SlideShare a Scribd company logo
がいせつ
テストぶんせき
Ver.2016/09/02
やまさきたかし
https://www.pakutaso.com/20120321088post-1327.html
山﨑 崇
@yamasaki696
http://www.freeimages.com/photo/ices-1542341
http://www.freeimages.com/photo/crowded-hands-1435574
http://www.freeimages.com/photo/young-hands-1429862
http://www.freeimages.com/photo/sky-hand-1186819
http://jp.freeimages.com/photo/soccer-2-1430279
https://www.pakutaso.com/20141152308post-4790.html
Test Design Technic
Test
Basis
Test
Cases
Test
Basis
Test
Cases
Test
Cases
テストベース※ に対していきなり
テスト設計技法を適用している?
※テストベースとはテストを考える上で入力となる情報全般のこと。例えば要件定義書、仕様書、外部設計書など様々
Test Design Technics
Test Design Technic
Test
Basis
Test
Cases
Test
Basis
Test
Cases
Test
Cases
Test Design Technics
それは失敗フラグです
改めてテストプロセスに
ついて考えてみましょう
https://www.pakutaso.com/20130136022post-2338.html
プ ロ グ ラ ム を 作 っ て
み た の で 思 っ た 通 り に
動 く か ど う か 調 べ て
みようかな~♪
テスト実行
https://www.pakutaso.com/20130147022post-2340.html
あれ?そういえばこの
プログラムに対して
ど ん な テ ス ト を し た ん
だっけ?何をテストする
の か 記 述 し て お か な い
と・・・
テスト実行テスト実装
https://www.pakutaso.com/20130147022post-2340.html
いっぱいテストケースが
あるけど、もっとバグが
でそうなところを狙って
効率的で効果的なテスト
を作れないかな?
テスト実行テスト実装テスト設計
https://www.pakutaso.com/20130147022post-2340.html
そもそもテスト対象に対
してどんなテストが必要
な の か 考 え な い と 駄 目
じゃないのかな?
テスト実行テスト実装テスト設計テスト分析
https://www.pakutaso.com/20130147022post-2340.html
テスト
実行
テスト
実装
テスト
設計
テスト
分析
テスト
ベース
テスト
条件
テスト
ケース
テスト手順
/スクリプト
※図はウォーターフォールを意味しておらず並列的であったり反復的であったりする
テスト
実行
テスト
実装
テスト
設計
テスト
ベース
テスト
ケース
テスト手順
/スクリプト
テスト
実行
テスト
実装
テスト
設計
テスト
分析
テスト
ベース
テスト
条件
テスト
ケース
テスト手順
/スクリプト
• テスト設計コンテス
ト
余談
日本ではさらにテストプロセスを発展的に捕らえており、
次の様なテスト開発プロセスが提案されている
テスト設計※またはテスト計画、テスト準備など表現は様々
テスト
実施
テスト
要求分析
テスト
アーキテクチャ
設計
テスト
詳細設計
テスト
実装
テスト
実施
テスト分析 テスト設計 テスト実装
テスト
実行
これまでの
プロセス
JSTQBの
テスト開発
プロセス
最新の
テスト開発
プロセス
閑話休題
https://www.pakutaso.com/2015104928945srtfghd.html
改めてテスト分析って
何なのか考えてみよう
テスト分析は、「何を」テストするかを
テスト条件の形式で定義する活動である。
テスト条件は、テストベース、テスト目的、
およびプロダクトリスクを分析することに
より、識別可能である。
テスト技術者資格制度Advanced Levelシラバス日本語版テストマネージャVersion 2012.J02 Page 11 より
テ ス ト 計 画 作 業 で は 、 テ ス ト
プロジェクトのスコープを定義する。
テストアナリストはこのスコープを
使用して、次のことを行う。
• テストベースを分析する。
• テスト条件を識別する。
テスト技術者資格制度Advanced Levelシラバス日本語版テストアナリスト Version 2012.J01 Page 12 より
http://www.freeimages.com/photo/dictionary-1423121
テスト分析とは、主に
テストベースを分析し
テスト条件を導出する
ことと理解できそうだ
https://www.pakutaso.com/20150823226post-5898.html
でも、テスト条件が
どういうものなのか
よくわからない・・・
ソフトウェアテスト標準用語集(日本語版) Version2.2.J03 P-39より
コンポーネントやシステムのアイテム
やイベントで、 テストケースにより
検証できるもの。たとえば、機能、
ト ラ ン ザクシ ョ ン 、フィ ー チ ャ 、
品質特性、構造要素など。
http://www.freeimages.com/photo/dictionary-1423121
意味
不明 https://www.pakutaso.com/20130949245post-3231.html
例えば次の仕様に対してテスト条件を考えてみる
• パスワードは4文字以上12文字以下の
英数字のみを許容する。
• パスワードを3分以内に連続して4回以上
間違って入力すると、アカウントを5分間
ロックする。
http://jp.freeimages.com/photo/studying-ahead-1421056
• パスワードは4文字以上12文字以下の
英数字のみを許容する。
• パスワードを3分以内に連続して4回以上
間違って入力すると、アカウントを5分間
ロックする。
パスワードの
文字列長
パスワードの
文字種
許容しない場合
どうなる?
要件を満たさない文字入力を
はじくのか、エラーとして
処理するのか?
誤入力回数管理誤入力期間管理
ロック状態
保持期間
時間精度
ミリ秒の精度は手動では
無理。他の方法で担保する
必要がありそう
アカウントの
状態遷移
4回目でロックに
なって、ロック中
に再度入力すると
どうなるの?
