Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

横浜アクションプランナー(YAP)/よそものとしての地域参加のありかた

595 views

Published on

コミュニティ運営につきものの悩み。試行錯誤しながら運営してきて気付いた3つの大事なポイントの共有です。
▼横浜アクションプランナー ⇒ http://yokohama-ap.jp/

Published in: Government & Nonprofit
  • Be the first to comment

横浜アクションプランナー(YAP)/よそものとしての地域参加のありかた

  1. 1. よそものとしての 地域参加のありかた 社会人の地域活動サークル YAPの活動によせて
  2. 2. 自己紹介:斎藤 百合恵 ❏ code for kohoku 副代表 ❏ 横浜アクションプランナー(YAP) 二代目代表 ❏ 職業:ITエンジニア ❏ 社会を支える非営利活動をテクノロジーで もっとよくしたいと考えてる人 @ysaitoh_t
  3. 3. 自己紹介:YAP ❏ 社会人の地域参加の入り口をつくる ❏ 地域活動したい社会人が運営するサークル ❏ 横浜市周辺のNPO・非営利団体5~6団体と 支援プロジェクト、交流イベントを運営
  4. 4. 【今日話したいこと】 新しい人に 参加してほしい問題
  5. 5. ブリゲード運営者の悩み ❏ 参加者がいつも同じ人ばかりで マンネリ化・・・ ❏ 課題を持っている人とつながりたい・・・ ❏ シビックテックを知らない人に活動の意義が 伝わらない・・・
  6. 6. YAP運営で試行錯誤してきたポイント ❏ 未来の「仲間」をちゃんと定義する ❏ 「新しい人」の共感ポイントを捉える ❏ 私たちが何をしたいかを言語化する
  7. 7. “【今日話さないこと】 「地元のNPOと連携したいけど繋がれない」 「課題を持っている人にシビックテックを 知ってもらいたいけど伝わらない」 「お楽しみイベントの運営で疲弊してしまって 本当にやりたいことにリソースを割けない」 あとで話しかけてください! @ysaitoh_t
  8. 8. 未来の「仲間」をちゃんと定義する よくある落とし穴 どんな人が「仲間」になってほしいのかが曖昧な まま、(とりあえず)若い人に来てほしいと思っ ている
  9. 9. 未来の「仲間」をちゃんと定義する 「(ふわっとしたイメージで)若い人」 ⇒学生?20代?30代?地元の人?地縁のない人? 興味関心は?普段接するメディアは? アウトドア派?インドア派? 新しいもの好き?保守的?
  10. 10. 未来の「仲間」をちゃんと定義する YAPのターゲット 20~40代の雇われ人(サラリーマン、施設職員) ちょっと保守的(レイトマジョリティ寄り) 地縁のない人 横浜出身、横浜が好き 職場以外の自己研鑽、 社会貢献の場を求める プライベートの時間を 楽しむ手段を求める
  11. 11. 「新しい人」の共感ポイントを捉える その人は何を探してる? どんなキーワードを知っている?
  12. 12. 「新しい人」の共感ポイントを捉える よくある落とし穴 来てほしい人が知らない言葉でPRしてる
  13. 13. 「新しい人」の共感ポイントを捉える YAPのキーワードはふたつ 地縁のない人 横浜出身、横浜が好き 職場以外の自己研鑽、 社会貢献の場を求める プライベートの時間を 楽しむ手段を求める プロボノ 地域で遊ぶ (ボランティア)
  14. 14. 地域参加 デザイン こどもと遊ぶ 酒米作り サンタになっ てゴミ拾い 泥んこバレー 三崎のまぐろ 食べようプログラミング プロジェクト 運営 プロボノ 地域で遊ぶ(ボランティア) 横浜珍百景
  15. 15. 私たちが何をしたいかを言語化する 結局あなたたちは何者なんですか?
  16. 16. 私たちが何をしたいかを言語化する よくある落とし穴 ❏ シビックテックとは…という座学や code for Americaや5374の話からはじめる ❏ 「みんながやりたいことをやるのがこのブリ ゲードだよ」で思考停止する
  17. 17. 私たちが何をしたいかを言語化する YAPが落とし穴から抜けたとき みんなやりたいことは違うけど、 共通点を言語化した ⇒「地域活動」 YAPの思う「地域活動」の定義から 外れないように活動を見直した ⇒「これ、やってる意味あるの?」が減った
  18. 18. 誰かのお役に立てれば嬉しいです! ❏ 未来の「仲間」をちゃんと定義する ❏ 「新しい人」の共感ポイントを捉える ❏ 私たちが何をしたいかを言語化する

×