SlideShare a Scribd company logo
.NET アプリを改善して実践する CI
Encourage Your Cloud Native Architecture
Copyright © Alterbooth Inc. All Rights Reserved.
Copyright © Alterbooth Inc. All Rights Reserved.
松村 優大 (Yuta Matsumura)
Chief Technical Architect (C#, PHP, Cloud)
KOSMISCH 開発リーダー
Microsoft MVP (Development Technologies)
Currently working for
これから話すこと
アプリケーション開発サイクルで行う
定型作業の効率化を実現する CI/CD について
DevOps を実践するための第一歩として、定型作業の自動化に
ついて C# アプリでの方法を紹介します。
※他の言語でも CLI があればそこまで変わらないはずです
Copyright © Alterbooth Inc. All Rights Reserved.
一般的なアプリケーション開発工程
要件定義 設計 開発 テスト リリース
Copyright © Alterbooth Inc. All Rights Reserved.
CI/CD でカバーできる範囲
要件定義 設計 開発 テスト リリース
継続的インテグレーション
(Continuous Integration)
継続的デリバリー
(Continuous Delivery)
Copyright © Alterbooth Inc. All Rights Reserved.
CI/CD がなぜ必要か
アプリケーションの品質を保ち続けるため
✓アプリケーション開発とそのライフサイクルを加速する
✓自動化されたビルドおよびリリースプロセスで品質と一貫性を確保する
✓アプリケーションの安定性と稼働時間を増やす
✓不健全な状態のアプリケーションの公開を防ぐ
✓上記の作業をツールに任せることができる
(人による作業を挟むこともできる)
Copyright © Alterbooth Inc. All Rights Reserved.
CI/CD ツールはチームに適したものを選ぶ
Azure DevOps
Copyright © Alterbooth Inc. All Rights Reserved.
.NET における CI/CD
Copyright © Alterbooth Inc. All Rights Reserved.
.NET Framework は移行時期です
プラットフォーム Windows Windows, macOS, Linux
バージョン 4.8
(今後はメジャーアップデートなし)
.NET Core 3.1, .NET 5
( .NET 6 Preview)
コマンドライン MSBuild.exe, MSDeploy.exe .NET Core CLI
Copyright © Alterbooth Inc. All Rights Reserved.
.NET Framework は移行時期です
プラットフォーム Windows Windows, macOS, Linux
バージョン 4.8
(今後はメジャーアップデートなし)
.NET Core 3.1, .NET 5
( .NET 6 Preview)
コマンドライン MSBuild.exe, MSDeploy.exe .NET Core CLI
Copyright © Alterbooth Inc. All Rights Reserved.
.NET Core CLI
コマンド 機能
dotnet new プロジェクトの新規作成
dotnet restore パッケージの復元
dotnet build プロジェクトのビルド
dotnet run プロジェクトの実行
dotnet test 単体テストの実行
dotnet pack プロジェクトのパッケージ化
dotnet publish
プロジェクトの展開
(=実行形式ファイルの生成)
Copyright © Alterbooth Inc. All Rights Reserved.
新しい dotnet コマンド
dotnet watch + command
いわゆるホットリロード。
ファイルの変更を検知して
コマンドを継続実行できる。
Copyright © Alterbooth Inc. All Rights Reserved.
開発できるアプリ形式も変わる
Copyright © Alterbooth Inc. All Rights Reserved.
Console
WinForms / WPF
WCF
ASP.NET Web Forms
ASP.NET MVC
ASP.NET Web API
Console / Generic Host
WinForms / WPF
gRPC
ASP.NET Core Blazor
ASP.NET Core MVC
ASP.NET Core Web API
これからは 2年ごとに LTS リリース
Copyright © Alterbooth Inc. All Rights Reserved.
https://dotnet.microsoft.com/platform/support/policy/dotnet-core
App Modernization Strategy
Copyright © Alterbooth Inc. All Rights Reserved.
.NET Core 2.1
Aug 2021 EOL
.NET Framework 4.8
.NET Framework 4.6.1
.NET Framework 2.0 .NET Framework 4.5
.NET Standard 1.0 .NET Standard 2.0 .NET Standard 2.1
NuGet Package ▶
App Modernization Strategy
Copyright © Alterbooth Inc. All Rights Reserved.
.NET Framework / .NET Core どちらもサポート
フレームワークのアップグレード
.NET Standard 1.0+ (One .NET)
フレームワークのアップデート
.NET Core 2.1
Aug 2021 EOL
.NET Framework 4.8
.NET Framework 4.6.1
.NET Framework 2.0 .NET Framework 4.5
.NET Standard 1.0 .NET Standard 2.0 .NET Standard 2.1
NuGet Package ▶
Azure DevOps を使った CI/CD
Copyright © Alterbooth Inc. All Rights Reserved.
パイプラインも YAML でバージョン管理
steps:
- task: UseDotNet@2
inputs:
packageType: 'sdk'
version: '3.1.x'
- task: DotNetCoreCLI@2
displayName: build
inputs:
command: 'build'
projects: '**/*.csproj'
arguments: '--configuration $(buildConfiguration)'
- task: DotNetCoreCLI@2
displayName: test
inputs:
command: 'test'
projects: '**/*.csproj'
arguments: '--configuration $(buildConfiguration)'
- task: DotNetCoreCLI@2
displayName: publish
inputs:
command: 'publish'
publishWebProjects: true
arguments: '--configuration $(buildConfiguration) --
output $(Build.ArtifactStagingDirectory)'
- task: PublishBuildArtifacts@1
inputs:
PathtoPublish: '$(Build.ArtifactStagingDirectory)'
ArtifactName: 'drop'
publishLocation: 'Container'
Copyright © Alterbooth Inc. All Rights Reserved.
ビ
ル
ド
テ
ス
ト
発
行
CI/CD を構築した
▼
アプリの品質が保てる ではない
Copyright © Alterbooth Inc. All Rights Reserved.
要件定義 設計 開発 テスト リリース
レビューも大事
Copyright © Alterbooth Inc. All Rights Reserved.
レビュー レビュー レビュー レビュー
レビュー
レビューアーにもスキルが必要
クラウドで実行するアプリケーションを開発する場合、
レビューアーにも必要なスキルは多くなる。
✓ スケーラビリティが考慮されている設計/コードか
✓ 非機能要件をカバーしたアーキテクチャーか
✓ SDK や API を適切に使用できているか
✓ シークレット値の安全性が考慮されているか
✓ 必要なテストコードが書かれているか etc...
Copyright © Alterbooth Inc. All Rights Reserved.
Copyright © Alterbooth Inc. All Rights Reserved.
Copyright © Alterbooth Inc. All Rights Reserved.
C# の既存アプリケーションをあらゆる観
点から解析し、クラウドネイティブ化へ
の道筋を示すアセスメントツールです。
KOSMISCH はアーキテクチャーやソース
コードに潜むクラウドネイティブ化の障
壁を明確にし、お客様が抱える漠然とし
たクラウドネイティブ化への不安や自信
の無さを解消します。
https://kosmisch.jp/
フェーズ
タッチポイント
行動
課題の顕在化 解決提案 課題の克服 新しい環境 継続的改善
システム運用
障害
改修
クラウド化検討 継続開発
問題抽出 クラウドネイティブ化
監視
テスト
自動化
STRONG!
KOSMISCH はプログラムソースコードを解析し、クラウドネ
イティブ化にするためのレポートを自動作成します。
Copyright © Alterbooth Inc. All Rights Reserved.
KOSMISCH が解決するもの
Copyright © Alterbooth Inc. All Rights Reserved.
クラウドネイティブ化へのプロ
グラムコード改善
クラウドネイティブなインフラ
継続的に改善できる仕組み
KOSMISCH Monolith
お客様が保有するアプリケーション資産のソースコードを解析し、
クラウドネイティブ環境への展開に必要な変更を提示します。
Copyright © Alterbooth Inc. All Rights Reserved.
アセスメントの観点
クラウドで動かす Web アプリケーション
▶ スケーラビリティを備えることが望ましい
Copyright © Alterbooth Inc. All Rights Reserved.
スケールアウト
負荷増
アセスメントの観点
Web アプリケーションで使用するステート (状態) を
Web サーバー内に保持する構成になっていないかどうか
Copyright © Alterbooth Inc. All Rights Reserved.
データ
キャッシュ
ログ
ステートフル
外部のデータストア
(ex. Azure SQL Database)
外部のログストア
(ex. Azure Application Insights)
外部のキャッシュストア
(ex. Azure Cache for Redis)
ステートレス
Copyright © Alterbooth Inc. All Rights Reserved.
ソースコード
解析
アセスメント
レポート
コード改善
クラウドネイティブに適した実装か
KOSMISCH の利用シーン
1. クラウドネイティブ化の初期コスト見積もり
2. 改修中のアドバイザー
3. 改修したアプリケーションの受入試験の一環
4. 継続改善のアシスタント
5. クラウドプロバイダーの最新情報にキャッチ
アップし、自社製品への適用を検討する際の
補助ツール
Copyright © Alterbooth Inc. All Rights Reserved.
Photo by Annie Spratt on Unsplash
Copyright © Alterbooth Inc. All Rights Reserved.
適切なクラウドサービスの提案
Copyright © Alterbooth Inc. All Rights Reserved.
外部ライブラリ移行パスの提示
Encourage Your Cloud Native Architecture
クラウドネイティブアーキテクチャーの “不安” からの解放
Copyright © Alterbooth Inc. All Rights Reserved.