秒?ミリ?
★全体としてセキュリティ
のための機能としては脆弱
に見える
もしブルートフォース攻撃に対してセ
キュリティを確保するためであるなら、
セキュリティ要件を満たしていない可
能性はないか?
回数のクリア
タイミング
パスワード
長さ 文字種
アカウント
状態
ロック中ログイン中 ログアウト中
誤入力回数 誤入力期間
ログイン機能
?
?
これらのノードがテスト条件
※今回の例では分かり易いように末端の枝葉な仕様から粒度の細かいテスト
条件を考えているが、実務においてはテストの目的、プロダクトやサービスのリスク、
その他様々な要素を元に抽象度の高い段階から選択的に詳細化していくことが多い。
テスト条件を詳細化するにはそれだけコストがかかるので、実務ではバランスを考え
た上で行う必要がある。
パスワード
長さ 文字種
アカウント
状態
ロック中ログイン中 ログアウト中
誤入力回数 誤入力期間
ログイン機能
?
?
同値分析
境界値分析
同値分析
境界値分析
状態遷移テスト
テスト条件に対して具体的にどのような
テストケースを作るかをテスト設計の段階
で行う。その際に重要なのが網羅基準です。
同値分割
境界値分析
http://jp.freeimages.com/photo/green-signal-1305843
https://www.pakutaso.com/20141200358post-4988.html
• パスワードは4文字以上32文字以下の
英数字のみを許容する。
• パスワードを3分以内に連続して4回以上
間違って入力すると、アカウントを5分間
ロックする。
パスワードの
文字列長
パスワードの
文字種
許容しない場合
どうなる?
要件を満たさない文字入力を
はじくのか、エラーとして
処理するのか?
誤入力回数管理誤入力期間管理
ロック状態
保持期間
時間精度
ミリ秒の精度は手動では
無理。他の方法で担保する
必要がありそう
アカウントの
状態遷移
4回目でロックに
なって、ロック中
に再度入力すると
どうなるの?
秒?ミリ?
★全体としてセキュリティ
のための機能としては脆弱
に見える
もしブルートフォース攻撃に対してセ
キュリティを確保するためであるなら、
セキュリティ要件を満たしていない可
能性はないか?
回数のクリア
タイミング
どれだけテストベースを汚せるかが重要
不明部分をテストの視点から洗い出し
この時点で曖昧性や矛盾などを取り除くと
ともに、書かれていない情報を補っていく
単純に洗い出したテスト条件を整理する
だけではなく、MECEで有るかどうか、
親子関係として妥当かどうかなどを考え、
構造を整理したり、追加したり、削除し
たり、統合したりしていく。
(c) 鈴木三紀夫 https://twitter.com/mkoszk/status/509922586294112256
実際にやってみよう!
https://www.pakutaso.com/20150804216post-5848.html
演習問題
次の仕様からテスト条件を
導出してください
①「ユーザデータ登録」画面の
「インポート」ボタンを押下する
ことで、「ユーザデータの一括登録」
画面に遷移する。
②「ファイル選択」ボタンを押下する
と「ファイル選択」画面が表示され、
ツリー構造のビューからインポート
対象のファイルを選択することができ
る。
③「登録」ボタンを押下するとファイ
ル内のデータを読み込み、
「ユーザデータの一括登録」画面を
閉じ、「ユーザデータ」画面を
表示する。
周りの人と
結果を共有しよう
https://www.pakutaso.com/20120135012post-1088.html
とはいえ、どうやって分析するの?
とっかかりは?
http://www.freepik.com/free-vector/people-communication-infographic_712678.htm
http://www.freepik.com/free-vector/business-meeting-infographic_792711.htm
ここで重要に
なるのが方法論!
https://www.pakutaso.com/20130337065post-2501.html
方法論化することのメリット①
出力形式の共通化により
レビューが容易になる
https://www.pakutaso.com/20150524127post-5475.html
http://www.freeimages.com/photo/recycle-1244643
方法論化することのメリット③
形式知となるため
組織に展開し易い
http://jp.freeimages.com/photo/arrows-abstract-3-1157246
VSTeP
(NGT)
HAYST法
(FV表/ラルフチャート)
ゆもつよメソッド
(論理的機能構造)
西康晴氏
@YasuharuNishi
湯本剛氏
@yumotsuyo
秋山浩一氏
@akiyama924
ま だ ま だ 成 長 途 中 の 領 域 で す が
既存の方法論をあたってみたり、
さ ま ざ ま 試 行 錯 誤 し て み た り 、
テ ス ト 設 計 コ ン テ ス ト に
参加してみたり、色々と挑戦して
学び成長してください!!!
http://jp.freeimages.com/photo/the-future-1409802
http://jp.freeimages.com/photo/soccer-2-1430279
https://www.pakutaso.com/20141152308post-4790.html
参考資料
ソフトウェアテスト標準用語集(日本語版)Version2.2.J03
テスト観点に基づくテスト開発方法論VSTePの概要 西康晴氏
事例とツールで学ぶHAYST法 秋山浩一氏
WACATE2015夏資料 ゆもつよメソッド その1/その2 湯本剛氏
テスト分析の三角形 鈴木三紀夫氏
高信頼化ソフトウェアのための開発手法ガイドブック
マインドマップからはじめるソフトウェアテスト 池田暁氏 鈴木三紀夫氏
「マインドマップから始めるソフトウェアテスト」の読書補助ガイド 第1.0版
ソフトウエア・テスト PRESS Vol.2「三色ボールペンで読む仕様書」鈴木三紀夫氏
テスト設計コンテストOPENクラス チュートリアル資料
テスト設計コンテストU-30クラス チュートリアル資料
テスト技術者資格制度Foundation Levelシラバス日本語版Version 2011.J02
テスト技術者資格制度Advanced Levelシラバス日本語版テストアナリストVersion 2012.J01
テスト技術者資格制度Advanced Levelシラバス日本語版テストマネージャVersion 2012.J02
写真素材
PAKTASO
REEIMAGES
Designed by Freepik.com

