Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

CloudFormation Getting Started with YAML

4,694 views

Published on

2017/11/14 JAWS-UG アーキテクチャ専門支部で発表した内容です

Published in: Technology
  • Hi there! I just wanted to share a list of sites that helped me a lot during my studies: .................................................................................................................................... www.EssayWrite.best - Write an essay .................................................................................................................................... www.LitReview.xyz - Summary of books .................................................................................................................................... www.Coursework.best - Online coursework .................................................................................................................................... www.Dissertations.me - proquest dissertations .................................................................................................................................... www.ReMovie.club - Movies reviews .................................................................................................................................... www.WebSlides.vip - Best powerpoint presentations .................................................................................................................................... www.WritePaper.info - Write a research paper .................................................................................................................................... www.EddyHelp.com - Homework help online .................................................................................................................................... www.MyResumeHelp.net - Professional resume writing service .................................................................................................................................. www.HelpWriting.net - Help with writing any papers ......................................................................................................................................... Save so as not to lose
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here
  • Dating for everyone is here: ❤❤❤ http://bit.ly/2F90ZZC ❤❤❤
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here
  • Follow the link, new dating source: ❶❶❶ http://bit.ly/2F90ZZC ❶❶❶
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here

CloudFormation Getting Started with YAML

  1. 1. © 2017, Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. アマゾンウェブサービスジャパン株式会社 ソリューションアーキテクト ⼤村 幸敬 2017/11/14 JAWS-UG アーキテクチャ専⾨⽀部 CloudFormation Getting Started with YAML
  2. 2. © 2017, Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. Who am I ? ⼤村 幸敬(おおむら ゆきたか) Amazon Web Services Japan Solution Architect 好きなサービス: AWS CLI 運⽤の現場をもっと楽にしたい 興味のある領域: ITインフラ×アジャイル B & E 2
  3. 3. © 2017, Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. 今回検討したいこと • エンジニアが気軽にテンプレートを書きはじめるための 情報を整理する • ある運⽤を⾏うために適切な テンプレート設計(分割)の指針を考える • CFnによる運⽤が適合する アーキテクチャおよび利⽤シーンを考える
  4. 4. © 2017, Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. Agenda 1. CloudFormation YAMLテンプレート作成の基礎 2. CloudFormationによる環境構築の例 1. 100⼈ハンズオン⽤に環境を作る 2. 継続運⽤可能なWeb3階層アーキテクチャを作る
