Aws seminar-tokyo dan-jp-final-publish

1,825 views

Published on

0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
1,825
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
2
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Aws seminar-tokyo dan-jp-final-publish

  1. 1. クラウドがもたらす新潮流 –「黒船」をビジネスに生かせダン・パワーズアマゾン ウェブ サービス バイスプレジデント2011年4月6日
  2. 2. アマゾンが持つ3つのビジネス コンシューマー セラー(売り手)向け IT インフラ ビジネス ビジネス ビジネス数千万ものアクティブな アマゾンのウェブサイト ウェブスケールでのクラウド アカウント 上で販売 基盤の提供 自社小売ウェブサイトに Amazonの技術を利用 8カ国で展開 : 190以上の国において、数米国, 英国, ドイツ, 日本, アマゾンフルフィルメント 十万に及ぶ登録アカウントフランス, カナダ, 中国, センター(物流センター) イタリア の活用
  3. 3. アマゾン ドット コムが2000年当時年商27.6億ドルの企業であった時に必要なリソースと同等のものを AWSは毎日追加しています
  4. 4. ITのオールドワールド 巨額の資本支出 予算限度額での請求 ピーク需要を推測 新しいサーバが必要? 2~3カ月お待ち下さい! 差別化につながらない煩雑な作業
  5. 5. インフラの重要予測は困難 実際の利用コン 顧客満足度ピ の低下ュー 需要予測タパワー リソースを浪費 時 間
  6. 6. ITのニューワールド変動費実際の利用分のみ支払いシームレスにスケールアップし、必要なだけキャパシティを調達数百台、数千台であっても数分のうちに利用可能に限られたエンジニアリングリソースを顧客と自社の成長のために投入
  7. 7. よく利用される用途ウェブホスティングアプリケーションホスティング / SaaS ホスティング社内業務アプリケーションコンテンツ配信 / 動画配信高性能コンピューティング(HPC)、バッチプロセス、大量データ解析ストレージ、バックアップ、障害復旧対策開発・検証用環境
  8. 8. AWS プラットフォーム
  9. 9. クラウドのスケール: Amazon S3 の成長ピーク時のリクエスト数 2,620 億一秒当たり 200,000以上 1,020億 400億 140億 29億 Q4 2006 Q4 2007 Q4 2008 Q4 2009 Q4 2010 Amazon S3 が保管するオブジェクトの総数
  10. 10. 190カ国に及ぶ数十万のお客様
  11. 11. 日本のお客様
  12. 12. ビデオアプリケーションにおけるAmazon EC2利用例E 3日間で最大5,000C インスタンスに拡大2インスタ Facebook に対応ンスの数 4/12/2008 4/13/2008 4/14/2008 4/15/2008 4/16/2008 4/17/2008 4/18/2008 4/19/2008 4/20/2008
  13. 13. ウォール街の企業におけるAmazon EC2利用例 リスク解析の処理のために、3000サーバ稼働3000 - EC2インスタンスの数 週末は 300サーバのみ 300 - Wednesday Thursday Friday Saturday Sunday Monday Tuesday 4/22/2009 4/23/2009 4/24/2009 4/25/2009 4/26/2009 4/27/2009 4/28/2009
  14. 14. Netflix – メディア配信• インターネット経由の映画配信とDVDの郵送を行う 世界最大規模のサービス• 1400万以上の会員• 顧客向けと基幹のミッションクリティカルなインフラストラクチャの大部分を AWS上に移行 • 映画のトランスコーディング • 映画のメタデータを取得できるウェブサービス • ストリーミングの管理サービス
  15. 15. Bankinter – 銀行• BankinterはスペインのTOP6に入る銀行• クレジットリスク・シミュレーションのための並列演算 にAWSを利用• AWSにより、制限のない柔軟なコンピュータ処理能力を得た• 平均演算時間が、23時間から20分に
  16. 16. Recovery.gov - Government “Recovery.govをEC2で稼働することで、経営陣は2年間で$750,000 の 削減を予測している。2010年で $334,000 、2011年で$420,000。” -- Information Week “クラウドサービスを用いることで、連邦政府は素早く、安価に強力なテク ノロジーリソースにアクセスすることが可能となる。これにより、冗長なイン フラストラクチャの購入、設定、維持に労力を割くかわりに、ミッションクリ ティカルなタスクに集中することができる。 “ -- Vivek Kundra, Federal CIO Recovery.gov BusinessObjects Analytics
  17. 17. 拡大するパートナーエコシステム
  18. 18. 日本のソリューションプロバイダー
  19. 19. Oracle / SAPとの強力なパートナーシップ Oracle on AWS SAP on AWS•Oracle Virtual Machine上で稼働が • SAP自身が検証作業、トレーニング、開保証された全ての製品がEC2上で稼 発にAWSを広範囲に利用働保証 • SAPの顧客も開発環境、テスト環境に•Oracle / AWSからのサポート利用可 利用•Standard Licensing Policiesが適用 • CapGeminiとDeloitteが、AWSをSAP のProduction環境でデプロイするSAP•沢山のOracle製品のAMIが存在 Cloud Certificationを獲得済み
  20. 20. Amazon EC2上でのIBM製品 / Microsoft製品 IBM製品 on EC2 Microsoft製品 on EC2• DB2、 IBM Informix、 IBM Lotus • SQL Server を含むWindows Server Forms Turbo、 IBM WebSphereを含 をEC2上で稼働することで、必要な時 む沢山のIBM製品をEC2上で起動可能。 間のみデータベースサーバを利用可能• ライセンスの持ち込み(BYOSL: Bring • Windowsのオンデマンドインスタンス、 Your Own Software and License)も可 リザーブドインスタンスが利用可能 能 http://aws.amazon.com/jp/ibm/ http://aws.amazon.com/jp/windows/
  21. 21. 東京リージョンが利用可能に 米国 西部 米国 東部 ヨーロッパ アジア アジア(北カリフォルニア) (北バージニア) 西部 パシフィック (ダブリン) (シンガポール) パシフィック (東京) (CloudFront & Route 53) アッシュバーン アムステルダム 東京 ダラス ダブリン 香港 ロスアンゼルス フランクフルト シンガポール マイアミ ロンドン ニューアーク パリ ニューヨーク パロアルト シアトル セントルイス
  22. 22. 東京リージョンを使うメリットAWSの主要サービスや導入メリットはそのまま継承これまで使っていた米国やシンガポールリージョンと同様のサービスと導入メリットを東京リージョンでも利用可低いレイテンシー日本のエンドユーザ様の近くでアプリケーションの実行が可能データの保存場所データを確実に国内に保存プレミアムサポート日本語のプレミアムサポートを利用可能に
  23. 23. クラウドランキングで第一位 (IaaS/Paas) AWSは2011年クラウドランキ ングで、IaaSとPaaSのエリア で1位にランク (ITPro、日経コンピュータ)
  24. 24. クラウドベンダーを選択する上での注意点 クラウドでの実績があること フレキシビリティがあること 顧客の声を聞き、素早く対応していること 顧客のために継続的な価格低減努力をしていること 薄利多売のビジネスを確実に継続できていること
  25. 25. 本日は、ご講演ありがとうございます! 菅原 元気 様 堀内 康弘 様 近藤 純司様 安田 崇浩 様 内原 章様 福垣内 孝造 様 後藤 和貴 様 入江 宏志 様 新井 啓太 様
  26. 26. ありがとうございました! ダン・パワーズdpowers@amazon.com

×