Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

アート思考の広報戦略 CI・CSR・PR計画の三位一体モデル原則

413 views

Published on

西田篤史 (渋都市株式会社)

Published in: Business
  • Be the first to comment

アート思考の広報戦略 CI・CSR・PR計画の三位一体モデル原則

  1. 1. アート思考の広報戦略思考の広報戦略の広報戦略広報戦略 CI・CSR・PR計画の三位一体モデル原則の広報戦略三位一体モデル原則モデル原則原則 西田篤史 (渋都市株式会社) 参考の広報戦略文献 『三位一体モデル原則モデル原則』(中沢新一) [ほぼ日ブックス日ブックスブックス] 『世界のビジネスリーダーがアートから学んでいること』の広報戦略ビジネスリーダーがアートから学んでいること』アート思考の広報戦略から学んでいること』学んでいること』んでいること』』 (ニール原則・ヒンディ) [クロスメディア・パブリッシング]
  2. 2. 自己紹介。 CI・CSR・PR計 画の三位一体モデル原則担当の西田です。 の広報戦略西田です。
  3. 3. 1986年生まれ。 富山県出身。 出版まれ。 富山県出身。 出版富山県出身。 富山県出身。 出版出版 社勤務を経て、 を経て、 経て、 て、 富山県出身。 出版2013年よりカルカル チュラル・ネットワーク/コレク ティブ 富山県出身。 出版 富山県出身。 出版「渋家」 に所属し、 領域を渋家」 富山県出身。 出版に所属し、 領域を所属し、 領域をし、 富山県出身。 出版領域をを経て、 問わず、 企画やコーディネート、 マわず、 富山県出身。 出版企画やコーディネート、 マやコーディネート、 マコーディネート、 富山県出身。 出版マ ネジメント、 富山県出身。 出版広報などを行う。 などを経て、 行う。 う。 富山県出身。 出版 アート領域をでは 富山県出身。 出版「渋家」 に所属し、 領域をTAV 富山県出身。 出版GALLERY」 富山県出身。 出版 (2014-) 富山県出身。 出版、 富山県出身。 出版「渋家」 に所属し、 領域を美学校ギグメンタ」 ギグメンタ」 富山県出身。 出版 (2015, 富山県出身。 出版2016) 富山県出身。 出版、 富山県出身。 出版「渋家」 に所属し、 領域をTRANS 富山県出身。 出版ARTS 富山県出身。 出版 TOKYO」 富山県出身。 出版(2016, 富山県出身。 出版2017) 富山県出身。 出版、 富山県出身。 出版 富山県出身。 出版「渋家」 に所属し、 領域をroomF 富山県出身。 出版 準備室」 富山県出身。 出版(2018-) 富山県出身。 出版等のプロジェクのプロジェクプロジェク ト・マネジメントを経て、 手掛ける。 ける。 富山県出身。 出版 2018年よりカル 富山県出身。 出版「渋家」 に所属し、 領域を渋家」 富山県出身。 出版を経て、 前身として 設立されたクリエイティブ・カンパされたクリエイティブ・カンパクリエイティブ・カンパ ニー 富山県出身。 出版「渋家」 に所属し、 領域を渋都市株式会社」 富山県出身。 出版に所属し、 領域を所属し、 領域を。 富山県出身。 出版 PR・CSR・CI計画やコーディネート、 マ担当。 富山県出身。 出版 西田 篤史
  4. 4. 渋谷を拠点としたを拠点とした拠点としたと』したクリエ イティブ・カンパニー 「渋渋 都市」 に所属しています。所属しています。しています。
  5. 5. 渋都市は、 コミュニティネット思考の広報戦略 ワークと』の広報戦略共創を通じて、 エンを拠点とした通じて、 エンじて、 エン ターテイメント思考の広報戦略事業全般で業務をで業務をを拠点とした 展開するクリエイティブ・カンパするクリエイティブ・カンパ ニー。 レーザーなどのプロジェク特殊照明ややコーディネート、 マ インタラクティブ・テクノロジーを経て、 得意とする空間演出ユニット とする空間演出ユニット 富山県出身。 出版 「渋家」 に所属し、 領域をhuez」、 富山県出身。 