More Related Content

What's hot

C# runs anywhere, make anything
C# runs anywhere, make anythingC# runs anywhere, make anything
C# runs anywhere, make anything
Yuta Matsumura
 
未知との交信!?Project SignalR
未知との交信!?Project SignalR未知との交信!?Project SignalR
未知との交信!?Project SignalR
Yuta Matsumura
 
.NET Core時代のCI/CD
.NET Core時代のCI/CD.NET Core時代のCI/CD
.NET Core時代のCI/CD
Yuta Matsumura
 
これから始める Bot Builder 開発のコツと舞台裏
これから始める Bot Builder 開発のコツと舞台裏これから始める Bot Builder 開発のコツと舞台裏
これから始める Bot Builder 開発のコツと舞台裏
Yuta Matsumura
 
Xamarinでも有能な .NET Core
 Xamarinでも有能な .NET Core  Xamarinでも有能な .NET Core
Xamarinでも有能な .NET Core
Yuta Matsumura
 
.NET Coreのいろは
.NET Coreのいろは.NET Coreのいろは
.NET Coreのいろは
Yuta Matsumura
 
Database tools for .NET Core
Database tools for .NET CoreDatabase tools for .NET Core
Database tools for .NET Core
Yuta Matsumura
 
マイクロサービス開発が捗る Project Tye
マイクロサービス開発が捗る Project Tyeマイクロサービス開発が捗る Project Tye
マイクロサービス開発が捗る Project Tye
Yuta Matsumura
 
そろそろレガシーな.Net開発をやめなイカ?
そろそろレガシーな.Net開発をやめなイカ?そろそろレガシーな.Net開発をやめなイカ?
そろそろレガシーな.Net開発をやめなイカ?
Yuta Matsumura
 
いつでもどこでも .NET
いつでもどこでも .NETいつでもどこでも .NET
いつでもどこでも .NET
Yuta Matsumura
 
.NET 最新ロードマップと今押さえておきたい技術要素
.NET 最新ロードマップと今押さえておきたい技術要素.NET 最新ロードマップと今押さえておきたい技術要素
.NET 最新ロードマップと今押さえておきたい技術要素
Akira Inoue
 