  5. 5. © 2017, Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. CloudFormationとは • BlackBelt(オンラインセミナー)の資料を参照のこと https://www.slideshare.net/AmazonWebServicesJapan/aws-black-belt-online-seminar-2016-aws-cloudformation 参考:他のサービスの資料も多数あります→ https://aws.amazon.com/jp/aws-jp-introduction/
  6. 6. © 2017, Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. CloudFormation YAMLテンプレート作成の基礎
  7. 7. © 2017, Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. テンプレートを書く 1. YAMLおさらい 2. エディタによるサポート 3. テンプレートの基本構造 4. テンプレートの作りかた
  8. 8. © 2017, Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. 1. YAMLおさらい
  9. 9. © 2017, Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. YAMLおさらい • オフィシャルドキュメントではJSONも併記されているが ここでは書きやすさを重視して 徹底的にYAMLを使うことを考える • YAML書式のポイント • 配列とハッシュ • フロースタイルとブロックスタイル • 型 • 複数⾏の⽂字列 より多くの仕様はあるが、CFnで使うならここで⽰した内容を理解すれば⼗分 YAMLの詳しい情報→ http://magazine.rubyist.net/?0009-YAML
  10. 10. © 2017, Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. 配列とハッシュ 配列 ハッシュ - aaa - bbb - ccc 配列のハッシュ abc: value1 def: value2 ghi: value3 abc: - aaa - bbb - ccc def: - eee - fff - ggg ハッシュの配列 - abc: value1 def: value2 - ghi: value3 jkl: value4 [ {"abc": "value1", "def": "value2" }, {"ghi": "value3", "jkl": "value4" } ] • インデントでデータ構造を表す { "abc": "value1", "def": "value2", "ghi": "value3”} [ "aaa", "bbb", "ccc"] { "abc": [ "aaa", "bbb", "ccc" ], "def": [ "eee", "fff", "ggg" ]} ※枠外はJSON表記
  11. 11. © 2017, Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. ブロックスタイルとフロースタイル ブロックスタイル - aaa - bbb - ccc abc: value1 def: value2 ghi: value3 • 複数⾏表記と1⾏表記 • 通常はブロックスタイルを使う • 1⾏にまとめたい部分のみフロースタイルがおすすめ [aaa, bbb, ccc] {abc: value1, def: value2, ghi: value3 フロースタイル
  12. 12. © 2017, Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. 型 • YAMLは次のデータ型を⾃動的に判断する • 整数 / 浮動⼩数点 / 真偽値 (true, false) ⽇付 / タイムスタンプ • 上記以外は⽂字列として認識 • ⽂字列を明⽰するにはダブルクォートやシングルクォート • 型指定の使い⽅ • 書きやすくするには極⼒クォートを使わない • テンプレートバージョン指定くらい • JSONからツール変換するとクォートの有無がまちまちなので注意 • オフィシャルドキュメントのサンプルでは 必ずしもクォートが必要でないものにも付いている場合がある CFnはこれでも問題なし
  13. 13. © 2017, Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. 複数⾏の⽂字列の扱い • ⽂字列にもブロックスタイルがある • UserDataを書く場合に便利 text1: hogera hogehoge foobar パイプがないと改⾏が 削除される text1: | hogera hogehoge foobar パイプを書くことで 改⾏が保持される hogera hogehoge foobar hogera hogehoge foobar ※枠外に実際に得られる⽂字列を⽰した
  14. 14. © 2017, Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. 2. エディタによるサポート
  15. 15. © 2017, Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. エディタによるサポート • YAMLは書きやすいがツールによる書式チェックは必要 • 加えてaws cloudformation validate-templateも • お好きなエディタで • ハイライト • フォーマッティング • ⽂法チェック • ⾃動補完 • 参考:CloudFormation Designerでは • JSONでプロパティを書く際に Ctrl-Spaceで属性をサジェスト可能 例:emacsの場合、以下のような機能を使っています yaml-mode, fly-check, highlight-indentation, auto-complete http://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AWSCloudFormation/latest/UserGuide/working-with-templates-cfn-designer-json-editor.html 会場では vim、VS Code等を使っていると意⾒あり
  16. 16. © 2017, Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. 3. テンプレートの基本構造
  17. 17. © 2017, Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. テンプレートの基本構造(全体) テンプレートバージョン(固定) 説明 (Description) AWSリソース (Resource) 出⼒ (Outputs)個々のリソース ※左記テンプレートから作られる環境
  18. 18. © 2017, Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. テンプレートの基本構造(リソース) リソース論理名 テンプレート内で参照する情報 実際に作られるリソースの名前は これと異なるもの(物理名)が設定される (別途指定が可能) タイプ (Type) どのAWSリソースを作るか プロパティ (Properties) リソースの設定値