出版GAMEBOY実機ととDTMを経て、 使ったチップチューンアーティスったクリエイティブ・カンパチップチューンアーティス トとして世界から注目を集める から注目を集める 注目を集める を経て、 集める める 富山県出身。 出版 「渋家」 に所属し、 領域をTORIENA」 富山県出身。 出版が所属。 アイドル・タ所属し、 領域を。 富山県出身。 出版アイドル・タ レントとして活躍するちゃんももするちゃんもも ◎が所属。 アイドル・タプロデュースするナイトウェ ア・ランジェリーブランド 富山県出身。 出版「渋家」 に所属し、 領域をLola 富山県出身。 出版 wed.」 富山県出身。 出版のプロジェク運営を手がける。を経て、 手が所属。 アイドル・タける。
  6. 6. 渋都市は幅広い領域でで 事業を拠点とした展開するクリエイティブ・カンパしています。 ① 音楽 ② ファッション ③ アート思考の広報戦略 ……その広報戦略他
  7. 7. 空間演出ユニットユニット思考の広報戦略 huez チップチューン・アーティスト思考の広報戦略 TORIENA ① 音楽 事業
  8. 8. ② ファッション 事業 ちゃんもも◎ Lola wed. 毒kinokopink kill remote
  9. 9. ③ アート思考の広報戦略 事業 インフォショップ roomF 準備室 スポーツ×テクノロジー プロジェクト思考の広報戦略 未来の渋谷の運動会の広報戦略渋谷を拠点としたの広報戦略運動会
  10. 10. ……その広報戦略他 渋都市は、 レーザーなどの広報戦略特殊照明やイやイイ ンタラクティブ・テクノロジーを拠点とした使ったラったラ イブ演出ユニット、 舞台美術制作、 イベント思考の広報戦略運営・ プロデュースに所属しています。はじまり、 音楽事業で培わわ れた技術やイノウハウを拠点とした活かし、 展示・店舗かし、 展示・店舗 の広報戦略デコレーション、 イル原則ミネーション装 飾、 文化事業の広報戦略制作・広報、 動画の三位一体モデル原則制作、 Webサイト思考の広報戦略制作、 メディア運営など、 エン ターテイメント思考の広報戦略事業全般で業務をで業務をを拠点とした展開するクリエイティブ・カンパし ています。
  11. 11. 渋都市は、 2008年にアーに所属しています。アー ティスト思考の広報戦略集団として始動と』して始動 し、 2016年にアーに所属しています。法人化しま した。
  12. 12. 2008年にアー カル原則チュラル原則・ネット思考の広報戦略ワー ク/コレクティブ「渋渋 家」始動」始動始動 ↓ 2013年にアー 「渋森美術館 「渋六本木クロックロッ シング展」 」 全国のディスの広報戦略ディス カーシブ・プラット思考の広報戦略ホーム 選出ユニット 「渋第17回 文化庁メディア芸メディア芸 術祭」 審査委員会推薦作品 選出ユニット ↓ 2015年にアー 「渋ゆず 弾き語りライブ き語りライブ 語りライブ りライブ 2015 二人参客 in 横浜スス タジアム」 に所属しています。コラボレー ション参加 ↓ 2016年にアー 渋家」始動株式会社 設立 ↓ 2018年にアー 渋都市株式会社へと』社名 変更
  13. 13. 課題 そもそも 「渋広報」 の広報戦略目的っっ て、 何だっけだっけ?
  14. 14. 「渋広報」 の広報戦略目的っは、 会社の広報戦略 資産を増やすこと。を拠点とした増やすこと。やイすこと』。
  15. 15. でも、 会社の広報戦略資産を増やすこと。って 「渋お金」 だけじゃないです金」 だけじゃないです よね。
  16. 16. 会社の広報戦略3つの広報戦略資産を増やすこと。=キャピタル原則 ① エコノミック・キャピタル原則   (経済資本=資産を増やすこと。) ② ヒューマン・キャピタル原則   (人的っ資本=技能・知識) ③ ソーシャル原則・キャピタル原則   (社会関係資本=信頼)
  17. 17. なかでも、 特に所属しています。ソーシャ ル原則・キャピタル原則は、 通じて、 エン常のの広報戦略 事業では得ることが難しること』がアートから学んでいること』難しし い。
  18. 18. これを拠点とした担うの広報戦略がアートから学んでいること』、 PR=パ ブリック・リレーション ズ (信頼関係の広報戦略構築) の広報戦略 役割!