GitHub Actions で CI/CD
GitHub Actions で CI/CDGitHub Actions で CI/CD
GitHub Actions で CI/CD
Issei Hiraoka
 
ASP.NET CoreとAzure AD B2Cを使ったサクっと認証
ASP.NET CoreとAzure AD B2Cを使ったサクっと認証ASP.NET CoreとAzure AD B2Cを使ったサクっと認証
ASP.NET CoreとAzure AD B2Cを使ったサクっと認証
Yuta Matsumura
 
改めて C# でできることを振り返る
改めて C# でできることを振り返る改めて C# でできることを振り返る
改めて C# でできることを振り返る
Yuta Matsumura
 
【BS13】チーム開発がこんなにも快適に!コーディングもデバッグも GitHub 上で。 GitHub Codespaces で叶えられるシームレスな開発
【BS13】チーム開発がこんなにも快適に!コーディングもデバッグも GitHub 上で。 GitHub Codespaces で叶えられるシームレスな開発【BS13】チーム開発がこんなにも快適に!コーディングもデバッグも GitHub 上で。 GitHub Codespaces で叶えられるシームレスな開発
【BS13】チーム開発がこんなにも快適に!コーディングもデバッグも GitHub 上で。 GitHub Codespaces で叶えられるシームレスな開発
日本マイクロソフト株式会社
 
Team development
Team developmentTeam development
Team development
Takao Tetsuro
 
Visual Studio 拡張機能の作り方
Visual Studio 拡張機能の作り方Visual Studio 拡張機能の作り方
Visual Studio 拡張機能の作り方
Yuki Igarashi
 
Introduction to VSCode
Introduction to VSCodeIntroduction to VSCode
Introduction to VSCode
Yuki Igarashi
 
【BS11】毎年訪れる .NET のメジャーバージョンアップに備えるために取り組めること
【BS11】毎年訪れる .NET のメジャーバージョンアップに備えるために取り組めること 【BS11】毎年訪れる .NET のメジャーバージョンアップに備えるために取り組めること
【BS11】毎年訪れる .NET のメジャーバージョンアップに備えるために取り組めること
日本マイクロソフト株式会社
 
Blazor Server テンプレート解説
Blazor Server テンプレート解説Blazor Server テンプレート解説
Blazor Server テンプレート解説
Yuta Matsumura
 

What's hot (20)

C# runs anywhere, make anything
C# runs anywhere, make anythingC# runs anywhere, make anything
C# runs anywhere, make anything
 
未知との交信!?Project SignalR
未知との交信!?Project SignalR未知との交信!?Project SignalR
未知との交信!?Project SignalR
 
.NET Core時代のCI/CD
.NET Core時代のCI/CD.NET Core時代のCI/CD
.NET Core時代のCI/CD
 
これから始める Bot Builder 開発のコツと舞台裏
これから始める Bot Builder 開発のコツと舞台裏これから始める Bot Builder 開発のコツと舞台裏
これから始める Bot Builder 開発のコツと舞台裏
 
Xamarinでも有能な .NET Core
 Xamarinでも有能な .NET Core  Xamarinでも有能な .NET Core
Xamarinでも有能な .NET Core
 
.NET Coreのいろは
.NET Coreのいろは.NET Coreのいろは
.NET Coreのいろは
 
Database tools for .NET Core
Database tools for .NET CoreDatabase tools for .NET Core
Database tools for .NET Core
 
マイクロサービス開発が捗る Project Tye
マイクロサービス開発が捗る Project Tyeマイクロサービス開発が捗る Project Tye
マイクロサービス開発が捗る Project Tye
 
そろそろレガシーな.Net開発をやめなイカ?
そろそろレガシーな.Net開発をやめなイカ?そろそろレガシーな.Net開発をやめなイカ?
そろそろレガシーな.Net開発をやめなイカ?
 
いつでもどこでも .NET
いつでもどこでも .NETいつでもどこでも .NET
いつでもどこでも .NET
 
.NET 最新ロードマップと今押さえておきたい技術要素
.NET 最新ロードマップと今押さえておきたい技術要素.NET 最新ロードマップと今押さえておきたい技術要素
.NET 最新ロードマップと今押さえておきたい技術要素
 
GitHub Actions で CI/CD
GitHub Actions で CI/CDGitHub Actions で CI/CD
GitHub Actions で CI/CD
 
ASP.NET CoreとAzure AD B2Cを使ったサクっと認証
ASP.NET CoreとAzure AD B2Cを使ったサクっと認証ASP.NET CoreとAzure AD B2Cを使ったサクっと認証
ASP.NET CoreとAzure AD B2Cを使ったサクっと認証
 
改めて C# でできることを振り返る
改めて C# でできることを振り返る改めて C# でできることを振り返る
改めて C# でできることを振り返る
 
【BS13】チーム開発がこんなにも快適に!コーディングもデバッグも GitHub 上で。 GitHub Codespaces で叶えられるシームレスな開発
【BS13】チーム開発がこんなにも快適に!コーディングもデバッグも GitHub 上で。 GitHub Codespaces で叶えられるシームレスな開発【BS13】チーム開発がこんなにも快適に!コーディングもデバッグも GitHub 上で。 GitHub Codespaces で叶えられるシームレスな開発
【BS13】チーム開発がこんなにも快適に!コーディングもデバッグも GitHub 上で。 GitHub Codespaces で叶えられるシームレスな開発
 
Team development
Team developmentTeam development
Team development
 
Visual Studio 拡張機能の作り方
Visual Studio 拡張機能の作り方Visual Studio 拡張機能の作り方
Visual Studio 拡張機能の作り方
 
Introduction to VSCode
Introduction to VSCodeIntroduction to VSCode
Introduction to VSCode
 