More Related Content

What's hot

60分でわかった気になるISO29119 #wacate
60分でわかった気になるISO29119 #wacate60分でわかった気になるISO29119 #wacate
60分でわかった気になるISO29119 #wacate
Kinji Akemine
 
QAアーキテクチャの設計による 説明責任の高いテスト・品質保証
QAアーキテクチャの設計による説明責任の高いテスト・品質保証QAアーキテクチャの設計による説明責任の高いテスト・品質保証
QAアーキテクチャの設計による 説明責任の高いテスト・品質保証
Yasuharu Nishi
 
テストの組み立て方
テストの組み立て方テストの組み立て方
テストの組み立て方
kauji0522
 
Agile開発でのテストのやり方~私の場合~
Agile開発でのテストのやり方~私の場合~Agile開発でのテストのやり方~私の場合~
Agile開発でのテストのやり方~私の場合~
Mineo Matsuya
 
Software-company Transformation
Software-company TransformationSoftware-company Transformation
Software-company Transformation
Yasuharu Nishi
 
アプリ開発へのOdc分析導入の取り組み
アプリ開発へのOdc分析導入の取り組みアプリ開発へのOdc分析導入の取り組み
アプリ開発へのOdc分析導入の取り組み
NaokiKashiwagura
 
テストの極みを目指して ~さあ、理想に近づくための一歩を踏み出そう!~
テストの極みを目指して ~さあ、理想に近づくための一歩を踏み出そう!~テストの極みを目指して ~さあ、理想に近づくための一歩を踏み出そう!~
テストの極みを目指して ~さあ、理想に近づくための一歩を踏み出そう!~
崇 山﨑
 
テスト観点に基づくテスト開発方法論 VSTePの概要
テスト観点に基づくテスト開発方法論VSTePの概要テスト観点に基づくテスト開発方法論VSTePの概要
テスト観点に基づくテスト開発方法論 VSTePの概要
Yasuharu Nishi
 
品質を加速させるために、テスターを増やす前から考えるべきQMファンネルの話(3D版)
品質を加速させるために、テスターを増やす前から考えるべきQMファンネルの話(3D版)品質を加速させるために、テスターを増やす前から考えるべきQMファンネルの話(3D版)
品質を加速させるために、テスターを増やす前から考えるべきQMファンネルの話(3D版)
Yasuharu Nishi
 
JaSSTよいテストプロセスの作り方
JaSSTよいテストプロセスの作り方JaSSTよいテストプロセスの作り方
JaSSTよいテストプロセスの作り方
崇 山﨑
 
テスト観点に関する取り組み事例
テスト観点に関する取り組み事例テスト観点に関する取り組み事例
テスト観点に関する取り組み事例
NaokiKashiwagura
 
ソフトウェアテストの歴史と近年の動向
ソフトウェアテストの歴史と近年の動向ソフトウェアテストの歴史と近年の動向
ソフトウェアテストの歴史と近年の動向
Keizo Tatsumi
 
modern software qa - draft 1
modern software qa - draft 1modern software qa - draft 1
modern software qa - draft 1
Yasuharu Nishi
 