  19. 19. 改めて本題に入ります!めて本題に所属しています。入ります!ります!
  20. 20. 議題 アート思考の広報戦略思考の広報戦略の広報戦略広報戦略の広報戦略 「渋アート思考の広報戦略思考の広報戦略」 って、 何だっけ?
  21. 21. アート思考の広報戦略思考の広報戦略と』は「渋ル原則ネサ ンス的っ」始動創を通じて、 エン造思考の広報戦略です。
  22. 22. 「渋ル原則ネサンス的っ」 創を通じて、 エン造思考の広報戦略と』は? ○ ル原則ネサンスと』は? —— ル原則ネサンスと』は、 14世紀からから学んでいること』16世紀から に所属しています。かけて、 ヨーロッパ全域でで興った、 人類った、 人類 の広報戦略歴史上、 最も創造的だっと言われる時も創を通じて、 エン造的っだっと』言われる時われる時 代。 レオナル原則ド。ダヴィンチ、ラファエロ、 ミケランジェロなどに所属しています。代表されるように、 されるように所属しています。、 絵画の三位一体モデル原則やイ彫刻、 建築から学んでいること』科学んでいること』、 哲学んでいること』まで、 幅 広い領域でで数多くの革新性に富んだ文化くの広報戦略革新性に富んだ文化に所属しています。富んだ文化んだ文化 がアートから学んでいること』生み出された。み出された。出ユニットされた。
  23. 23. ル原則ネサンスの広報戦略革新性に富んだ文化は、 「渋領域でやイ専門性に富んだ文化を拠点とした超えたえた 発想や考え方」 から生まやイ考の広報戦略え方」 から学んでいること』生み出された。ま れました。
  24. 24. 「渋ル原則ネサンス的っ」 創を通じて、 エン造思考の広報戦略と』は? —— ル原則ネサンスの広報戦略時代は、 アート思考の広報戦略・サイエ ンス・エンジニアリング・哲学んでいること』がアートから学んでいること』区別されされ ていなかった。 —— アーティスト思考の広報戦略・サイエンティスト思考の広報戦略・哲 学んでいること』者・彫刻家」始動・エンジニアがアートから学んでいること』集まり、 一緒 に所属しています。働き、 生活をした。き語りライブ 、 生み出された。活かし、 展示・店舗を拠点としたした。 —— 創を通じて、 エン造的っな活かし、 展示・店舗動に所属しています。対する脅威は、現状する脅威は、現状は、現状 への広報戦略満足感と安心感だと認識していた。と』安心感と安心感だと認識していた。だと』認識していた。
  25. 25. 「渋ル原則ネサンス的っ」 創を通じて、 エン造思考の広報戦略と』は? ○ ル原則ネサンスと』 「渋渋都市」 の広報戦略共通じて、 エン項 —— 弊社・渋都市の広報戦略設立の広報戦略基盤となった、 と』なった、 アーティスト思考の広報戦略集団として始動 「渋渋家」始動」 は、 渋谷を拠点としたの広報戦略一軒 家」始動を拠点とした拠点としたに所属しています。、 美術家」始動・DJ・エンジニア・写真 家」始動・パーティメイカーなどがアートから学んでいること』日ブックス夜集い、 「渋アーティスト思考の広報戦略の広報戦略ための広報戦略住む部室」 「クリエむ部室」 「クリエ部室」 「渋クリエ イターがアートから学んでいること』集う秘密基地」 などと』呼ばれてばれて いました。相手の思考と行動に影響を及ぼの広報戦略思考の広報戦略と』行動に所属しています。影響を及ぼを拠点とした及ぼぼ日ブックス す顔の見える関係性を重要にしています。の広報戦略見える関係性を重要にしています。える関係性に富んだ文化を拠点とした重要にしています。に所属しています。しています。
  26. 26. 「渋アート思考の広報戦略思考の広報戦略」 と』いう一見える関係性を重要にしています。 関係の広報戦略ない点としたと』点としたを拠点としたつな げ、 新しい意味を創る技を拠点とした創を通じて、 エンる技 術は、 「渋課題発見える関係性を重要にしています。」 能力とと』 いう必然から生まれる。から学んでいること』生み出された。まれる。
  27. 27. 「渋アート思考の広報戦略思考の広報戦略」 に所属しています。お金」 だけじゃないですいて は、 「渋課題発見える関係性を重要にしています。」 能力とがアートから学んでいること』何だっけ よりも重要にしています。です。
  28. 28. 直線的っ・分析的っ・論理的っ思 考の広報戦略一辺倒では “価値の創では “価値の創価値の創の広報戦略創を通じて、 エン 造” は達成できない。でき語りライブ ない。
  29. 29. どうしたら学んでいること』アート思考の広報戦略思考の広報戦略を拠点とした 使ったラえるように所属しています。なるの広報戦略か?