  19. 19. © 2017, Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. テンプレートの基本構造(Outputs) スタックの外へ情報を出すために使う (Exportについては後ほど説明)
  20. 20. © 2017, Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. テンプレートの基本構造 (Parameter) パラメータ(Parameter) スタック作成時に指定可能な変数を定義 個々のパラメータ定義 !Ref 関数を使⽤して参照(後述) aws cloudformation create-stack --stack-name yaml-stack-aurora --template-body file://yaml-aurora.yaml --capabilities CAPABILITY_IAM --parameters ParameterKey=SecStackName,ParameterValue=yaml-stack2-nw ParameterKey=BaseStackName,ParameterValue=yaml-stack2 ParameterKey=DBPassword,ParameterValue=dbpassword ParameterKey=DBUser,ParameterValue=dbuser パラメータ付きでスタックを作るCLIコマンドの例
  21. 21. © 2017, Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. スタック間の情報連携 (Cross Stack Reference) ②別のスタックから参照可能な値が エクスポートされる ①Exportを使って他のスタックから 参照したい値をエクスポート 例:セキュリティグループID ③ImportValue関数を使って 値を参照する 会場から、NestedStackもあるが、各スタックが独⽴してい るCrossStackReferenceのほうが運⽤しやすいと意⾒あり
  22. 22. © 2017, Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. 組み込み関数 • テンプレートの記述に使える関数 • 全15種 http://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AWSCloudFormation/latest/UserGuide/intrinsic-function-reference.html • 記法は 完全名の「Fn::xxx」と短縮形の「!xxx」の2つ • 短縮形を使う⽅が記述がシンプルになる • 短縮型呼び出しに短縮形引数を指定できないため ⼀部では完全名のほうがよく使われる • よく使う関数 • 値を参照する !Ref, !GetAtt • ⽂字列を加⼯する !Sub • AZを取得する !GetAZs • エクスポート値取得 Fn::ImportValue • Base64エンコード Fn::Base64 会場から、!FindInMap や !If などの条件分岐もよく 使うと意⾒あり。ここではテンプレートを複雑にしな いという⽅針で関数を紹介しました。テンプレートを どこまで汎⽤的にするかは多様な考え⽅があります。
  23. 23. © 2017, Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. 組み込み関数の使⽤例 !Ref • テンプレート内の論理名から物理名(ID)を参照する • 返る値はリソースによって異なる リソースのリファレンスで確認 !GetAtt • リソースが持つ属性値を取得する • 属性値はリソースによって異なる • リソースのリファレンスで確認 !Sub • 本来は⽂字列内の変数を指定した値で置き換える関数 • ${xxx}で指定した変数(パラメータ、論理名、属性)の 展開を⾏う⽤途でもよく使われる !Select • 配列内の要素を選択する • 例: !Select [ 1, [ apples, grapes, oranges, mangoes] ] は grapes を返す !GetAZs • AZ名を取得する • 引数がない場合はすべてのAZの配列を返す 会場から、⽂字列⽣成は !Join もよく使うという意⾒あり。 プログラマにはこちらのほうが馴染み深いとのこと。
  24. 24. © 2017, Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. 4. テンプレートの作りかた
  25. 25. © 2017, Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. どうやってテンプレートを書くか • マネジメントコンソールで作った環境からバックポート • CloudFormerを使⽤して構成済み環境からテンプレートを⽣成→YAMLへ変換 • YAMLへの変換には cfn-flip がオススメ( https://github.com/awslabs/aws-cfn-template-flip ) • 即値を含むため⼿で直さなければいけないところが多い / CloudFormerが未対応リソースもある • →リファレンスを⾒ることになる • CLIで出⼒→YAMLへ変換 • 例: aws rds describe-db-instances | ruby -ryaml -rjson -e 'puts YAML.dump(JSON.parse(STDIN.read))' • →必要な部分だけを抽出するためにリファレンスを⾒ることになる • サンプルコード&スニペットから使える部分を抽出する • https://aws.amazon.com/jp/cloudformation/aws-cloudformation-templates/ • awslabs (https://github.com/awslabs ) や ソリューションテンプレート もお すすめ • →⾃分⽤に加⼯するためにリファレンスを⾒ることになる • リファレンスを⾒ながら⼿で書く • 試⾏錯誤はあるが結局これが⼀番書きやすい
  26. 26. © 2017, Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. CFnテンプレート作成のリファレンス • AWSリソース(まずはここ 作成可能なすべてのリソースの情報) http://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AWSCloudFormation/latest/UserGuide/aws-template-resource-type-ref.html • リソースプロパティ(リソースの中で指定できる特定の情報の集まり) http://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AWSCloudFormation/latest/UserGuide/aws-product-property-reference.html • 組み込み関数 http://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AWSCloudFormation/latest/UserGuide/intrinsic-function-reference.html • 疑似パラメータ(テンプレートの中で利⽤可能な定義済み変数) http://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AWSCloudFormation/latest/UserGuide/pseudo-parameter-reference.html • 属性(⼀部のリソースにのみ設定可能な更新、削除時の挙動設定) http://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AWSCloudFormation/latest/UserGuide/aws-product-attribute-reference.html
