 #nds411周遅れのScala入学 #nds41
1周遅れのScala入学 #nds41
 
Nodejs+socket ioを試す
Nodejs+socket ioを試すNodejs+socket ioを試す
Nodejs+socket ioを試す
 

More from Teppei Sato

Node.js Native ESM への道 〜最終章: Babel / TypeScript Modules との闘い〜
Node.js Native ESM への道  〜最終章: Babel / TypeScript Modules との闘い〜Node.js Native ESM への道  〜最終章: Babel / TypeScript Modules との闘い〜
Node.js Native ESM への道 〜最終章: Babel / TypeScript Modules との闘い〜
Teppei Sato
 
サイボウズの給与交渉戦 - Boss Side -
サイボウズの給与交渉戦 - Boss Side -サイボウズの給与交渉戦 - Boss Side -
サイボウズの給与交渉戦 - Boss Side -
Teppei Sato
 
Recent compat-table issues
Recent compat-table issuesRecent compat-table issues
Recent compat-table issues
Teppei Sato
 
kintoneがAWSで目指すDevOpsQAな開発
kintoneがAWSで目指すDevOpsQAな開発kintoneがAWSで目指すDevOpsQAな開発
kintoneがAWSで目指すDevOpsQAな開発
Teppei Sato
 
Automated Dependency Updates with Renovate
Automated Dependency Updates with RenovateAutomated Dependency Updates with Renovate
Automated Dependency Updates with Renovate
Teppei Sato
 
君はyarn.lockをコミットしているか?
君はyarn.lockをコミットしているか?君はyarn.lockをコミットしているか?
君はyarn.lockをコミットしているか?
Teppei Sato
 
サイボウズのフロントエンド開発 現在とこれからの挑戦
サイボウズのフロントエンド開発 現在とこれからの挑戦サイボウズのフロントエンド開発 現在とこれからの挑戦
サイボウズのフロントエンド開発 現在とこれからの挑戦
Teppei Sato
 
サイボウズの現在と未来
サイボウズの現在と未来サイボウズの現在と未来
サイボウズの現在と未来
Teppei Sato
 
離れた場所でも最高のチームワークを実現する方法 ーサイボウズ開発チームのリモートワーク事例ー
離れた場所でも最高のチームワークを実現する方法 ーサイボウズ開発チームのリモートワーク事例ー離れた場所でも最高のチームワークを実現する方法 ーサイボウズ開発チームのリモートワーク事例ー
離れた場所でも最高のチームワークを実現する方法 ーサイボウズ開発チームのリモートワーク事例ー
Teppei Sato
 
サイボウズの開発を支えるKAIZEN文化
サイボウズの開発を支えるKAIZEN文化サイボウズの開発を支えるKAIZEN文化
サイボウズの開発を支えるKAIZEN文化
Teppei Sato
 
SPAと覚悟
SPAと覚悟SPAと覚悟
SPAと覚悟
Teppei Sato
 
JavaScript Language Update 2016 (LLoT)
JavaScript Language Update 2016 (LLoT)JavaScript Language Update 2016 (LLoT)
JavaScript Language Update 2016 (LLoT)
Teppei Sato
 
You Don't Know ES Modules
You Don't Know ES ModulesYou Don't Know ES Modules
You Don't Know ES Modules
Teppei Sato
 
ES6 in Practice
ES6 in PracticeES6 in Practice
ES6 in Practice
Teppei Sato
 
Our wish to Flowtype
Our wish to FlowtypeOur wish to Flowtype
Our wish to Flowtype
Teppei Sato
 
Effective ES6
Effective ES6Effective ES6
Effective ES6
Teppei Sato
 
DockerがYAVAY!
DockerがYAVAY!DockerがYAVAY!
DockerがYAVAY!
Teppei Sato
 
JavaScript Unit Test Why? What? How?
JavaScript Unit Test Why? What? How?JavaScript Unit Test Why? What? How?
JavaScript Unit Test Why? What? How?
Teppei Sato
 
Effective JavaScript Ch.1
Effective JavaScript Ch.1Effective JavaScript Ch.1
Effective JavaScript Ch.1
Teppei Sato
 
Browser oh browser browser
Browser oh browser browserBrowser oh browser browser
Browser oh browser browser
Teppei Sato
 

More from Teppei Sato (20)

Node.js Native ESM への道 〜最終章: Babel / TypeScript Modules との闘い〜
Node.js Native ESM への道  〜最終章: Babel / TypeScript Modules との闘い〜Node.js Native ESM への道  〜最終章: Babel / TypeScript Modules との闘い〜
Node.js Native ESM への道 〜最終章: Babel / TypeScript Modules との闘い〜
 
サイボウズの給与交渉戦 - Boss Side -
サイボウズの給与交渉戦 - Boss Side -サイボウズの給与交渉戦 - Boss Side -
サイボウズの給与交渉戦 - Boss Side -
 
Recent compat-table issues
Recent compat-table issuesRecent compat-table issues
Recent compat-table issues
 
kintoneがAWSで目指すDevOpsQAな開発
kintoneがAWSで目指すDevOpsQAな開発kintoneがAWSで目指すDevOpsQAな開発
kintoneがAWSで目指すDevOpsQAな開発
 
Automated Dependency Updates with Renovate
Automated Dependency Updates with RenovateAutomated Dependency Updates with Renovate
Automated Dependency Updates with Renovate
 
君はyarn.lockをコミットしているか?
君はyarn.lockをコミットしているか?君はyarn.lockをコミットしているか?
君はyarn.lockをコミットしているか?
 
