Your SlideShare is downloading. ×
0
Oracle
Oracle
Oracle
Oracle
Oracle
Oracle
Oracle
Oracle
Oracle
Oracle
Oracle
Oracle
Oracle
Oracle
Oracle
Oracle
Oracle
Oracle
Oracle
Oracle
Oracle
Oracle
Oracle
Oracle
Oracle
Oracle
Oracle
Oracle
Oracle
Oracle
Oracle
Oracle
Oracle
Oracle
Oracle
Oracle
Oracle
Oracle
Oracle
Oracle
Oracle
Oracle
Oracle
Oracle
Oracle
Oracle
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×
Saving this for later? Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime – even offline.
Text the download link to your phone
Standard text messaging rates apply

Oracle

3,583

Published on

0 Comments
2 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
3,583
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
2
Actions
Shares
0
Downloads
90
Comments
0
Likes
2
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. <Insert Picture Here>Oracle Cloud Computing Strategy~Oracleクラウド戦略 と、Oracle on AWSの位置付け日本オラクル株式会社 2011年04月06日クラウド&EA統括本部 シニア・ディレクターCloud Evangelist入江 宏志
  • 2. 以下の事項は、弊社の一般的な製品の方向性に関する概要を説明するものです。また、情報提供を唯一の目的とするものであり、いかなる契約にも組み込むことはできません。以下の事項は、マテリアルやコード、機能を提供することをコミットメント(確約)するものではないため、購買決定を行う際の判断材料になさらないで下さい。オラクル製品に関して記載されている機能の開発、リリースおよび時期については、弊社の裁量により決定されます。*OracleとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 2
  • 3. Agenda1.クラウドの本質2.クラウドの棲み分け3.Oracle Cloud Computing Strategy ~ Oracle on AWSの位置付け4.クラウド環境の特徴 ~ Enterprise要件5.方向性 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 3
  • 4. 1. クラウドの本質 ~ パブリック と プライベートHybrid Cloud, Inter Cloud Single Cloud, Multi Cloud 買う Enterprise Cloud コスト削減、変革、リスク管理、・・・ (Buy) ビジネスモデル 作る (基本計画、投資計画、ベンダー政策、価格設定、 Embassy 使う ガバナンス、法規制、提供価値、業務構造、…) (Build) Private Cloud (Use) ・シェアード ・モダナイ アプリケーション・業務 ゼーション IT資産を ・標準化 持たない! ・・・ IT資産を ITインフラ ・仮想化! Hosted ・グリッド化! Private Cloud 共通Platform Virtual Private Cloud Hosted Cloud Internal Cloud Community Cloud Public Cloud Private Cloud Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 4
  • 5. クラウドのサービスモデル パブリック・クラウド プライベート・クラウド 買う 使う イ イ SaaS SaaS ン ン PaaS 作る タ ト “Cost” PaaS ー ラ IaaS “QoS” ネ ネ “Security” “Agility” IaaS ッ ッ “Fit” (俊敏性) ト ト ユーザ• より早く、より安価に開始 両方の利点: • セキュリティ、ガバナンスの• スケールメリットを享受 • 高い効率性 仕組みを構築し易い• データの保管場所に注意 • 融通性のある • 長期間に渡ってコストを低減• 運用コスト(OpEx*) キャパシティ • 容易な連携 • 高い可用性 • 設備投資(CaPex*)と運用コスト (OpEx*)OpEx:Operation Expenditure Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. CaPex:Capital Expenditure 5
  • 6. XaaS(IaaS, PaaS, SaaS) サーバーを ミドルウエアを アプリケーションをユーザーは・・・ 持たない 持たない 持たない クラウド 事業者に よるサービスクラウド >>>ユーザーの Public作業 Application Cloud Platform (SaaS) または (PaaS) 情報システム 部による Infrastructure 共通化 (IaaS) >>> Private Cloud Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 6
  • 7. 2. クラウドの棲み分け【利用パターン①】 ベンチャー、中小規模の企業が、Public Cloudを使う【利用パターン② 】 大規模、中規模の企業が、部門でPublic Cloudを使う【利用パターン③】 大規模、中規模の企業が、会社全体でPrivate Cloudを使う Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 7
