Your SlideShare is downloading. ×
10 years devsumi agile and the future
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×

Introducing the official SlideShare app

Stunning, full-screen experience for iPhone and Android

Text the download link to your phone

Standard text messaging rates apply

10 years devsumi agile and the future

18,266
views

Published on


0 Comments
15 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
18,266
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
10
Actions
Shares
0
Downloads
168
Comments
0
Likes
15
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. アジャイル開発の10今後を語ろう。16-B-4 平鍋健児 株式会社チェンジビジョン Developers Summit 2012
  • 2. 自己紹介㈱永和システムマネジメント– 本社:福井県福井市、支社:東京(2002-)– Ruby と Agileを使ったシステム開発株式会社チェンジビジョン– 本社: 東京– astah*(JUDE) で見える化平鍋健児– リアルタイム,CAD, オブジェクト指向の実践– UMLエディタJUDE/astah*の開発– アジャイルプロセス協議会、副会長– 翻訳、XP関連書籍、『リーン開発の本質』等多数。– 2008 Gordon Pask Award Recipient for contributions to Agile practice
  • 3. XP ! Developers Summit 2012
  • 4. Seeing is understanding. アジャイルの現在位置 2000 2002 2010 2012 Evo FDD, Crystal, DSDM, ASD LeanStartupPatterns XP 大規模 •大規模 Agile 組織改革 •組織改革 •Lean/Agile •Agile/UX SCRUM Lean Software Development TPS Lean Kanban Deming Copyright (C) 2011 Change Vision Corporation. Some Rights Reserved.
  • 5. Seeing is understanding.1999 2004 2000 Copyright (C) 2011 Change Vision Corporation. Some Rights Reserved.
  • 6. Seeing is understanding.1999 2000 Copyright (C) 2011 Change Vision Corporation. Some Rights Reserved.
  • 7. Seeing is understanding.1999 村上 雅章(訳) 2000ピアソン・エデュケーション」 Copyright (C) 2011 Change Vision Corporation. Some Rights Reserved.
  • 8. Seeing is understanding.2000 2001 ⇒マインドマップへ Copyright (C) 2011 Change Vision Corporation. Some Rights Reserved.
  • 9. Seeing is understanding. 日経BP (2004/7/23) 2003 日経BP 2006 (2008/2/7)2009 アスキー・メディアワークス (2010/10/9) Copyright (C) 2011 Change Vision Corporation. Some Rights Reserved.
  • 10. Seeing is understanding. TOOL1 – ムダを認識する生産工程の7つのムダ ソフトウェア開発の7つのムダ在庫のムダ 未完成の作業のムダ 完成の作業のムダ 作業加工そのもののムダ 余分なプロセスのムダ 余分なプロセスのムダ作りすぎのムダ 余分な機能のムダ運搬のムダ タスク切り替えのムダ タスク切り替えのムダ 切り替え手待ちのムダ 待ちのムダ動作のムダ 移動のムダ 移動のムダ不良を作るムダ 欠陥(バグ)を作るムダ Copyright (C) 2011 Change Vision Corporation. Some Rights Reserved.
  • 11. Seeing is understanding. ソフトウェアかんばん作業の見える化 ToDo(未実施) Doing(実施中) Done(テスト完) で管理。 各自の作業を指 示しなくても、毎 朝自発的に作業 開始。 ソフトウェアかんばんの例 作業の見える化は、「ソフトウェアかんばん」で行なう。 Copyright (C) 2011 Change Vision Corporation. Some Rights Reserved.
  • 12. 2011/12/16 版 現場力を高める見える化手法 プロジェクトファシリテーション ~モチベーションアップの ツールと場づくり~ 株式会社永和システムマネジメント 株式会社チェンジビジョン 平鍋 健児 http://ObjectClub.jp/community/pf/p.12
  • 13. PFのなりたち ファシリテーション アジャイルソフトウェア開発 トヨタ生産方式 Skilled Skilled 見える化 生産 Facilitator XP2 XP2 aaAPM APM 見える化 Pull生産 生産 Pull生産 Facilitator 多能工 かんばん あんどん Participatory Participatory リーン リーン Crystal Crystal 多能工 かんばん あんどん Decision-Making Decision-Making Project Project Retrospectives Retrospectives プロジェクトファシリテーション プロジェクトファシリテーション 価値 価値 原則 原則 実践 実践 今回の「見える化」 のお話+αPOINT アジャイル+TPS+ファシリテーション。ソフトウェア開発以外に適用可能。 アジャイル+ PF=アジャイル+ +ファシリテーション。ソフトウェア開発以外に適用可能。p.13