サイボウズのフロントエンド開発 現在とこれからの挑戦
サイボウズのフロントエンド開発 現在とこれからの挑戦サイボウズのフロントエンド開発 現在とこれからの挑戦
サイボウズのフロントエンド開発 現在とこれからの挑戦
 
サイボウズの現在と未来
サイボウズの現在と未来サイボウズの現在と未来
サイボウズの現在と未来
 
離れた場所でも最高のチームワークを実現する方法 ーサイボウズ開発チームのリモートワーク事例ー
離れた場所でも最高のチームワークを実現する方法 ーサイボウズ開発チームのリモートワーク事例ー離れた場所でも最高のチームワークを実現する方法 ーサイボウズ開発チームのリモートワーク事例ー
離れた場所でも最高のチームワークを実現する方法 ーサイボウズ開発チームのリモートワーク事例ー
 
サイボウズの開発を支えるKAIZEN文化
サイボウズの開発を支えるKAIZEN文化サイボウズの開発を支えるKAIZEN文化
サイボウズの開発を支えるKAIZEN文化
 
SPAと覚悟
SPAと覚悟SPAと覚悟
SPAと覚悟
 
JavaScript Language Update 2016 (LLoT)
JavaScript Language Update 2016 (LLoT)JavaScript Language Update 2016 (LLoT)
JavaScript Language Update 2016 (LLoT)
 
You Don't Know ES Modules
You Don't Know ES ModulesYou Don't Know ES Modules
You Don't Know ES Modules
 
ES6 in Practice
ES6 in PracticeES6 in Practice
ES6 in Practice
 
Our wish to Flowtype
Our wish to FlowtypeOur wish to Flowtype
Our wish to Flowtype
 
Effective ES6
Effective ES6Effective ES6
Effective ES6
 
DockerがYAVAY!
DockerがYAVAY!DockerがYAVAY!
DockerがYAVAY!
 
JavaScript Unit Test Why? What? How?
JavaScript Unit Test Why? What? How?JavaScript Unit Test Why? What? How?
JavaScript Unit Test Why? What? How?
 
Effective JavaScript Ch.1
Effective JavaScript Ch.1Effective JavaScript Ch.1
Effective JavaScript Ch.1
 
Browser oh browser browser
Browser oh browser browserBrowser oh browser browser
Browser oh browser browser
 

Recently uploaded

ハイブリッドクラウド研究会_Hyper-VとSystem Center Virtual Machine Manager セッションMM
ハイブリッドクラウド研究会_Hyper-VとSystem Center Virtual Machine Manager セッションMMハイブリッドクラウド研究会_Hyper-VとSystem Center Virtual Machine Manager セッションMM
ハイブリッドクラウド研究会_Hyper-VとSystem Center Virtual Machine Manager セッションMM
osamut
 
【JSAI2024】LLMエージェントの人間との対話における反芻的返答の親近感向上効果_v1.1.pdf
【JSAI2024】LLMエージェントの人間との対話における反芻的返答の親近感向上効果_v1.1.pdf【JSAI2024】LLMエージェントの人間との対話における反芻的返答の親近感向上効果_v1.1.pdf
【JSAI2024】LLMエージェントの人間との対話における反芻的返答の親近感向上効果_v1.1.pdf
ARISE analytics
 
ロジックから状態を分離する技術/設計ナイト2024 by わいとん @ytnobody
ロジックから状態を分離する技術/設計ナイト2024 by わいとん @ytnobodyロジックから状態を分離する技術/設計ナイト2024 by わいとん @ytnobody
ロジックから状態を分離する技術/設計ナイト2024 by わいとん @ytnobody
azuma satoshi
 
ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識
ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識
ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識
sugiuralab
 
無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.
無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.
無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.
Yuki Miyazaki
 
生成AIがもたらすコンテンツ経済圏の新時代  The New Era of Content Economy Brought by Generative AI
生成AIがもたらすコンテンツ経済圏の新時代  The New Era of Content Economy Brought by Generative AI生成AIがもたらすコンテンツ経済圏の新時代  The New Era of Content Economy Brought by Generative AI
生成AIがもたらすコンテンツ経済圏の新時代  The New Era of Content Economy Brought by Generative AI
Osaka University
 
「進化するアプリ イマ×ミライ ~生成AIアプリへ続く道と新時代のアプリとは~」Interop24Tokyo APPS JAPAN B1-01講演
「進化するアプリ イマ×ミライ ~生成AIアプリへ続く道と新時代のアプリとは~」Interop24Tokyo APPS JAPAN B1-01講演「進化するアプリ イマ×ミライ ~生成AIアプリへ続く道と新時代のアプリとは~」Interop24Tokyo APPS JAPAN B1-01講演
「進化するアプリ イマ×ミライ ~生成AIアプリへ続く道と新時代のアプリとは~」Interop24Tokyo APPS JAPAN B1-01講演
嶋 是一 (Yoshikazu SHIMA)
 