  • 8. クラウド 市場(現在)外部委 利用パターン託 ② 利用パターン 「Public Cloud」I ①T投資 大 利用パターン 会社規模 小 ③自 「Private Cloud」社運営 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 8
  • 9. 3.Oracle Cloud Computing Strategy Our objectives: • Ensure that cloud computing is fully enterprise grade • Support both public and private cloud computing – give customers choiceOracle On Demand Oracle Applications Public Clouds Private Cloud SaaS SaaS I I Apps SaaS N N T T PaaS PaaS E R PaaS PaaS R A IaaS IaaS N N IaaS IaaS E E T T UsersOracle Technologyin public clouds Oracle Private Cloud Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 9
  • 10. Oracle CRM On DemandOracle CRM On Demand Release 18 Complete CRM  Sales / Service / Marketing といった CRM基本機能に加え、PRM / Deal Management / E-Billing機能を追加 業種別テンプレートの拡充(銀行、保険、 ライフサイエンス、自動車、ハイテク) 標準装備されたBI機能の更なる強化 Enterprise Grade SaaS SaaS型専用環境 / @カスタマー運用可能 仮想プライベート・ネットワーク(VPN) ビジネス継続性をサポートするDRオプション Lower TCO  月額¥8,152/ユーザ  初期導入コストの大幅削減  見えないコスト(人件費等)の削減による 運用コスト削減 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 10
  • 11. Oracle On Demand Oracle on Demand Cloud Services On Premise @Customer @Oracle SaaSSoftware License Customer Customer Customer Oracle Software Mgmt Customer Oracle Oracle Oracle Oracle On Demand Infra Mgmt Customer Customer Oracle Oracle Oracle is the premiere cloud service for Datacenter Customer Customer Oracle Oracle Oracle software Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 11
  • 12. Oracle Technology クラウド環境におけるOracleライセンス in public clouds http://www.oracle.com/us/corporate/press/017521_EN?rssid=rss_ocom_pr Rapid Deploy を支える技術 オラクルのライセンスの考え方 • ソフトウェア・アプライアンス • 米国では 2008年9月、日本では 2009年5月から • 仮想マシン上にソフトウェアイメージを • 顧客は、企業内(On Premise)であっても、 配置する技術 クラウド(Public Cloud)であっても、ライセンスを 意識する必要なし • 柔軟な拡張性を備えた、H/W、S/W技術 • ライセンス・ポータビリティ オラクル製品の • Public Cloud でも、On Premise でも、 ライセンス契約 ロケーションを問わずに運用できる技術 【参考】Amazon Web Services環境でのOracleライセンス どちらかでhttp://www.oracle.com/jp/store/cloud-lic-170290-ja.pdf 企業内(On Premise) Public Cloud Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 12
  • 13. Oracle Technology in public cloudsFull Oracle Software Stack Certified andSupported on Oracle VM on Amazon EC2 • Amazon EC2 now supports Oracle VM • Fully certified and supported: Oracle Database, Oracle Fusion Certified & Middleware, Oracle Applications supported (EBS, PeopleSoft, Siebel), Oracle Enterprise Manager • Oracle license portability • Oracle Unbreakable Linux support and Amazon Premium Support • Amazon Machine Images (AMIs) based on Oracle VM Templates Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 13