幅広なテスト分析ができるようになろう
幅広なテスト分析ができるようになろう幅広なテスト分析ができるようになろう
幅広なテスト分析ができるようになろう
scarletplover
 
Wacate2018 winter jstqb-al-ta
Wacate2018 winter jstqb-al-taWacate2018 winter jstqb-al-ta
Wacate2018 winter jstqb-al-ta
kauji0522
 
Is No More QA Idealist Practical and Something Tasty?
Is No More QA Idealist Practical and Something Tasty?Is No More QA Idealist Practical and Something Tasty?
Is No More QA Idealist Practical and Something Tasty?
Yasuharu Nishi
 
JCSQE初級受けてみたの
JCSQE初級受けてみたのJCSQE初級受けてみたの
JCSQE初級受けてみたの
ノグチ ノグチ
 
Agile Quality アジャイル品質パターン (QA2AQ)
Agile Quality アジャイル品質パターン (QA2AQ)Agile Quality アジャイル品質パターン (QA2AQ)
Agile Quality アジャイル品質パターン (QA2AQ)
Hironori Washizaki
 
テストを分類してみよう!
テストを分類してみよう!テストを分類してみよう!
テストを分類してみよう!
Kenji Okumura
 
パターン QA to AQ: 伝統的品質保証(Quality Assurance)からアジャイル品質(Agile Quality)へ
パターン QA to AQ: 伝統的品質保証(Quality Assurance)からアジャイル品質(Agile Quality)へパターン QA to AQ: 伝統的品質保証(Quality Assurance)からアジャイル品質(Agile Quality)へ
パターン QA to AQ: 伝統的品質保証(Quality Assurance)からアジャイル品質(Agile Quality)へ
Hironori Washizaki
 

What's hot (20)

60分でわかった気になるISO29119 #wacate
60分でわかった気になるISO29119 #wacate60分でわかった気になるISO29119 #wacate
60分でわかった気になるISO29119 #wacate
 
QAアーキテクチャの設計による 説明責任の高いテスト・品質保証
QAアーキテクチャの設計による説明責任の高いテスト・品質保証QAアーキテクチャの設計による説明責任の高いテスト・品質保証
QAアーキテクチャの設計による 説明責任の高いテスト・品質保証
 
テストの組み立て方
テストの組み立て方テストの組み立て方
テストの組み立て方
 
Agile開発でのテストのやり方~私の場合~
Agile開発でのテストのやり方~私の場合~Agile開発でのテストのやり方~私の場合~
Agile開発でのテストのやり方~私の場合~
 
Software-company Transformation
Software-company TransformationSoftware-company Transformation
Software-company Transformation
 
アプリ開発へのOdc分析導入の取り組み
アプリ開発へのOdc分析導入の取り組みアプリ開発へのOdc分析導入の取り組み
アプリ開発へのOdc分析導入の取り組み
 
テストの極みを目指して ~さあ、理想に近づくための一歩を踏み出そう!~
テストの極みを目指して ~さあ、理想に近づくための一歩を踏み出そう!~テストの極みを目指して ~さあ、理想に近づくための一歩を踏み出そう!~
テストの極みを目指して ~さあ、理想に近づくための一歩を踏み出そう!~
 
テスト観点に基づくテスト開発方法論 VSTePの概要
テスト観点に基づくテスト開発方法論VSTePの概要テスト観点に基づくテスト開発方法論VSTePの概要
テスト観点に基づくテスト開発方法論 VSTePの概要
 
品質を加速させるために、テスターを増やす前から考えるべきQMファンネルの話(3D版)
品質を加速させるために、テスターを増やす前から考えるべきQMファンネルの話(3D版)品質を加速させるために、テスターを増やす前から考えるべきQMファンネルの話(3D版)
品質を加速させるために、テスターを増やす前から考えるべきQMファンネルの話(3D版)
 
JaSSTよいテストプロセスの作り方
JaSSTよいテストプロセスの作り方JaSSTよいテストプロセスの作り方
JaSSTよいテストプロセスの作り方
 
テスト観点に関する取り組み事例
テスト観点に関する取り組み事例テスト観点に関する取り組み事例
テスト観点に関する取り組み事例
 
ソフトウェアテストの歴史と近年の動向
ソフトウェアテストの歴史と近年の動向ソフトウェアテストの歴史と近年の動向
ソフトウェアテストの歴史と近年の動向
 
modern software qa - draft 1
modern software qa - draft 1modern software qa - draft 1
modern software qa - draft 1
 
幅広なテスト分析ができるようになろう
幅広なテスト分析ができるようになろう幅広なテスト分析ができるようになろう
幅広なテスト分析ができるようになろう
 
Wacate2018 winter jstqb-al-ta
Wacate2018 winter jstqb-al-taWacate2018 winter jstqb-al-ta
Wacate2018 winter jstqb-al-ta
 
Is No More QA Idealist Practical and Something Tasty?
Is No More QA Idealist Practical and Something Tasty?Is No More QA Idealist Practical and Something Tasty?
Is No More QA Idealist Practical and Something Tasty?
 