  27. 27. © 2017, Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. CFnテンプレート作成のリファレンス • AWSリソース(作成可能なすべてのリソースの情報) http://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AWSCloudFormation/latest/UserGuide/aws-template-resource-type-ref.html • 構⽂ / プロパティ / 戻り値 / 例 が記載されている 構⽂ プロパティ 戻り値 !Ref 論理名 で参照できる値 !GetAtt 論理名.xxx で参照できる値 Propertiesに指定する値の詳細Resource内に記載する内容
  28. 28. © 2017, Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. CFnスタックを作る • テンプレート作成中はスタック作成とRollbackの繰り返し →C L I ! C L I ! • マネジメントコンソールでもよいが都度パラメータ指定が⾯倒 • とはいえコマンドが⻑いのも⼊⼒が⼤変 • 簡単なヘルパースクリプトを作ることをオススメします aws cloudformation validate-template --template-body file://yaml-aurora.yaml aws cloudformation create-stack --stack-name yaml-stack-aurora --template-body file://yaml-aurora.yaml --capabilities CAPABILITY_IAM --parameters ParameterKey=SecStackName,ParameterValue=yaml-stack2-nw ParameterKey=BaseStackName,ParameterValue=yaml-stack2 ParameterKey=DBPassword,ParameterValue=dbpassword ParameterKey=DBUser,ParameterValue=dbuser aws cloudformation describe-stack-events --stack-name yaml-stack-aurora –query 'reverse(StackEvents[])’
  29. 29. © 2017, Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. CFnスタック管理⽤ヘルパースクリプトを作る • よく使うコマンドを簡単に使えるようにしておく • 作成 / 更新 / 削除 / 状態確認 / validation 例: cfn-update.sh #!/bin/sh mode=$1; shift stack_name=$1; shift template=$1; shift if [ "$mode" != "create" -a "$mode" != "update" ]; then echo "$0 (create|update) stack-name template-name [param1=val2 param2=val2 ...]”; exit 1 fi params=$(echo $* | perl -np -e "s/([^= ]+)=([^ ]+)/ParameterKey=¥1,ParameterValue=¥2/g") if [ "$params" != "" ]; then params="--parameters ${params}” fi cmd="aws cloudformation ${mode}-stack --stack-name ${stack_name} --template-body file://${template} --capabilities CAPABILITY_IAM $params” echo ${cmd} eval ${cmd} 使用例 ./cfn-validate.sh yaml-eip.yaml ./cfn-update.sh create yaml-stack-r53 yaml-r53.yaml ./cfn-update.sh create yaml-stack-eip yaml-eip.yaml R53StackName=yaml-stack-r53 ./cfn-status.sh yaml-stack-eip -v
  30. 30. © 2017, Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. テンプレートを書く(まとめ) 1. YAMLおさらい 2. エディタによるサポート 3. テンプレートの基本構造 4. テンプレートの作りかた
  31. 31. © 2017, Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. CloudFormationテンプレートの例
  32. 32. © 2017, Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. CloudFormationテンプレートの例 • 100⼈ハンズオン⽤に環境を作る • 継続運⽤可能なWeb3階層アーキテクチャを作る
  33. 33. © 2017, Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. 100⼈ハンズオン⽤に環境を作る 要件 • 100名同時にAWSのハンズオンをしたい • AWSのマネジメントコンソールに⾃分だけのIDでアクセス • VPC環境が⾃分専⽤にあらかじめ⽤意される • VPC上にEC2インスタンス等を構築する
  34. 34. © 2017, Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. 100⼈ハンズオン⽤に環境を作る(例) 親アカウント ⼦アカウント (10個) us-east-1 ap-northeast-1 … 各リージョンの EC2のみ操作可能な IAMユーザ 10のアカウントの 10のRegionに それぞれ VPC環境を⽤意 CLIを使ってシェルスクリプトで実装 ・Organizationsで⼦アカウントを作成 ・⼩アカウントにはAssumeRoleでのみアクセス ・⼦アカウントにStackSet実⾏⽤のRoleを作成 Cloudformation StackSetを使⽤ ・各アカウント作成する10のIAMユーザと IAMポリシーはスクリプトで⾃動⽣成 ・全アカウントのus-east-1に対しStackSetで展開 Cloudformation StackSetを使⽤ ・VPC作成テンプレートを 全アカウントの全リージョンに対し StackSetで展開 ・OrganizationsはCFn未対応 ・StackSet実⾏のため各アカウントに以下のRole作成が必要 - AWSCloudFormationStackSetAdministrationRole - AWSCloudFormationStackSetExecutionRole user001〜10を作成 & pw設定 CFn Template内ではLoopを書けないため 10⼈分のyamlを⽣成し各リージョンに設定 EC2のみIAMポリシーのConditionで操作可能 なリソースのリージョンを制限 当時はStackSet内のStack数制限が50であり、3つのStackSet に分けて構築。 現在は200まで拡張されたので⼀発で構築可能 余談:ハンズオンで作成したVPC上のリソースはCFn管理下で ないため、別途全環境を操作可能なシェルスクリプトを使って 状態確認&クリーンナップを実施