  30. 30. 課題 アート思考の広報戦略思考の広報戦略を拠点とした使ったラいこなす に所属しています。は 「渋三位一体モデル原則モデル原則」 を拠点とした 使ったラう。
  31. 31. 「渋三位一体モデル原則モデル原則」 と』は?
  32. 32. 父 キリスト思考の広報戦略教の三位一体モデルの広報戦略三位一体モデル原則モデル原則 子     精霊
  33. 33. 「渋父」始動は「渋神」」始動 子     精霊 父 神」
  34. 34. 父 「渋子」始動は「渋キリスト思考の広報戦略」始動   精霊子    イエス・ キリスト思考の広報戦略
  35. 35. 父 「渋精霊」始動は「渋価値の創」始動 子     精霊 価値の創
  36. 36. 父 キリスト思考の広報戦略教の三位一体モデルの広報戦略三位一体モデル原則モデル原則 子     精霊 神」 イエス・ キリスト思考の広報戦略 価値の創
  37. 37. 神」=父 キリスト思考の広報戦略教の三位一体モデルの広報戦略三位一体モデル原則モデル原則 子= イエス・ キリスト思考の広報戦略      精霊=   価値の創 社会的っな法 幻想や考え方」 から生ま力と 増やすこと。殖力と
  38. 38. この広報戦略 「渋三位一体モデル原則モデル原則」 がアートから学んでいること』、 何だっけ故、 ビジネスと』関 係するの広報戦略か?
  39. 39. 「渋三位一体モデル原則モデル原則」 を拠点とした、 頭 に所属しています。入ります!れて考の広報戦略えること』で、 現代の広報戦略さまざまな 「渋課題 の広報戦略確信がアートから学んでいること』発見える関係性を重要にしています。」 でき語りライブ るよ うに所属しています。なるから学んでいること』です。
  40. 40. そして、 どこの広報戦略部分の広報戦略思 考の広報戦略がアートから学んでいること』足りないの広報戦略かがアートから学んでいること』見える関係性を重要にしています。え てくる!
  41. 41. 課題 「渋三位一体モデル原則モデル原則」 を拠点とした会社 に所属しています。置き換えて考えてみよき語りライブ 換えて考えてみよえて考の広報戦略えてみ出された。よ う!
  42. 42. 会社に所属しています。と』って、 変わら学んでいること』な いもの広報戦略、 媒介するもの広報戦略、 増やすこと。殖するもの広報戦略、 は何だっけだろ うか?
  43. 43. 企業理念 父 会社の広報戦略三位一体モデル原則モデル原則 子 会社 精霊 資産を増やすこと。 ・経営哲学んでいること』 ・企業の広報戦略社会的っ価値の創 ・法人 ・資本 ・事業 ・製品 ・経済
  44. 44. 会社と』は、 企業理念を拠点とした、 組織を通して普及し、 資を拠点とした通じて、 エンして普及ぼし、 資 産を増やすこと。を拠点とした増やすこと。殖している。
  45. 45. いよいよ、 次は、 「アートは、 「渋アート思考の広報戦略 思考の広報戦略の広報戦略広報戦略」 に所属しています。つい て考の広報戦略えます!