JCSQE初級受けてみたの
JCSQE初級受けてみたのJCSQE初級受けてみたの
JCSQE初級受けてみたの
 
Agile Quality アジャイル品質パターン (QA2AQ)
Agile Quality アジャイル品質パターン (QA2AQ)Agile Quality アジャイル品質パターン (QA2AQ)
Agile Quality アジャイル品質パターン (QA2AQ)
 
テストを分類してみよう!
テストを分類してみよう!テストを分類してみよう!
テストを分類してみよう!
 
パターン QA to AQ: 伝統的品質保証(Quality Assurance)からアジャイル品質(Agile Quality)へ
パターン QA to AQ: 伝統的品質保証(Quality Assurance)からアジャイル品質(Agile Quality)へパターン QA to AQ: 伝統的品質保証(Quality Assurance)からアジャイル品質(Agile Quality)へ
パターン QA to AQ: 伝統的品質保証(Quality Assurance)からアジャイル品質(Agile Quality)へ
 

Viewers also liked

KDDI Business ID におけるアジャイル開発と検証フロー
KDDI Business ID におけるアジャイル開発と検証フローKDDI Business ID におけるアジャイル開発と検証フロー
KDDI Business ID におけるアジャイル開発と検証フロー
ques_staff
 
WebサービスのソフトウェアQAと自動テスト戦略
WebサービスのソフトウェアQAと自動テスト戦略WebサービスのソフトウェアQAと自動テスト戦略
WebサービスのソフトウェアQAと自動テスト戦略
Masaki Nakagawa
 
アジャイル開発と品質保証の密なる関係 #quesqa
アジャイル開発と品質保証の密なる関係 #quesqaアジャイル開発と品質保証の密なる関係 #quesqa
アジャイル開発と品質保証の密なる関係 #quesqa
ques_staff
 
事例 アジャイルと自動化 後半(ヤフオク!アプリでの自動テストの事例紹介) at Ques vol.7( #ques7 ) 11/20/2015
事例 アジャイルと自動化 後半(ヤフオク!アプリでの自動テストの事例紹介) at Ques vol.7( #ques7 ) 11/20/2015事例 アジャイルと自動化 後半(ヤフオク!アプリでの自動テストの事例紹介) at Ques vol.7( #ques7 ) 11/20/2015
事例 アジャイルと自動化 後半(ヤフオク!アプリでの自動テストの事例紹介) at Ques vol.7( #ques7 ) 11/20/2015
Yahoo!デベロッパーネットワーク
 
継続的E2Eテスト
継続的E2Eテスト継続的E2Eテスト
継続的E2Eテスト
友隆 浅黄
 
【STAC2017】テスト自動化システム 成長記
【STAC2017】テスト自動化システム 成長記【STAC2017】テスト自動化システム 成長記
【STAC2017】テスト自動化システム 成長記
友隆 浅黄
 

Viewers also liked (6)

KDDI Business ID におけるアジャイル開発と検証フロー
KDDI Business ID におけるアジャイル開発と検証フローKDDI Business ID におけるアジャイル開発と検証フロー
KDDI Business ID におけるアジャイル開発と検証フロー
 
WebサービスのソフトウェアQAと自動テスト戦略
WebサービスのソフトウェアQAと自動テスト戦略WebサービスのソフトウェアQAと自動テスト戦略
WebサービスのソフトウェアQAと自動テスト戦略
 
アジャイル開発と品質保証の密なる関係 #quesqa
アジャイル開発と品質保証の密なる関係 #quesqaアジャイル開発と品質保証の密なる関係 #quesqa
アジャイル開発と品質保証の密なる関係 #quesqa
 
事例 アジャイルと自動化 後半(ヤフオク!アプリでの自動テストの事例紹介) at Ques vol.7( #ques7 ) 11/20/2015
事例 アジャイルと自動化 後半(ヤフオク!アプリでの自動テストの事例紹介) at Ques vol.7( #ques7 ) 11/20/2015事例 アジャイルと自動化 後半(ヤフオク!アプリでの自動テストの事例紹介) at Ques vol.7( #ques7 ) 11/20/2015
事例 アジャイルと自動化 後半(ヤフオク!アプリでの自動テストの事例紹介) at Ques vol.7( #ques7 ) 11/20/2015
 