  35. 35. © 2017, Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. 継続運⽤可能なWeb3階層アーキテクチャを作る(例) BasionAP AP • 本番環境以外に同様の構成の 開発・ステージング環境を作る • サービス提供ホスト名とBasion (踏み台)ホスト名はバックエンド を変えた場合でも維持する • APサーバ(アプリケーション) 更新時もDBは変更しない(ステート レス・ステートフル分離) • セキュリティ設定(アクセス制御) は別の専⾨チームが⾏う • 踏み台ホストには作業データを残す ためのDataVolume(EBS)をつける • RDS、DataVolumeは削除の際ス ナップショットを作成するSecurity Group ALB サービス提供公開ホスト名 EIP&公開ホスト名 Public Subet1 Private Subet1 Private Subet2 Public Subet2 Auto Scaling Group IAM Role & Policy Hosted Zone DataVolume
  36. 36. © 2017, Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. 継続運⽤可能なWeb3階層アーキテクチャを作る • 分割⽅針 • ステートレス / ステートフルは別スタックとする • 外部インターフェースと内部コンポーネントは別スタックと する • ライフサイクルが異なるものは別スタックとする • 管理主体が異なるものは別スタックとする • スタック間の連携はCrossStack Referenceを使⽤する
  37. 37. © 2017, Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. 継続運⽤可能なWeb3階層アーキテクチャを作る(例) Basion AP ALB サービス提供公開ホスト名 EIP&公開ホスト名 Public Subet1 Private Subet1 Private Subet2 Public Subet2 Auto Scaling Group LB⽤ SG AP⽤ SG DB⽤ SG Basion⽤ SG HostedZone テンプレート(=スタック)分割例 ・CrossStack Reference変数名は スタック名-xxx とし、 複数の環境を構築した場合もコンフリクトしないよう設定 ・スタック作成時の依存関係はシェルスクリプトで記載
  38. 38. © 2017, Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. 継続運⽤可能なWeb3階層アーキテクチャを作る(例) Basion AP ALB サービス提供公開ホスト名 EIP&公開ホスト名 Public Subet1 Private Subet1 Private Subet2 Public Subet2 Auto Scaling Group LB⽤ SG AP⽤ SG DB⽤ SG Basion⽤ SG HostedZone 考えられる検討事項(参考として) スタック間の依存関係やスタック作成時に指定するパラメータをどこ かに記述しなければいけない。シェルスクリプト? HostedZoneを⼀度消してしまうとレジストラへNSの登録変 更が必要になるので注意。通常消すことはまず無い。 この構成の場合、開発・ステージング・本番それぞれにドメイ ンを取得することになる。⼀⽅でドメインを1つにする場合は HostedZoneは1つだけ作成し、それぞれの環境で異なるホス ト名を使う必要がある。 ベースネットワークスタックを作るのはよくある構成 各システムごとに環境を払い出す場合に使われる。 セキュリティポリシーを統⼀的に管理したい場合や専⾨チームによる統制を⾏う場合はスタックを分ける ⼀⽅で開発および運⽤中の細かな⽳あけに部⾨間の調整が発⽣することの対応は検討が必要。 ホスト名の情報は⼀元管理したほうがよいが、実際はリソースに紐 づく情報である。⼀元管理を優先してレコードセット管理⽤スタッ クとするか、このようにリソースに紐付けた形とするか。 IAMロールはサーバの役割に強く依存し、変更トリガは開発側 にあるので同じスタックとした。別環境で同じ内容のロールが 作られることになるが、削除の際の依存関係を無くしたいため この構成としている。⼀⽅でセキュリティ統制上は別スタック としたほうが管理主体を別にしやすい。 ステートフルなDBとステートレスなAPはライフサイ クルが異なりスタックを分ける⽅がよい。アプリケー ションのデプロイ⼿法がインプレースアップデートで あればこのスタック内の設定変更でよいが、 BlueGreenデプロイを⾏いALBも変更するような場合 はスタック間の参照に不整合がでないよう対応が必要 DBのログイン情報をスタック作成時にどのように安全に渡 すか?別途SSM Parameter Storeにデータを⼊れ、CLIから 渡す⽅法がある。CFnのParametersで⾒えてしまうことに ついては「NoEcho」プロパティを設定することでCLIやマ ネジメントコンソールから⾒えなくなる。 作成したリソースをどこまで使いまわすか?IAMRoleや SecurityGroupは使い回しも可能だが、環境(システム)を跨いで利 ⽤すると想定外の依存関係が発⽣して削除で困ることもある。 EC2にDeletionPolicyを設定できないため、削除時に ⾃動的にスナップショットは取得できない。EBSの データを保全する場合は別途データディスクをつけ、 DeletionPolicyの設定が必要。 RDSにDeletionPolicyの設定は必須。snapshotかretain。
  39. 39. © 2017, Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. まとめ 1. CloudFormation YAMLテンプレート作成の基礎 2. CloudFormationによる環境構築の例 1. 100⼈ハンズオン⽤に環境を作る 2. 継続運⽤可能なWeb3階層アーキテクチャを作る ここで紹介したのは検討のためのサンプルです。 みなさんの環境、体制、ポリシー、アーキテクチャによって最適な⽅ 法は変わります。運⽤におけるツールはCloudFormationだけではな く、またCloudFormationの使い⽅に唯⼀のベストな解はありません。 まずはご⾃⾝でお試しいただき、よりよいCloudFormationの活⽤ノ ウハウを検討してみてください。
  40. 40. © 2017, Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. Thank You!

×