  • 14. 2004 02-17 稚内北星学園 03-20 福岡 12-09 オブジェクト倶楽部 02-20 富士通社会基盤BG 05-11 要求開発アライアンス 2005 03-23 富士通FIMAT 05-15 関電 01-28 OSC 04-13 NIS PF 06-14 NEC新潟 01-31 FITEA 合同合宿 05-08 PFP大阪 07-12 企業研究会 02-04 デブサミ 05-22 NEC SWQC 08-07 アジャイルプロセス協議会 03-10 富士通PST 06-14 東芝ソリューション 08-08 統計センター 04-21 ULSystems 07-04 専修大学 08-30 SWEST9 04-27 富士通PST 07-07 東芝SEPG 10-16 日経コンピュータ 05-19 富士通FIMAT 07-10 NEC関西 11-19 ITI 06-21 JavaWorldDay 07-19 東レ 12-17 内閣府 06-29 オブジェクト倶楽部 07-20 富士通SSL 2008 07-11 富士通大阪 07-26 CX 02-21 にいがた産業創造機構 07-29 VANS 07-27 富士通護国寺 04-02 IBM 08-04 九州「見える化」セミナー 07-29 IPASEC 05-30 富士通FIP 08-05 沖縄ITEP 07-31 NEC中部 06-13 中電CTI 08-12 ITI 08-31 PMシンポジウム 06-26 ITフロンティア 08-30 SONY 09-08 見える化福岡 07-10 日科技連 09-02 JPMF 09-22 NECソフトウェア東北 07-24 JavaKueche沖縄 09-03 XP祭り 09-30 XP祭り関西 08-01 パイオニア 10-11 PMConference 10-16 NECソフトウェア九州 08-19 インテック 10-15 フェニックス研究会 10-19 日本UNIXユーザ 08-28 東京エレクトロン 11-02 KCCS 11-09 富士通(TPSとAgile) 09-09 富士通FIP 11-22 富士通SSL 11-22 NECソフト 09-10 SDNA 11-24 ISトップフォーラム 11-24 NSソリューション 09-11 東京エレクトロン札幌 12-08 JavaFesta札幌 12-01 富士通長野 10-08 富士通SSL 12-08 PFU 12-05 QuaSTom 10-11 九州PFP 2006 2007 11-05 トヨタ 02-01 SORUN 01-17 NTTData 11-14 ITA 02-09 デブサミ 02-01 Ricoh 11-26 JASPIC神戸 02-16 NTTData 03-02 富士通VLSI 11-26 三菱(尼崎)p.14
  • 15. p.15
  • 16. 12-04 リコーソフト 201012-09 日立(戸塚) 06-30 富士ゼロックス2009 07-02 コニカミノルタ01-09 沖縄日立ネットワークシステムズ 12-20 CEST技術セミナー01-20ミツエーリンクス 201102-10 NECソフト 08-26-PP&Mフォーラム02-27 IT教育サミット(豆蔵) 09-09-PMシンポジウム03-23 原電情報 09-09-あかねサロン04-09 QConTokyo 12-13-沖電気04-27 NTT研究所 12-15-日立製作所05-23 PMフォーラム京都 201206-14 PMIサマーフェスタ 01-25-NTTデータ07-15 PMカンファレンス07-22 匠塾07-23 ITA10-07 ITI10-15 日本総研11-23 PFP関西12-15 日立p.16
  • 17. Seeing is understanding.オーム社 (2007) Pragmatic Bookshelf (2005)木下 史彦 (監訳), 角谷 信太郎 (監訳) Venkat Subramaniam, Andy Hunt Copyright (C) 2011 Change Vision Corporation. Some Rights Reserved.
  • 18. Seeing is understanding.2007 2009 Copyright (C) 2011 Change Vision Corporation. Some Rights Reserved.
  • 19. Seeing is understanding. Pragmatic Bookshelf (2010/9/25)オーム社 (2011/7/16) Jonathan Rasmusson西村 直人, 角谷 信太郎,近藤 修平 , 角掛 拓未 Copyright (C) 2011 Change Vision Corporation. Some Rights Reserved.
  • 20. Seeing is understanding. 2010 David AndersonCopyright (C) 2011 Change Vision Corporation. Some Rights Reserved.
  • 21. Seeing is understanding. 2011 Eric RiesCopyright (C) 2011 Change Vision Corporation. Some Rights Reserved.
  • 22. Eric Ries (@ericries) http://startuplessonslearned.blogspot.com IDEAS素早く学習 素早くコード LEARN BUILDAB テスト 単体テスト顧客インタビュー ユーザビリティテスト顧客開発 継続的結合なぜなぜ5回、真因分析 漸進開発顧客アドバイザリボード オープンソース利用仮説検証 クラウドプロダクト・オーナーの責任 DATA CODE クラスタ免疫システム顧客タイプ分析 JITスケーラビリティ機能横断チーム リファクタリング半自立チーム デベロパーサンドボックススモークテスト 素早く測定 MEASURE AB テスト 漏斗分析 明確なプロダクトオーナ コホート分析 継続的開発 ネットプロモータスコア ユーザビリティテスト 検索エンジンマーケティング リアルタイムモニタ リアルタイムアラート 顧客代表 予測的モニタリング
  • 23. Seeing is understanding.http://www.versionone.com/state_of_agile_development_survey/11/ Copyright (C) 2011 Change Vision Corporation. Some Rights Reserved.
  • 24. Seeing is understanding. これから… これから 方法論よりも、プラクティス。 方法論よりも、文脈。 Scrum Kanban これって。。。。方法論? 方法論の終焉http://blogs.itmedia.co.jp/hiranabe/2011/05/end-of-methodology-ja.html Copyright (C) 2011 Change Vision Corporation. Some Rights Reserved.
  • 25. Seeing is understanding.http://www.versionone.com/state_of_agile_development_survey/11/ Copyright (C) 2011 Change Vision Corporation. Some Rights Reserved.
  • 26. http://guide.agilealliance.org/subway.html
  • 27. Seeing is understanding.日本から、何かだそう! Copyright (C) 2011 Change Vision Corporation. Some Rights Reserved.
  • 28. http://www.publickey1.jp/blog/11/10_innovation_sprint_2011.html
  • 29. Scrumの例 朝会 朝会 24 時間 製品 製品 スプリント スプリント 出荷可能 出荷可能バックログバックログ バックログ バックログ ソフトウェア ソフトウェア 1-4 週 理想と現実の出会う現場へ
  • 30. 実践知のリーダー 「動きながら考え抜く」(Contemplation in Action) 「動きながら考え抜く」頭 Mind 「身体化された心」 体 Body思索家 Thinker 実践家 Doer Embodied Mind 知的体育会系 “Intellectual Muscle” 共通善に向けた 「よりよい」の無限追求 © Nonaka I., Toyama R.
  • 31. 大阪!
  • 32. 大阪!