【BS11】毎年訪れる .NET のメジャーバージョンアップに備えるために取り組めること
【BS11】毎年訪れる .NET のメジャーバージョンアップに備えるために取り組めること 【BS11】毎年訪れる .NET のメジャーバージョンアップに備えるために取り組めること
【BS11】毎年訪れる .NET のメジャーバージョンアップに備えるために取り組めること
 
Blazor Server テンプレート解説
Blazor Server テンプレート解説Blazor Server テンプレート解説
Blazor Server テンプレート解説
 

Similar to .NET アプリを改善して実践する継続的インテグレーション

2021/03/19 パブリッククラウドを活かす運用プロセス自動化
2021/03/19 パブリッククラウドを活かす運用プロセス自動化2021/03/19 パブリッククラウドを活かす運用プロセス自動化
2021/03/19 パブリッククラウドを活かす運用プロセス自動化
Issei Hiraoka
 
.NET Coreとツール類の今
.NET Coreとツール類の今.NET Coreとツール類の今
.NET Coreとツール類の今
Yuki Igarashi
 
CODT2020 ビジネスプラットフォームを支えるCI/CDパイプライン ~エンタープライズのDevOpsを加速させる運用改善Tips~
CODT2020 ビジネスプラットフォームを支えるCI/CDパイプライン ~エンタープライズのDevOpsを加速させる運用改善Tips~CODT2020 ビジネスプラットフォームを支えるCI/CDパイプライン ~エンタープライズのDevOpsを加速させる運用改善Tips~
CODT2020 ビジネスプラットフォームを支えるCI/CDパイプライン ~エンタープライズのDevOpsを加速させる運用改善Tips~
Yuki Ando
 
どっちの VS ショー / 伝統の Visual Studio 2019、人気の Visual Studio Code
どっちの VS ショー / 伝統の Visual Studio 2019、人気の Visual Studio Codeどっちの VS ショー / 伝統の Visual Studio 2019、人気の Visual Studio Code
どっちの VS ショー / 伝統の Visual Studio 2019、人気の Visual Studio Code
Takashi Okawa
 
2015 0227 OSC-Spring Tokyo NETMF
2015 0227 OSC-Spring Tokyo NETMF2015 0227 OSC-Spring Tokyo NETMF
2015 0227 OSC-Spring Tokyo NETMF
Atomu Hidaka
 
DEV-002_.NET Core/ASP.NET Core が実現するクロスプラットフォーム .NET の今と未来
DEV-002_.NET Core/ASP.NET Core が実現するクロスプラットフォーム .NET の今と未来DEV-002_.NET Core/ASP.NET Core が実現するクロスプラットフォーム .NET の今と未来
DEV-002_.NET Core/ASP.NET Core が実現するクロスプラットフォーム .NET の今と未来
decode2016
 
[TL04] .NET 15 周年の今こそ考えるクラウドネイティブ アプリケーションと .NET の活用
[TL04] .NET 15 周年の今こそ考えるクラウドネイティブ アプリケーションと .NET の活用[TL04] .NET 15 周年の今こそ考えるクラウドネイティブ アプリケーションと .NET の活用
[TL04] .NET 15 周年の今こそ考えるクラウドネイティブ アプリケーションと .NET の活用
de:code 2017
 
20201127 .NET 5
20201127 .NET 520201127 .NET 5
20201127 .NET 5
Takayoshi Tanaka
 
.NET Core と Container, そして Azure Web Apps on Linux による Web アプリ開発最前線
.NET Core と Container, そして Azure Web Apps on Linux による Web アプリ開発最前線.NET Core と Container, そして Azure Web Apps on Linux による Web アプリ開発最前線
.NET Core と Container, そして Azure Web Apps on Linux による Web アプリ開発最前線
Akira Inoue
 
20170311 Developing & Deploying .NET Core on Linux
20170311 Developing & Deploying .NET Core on Linux20170311 Developing & Deploying .NET Core on Linux
20170311 Developing & Deploying .NET Core on Linux
Takayoshi Tanaka
 
20190219 hyperledger tokyo_meetup_min_bft
20190219 hyperledger tokyo_meetup_min_bft20190219 hyperledger tokyo_meetup_min_bft
20190219 hyperledger tokyo_meetup_min_bft
Hyperleger Tokyo Meetup
 
Eclipse PDT + MakeGood による PHP コードのテスト
Eclipse PDT + MakeGood による PHP コードのテストEclipse PDT + MakeGood による PHP コードのテスト
Eclipse PDT + MakeGood による PHP コードのテスト
Atsuhiro Kubo
 
UIテストの実行時間の短縮の方法
UIテストの実行時間の短縮の方法UIテストの実行時間の短縮の方法
UIテストの実行時間の短縮の方法
Toshiyuki Hirata
 
コンテナーによるIT基盤変革 - IT infrastructure transformation -
コンテナーによるIT基盤変革 - IT infrastructure transformation -コンテナーによるIT基盤変革 - IT infrastructure transformation -
コンテナーによるIT基盤変革 - IT infrastructure transformation -
日本ヒューレット・パッカード株式会社
 
Desktop app dev strategy for .net core 3.0
Desktop app dev strategy for .net core 3.0Desktop app dev strategy for .net core 3.0
Desktop app dev strategy for .net core 3.0
Atsushi Nakamura
 
まっつんチャレンジ OSC出張編 45分でわかる PHP+Eclipseによるテスト駆動開発環境の構築
まっつんチャレンジ OSC出張編 45分でわかる PHP+Eclipseによるテスト駆動開発環境の構築まっつんチャレンジ OSC出張編 45分でわかる PHP+Eclipseによるテスト駆動開発環境の構築
まっつんチャレンジ OSC出張編 45分でわかる PHP+Eclipseによるテスト駆動開発環境の構築
Hideharu MATSUFUJI
 
デモで楽しむ Visual Studio 2022 & .NET 6 最新アップデート
デモで楽しむ Visual Studio 2022 & .NET 6 最新アップデートデモで楽しむ Visual Studio 2022 & .NET 6 最新アップデート
デモで楽しむ Visual Studio 2022 & .NET 6 最新アップデート
Akira Inoue
 