継続的E2Eテスト
継続的E2Eテスト継続的E2Eテスト
継続的E2Eテスト
 
【STAC2017】テスト自動化システム 成長記
【STAC2017】テスト自動化システム 成長記【STAC2017】テスト自動化システム 成長記
【STAC2017】テスト自動化システム 成長記
 

More from 崇 山﨑

ソフトウェアテストはおもしろい!
ソフトウェアテストはおもしろい!ソフトウェアテストはおもしろい!
ソフトウェアテストはおもしろい!
崇 山﨑
 
テストプロセス改善モデルの最新動向
テストプロセス改善モデルの最新動向テストプロセス改善モデルの最新動向
テストプロセス改善モデルの最新動向
崇 山﨑
 
ISO/IEC/IEEE 29119 Software Testing 勉強会第3回 テストドキュメント
ISO/IEC/IEEE 29119 Software Testing 勉強会第3回 テストドキュメントISO/IEC/IEEE 29119 Software Testing 勉強会第3回 テストドキュメント
ISO/IEC/IEEE 29119 Software Testing 勉強会第3回 テストドキュメント
崇 山﨑
 
JaSST'15 Tokyo 初心者向けチュートリアル -初心者からの脱出!-
JaSST'15 Tokyo 初心者向けチュートリアル -初心者からの脱出!-JaSST'15 Tokyo 初心者向けチュートリアル -初心者からの脱出!-
JaSST'15 Tokyo 初心者向けチュートリアル -初心者からの脱出!-
崇 山﨑
 
ISO/IEC/IEEE 29119 Software testing 勉強会 第2回 Part 2 Test Processes
ISO/IEC/IEEE 29119 Software testing 勉強会 第2回 Part 2 Test ProcessesISO/IEC/IEEE 29119 Software testing 勉強会 第2回 Part 2 Test Processes
ISO/IEC/IEEE 29119 Software testing 勉強会 第2回 Part 2 Test Processes
崇 山﨑
 
ISO/IEC/IEEE 29119 Software testing 勉強会 第1回 規格の全体構成と各規格の概要
ISO/IEC/IEEE 29119 Software testing 勉強会 第1回 規格の全体構成と各規格の概要ISO/IEC/IEEE 29119 Software testing 勉強会 第1回 規格の全体構成と各規格の概要
ISO/IEC/IEEE 29119 Software testing 勉強会 第1回 規格の全体構成と各規格の概要
崇 山﨑
 

More from 崇 山﨑 (6)

ソフトウェアテストはおもしろい!
ソフトウェアテストはおもしろい!ソフトウェアテストはおもしろい!
ソフトウェアテストはおもしろい!
 
テストプロセス改善モデルの最新動向
テストプロセス改善モデルの最新動向テストプロセス改善モデルの最新動向
テストプロセス改善モデルの最新動向
 
ISO/IEC/IEEE 29119 Software Testing 勉強会第3回 テストドキュメント
ISO/IEC/IEEE 29119 Software Testing 勉強会第3回 テストドキュメントISO/IEC/IEEE 29119 Software Testing 勉強会第3回 テストドキュメント
ISO/IEC/IEEE 29119 Software Testing 勉強会第3回 テストドキュメント
 
JaSST'15 Tokyo 初心者向けチュートリアル -初心者からの脱出!-
JaSST'15 Tokyo 初心者向けチュートリアル -初心者からの脱出!-JaSST'15 Tokyo 初心者向けチュートリアル -初心者からの脱出!-
JaSST'15 Tokyo 初心者向けチュートリアル -初心者からの脱出!-
 
ISO/IEC/IEEE 29119 Software testing 勉強会 第2回 Part 2 Test Processes
ISO/IEC/IEEE 29119 Software testing 勉強会 第2回 Part 2 Test ProcessesISO/IEC/IEEE 29119 Software testing 勉強会 第2回 Part 2 Test Processes
ISO/IEC/IEEE 29119 Software testing 勉強会 第2回 Part 2 Test Processes
 
ISO/IEC/IEEE 29119 Software testing 勉強会 第1回 規格の全体構成と各規格の概要
ISO/IEC/IEEE 29119 Software testing 勉強会 第1回 規格の全体構成と各規格の概要ISO/IEC/IEEE 29119 Software testing 勉強会 第1回 規格の全体構成と各規格の概要
ISO/IEC/IEEE 29119 Software testing 勉強会 第1回 規格の全体構成と各規格の概要
 

Recently uploaded

気ままなLLMをAgents for Amazon Bedrockでちょっとだけ飼いならす
気ままなLLMをAgents for Amazon Bedrockでちょっとだけ飼いならす気ままなLLMをAgents for Amazon Bedrockでちょっとだけ飼いならす
気ままなLLMをAgents for Amazon Bedrockでちょっとだけ飼いならす
Shinichi Hirauchi
 