  • 14. Oracle Technology Amazon EC2の利用イメージ in public clouds Oracle が提供する Oracle Oracle WebLogic Server AMI(仮想マシンイメージ) OracleWebLogic Server Amazon EC2上に、 WebLogic Server Oracle Oracle Oracle Database 充実したAMI(仮想マシンイメージ)を Oracle WebLogic Server Database Oracle Database 用意 WebLogic Server Oracle Oracle Enterprise Oracle Enterprise Linux Database Oracle Enterprise Linux Oracle Oracle Enterprise Linux Database Linux Oracle Enterprise Oracle VM Amazon EC2サービス Linux (hard partitioning) 2 ほんの5分程度で、Amazon EC2上に Oracle環境が立ち上がる(インストール不要、H/Wも意識する必要なし) 1 xxx xxxユーザは xxx欲しい環境をメニュー xxx 3から選択 xxx 使った分だけ、課金される Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 14
  • 15. Oracle Technology in public clouds Amazon EC2でも、データセンターでも 運用管理はOracle Enterprise Manager Oracle Enterprise Manager Amazon EC2上の データセンターで運用される Oracle製品 Oracle製品 Oracle Oracle WebLogic Server WebLogic Server Oracle Oracle Database Database Oracle Enterprise Oracle Enterprise Linux Linux Amazon EC2サービス* On Premiseのデータセンター*(注)上記のケースは、両方(EC2, On Premise)で動かすため、両方に対してOracleライセンスが必要。 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 15
  • 16. Oracle Technology in public clouds250+ Partners Use Oracle As Their SaaS Platform “8 out of 10 SaaS vendors delivering business-critical applications run on Oracle.” – Nucleus Research Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 16
  • 17. Oracle Private Cloud Oracle Private Cloud Platform Platform as a Service Cloud Management • Complete• Shared middleware and database services cloud lifecycle• Elastically scalable, highly available management• Extreme performance • Complete• Comprehensive functionality apps to disk• Robust development environment management• Rapid deployment • Self-service • Policy-based Infrastructure as a Service resource management• Shared compute and storage services • Metering &• Elastically scalable, highly available chargeback• Physical and virtual• x86 and SPARC• Flash, disk and tape storage Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 17
  • 18. Oracle Private Cloud / Oracle ApplicationsOracle Private Cloud Platform Applications Cloud Management Oracle Enterprise 3rd Party Apps Oracle Apps ISV Apps Manager Application Performance Mgmt Platform as a Service Integration: User Interaction: Lifecycle Process Mgmt: Security: SOA Suite WebCenter Management BPM Suite Identity Mgmt Application Grid: WebLogic Server, Coherence, Tuxedo, JRockit Configuration Management Database Grid: Oracle Database, RAC, ASM, Partitioning, IMDB Cache, Active Data Guard, Database Security Application Quality Mgmt Infrastructure as a Service Oracle Solaris Operating Systems: Oracle Enterprise Linux Oracle Linux Ops Center Oracle VM for SPARC (LDom) Solaris Containers Oracle VM for x86 Physical & Virtual Servers Systems Mgmt Storage Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 18