Humanoid Virtual Athletics Challenge2024 技術講習会 スライド
Humanoid Virtual Athletics Challenge2024 技術講習会 スライドHumanoid Virtual Athletics Challenge2024 技術講習会 スライド
Humanoid Virtual Athletics Challenge2024 技術講習会 スライド
tazaki1
 
iMacwoSu_Gong_de_barabaranishitaHua_.pptx
iMacwoSu_Gong_de_barabaranishitaHua_.pptxiMacwoSu_Gong_de_barabaranishitaHua_.pptx
iMacwoSu_Gong_de_barabaranishitaHua_.pptx
kitamisetagayaxxx
 
協働AIがもたらす業務効率革命 -日本企業が押さえるべきポイント-Collaborative AI Revolutionizing Busines...
協働AIがもたらす業務効率革命 -日本企業が押さえるべきポイント-Collaborative AI Revolutionizing Busines...協働AIがもたらす業務効率革命 -日本企業が押さえるべきポイント-Collaborative AI Revolutionizing Busines...
協働AIがもたらす業務効率革命 -日本企業が押さえるべきポイント-Collaborative AI Revolutionizing Busines...
Osaka University
 

Recently uploaded (10)

ハイブリッドクラウド研究会_Hyper-VとSystem Center Virtual Machine Manager セッションMM
ハイブリッドクラウド研究会_Hyper-VとSystem Center Virtual Machine Manager セッションMMハイブリッドクラウド研究会_Hyper-VとSystem Center Virtual Machine Manager セッションMM
ハイブリッドクラウド研究会_Hyper-VとSystem Center Virtual Machine Manager セッションMM
 
【JSAI2024】LLMエージェントの人間との対話における反芻的返答の親近感向上効果_v1.1.pdf
【JSAI2024】LLMエージェントの人間との対話における反芻的返答の親近感向上効果_v1.1.pdf【JSAI2024】LLMエージェントの人間との対話における反芻的返答の親近感向上効果_v1.1.pdf
【JSAI2024】LLMエージェントの人間との対話における反芻的返答の親近感向上効果_v1.1.pdf
 
ロジックから状態を分離する技術/設計ナイト2024 by わいとん @ytnobody
ロジックから状態を分離する技術/設計ナイト2024 by わいとん @ytnobodyロジックから状態を分離する技術/設計ナイト2024 by わいとん @ytnobody
ロジックから状態を分離する技術/設計ナイト2024 by わいとん @ytnobody
 
ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識
ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識
ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識
 
無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.
無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.
無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.
 
生成AIがもたらすコンテンツ経済圏の新時代  The New Era of Content Economy Brought by Generative AI
生成AIがもたらすコンテンツ経済圏の新時代  The New Era of Content Economy Brought by Generative AI生成AIがもたらすコンテンツ経済圏の新時代  The New Era of Content Economy Brought by Generative AI
生成AIがもたらすコンテンツ経済圏の新時代  The New Era of Content Economy Brought by Generative AI
 
「進化するアプリ イマ×ミライ ~生成AIアプリへ続く道と新時代のアプリとは~」Interop24Tokyo APPS JAPAN B1-01講演
「進化するアプリ イマ×ミライ ~生成AIアプリへ続く道と新時代のアプリとは~」Interop24Tokyo APPS JAPAN B1-01講演「進化するアプリ イマ×ミライ ~生成AIアプリへ続く道と新時代のアプリとは~」Interop24Tokyo APPS JAPAN B1-01講演
「進化するアプリ イマ×ミライ ~生成AIアプリへ続く道と新時代のアプリとは~」Interop24Tokyo APPS JAPAN B1-01講演
 
Humanoid Virtual Athletics Challenge2024 技術講習会 スライド
Humanoid Virtual Athletics Challenge2024 技術講習会 スライドHumanoid Virtual Athletics Challenge2024 技術講習会 スライド
Humanoid Virtual Athletics Challenge2024 技術講習会 スライド
 
iMacwoSu_Gong_de_barabaranishitaHua_.pptx
iMacwoSu_Gong_de_barabaranishitaHua_.pptxiMacwoSu_Gong_de_barabaranishitaHua_.pptx
iMacwoSu_Gong_de_barabaranishitaHua_.pptx
 
協働AIがもたらす業務効率革命 -日本企業が押さえるべきポイント-Collaborative AI Revolutionizing Busines...
協働AIがもたらす業務効率革命 -日本企業が押さえるべきポイント-Collaborative AI Revolutionizing Busines...協働AIがもたらす業務効率革命 -日本企業が押さえるべきポイント-Collaborative AI Revolutionizing Busines...
協働AIがもたらす業務効率革命 -日本企業が押さえるべきポイント-Collaborative AI Revolutionizing Busines...
 

Closure CompilerのES6対応 あるいはES6時代のAltJS生存戦略