オススメのJavaログ管理手法 ~コンテナ編~(Open Source Conference 2022 Online/Spring 発表資料)
オススメのJavaログ管理手法 ~コンテナ編~(Open Source Conference 2022 Online/Spring 発表資料)オススメのJavaログ管理手法 ~コンテナ編~(Open Source Conference 2022 Online/Spring 発表資料)
オススメのJavaログ管理手法 ~コンテナ編~(Open Source Conference 2022 Online/Spring 発表資料)
NTT DATA Technology & Innovation
 
Empower Every App, Every Developer ~ 統合開発プラットフォーム Visual Studio の進化 ~
Empower Every App, Every Developer ~ 統合開発プラットフォーム Visual Studio の進化 ~Empower Every App, Every Developer ~ 統合開発プラットフォーム Visual Studio の進化 ~
Empower Every App, Every Developer ~ 統合開発プラットフォーム Visual Studio の進化 ~
Akira Inoue
 

Similar to .NET アプリを改善して実践する継続的インテグレーション (20)

2021/03/19 パブリッククラウドを活かす運用プロセス自動化
2021/03/19 パブリッククラウドを活かす運用プロセス自動化2021/03/19 パブリッククラウドを活かす運用プロセス自動化
2021/03/19 パブリッククラウドを活かす運用プロセス自動化
 
.NET Coreとツール類の今
.NET Coreとツール類の今.NET Coreとツール類の今
.NET Coreとツール類の今
 
CODT2020 ビジネスプラットフォームを支えるCI/CDパイプライン ~エンタープライズのDevOpsを加速させる運用改善Tips~
CODT2020 ビジネスプラットフォームを支えるCI/CDパイプライン ~エンタープライズのDevOpsを加速させる運用改善Tips~CODT2020 ビジネスプラットフォームを支えるCI/CDパイプライン ~エンタープライズのDevOpsを加速させる運用改善Tips~
CODT2020 ビジネスプラットフォームを支えるCI/CDパイプライン ~エンタープライズのDevOpsを加速させる運用改善Tips~
 
どっちの VS ショー / 伝統の Visual Studio 2019、人気の Visual Studio Code
どっちの VS ショー / 伝統の Visual Studio 2019、人気の Visual Studio Codeどっちの VS ショー / 伝統の Visual Studio 2019、人気の Visual Studio Code
どっちの VS ショー / 伝統の Visual Studio 2019、人気の Visual Studio Code
 
2015 0227 OSC-Spring Tokyo NETMF
2015 0227 OSC-Spring Tokyo NETMF2015 0227 OSC-Spring Tokyo NETMF
2015 0227 OSC-Spring Tokyo NETMF
 
DEV-002_.NET Core/ASP.NET Core が実現するクロスプラットフォーム .NET の今と未来
DEV-002_.NET Core/ASP.NET Core が実現するクロスプラットフォーム .NET の今と未来DEV-002_.NET Core/ASP.NET Core が実現するクロスプラットフォーム .NET の今と未来
DEV-002_.NET Core/ASP.NET Core が実現するクロスプラットフォーム .NET の今と未来
 
[TL04] .NET 15 周年の今こそ考えるクラウドネイティブ アプリケーションと .NET の活用
[TL04] .NET 15 周年の今こそ考えるクラウドネイティブ アプリケーションと .NET の活用[TL04] .NET 15 周年の今こそ考えるクラウドネイティブ アプリケーションと .NET の活用
[TL04] .NET 15 周年の今こそ考えるクラウドネイティブ アプリケーションと .NET の活用
 
20201127 .NET 5
20201127 .NET 520201127 .NET 5
20201127 .NET 5
 
Windows Azure PHP Tips
Windows Azure PHP Tips Windows Azure PHP Tips
Windows Azure PHP Tips
 
.NET Core と Container, そして Azure Web Apps on Linux による Web アプリ開発最前線
.NET Core と Container, そして Azure Web Apps on Linux による Web アプリ開発最前線.NET Core と Container, そして Azure Web Apps on Linux による Web アプリ開発最前線
.NET Core と Container, そして Azure Web Apps on Linux による Web アプリ開発最前線
 
20170311 Developing & Deploying .NET Core on Linux
20170311 Developing & Deploying .NET Core on Linux20170311 Developing & Deploying .NET Core on Linux
20170311 Developing & Deploying .NET Core on Linux
 
20190219 hyperledger tokyo_meetup_min_bft
20190219 hyperledger tokyo_meetup_min_bft20190219 hyperledger tokyo_meetup_min_bft
20190219 hyperledger tokyo_meetup_min_bft
 
Eclipse PDT + MakeGood による PHP コードのテスト
Eclipse PDT + MakeGood による PHP コードのテストEclipse PDT + MakeGood による PHP コードのテスト
Eclipse PDT + MakeGood による PHP コードのテスト
 
UIテストの実行時間の短縮の方法
UIテストの実行時間の短縮の方法UIテストの実行時間の短縮の方法
UIテストの実行時間の短縮の方法
 
コンテナーによるIT基盤変革 - IT infrastructure transformation -
コンテナーによるIT基盤変革 - IT infrastructure transformation -コンテナーによるIT基盤変革 - IT infrastructure transformation -
コンテナーによるIT基盤変革 - IT infrastructure transformation -
 
Desktop app dev strategy for .net core 3.0
Desktop app dev strategy for .net core 3.0Desktop app dev strategy for .net core 3.0
Desktop app dev strategy for .net core 3.0
 
まっつんチャレンジ OSC出張編 45分でわかる PHP+Eclipseによるテスト駆動開発環境の構築
まっつんチャレンジ OSC出張編 45分でわかる PHP+Eclipseによるテスト駆動開発環境の構築まっつんチャレンジ OSC出張編 45分でわかる PHP+Eclipseによるテスト駆動開発環境の構築
まっつんチャレンジ OSC出張編 45分でわかる PHP+Eclipseによるテスト駆動開発環境の構築
 
