Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

和菓子の販売促進施策について

若い人の食習慣に基づき、昼食に和菓子を導入することがいいのではないかと思います。

  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

和菓子の販売促進施策について

  1. 1. 和菓子の販売促進施策について <課題> 和菓子を若い世代が食べない理由を特定し、若い世代が和菓子を食べるよう になる施策を考えよ。 <定義> 課題に自由度が高いため、回答側で定義を決めてから議論を進める必要があ る。今回は自分が課題を解きやすいように、以下のように設定した。 「課題を出すクライアント」 ●地域に根付いており、中堅規模の老舗企業 「若い世代」 ●30 歳未満の男女 「和菓子」 ●生菓子で芸術的な観点にも配慮した日本の伝統的な商品 <和菓子の特徴> ●和菓子には上菓子、京菓子などがあり、参考資料にも記載されているよう に城下町や古都において支出額が高いことから分かるように、地域に土着した 商品である。 ●歴史をさかのぼると、和菓子は本来、抹茶や緑茶とのセットで提供される 商品であり、茶の渋みに合わせて甘みを強くしてある。 ●生菓子のため日持ちがせず、鑑賞にふさわしい芸術的な商品のため、機械 による制作は難しい。 <日本の食生活の背景> ● 農林水産省の「食料消費・食生活と食品産業」から抜粋すると、 「戦後の極度に困難な食料事情のもと、米国からの援助小麦粉によるパンの 完全給食が実施されてから洋食への憧れが高まり、その後の高度経済成長に
  2. 2. 伴い、果物、肉類、牛乳の消費が大きく伸び、食の洋風化が進んだ」ことが 分かる。 ●大阪府立大学の論文「だしの嗜好と子供の頃および現在の食習慣との関係」 から抜粋すると、 「子供の頃に日本の伝統食品を摂取した経験が多いと、成長した後も日本の伝 統食品を食べる習慣が身につくことが示され、子供の頃の食経験が成長後の食 習慣や味覚に影響を及ぼす」ことが分かる。 同研究では、 「食の欧米化によって、日本の食文化の継承が急速に途絶えつつある」とも 述べている。 ● 農林中央金庫の「現代の20代の食生活・食の安全への意識」によると、 「20代の若者は朝食を抜く割合が高く、食べる人では洋食の割合が多い。昼 食は、購入か外食がほぼ全てであり、メニューは和食の方が洋食を上回 っている。夕食は家族に作ってもらうか外食の割合が多く、メニューは肉類 が多くなっている。」 <和菓子が食べられなくなった原因の考察> 以上の事実に基づき、考察を行うと、 ① の洋風化が起こる 食 ⇩ ②食習慣の変化により、和菓子に必要な抹茶が飲まれなくなる ⇩ ③ 食、和菓子が好まれなくなる 和 ⇩ ④ 生活の習慣が変化し、 食 子供時代に日本の伝統的食事を経験した者が 減少 ⇩ ⑤若い世代で和菓子が食べられなくなる という状況が発生したと考えられる。 <和菓子の現状>
  3. 3. ・現在、若い世代はどのような状況で和菓子を食べているのか? ⑴地方に観光に行った際に旅行の記念で食べる ⑵旅行のお土産として購入する つまり、若者の中で和菓子は非日常の際、特に日本的な体験をする時に食べ る特別なものという認識がされている。 取るべき施策の方向性としては 和菓子を日常的に食べるものへと認識を変える、または和菓子への接点を増 やす施策である <施策> ・ 短期的施策 現状を分析すると、若い世代は昼食の摂取率が極めて高く、昼食を抜く人は ほとんど存在しないこと、かつ昼食のメニューには和食が多いことから、昼 食に和菓子をセット販売すると効果が高いと考えられる。 ・ 長期的施策 上記の論文より、子供の頃に日本食に接する機会が増加するほど、日本食を 摂取する習慣が身に付くため、小学校の給食のメニューに導入するために学 校に営業をかける。

×