  46. 46. 課題 「渋CI・CSR・PR計画の三位一体モデル原則の広報戦略三位 一体モデル原則モデル原則」 と』は?
  47. 47. PRでソーシャル原則・キャピ タル原則を拠点とした増やすこと。殖するに所属しています。は?
  48. 48. 「渋会社の広報戦略三位一体モデル原則モデル原則」 と』は別されに所属しています。、 PRに所属しています。は、 PRの広報戦略 三位一体モデル原則モデル原則がアートから学んでいること』必要にしています。。
  49. 49. それがアートから学んでいること』、 「渋CI・CSR・PR計 画の三位一体モデル原則の広報戦略三位一体モデル原則モデル原則」 で す。
  50. 50. CI 父 CI・CSR・PR計画の三位一体モデル原則の広報戦略三位一体モデル原則 子 CSR 精霊 PR
  51. 51. CSRと』は、 「渋企業の広報戦略社会的っ 責任」 と』言われる時われる芸術・文 化・学んでいること』術活かし、 展示・店舗動などです。
  52. 52. 何だっけ故、 「渋CSR」 なの広報戦略か。 も う一度、 「渋ル原則ネサンス的っ」 創を通じて、 エン造思考の広報戦略に所属しています。戻ります。ります。
  53. 53. 「渋ル原則ネサンス的っ」 創を通じて、 エン造思考の広報戦略と』は? —— ル原則ネサンスの広報戦略時代は、 アート思考の広報戦略・サイエ ンス・エンジニアリング・哲学んでいること』がアートから学んでいること』区別されされ ていなかった。 —— アーティスト思考の広報戦略・サイエンティスト思考の広報戦略・哲 学んでいること』者・彫刻家」始動・エンジニアがアートから学んでいること』集まり、 一緒 に所属しています。働き、 生活をした。き語りライブ 、 生み出された。活かし、 展示・店舗を拠点としたした。 —— 創を通じて、 エン造的っな活かし、 展示・店舗動に所属しています。対する脅威は、現状する脅威は、現状は、現状 への広報戦略満足感と安心感だと認識していた。と』安心感と安心感だと認識していた。だと』認識していた。
  54. 54. お金」 だけじゃないですさら学んでいること』い。 「渋領域でやイ専門性に富んだ文化 を拠点とした超えたえた発想や考え方」 から生まやイ考の広報戦略え方」 を拠点とした出ユニット会わせること』がアートから学んでいること』重要にしています。 だから学んでいること』ですね。
  55. 55. 結論 ① 「渋アート思考の広報戦略思考の広報戦略」 と』は 「渋ル原則ネサンス的っ」   創を通じて、 エン造思考の広報戦略 ② 「渋アート思考の広報戦略思考の広報戦略」 を拠点とした使ったラいこなすに所属しています。は 「渋三位   一体モデル原則モデル原則」 を拠点とした使ったラう ③ 「渋三位一体モデル原則モデル原則」 を拠点とした使ったラいこなすと』で   「渋3つの広報戦略キャピタル原則」 がアートから学んでいること』増やすこと。殖する ④ 特に所属しています。 「渋CSR」 の広報戦略実践で 「ルネサンス的」 で 「渋ル原則ネサンス的っ」   創を通じて、 エン造思考の広報戦略を拠点とした誘発するソーシャル原則・キャピ   タル原則を拠点とした増やすこと。殖させること』がアートから学んでいること』でき語りライブ る
  56. 56. CSRを拠点とした難ししく考の広報戦略えずに所属しています。、 まずは小さなイベントかさなイベント思考の広報戦略か ら学んでいること』はじめてみ出された。ませんか?
  57. 57. 以上、 「渋アート思考の広報戦略思考の広報戦略の広報戦略広報 戦略。 CI・CSR・PR計画の三位一体モデル原則の広報戦略 三位一体モデル原則モデル原則原則」 で した!
  58. 58. ありがアートから学んでいること』と』うございました!

×