デモで楽しむ Visual Studio 2022 & .NET 6 最新アップデート
デモで楽しむ Visual Studio 2022 & .NET 6 最新アップデートデモで楽しむ Visual Studio 2022 & .NET 6 最新アップデート
デモで楽しむ Visual Studio 2022 & .NET 6 最新アップデート
 
オススメのJavaログ管理手法 ~コンテナ編~(Open Source Conference 2022 Online/Spring 発表資料)
オススメのJavaログ管理手法 ~コンテナ編~(Open Source Conference 2022 Online/Spring 発表資料)オススメのJavaログ管理手法 ~コンテナ編~(Open Source Conference 2022 Online/Spring 発表資料)
オススメのJavaログ管理手法 ~コンテナ編~(Open Source Conference 2022 Online/Spring 発表資料)
 
Empower Every App, Every Developer ~ 統合開発プラットフォーム Visual Studio の進化 ~
Empower Every App, Every Developer ~ 統合開発プラットフォーム Visual Studio の進化 ~Empower Every App, Every Developer ~ 統合開発プラットフォーム Visual Studio の進化 ~
Empower Every App, Every Developer ~ 統合開発プラットフォーム Visual Studio の進化 ~
 

More from Yuta Matsumura

「自分のとこでは動くけど…」を無くす devcontainer
「自分のとこでは動くけど…」を無くす devcontainer「自分のとこでは動くけど…」を無くす devcontainer
「自分のとこでは動くけど…」を無くす devcontainer
Yuta Matsumura
 
チーム開発で徐々にコード品質をあげていく取り組み
チーム開発で徐々にコード品質をあげていく取り組みチーム開発で徐々にコード品質をあげていく取り組み
チーム開発で徐々にコード品質をあげていく取り組み
Yuta Matsumura
 
.NETのサポートポリシーのおさらい #csharptokyo
.NETのサポートポリシーのおさらい #csharptokyo.NETのサポートポリシーのおさらい #csharptokyo
.NETのサポートポリシーのおさらい #csharptokyo
Yuta Matsumura
 
App Modernization for .NET
App Modernization for .NETApp Modernization for .NET
App Modernization for .NET
Yuta Matsumura
 
分かったうえではじめるCI/CD
分かったうえではじめるCI/CD分かったうえではじめるCI/CD
分かったうえではじめるCI/CD
Yuta Matsumura
 
VSCodeで始めるAzure Static Web Apps開発
VSCodeで始めるAzure Static Web Apps開発VSCodeで始めるAzure Static Web Apps開発
VSCodeで始めるAzure Static Web Apps開発
Yuta Matsumura
 
オンライン中心だから地方のコミュニティも見てみませんか? - Fukuoka.NETの紹介
オンライン中心だから地方のコミュニティも見てみませんか? - Fukuoka.NETの紹介オンライン中心だから地方のコミュニティも見てみませんか? - Fukuoka.NETの紹介
オンライン中心だから地方のコミュニティも見てみませんか? - Fukuoka.NETの紹介
Yuta Matsumura
 
Azure の ID 管理サービスに LINE ログインを組み込もう
Azure の ID 管理サービスに LINE ログインを組み込もうAzure の ID 管理サービスに LINE ログインを組み込もう
Azure の ID 管理サービスに LINE ログインを組み込もう
Yuta Matsumura
 
スタートアップ企業が実践するクラウドネイティブアプリケーションの開発手法
スタートアップ企業が実践するクラウドネイティブアプリケーションの開発手法スタートアップ企業が実践するクラウドネイティブアプリケーションの開発手法
スタートアップ企業が実践するクラウドネイティブアプリケーションの開発手法
Yuta Matsumura
 
忙しい人のための .NET Conf 2019 まとめ
忙しい人のための .NET Conf 2019 まとめ忙しい人のための .NET Conf 2019 まとめ
忙しい人のための .NET Conf 2019 まとめ
Yuta Matsumura
 
.NET Conf の歩き方
.NET Conf の歩き方.NET Conf の歩き方
.NET Conf の歩き方
Yuta Matsumura
 
PHPカンファレンス福岡2019 閉会式
PHPカンファレンス福岡2019 閉会式PHPカンファレンス福岡2019 閉会式
PHPカンファレンス福岡2019 閉会式
Yuta Matsumura
 
PHPカンファレンス福岡2019 開会式
PHPカンファレンス福岡2019 開会式PHPカンファレンス福岡2019 開会式
PHPカンファレンス福岡2019 開会式
Yuta Matsumura
 
ASP.NET Core 2.x Identityについて
ASP.NET Core 2.x IdentityについてASP.NET Core 2.x Identityについて
ASP.NET Core 2.x Identityについて
Yuta Matsumura
 
イケてる技術で品質を担保しつつスピード感のある開発を実現する冴えたやり方
イケてる技術で品質を担保しつつスピード感のある開発を実現する冴えたやり方イケてる技術で品質を担保しつつスピード感のある開発を実現する冴えたやり方
イケてる技術で品質を担保しつつスピード感のある開発を実現する冴えたやり方
Yuta Matsumura
 
サーバーレスの常識を覆す Azure Durable Functionsを使い倒す
サーバーレスの常識を覆す Azure Durable Functionsを使い倒すサーバーレスの常識を覆す Azure Durable Functionsを使い倒す
サーバーレスの常識を覆す Azure Durable Functionsを使い倒す
Yuta Matsumura
 
娘駆動開発で活躍するAzureのサーバーレスサービス
娘駆動開発で活躍するAzureのサーバーレスサービス娘駆動開発で活躍するAzureのサーバーレスサービス
娘駆動開発で活躍するAzureのサーバーレスサービス
Yuta Matsumura
 

