Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

【B dash】token salesプレゼン

1,013 views

Published on

token sales in Japan, regulation and rules applicable under Japanese regislation.

Published in: Business
  • Hello! High Quality And Affordable Essays For You. Starting at $4.99 per page - Check our website! https://vk.cc/82gJD2
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here

【B dash】token salesプレゼン

  1. 1. Copyright (c) 2017, Masakazu Masujima, All rights reserved. 1 Token Sales (ICO)について
  2. 2. Agenda Copyright (c) 2017, The Bank of Tokyo-Mitsubishi UFJ, All rights reserved. 2 1. Token Salesの現状 2. Token Salesの正体 3. Tokenの設計 4. 技術的側面
  3. 3. 1.Token Salesの現状 Copyright (c) 2017, Masakazu Masujima, All rights reserved. 3 2017年6月の時点で、直近12カ月でブロックチェーン関連企業がToken Salesによって調達した資金の総額がVCからの調達額を上回っている。 出典:https://www.coinschedule.com/stats.php  4月から6月まで、毎月100%以上の伸び  7月の時点での調達時価総額はUSD1BLを突破(USD1,253MM)、案件数は 93件、トップはTezosのUSD232,319,985
  4. 4. 1.Token Salesの現状 Copyright (c) 2017, Masakazu Masujima, All rights reserved. 4 出典:https://www.coinschedule.com/stats.php 仮想通貨全体の時価総額は、6月のピーク時で1,160億ドル 出典:http://coinmarketcap.com/charts/
  5. 5. 2.Token Salesの正体 Copyright (c) 2017, Masakazu Masujima, All rights reserved. 5 Tokenは、調達によって作られるプロダクトのネットワーク 価値(エコシステム全体の価値)を表章する  特定の資金調達目的のために行う  ネットワーク全体の価値を表す  インターネット上で行う(=国は関 係ない)  高い流動性  ボラティリティは大きくなりがち  特定の資金調達目的のために行う  事業体のキャッシュフローの割引現 在価値を表す  リアルで行う(=国ごとに規制)  低い流動性(非上場株式) TokenSecurities  プロジェクト全体のうちの「金稼ぎの 部分」だけが評価される  事業はグローバルでも国ごとの規制に 服する  「口座」の存在により胴元の下でしか 移転できない  プロジェクト全体が社会に与えた良い 影響(ソーシャル・キャピタル)も評 価される  現状は規制がない  P2Pで移転ができる(中間者不要)
  6. 6. 2.Token Salesの正体 Copyright (c) 2017, Masakazu Masujima, All rights reserved. 6 Token Salesはデジタルトークンのグローバルなクラウド ファンディング 正しくネットワークワーク効果を働かせて、プロジェクトのステークホル ダー(投資家、事業パートナー、エンドユーザー)を自ら構築しようとす るトークンエコノミーに巻き込むことが大切 Token End users community Supply chain/business partners community Token Investors community
  7. 7. 3.Token の設計 Copyright (c) 2017, Masakazu Masujima, All rights reserved. 7 Tokenのフィーチャーが有価証券、前払式支払手段に該当しない ように設計しなければならない やってはいけないこと <コインのフィーチャー>  配当がもらえる ⇒ 有価証券  ◯◯円分使える ⇒ 前払式支払手段(金額表示型)  ◯◯回分使える ⇒ 前払式支払手段(度数表示型) <売るときの振る舞い>  「将来は値が上がる」系のことを言う ⇒ 詐欺コイン  リアルで販売 ⇒ マルチ商法  トークンの購入を「投資」と言う ⇒ 投資型クラウドファンディング  そのほか、投資を連想させる言葉を使う 例)目論見書、ICO、投資ディスクレーマー
  8. 8. 4.技術的側面 Copyright (c) 2017, Masakazu Masujima, All rights reserved. 8 ブロックチェーン上で発行することになるので、まずは技術基盤 が必要 Distributed Ledger Protocol (consensus algorithm) Ether (token) Smart contract Token Smart contract Token Smart contract Token Blockchain Protocol Token App App App App <ブロックチェーンのレイヤーおさらい> この開発資金 を調達する、 が基本発想 EthereumであればERC-20
  9. 9. 4.技術的側面 Copyright (c) 2017, Masakazu Masujima, All rights reserved. 9 日本発のToken Salesプラットフォームの登場
  10. 10. 4.技術的側面 Copyright (c) 2017, Masakazu Masujima, All rights reserved. 10 COMSAのエコシステム  ビットコイン、Ethereum、NEMと3種類のパブリックブロックチェーンに対 応。複数の仮想通貨により資金を調達できる。  システム技術としてmijinにより構築したプライベートブロックチェーンを 採用。  トークンの発行技術として、Ethereum上のトークン技術ERC20、NEMの技術 であるMosaicを利用可能  仮想通貨交換業登録の準備中のZaifによる資金管理を実施  ICO協議会を設置し、ガバナンスを確保 既存の事業者による(ビジネスモデルができている≒キャッシュフローの 安定した)Token Salesを指向

×