  • 19. Oracle Private Cloud / Oracle ApplicationsOracle Private Cloud Platform クラウド・コンピューティングを具現化する製品群 Oracle Fusion Applications Applications Cloud Management  Pure Java FIN SCM HCM  SOA/BPMの全面採用 Oracle Enterprise 3rd Party Apps  BI、ソーシャル・ネットワーキング機能の埋込み Oracle Apps ISV Apps Manager  Modern Elastic Platform対応 PPM SFA PM GRC Application Performance Mgmt Platform as a Service Lifecycle Oracle ExadataMgmt: Integration: SOA Suite Process BPM Suite Oracle Exalogic Security: Identity Mgmt User Interaction: WebCenter Management X2-2, X2-8 Elastic Cloud Application Grid: WebLogic Server, Coherence, Tuxedo, JRockit Configuration Management  超高速  超高速 Database Grid: Oracle Database, RAC, ASM, Partitioning, IMDB Cache, Active Data Guard, DatabaseJava実行環境 DW/OLTP Security Application Quality Mgmt  TCO削減  TCO削減  Pre-Integrated Infrastructure as a Service Pre-Integrated Oracle Solaris Operating Systems: Oracle Enterprise Linux Oracle Linux Ops Center Oracle VM for SPARC (LDom) Solaris Containers Oracle VM for x86 Physical & Virtual Servers Systems Mgmt Storage Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 19
  • 20. クラウドに対するOracleの3つの立場(1)Oracleは、 Public Cloud事業者(Virtual Private Cloudの形態も有) e.g.(2)Oracleは、Public Cloud事業者に対するCloud Platform提供 (Virtual Private Cloudの形態も有) 【エネーブラー】 e.g. ・・・(3)Oracleは、Private Cloud構築に対するCloud製品提供 【ソリューション・プロバイダー】 e.g. ・・・ Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 20
  • 21. クラウド 市場(今後) 「Virtual Private Cloud」外部 利用パターン委託 ② 利用パターン 「Public Cloud」I ①T投資 大 利用パターン 会社規模 小 ③自 「Private Cloud」社運営 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 21
  • 22. クラウドの棲み分け【利用パターン①】 ベンチャー、中小規模の企業が、Public Cloudを使う【利用パターン② 】:この形態の一つが、「Oracle on AWS」! 大規模、中規模の企業が、部門でPublic Cloudを使う (Virtual Private Cloudの場合もあり)【利用パターン③ 】 :ここが「Oracle Private Cloud」のエリア! 大規模、中規模の企業が、会社全体でPrivate Cloudを使う Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 22
  • 23. 4. クラウド環境の特徴 ~ Enterprise要件 (「3+2+5要件」) • Scalability / Partitioning【拡張性】 1995年~ • Availability 【可用性】 【拡張性】重視 ASP, (スケールアウト) • Consistency 【一貫性】 SaaS要件 • Cost 【コストメリット】 2006年~ • Agility / Elastic 【俊敏性】 Public要件 + • QoS 【サービス品質】 Modern • Security & Compliance 【セキュリティ】 Data • Consolidation 【統合化】 Center ArchitectureFit • Automation 【自動化】 2010年~ • Monitoring 【モニタリング】 Private要件 Public CloudとPrivate Cloudの融合 【新技術、新しい考え方】 + 【既存資産、今までの経験】 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 23
  • 24. Oracle & Cloud Computing Modern Data Center Architecture High Comprehensive Comprehensive Application & Analyze all Performance Application to Data Protection Business Information & Integrated Disk and & Identity Process + Collaborate Systems to + Business + Management + Configurability with all users build Cloud Service Level by Business through Web Management Users【Quality of Service】 【Monitoring】 【Security/Compliance】 【Consolidation】 【Automation】 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 24
