Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

クラウドサービスの基本的な事

896 views

Published on

Published in: Technology
  • Be the first to comment

クラウドサービスの基本的な事

  1. 1. クラウドサービスの基本的なこと 2012/09/15 ADempiere Japan Users Group Special Seminar (1stDay)
  2. 2. 自己紹介 喜田 光昭 (Mitsuaki Kida) 主に、ネットワーク・セキュリティ・サーバ系の 基盤を中心にお仕事しています Twitter @kidatti3 Facebook https://www.facebook.com/mitsuaki.kida.7
  3. 3. クラウドって何? 米国国立標準技術研究所http://csrc.nist.gov/publications/nistpubs/800-145/SP800-145.pdf
  4. 4. Cloud Computing5つの特性 On-demand self-service Resource pooling Broad network access Rapid elasticity Measured Service3つのサービスモデル IaaS PaaS SaaS4つの展開モデル Hybrid Cloud Private Cloud Community Cloud Public Cloud
  5. 5. Service Model
  6. 6. 定義とサービスの内容が合致しないものが増えてきています IaaSのPaaSっぽい利用も増加 (利便性Up) IaaS SaaS PaaS どちらかというと こちらに寄っていくことが多い
  7. 7. なるべくわかりやすいようにざっくりとしたイメージで書いています※厳密なところが違う点があります ご了承ください
  8. 8. Service Model IaaS PaaS SaaSUser Manage Application Application Application Middleware Middleware Middleware OS OS OS Server Server Server Network Network Network
  9. 9. IaaS OSから選べるのがメリット 自由にソフトを入れられるThe capability provided to the consumer is to provision processing, storage, networks, and other fundamentalcomputing resources where the consumer is able to deploy and run arbitrary software, which can includeoperating systems and applications. The consumer does not manage or control the underlying cloudinfrastructure but has control over operating systems, storage, and deployed applications; and possibly limitedcontrol of select networking components (e.g., host firewalls).
  10. 10. PaaS ユーザーの作ったプログラムを 動作させることができるThe capability provided to the consumer is to deploy onto the cloud infrastructure consumer-created oracquired applications created using programming languages, libraries, services, and tools supported by theprovider.3 The consumer does not manage or control the underlying cloud infrastructure including network,servers, operating systems, or storage, but has control over the deployed applications and possibly configurationsettings for the application-hosting environment.
  11. 11. SaaS 定型化されたアプリケーションサービス すぐに使えるのが特徴The capability provided to the consumer is to use the provider’s applications running on a cloud infrastructure2.The applications are accessible from various client devices through either a thin client interface, such as a webbrowser (e.g., web-based email), or a program interface. The consumer does not manage or control theunderlying cloud infrastructure including network, servers, operating systems, storage, or even individualapplication capabilities, with the possible exception of limited user-specific application configuration settings.
  12. 12. プライベートクラウド Private Cloud 自社のために オンプレミス(自社設備、自社運用)クラウドサービス もしくは、クラウドサービスを利用する 他社はアクセスできないClosedな環境 オンプレミスThe cloud infrastructure is provisioned for exclusive use by a single organization comprisingmultiple consumers (e.g., business units). It may be owned, managed, and operated by theorganization, a third party, or some combination of them, and it may exist on or off premises.
  13. 13. パブリッククラウド Public Cloud システムを丌特定ユーザが共用 クラウド提供者が管理する 細かな場所は公開されていない ユーザー立ち入り丌可The cloud infrastructure is provisioned for open use by the general public. It may be owned,managed, and operated by a business, academic, or government organization, or somecombination of them. It exists on the premises of the cloud provider.
  14. 14. コミュニティクラウド Community Cloud 複数の企業体などで利用する 同じ業種(建築、銀行)の会社 が利用したり、同じ業務で利 用することが多いThe cloud infrastructure is provisioned for exclusive use by a specific community of consumers fromorganizations that have shared concerns (e.g., mission, security requirements, policy, andcompliance considerations). It may be owned, managed, and operated by one or more of theorganizations in the community, a third party, or some combination of them, and it may exist on oroff premises.
  15. 15. ハイブリッドクラウドHybrid Cloud 複数のクラウドを組み合わせた呼び名 特色を生かしつつクラウド間の連携させて 利用することもあるThe cloud infrastructure is a composition of two or more distinct cloud infrastructures (private,community, or public) that remain unique entities, but are bound together by standardized orproprietary technology that enables data and application portability (e.g., cloud bursting for loadbalancing between clouds).
  16. 16. 海外生まれのクラウドは使える? 海外クラウドは各地に拠点を設置 (日本クラウドも海外拠点を増やす傾向) でも、日本にあるに越したことはない ただ、BCPの観点で海外に置きたい
  17. 17. 海外サービスの日本拠点2011/03 Amazon Web Services 東京リージョン(Asia Pacific Tokyo)2011/08/01 Microsoft Azure 東京(富士通,群馬県館林)2011/12/14 Salesforce.com 東京データセンタ(NTTコミュニケーションズ,神奈川)
  18. 18. 日本からのネットワーク遅延 100msec
  19. 19. 日本からのネットワーク遅延 100msec 200msec
  20. 20. 日本からのネットワーク遅延 100msec 200msec 300msec
  21. 21. バックアップの重要性今年最大の障害事件 「ファーストサーバデータ消失事件」 2012/6/20 データの消失 2012/6/21 リカバリーの失敗 被害顧客数 5,000件以上 ほとんどのデータ復旧丌可IaaSの場合、バックアップのサービスも用意されているほとんどが同一サービス上である。外部へバックアップを取る手段は別途考える必要がある。
  22. 22. SLA (Service Level Agreement) 一定の稼働率に達しなかった場合 利用料の一部を返還する契約が多いAmazon EC2 99.95%ニフティクラウド 99.95% 下回った場合はGMOクラウド 99.95% 月額の10% を減額Cloudn (NTTコム) 99.99%IDCフロンティア 99.995% ただし、申請が必要。勝手に割り引いてくれません。 5分以上継続して。。。 そもそも、落ちたことを何で判断するか。。。
  23. 23. クラウドサービスの大規模障害2011/4/21 Amazon ネットワーク系障害 ネットワーク設定変更にてネットワークの分断が発生。 多数のノードでレプリケーションが大量発生。2012/6/7 NIFTY Cloud 電源障害 電源短絡。UPS関連バックアップ働かず。2012/6/14 Amazon 電源障害 配電システムのケーブル障害が発生。
  24. 24. IaaS のライセンス≪OS≫ 一般的にライセンスは利用料に含まれています 自前で持っているライセンスを利用するのは難しい≪Database≫ 利用料で利用可能なサービスがあります 自前のライセンスを利用する場合、プロセッサ課金 となると高くつく事があります
  25. 25. 閉域網利用インターネットVPNや、商用のVPNサービス(IP-VPN、広域LAN)を利用して接続できるサービスがあります
  26. 26. おわりに。クラウドサービスの留意点 機能やサポート体制が異なるのでなるべくお試 しで利用する。なるべくベンダーロックインされ ないよう注意。 確実に消えてはいけないデータのバックアップ は自前で取得できる体制をとる SLAは目安にするまで、大事なのは内部体制

×