More from Yuta Matsumura (17)

「自分のとこでは動くけど…」を無くす devcontainer
「自分のとこでは動くけど…」を無くす devcontainer「自分のとこでは動くけど…」を無くす devcontainer
「自分のとこでは動くけど…」を無くす devcontainer
 
チーム開発で徐々にコード品質をあげていく取り組み
チーム開発で徐々にコード品質をあげていく取り組みチーム開発で徐々にコード品質をあげていく取り組み
チーム開発で徐々にコード品質をあげていく取り組み
 
.NETのサポートポリシーのおさらい #csharptokyo
.NETのサポートポリシーのおさらい #csharptokyo.NETのサポートポリシーのおさらい #csharptokyo
.NETのサポートポリシーのおさらい #csharptokyo
 
App Modernization for .NET
App Modernization for .NETApp Modernization for .NET
App Modernization for .NET
 
分かったうえではじめるCI/CD
分かったうえではじめるCI/CD分かったうえではじめるCI/CD
分かったうえではじめるCI/CD
 
VSCodeで始めるAzure Static Web Apps開発
VSCodeで始めるAzure Static Web Apps開発VSCodeで始めるAzure Static Web Apps開発
VSCodeで始めるAzure Static Web Apps開発
 
オンライン中心だから地方のコミュニティも見てみませんか? - Fukuoka.NETの紹介
オンライン中心だから地方のコミュニティも見てみませんか? - Fukuoka.NETの紹介オンライン中心だから地方のコミュニティも見てみませんか? - Fukuoka.NETの紹介
オンライン中心だから地方のコミュニティも見てみませんか? - Fukuoka.NETの紹介
 
Azure の ID 管理サービスに LINE ログインを組み込もう
Azure の ID 管理サービスに LINE ログインを組み込もうAzure の ID 管理サービスに LINE ログインを組み込もう
Azure の ID 管理サービスに LINE ログインを組み込もう
 
スタートアップ企業が実践するクラウドネイティブアプリケーションの開発手法
スタートアップ企業が実践するクラウドネイティブアプリケーションの開発手法スタートアップ企業が実践するクラウドネイティブアプリケーションの開発手法
スタートアップ企業が実践するクラウドネイティブアプリケーションの開発手法
 
忙しい人のための .NET Conf 2019 まとめ
忙しい人のための .NET Conf 2019 まとめ忙しい人のための .NET Conf 2019 まとめ
忙しい人のための .NET Conf 2019 まとめ
 
.NET Conf の歩き方
.NET Conf の歩き方.NET Conf の歩き方
.NET Conf の歩き方
 
PHPカンファレンス福岡2019 閉会式
PHPカンファレンス福岡2019 閉会式PHPカンファレンス福岡2019 閉会式
PHPカンファレンス福岡2019 閉会式
 
PHPカンファレンス福岡2019 開会式
PHPカンファレンス福岡2019 開会式PHPカンファレンス福岡2019 開会式
PHPカンファレンス福岡2019 開会式
 
ASP.NET Core 2.x Identityについて
ASP.NET Core 2.x IdentityについてASP.NET Core 2.x Identityについて
ASP.NET Core 2.x Identityについて
 
イケてる技術で品質を担保しつつスピード感のある開発を実現する冴えたやり方
イケてる技術で品質を担保しつつスピード感のある開発を実現する冴えたやり方イケてる技術で品質を担保しつつスピード感のある開発を実現する冴えたやり方
イケてる技術で品質を担保しつつスピード感のある開発を実現する冴えたやり方
 
サーバーレスの常識を覆す Azure Durable Functionsを使い倒す
サーバーレスの常識を覆す Azure Durable Functionsを使い倒すサーバーレスの常識を覆す Azure Durable Functionsを使い倒す
サーバーレスの常識を覆す Azure Durable Functionsを使い倒す
 
娘駆動開発で活躍するAzureのサーバーレスサービス
娘駆動開発で活躍するAzureのサーバーレスサービス娘駆動開発で活躍するAzureのサーバーレスサービス
娘駆動開発で活躍するAzureのサーバーレスサービス
 

Recently uploaded

MOSHI: 革新的な音声AI QAIが開発した次世代のコミュニケーションツール
MOSHI: 革新的な音声AI QAIが開発した次世代のコミュニケーションツールMOSHI: 革新的な音声AI QAIが開発した次世代のコミュニケーションツール
MOSHI: 革新的な音声AI QAIが開発した次世代のコミュニケーションツール
TsuyoshiSaito7
 
Matsuo-Iwasawa Lab. Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. Research unit IntroductionMatsuo-Iwasawa Lab. Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. Research unit Introduction
Matsuo Lab
 
「スマートエスイー」におけるスマートシステム&サービスおよびDX推進人材の産学連携育成ならびに参照モデルに基づく育成プログラム分析
「スマートエスイー」におけるスマートシステム&サービスおよびDX推進人材の産学連携育成ならびに参照モデルに基づく育成プログラム分析「スマートエスイー」におけるスマートシステム&サービスおよびDX推進人材の産学連携育成ならびに参照モデルに基づく育成プログラム分析
「スマートエスイー」におけるスマートシステム&サービスおよびDX推進人材の産学連携育成ならびに参照モデルに基づく育成プログラム分析
Hironori Washizaki
 
【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models
【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models
【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models
Sony - Neural Network Libraries
 
Matsuo-Iwasawa lab. Research Unit Introduction
Matsuo-Iwasawa lab. Research Unit IntroductionMatsuo-Iwasawa lab. Research Unit Introduction
Matsuo-Iwasawa lab. Research Unit Introduction
Matsuo Lab
 
論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...
論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...
論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...
Toru Tamaki
 
Kyndryl Developer Services のご紹介 2024年7月
Kyndryl Developer Services のご紹介  2024年7月Kyndryl Developer Services のご紹介  2024年7月
Kyndryl Developer Services のご紹介 2024年7月
Takayuki Nakayama
 
Matsuo-Iwasawa Lab. | Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. | Research unit IntroductionMatsuo-Iwasawa Lab. | Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. | Research unit Introduction
Matsuo Lab
 
MySQLの文字コードと照合順序について 2024/07/05の勉強会で発表されたものです。
MySQLの文字コードと照合順序について 2024/07/05の勉強会で発表されたものです。MySQLの文字コードと照合順序について 2024/07/05の勉強会で発表されたものです。
MySQLの文字コードと照合順序について 2024/07/05の勉強会で発表されたものです。
iPride Co., Ltd.
 
"ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ...
"ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ..."ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ...
"ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ...
たけおか しょうぞう
 
【GPT4-o越えのリアルタイム会話AI】kyutai labsのMoshiデモ動画を解説
【GPT4-o越えのリアルタイム会話AI】kyutai labsのMoshiデモ動画を解説【GPT4-o越えのリアルタイム会話AI】kyutai labsのMoshiデモ動画を解説
【GPT4-o越えのリアルタイム会話AI】kyutai labsのMoshiデモ動画を解説
TsuyoshiSaito7
 
「福利厚生をコストから投資へ」AIで社員1人ひとりに最適な支援を届ける 全く新しいカフェテリアプラン
「福利厚生をコストから投資へ」AIで社員1人ひとりに最適な支援を届ける 全く新しいカフェテリアプラン「福利厚生をコストから投資へ」AIで社員1人ひとりに最適な支援を届ける 全く新しいカフェテリアプラン
「福利厚生をコストから投資へ」AIで社員1人ひとりに最適な支援を届ける 全く新しいカフェテリアプラン
shogotaguchi
 
Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)
Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)
Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)
Natsutani Minoru
 
第61回CV勉強会「CVPR2024読み会」(前編)発表資料:State Space Models for Event Cameras
第61回CV勉強会「CVPR2024読み会」(前編)発表資料:State Space Models for Event Cameras第61回CV勉強会「CVPR2024読み会」(前編)発表資料:State Space Models for Event Cameras
第61回CV勉強会「CVPR2024読み会」(前編)発表資料:State Space Models for Event Cameras
Takuya Minagawa
 

Recently uploaded (14)

MOSHI: 革新的な音声AI QAIが開発した次世代のコミュニケーションツール
MOSHI: 革新的な音声AI QAIが開発した次世代のコミュニケーションツールMOSHI: 革新的な音声AI QAIが開発した次世代のコミュニケーションツール
MOSHI: 革新的な音声AI QAIが開発した次世代のコミュニケーションツール
 
Matsuo-Iwasawa Lab. Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. Research unit IntroductionMatsuo-Iwasawa Lab. Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. Research unit Introduction
 
「スマートエスイー」におけるスマートシステム&サービスおよびDX推進人材の産学連携育成ならびに参照モデルに基づく育成プログラム分析
「スマートエスイー」におけるスマートシステム&サービスおよびDX推進人材の産学連携育成ならびに参照モデルに基づく育成プログラム分析「スマートエスイー」におけるスマートシステム&サービスおよびDX推進人材の産学連携育成ならびに参照モデルに基づく育成プログラム分析
「スマートエスイー」におけるスマートシステム&サービスおよびDX推進人材の産学連携育成ならびに参照モデルに基づく育成プログラム分析
 
【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models
【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models
【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models
 
Matsuo-Iwasawa lab. Research Unit Introduction
Matsuo-Iwasawa lab. Research Unit IntroductionMatsuo-Iwasawa lab. Research Unit Introduction
Matsuo-Iwasawa lab. Research Unit Introduction
 
論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...
論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...
論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...
 
Kyndryl Developer Services のご紹介 2024年7月
Kyndryl Developer Services のご紹介  2024年7月Kyndryl Developer Services のご紹介  2024年7月
Kyndryl Developer Services のご紹介 2024年7月
 
Matsuo-Iwasawa Lab. | Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. | Research unit IntroductionMatsuo-Iwasawa Lab. | Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. | Research unit Introduction
 
MySQLの文字コードと照合順序について 2024/07/05の勉強会で発表されたものです。
MySQLの文字コードと照合順序について 2024/07/05の勉強会で発表されたものです。MySQLの文字コードと照合順序について 2024/07/05の勉強会で発表されたものです。
MySQLの文字コードと照合順序について 2024/07/05の勉強会で発表されたものです。
 
"ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ...
"ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ..."ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ...
"ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ...
 
【GPT4-o越えのリアルタイム会話AI】kyutai labsのMoshiデモ動画を解説
【GPT4-o越えのリアルタイム会話AI】kyutai labsのMoshiデモ動画を解説【GPT4-o越えのリアルタイム会話AI】kyutai labsのMoshiデモ動画を解説
【GPT4-o越えのリアルタイム会話AI】kyutai labsのMoshiデモ動画を解説
 
「福利厚生をコストから投資へ」AIで社員1人ひとりに最適な支援を届ける 全く新しいカフェテリアプラン
「福利厚生をコストから投資へ」AIで社員1人ひとりに最適な支援を届ける 全く新しいカフェテリアプラン「福利厚生をコストから投資へ」AIで社員1人ひとりに最適な支援を届ける 全く新しいカフェテリアプラン
「福利厚生をコストから投資へ」AIで社員1人ひとりに最適な支援を届ける 全く新しいカフェテリアプラン
 
Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)
Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)
Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)
 
第61回CV勉強会「CVPR2024読み会」(前編)発表資料:State Space Models for Event Cameras
第61回CV勉強会「CVPR2024読み会」(前編)発表資料:State Space Models for Event Cameras第61回CV勉強会「CVPR2024読み会」(前編)発表資料:State Space Models for Event Cameras
第61回CV勉強会「CVPR2024読み会」(前編)発表資料:State Space Models for Event Cameras
 

.NET アプリを改善して実践する継続的インテグレーション