ろくに電子工作もしたことない人間がIoT用ミドルウェアを作った話(IoTLT vol112 発表資料)
ろくに電子工作もしたことない人間がIoT用ミドルウェアを作った話(IoTLT  vol112 発表資料)ろくに電子工作もしたことない人間がIoT用ミドルウェアを作った話(IoTLT  vol112 発表資料)
ろくに電子工作もしたことない人間がIoT用ミドルウェアを作った話(IoTLT vol112 発表資料)
Takuya Minagawa
 
協働AIがもたらす業務効率革命 -日本企業が押さえるべきポイント-Collaborative AI Revolutionizing Busines...
協働AIがもたらす業務効率革命 -日本企業が押さえるべきポイント-Collaborative AI Revolutionizing Busines...協働AIがもたらす業務効率革命 -日本企業が押さえるべきポイント-Collaborative AI Revolutionizing Busines...
協働AIがもたらす業務効率革命 -日本企業が押さえるべきポイント-Collaborative AI Revolutionizing Busines...
Osaka University
 
無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.
無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.
無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.
Yuki Miyazaki
 
iMacwoSu_Gong_de_barabaranishitaHua_.pptx
iMacwoSu_Gong_de_barabaranishitaHua_.pptxiMacwoSu_Gong_de_barabaranishitaHua_.pptx
iMacwoSu_Gong_de_barabaranishitaHua_.pptx
kitamisetagayaxxx
 
Kotest を使って 快適にテストを書こう - KotlinFest 2024
Kotest を使って 快適にテストを書こう - KotlinFest 2024Kotest を使って 快適にテストを書こう - KotlinFest 2024
Kotest を使って 快適にテストを書こう - KotlinFest 2024
Hirotaka Kawata
 
【JSAI2024】LLMエージェントの人間との対話における反芻的返答の親近感向上効果_v1.1.pdf
【JSAI2024】LLMエージェントの人間との対話における反芻的返答の親近感向上効果_v1.1.pdf【JSAI2024】LLMエージェントの人間との対話における反芻的返答の親近感向上効果_v1.1.pdf
【JSAI2024】LLMエージェントの人間との対話における反芻的返答の親近感向上効果_v1.1.pdf
ARISE analytics
 
ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識
ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識
ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識
sugiuralab
 
生成AIの実利用に必要なこと-Practical Requirements for the Deployment of Generative AI
生成AIの実利用に必要なこと-Practical Requirements for the Deployment of Generative AI生成AIの実利用に必要なこと-Practical Requirements for the Deployment of Generative AI
生成AIの実利用に必要なこと-Practical Requirements for the Deployment of Generative AI
Osaka University
 
Microsoft Azureで生成AIを使ってみた話 2024/6/14の勉強会で発表されたものです。
Microsoft Azureで生成AIを使ってみた話 2024/6/14の勉強会で発表されたものです。Microsoft Azureで生成AIを使ってみた話 2024/6/14の勉強会で発表されたものです。
Microsoft Azureで生成AIを使ってみた話 2024/6/14の勉強会で発表されたものです。
iPride Co., Ltd.
 
20240621_AI事業者ガイドライン_セキュリティパートの紹介_SeiyaShimabukuro
20240621_AI事業者ガイドライン_セキュリティパートの紹介_SeiyaShimabukuro20240621_AI事業者ガイドライン_セキュリティパートの紹介_SeiyaShimabukuro
20240621_AI事業者ガイドライン_セキュリティパートの紹介_SeiyaShimabukuro
Seiya Shimabukuro
 
なぜそのDDDは効果が薄いのか?名ばかりDX案件での経験を踏まえて培った他の思考を交えた現代風?のDDD
なぜそのDDDは効果が薄いのか?名ばかりDX案件での経験を踏まえて培った他の思考を交えた現代風?のDDDなぜそのDDDは効果が薄いのか?名ばかりDX案件での経験を踏まえて培った他の思考を交えた現代風?のDDD
なぜそのDDDは効果が薄いのか?名ばかりDX案件での経験を踏まえて培った他の思考を交えた現代風?のDDD
ssuserfcafd1
 
実体験に基づく、成功するスクラム vs 失敗するスクラム 何が違う? 2024年6月22日
実体験に基づく、成功するスクラム vs 失敗するスクラム 何が違う? 2024年6月22日実体験に基づく、成功するスクラム vs 失敗するスクラム 何が違う? 2024年6月22日
実体験に基づく、成功するスクラム vs 失敗するスクラム 何が違う? 2024年6月22日
Hideo Kashioka
 

Recently uploaded (13)