  • 25. クラウド環境の特徴 ~ 考えるべき戦略的テクノロジー 情報爆発 スケールアウト S/Wによる耐障害性 【新技術、新しい考え方】 BASE*(エラー忘却型) キーバリュー型 パブリック・クラウドが クエリー処理中心 求める技術&考え方 メモリー活用 【トラフィック戦略】 ・・・ 線形的なデータ増加 スケールアップ H/Wによる耐障害性 ACID*(完全な状態) RDB型 プライベート・クラウドが トランザクション処理中心 求める技術&考え方 HDD 【既存資産、今までの経験】 【トランザクション戦略】 ・・・BASE: Basically Availability Soft-state Eventually consistency ACID: Atomicity, Consistency, Isolation, Durability Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 25
  • 26. 5. 方向性 ~ Cloud Computing: Oracle’s Perspective • Characterized by real, new capabilities, but based on many established technologies • Compelling benefits as well as some concerns to address • Enterprises will adopt a mix of public and private clouds … right now Private PaaS is the sweet spot for a lot of customer interest. “Oracle is the technology“We are the heart of the cloud, powering that powers the cloud.“many of the world’s best known cloudservices.” Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 26
  • 27. Enterprise Evolution To Cloud Public Clouds Hybrid IaaS PaaS IaaS SaaS Public Cloud Evolution PaaS SaaSPrivate Cloud Evolution Virtual Private Cloud App1 App2 App3 App1 App2 App3 App1 App2 App3 App1 App2 App3 Private PaaS Private PaaS Private PaaS Private IaaS Private IaaS Private IaaS Silo’d Grid Private Cloud Hybrid• Physical • Virtual • Self-service • Federation with• Dedicated • Shared services • Policy-based public clouds• Static • Dynamic resource mgmt • Interoperability• Heterogeneous • Standardized • Metered • Cloud bursting appliances Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 27
  • 28. 押し寄せる6つの波と新ビジネスモデル 新ビジネスモデル (エネルギー, 医療, データボリューム 環境,交通,水,農業, 決済,電子書籍, …) コンピュータ集積度 日々、進化する技術 グリーン化 グローバル化 (PUE1.2, …)対応できるのは、ポータビリティ(移植性)、リスク管理を考慮した 次世代の情報システム基盤 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 28
  • 29. まとめ1.クラウドの本質 「コスト削減」<「変革(新技術、発想の転換)」<「リスク管理」2.クラウドの棲み分け 3つの利用パターン①、②、③3.Oracle Cloud Computing Strategy Oracle on AWSは、Virtual Private Cloudの1つの形態4.クラウド環境の特徴 Enterpriseは、「3+2+5要件」が必要!5.方向性 On Premise / Private Cloudに加えて、Publicの両方で Oracleを活用! これにより、「リスク管理」、「変革」、 「トータルなコスト削減」を実現する。 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 29
  • 30. Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 30
  • 31. Oracle RDS Shinpei OHTANI(大谷 晋平) アマゾンデータサービスジャパン株式会社 ohtani@amazon.co.jp 1
  • 32. 自己紹介 大谷 晋平(おおたに しんぺい) ohtani@amazon.co.jp アマゾンデータサービスジャパン所属 ソリューションアーキテクト お客様のAWS利用および周辺技術の支援 2
  • 33. Amazon Relational DatabaseService (RDS)とは 3
  • 34. Amazon RDS(MySQL)とは 2009年に登場した設定と運用が容易なクラウド 上でのRDBMSサービス マネージメントコンソールから設定済みでサイズ 変更可能なDBインスタンスをものの数分で起動 AWSが自動バックアップ、パッチ更新、レプリケ ーションおよびリードレプリカを管理 既存MySQLのアプリケーションとツールが利用 可能 時間単位の従量課金 (DBインスタンスのクラスと リージョンで価格は変動) 4
  • 35. RDS(MySQL) vs. Self-Managed数分で起動可能か?単一APIコールまたは数クリックでスケールが可能か?起動時に既に適切な設定がされているか?同期レプリケーションと自動フェイルオーバー(option)ポイントインタイムリカバリバックアップやクローンのためのDBスナップショットの管理ハードウェアや完全な環境の制御自動パッチ更新(option)既存MySQL製品との互換性コスト0でダッシュボード上にCPU/memoryなどのメトリクス 5