気ままなLLMをAgents for Amazon Bedrockでちょっとだけ飼いならす
気ままなLLMをAgents for Amazon Bedrockでちょっとだけ飼いならす気ままなLLMをAgents for Amazon Bedrockでちょっとだけ飼いならす
気ままなLLMをAgents for Amazon Bedrockでちょっとだけ飼いならす
 
ろくに電子工作もしたことない人間がIoT用ミドルウェアを作った話(IoTLT vol112 発表資料)
ろくに電子工作もしたことない人間がIoT用ミドルウェアを作った話(IoTLT  vol112 発表資料)ろくに電子工作もしたことない人間がIoT用ミドルウェアを作った話(IoTLT  vol112 発表資料)
ろくに電子工作もしたことない人間がIoT用ミドルウェアを作った話(IoTLT vol112 発表資料)
 
協働AIがもたらす業務効率革命 -日本企業が押さえるべきポイント-Collaborative AI Revolutionizing Busines...
協働AIがもたらす業務効率革命 -日本企業が押さえるべきポイント-Collaborative AI Revolutionizing Busines...協働AIがもたらす業務効率革命 -日本企業が押さえるべきポイント-Collaborative AI Revolutionizing Busines...
協働AIがもたらす業務効率革命 -日本企業が押さえるべきポイント-Collaborative AI Revolutionizing Busines...
 
無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.
無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.
無形価値を守り育てる社会における「デー タ」の責務について - Atlas, Inc.
 
iMacwoSu_Gong_de_barabaranishitaHua_.pptx
iMacwoSu_Gong_de_barabaranishitaHua_.pptxiMacwoSu_Gong_de_barabaranishitaHua_.pptx
iMacwoSu_Gong_de_barabaranishitaHua_.pptx
 
Kotest を使って 快適にテストを書こう - KotlinFest 2024
Kotest を使って 快適にテストを書こう - KotlinFest 2024Kotest を使って 快適にテストを書こう - KotlinFest 2024
Kotest を使って 快適にテストを書こう - KotlinFest 2024
 
【JSAI2024】LLMエージェントの人間との対話における反芻的返答の親近感向上効果_v1.1.pdf
【JSAI2024】LLMエージェントの人間との対話における反芻的返答の親近感向上効果_v1.1.pdf【JSAI2024】LLMエージェントの人間との対話における反芻的返答の親近感向上効果_v1.1.pdf
【JSAI2024】LLMエージェントの人間との対話における反芻的返答の親近感向上効果_v1.1.pdf
 
ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識
ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識
ヒアラブルへの入力を想定したユーザ定義型ジェスチャ調査と IMUセンサによる耳タッチジェスチャの認識
 
生成AIの実利用に必要なこと-Practical Requirements for the Deployment of Generative AI
生成AIの実利用に必要なこと-Practical Requirements for the Deployment of Generative AI生成AIの実利用に必要なこと-Practical Requirements for the Deployment of Generative AI
生成AIの実利用に必要なこと-Practical Requirements for the Deployment of Generative AI
 
Microsoft Azureで生成AIを使ってみた話 2024/6/14の勉強会で発表されたものです。
Microsoft Azureで生成AIを使ってみた話 2024/6/14の勉強会で発表されたものです。Microsoft Azureで生成AIを使ってみた話 2024/6/14の勉強会で発表されたものです。
Microsoft Azureで生成AIを使ってみた話 2024/6/14の勉強会で発表されたものです。
 
20240621_AI事業者ガイドライン_セキュリティパートの紹介_SeiyaShimabukuro
20240621_AI事業者ガイドライン_セキュリティパートの紹介_SeiyaShimabukuro20240621_AI事業者ガイドライン_セキュリティパートの紹介_SeiyaShimabukuro
20240621_AI事業者ガイドライン_セキュリティパートの紹介_SeiyaShimabukuro
 
なぜそのDDDは効果が薄いのか?名ばかりDX案件での経験を踏まえて培った他の思考を交えた現代風?のDDD
なぜそのDDDは効果が薄いのか?名ばかりDX案件での経験を踏まえて培った他の思考を交えた現代風?のDDDなぜそのDDDは効果が薄いのか?名ばかりDX案件での経験を踏まえて培った他の思考を交えた現代風?のDDD
なぜそのDDDは効果が薄いのか?名ばかりDX案件での経験を踏まえて培った他の思考を交えた現代風?のDDD
 
実体験に基づく、成功するスクラム vs 失敗するスクラム 何が違う? 2024年6月22日
実体験に基づく、成功するスクラム vs 失敗するスクラム 何が違う? 2024年6月22日実体験に基づく、成功するスクラム vs 失敗するスクラム 何が違う? 2024年6月22日
実体験に基づく、成功するスクラム vs 失敗するスクラム 何が違う? 2024年6月22日
 

概説 テスト分析