  • 36. Multi-AZとは AZ≒論理的なデータセンター単位 本番環境相当データベースのためのエンタープ ライズクラスのフォルトトレラントなソリューション Multi-AZとは? たった1度のAPIコールで、RDSが異なるアベイラビリテ ィゾーンに同期式のホットスタンバイを作成する機能 計画停止または何らかの障害による停止であっても 、RDSは作成したスタンバイに自動的にフェイルオー バーするのでお客様は即座にDBから読み書きできる 6
  • 37. Amazon RDS リードレプリカ リードレプリカとは特定DBインスタンスの読み込み 用のコピー 想定ユースケース リードのスケーリング、ビジネスレポート マルチAZの耐障害性の代替の機能ではない マルチAZとは異なり、MySQL本来の非同期レプリケ ーションをそのまま使う マルチAZとリードレプリカを併用はもちろん可能 7
  • 38. Amazon RDS on Oracle Database 11g 2011年Q2ロウンチ予定 Oracle Database 11g Release 2 Oracle Database SE1, SE, EE + オプションパック ライセンス持ち込み(BYOL) か 従量課金(時間単位) 初期はシングルインスタンスでレプリケーションなどは すぐに機能追加の予定 OracleVMのハードパーティショニングで稼働 8
  • 39. Amazon RDSプライシング 詳細なプライスは近日中に公開予定 複数ライセンスオプションが今後利用可能に 既存のOracleライセンス OracleまたはOracleパートナーから新規にOracleライセ ンスを購入 Amazonからの従量課金制での利用 Amazon RDSの2つのプライシングモデル オンデマンドな時間単位の従量課金モデル Amazon RDS リザーブドインスタンス 9
  • 40. Amazon RDSのOracleサポート ライセンス持ち込み(BYOL) RDS部分についてはAWSプレミアムサポート (インフラ 部分含む) AWSがパッチとアップグレードを管理 Oracleデータベースに関してはOracleサポートIDを使 ったOracle社のサポート 従量課金ライセンス RDS部分およびOracleに関してもAWSプレミアムサポ ートでカバー 10
  • 41. Oracle RDSの利点 即座にOracleが利用可能なので、ビジネスの投 入までの時間が劇的に改善する DBAの時間を煩雑なDBの管理から、より顧客の ビジネスそのものに注力できる Oracle EEをフィージビリティ検証などの初期段階 で従量課金で使うことが出来る。その後本番環 境ではBYOLに切り替えて使うことが出来る。 11
  • 42. Oracle RDSおよびOracle on AWSを お使いのお客様の一例 Amazon.comはOracle Secure Backup Cloud ModuleをリテールビジネスのDBバックアップで使 用している。 Client Experience Analytics (CXA)チー ムは顧客シミュレーションにRDSを使用している。 Capgemini はテストと開発でOracle E-Business Suite Financials をAWS上で使用している。 Advanced Innovationsはすべての Oracleアプリケ ーションとテクノロジプラットフォームをEC2上で展 開している Blue Geckoは SAGE Manufacturingで開発、テスト、 DRおよび本番環境でOracle E-Businessスイートを Amazon EC2上で使っている。
  • 43. まとめ OracleとAWSは強力なパートナーシップを築いている。全てのOracleプロダク トはOVMを使用したAmazon EC2上でライセンスのポータビリティが確保され る。データベース、Fusionミドルウェア、エンタープライズアプリケーションも含 みます。 E-Businessスイートとそのほかエンタープライズアプリケーションをお使いの企 業様はAWSを使うことで、デプロイにかかる時間を数日・数週間から、数分か ら数時間のオーダーへ削減することが可能です。 Oracle RDSは2011 Q2から利用可能な予定で、Oracleデータベース 11g SE1, SE, EEを柔軟なライセンスオプションで利用可能です。 Amazonクラウド上にOracleソフトウェアをデプロイすることで、Oracleユーザは プロダクションのワークロードでスケーラブルかつ堅牢でセキュリティが高く、 従量課金制なAWSサービス上でOracleをご利用になれます。
  • 44. ご静聴ありがとうございました ご質問等ございましたら、ブースまで または後日aws-jp-sales@amazon.co.jpまでご連 絡頂けますと幸いです 14
  • 45. backups 15
  • 46. 詳細情報Amazon Web Services - aws.amazon.comAmazon Elastic Compute Cloud – aws.amazon.com/ec2Amazon Relational Database Service – aws.amazon.com/rdsRunning Oracle on AWS – aws.amazon.com/oraclePre-configured Oracle AMIs – aws.amazon.com/amis/OracleOracle Secure Backup Cloud Module Product Page: http://www.oracle.com/us/products/database/secure-backup- 066578.html Documentation: http://download.oracle.com/docs/cd/E14812_01/welcome.html Data Sheet: http://www.oracle.com/technetwork/database/enterprise- edition/oracle-in-the-cloud-datasheet-1-133113.pdf?ssSourceSiteId=ocomen Download the latest version of the OSB Cloud Module from: http://rman.s3.amazonaws.com/osbws_install.jar 16

×