20020713

323 views

Published on

0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
323
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
2
Actions
Shares
0
Downloads
2
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

20020713

  1. 1. 真実(ほんとう)の .NET NT-Committee2 小野修司
  2. 2. ブラウザ、使いやすいですか ?• 業務アプリケーションを Web 化する動 きが活発だが。。。 – 入力系のユーザインターフェィス部品が貧 弱 – 印刷機能が弱い – 高機能になっているクライアントマシンの パワーはほとんど利用できない
  3. 3. それでも Web アプリケーシ ョン全盛の理由• ブラウザならどのクライアントマシンにも 入っている• アプリケーションのプログラム、データは サーバ側で一括管理• 要するに管理コストが低い(と思われてい る) – 実際には DHTML を利用したり、帳票用のツー ルを利用したりする必要が生じ、それなりの管 理コストが発生している
  4. 4. めざせ!リッチクライアントの 復権• 管理コストが抑えられればユーザはリッチク ライアント( Windows アプリケーション)を 利用するのではないか?• リッチクライアントが Web アプリケーション と肩をならべるには – すべてのマシンにランタイムエンジンを – プログラムはサーバからダウンロードして実行 – インターネット環境でn階層アプリケーションを 手軽に構築 – プログラムのダウンロードを快適に – プログラムの実行も快適に – セキュリティに十分な配慮を
  5. 5. すべてのマシンにランタイ ムエンジンを• OS の上に .NET アプリケーションの実 行環境としての CLR を用意 – Windows98 以降の OS 上での動作を保障 – PDA にもある程度の互換性をもたせる• CLR を Windows Update で配布 – いずれは OS に CLR を組み込む• .NET Framework SDK も無料で配布する ことにより裾野の広がりをねらう
  6. 6. プログラムはサーバからダウ ンロードして実行• 必要なファイルをコピーするだけでアプリケー ションを動作可能に• レジストリによるアプリケーションの動作用の 情報管理をやめる – コンパイルにより生成されるアセンブリにメタデー タとよばれる情報を追加し、バージョンなどを管理 する – 複数のバージョンが平行動作可能に• アセンブリを HTTP ベースでダウンロードして 実行可• アプリケーションの終了により、クライアント 上からプログラムが消去される
  7. 7. インターネット環境でn階層 アプリケーションを手軽に構 築• Web サービスを利用することにより、ファイ アウォールをはさんだ環境でもn階層のアプ リケーションの構築を可能に• Web サービスの提供/利用部分をツールが自 動生成することで、簡単に Web サービスアプ リケーションが構築できる• アセンブリは中間言語( MSIL )で記述され ているので、適切なコンパイラさえあればど んな言語でも .NET 上でアプリケーションを 構築できる
  8. 8. プログラムのダウンロード を快適に• ダウンロードするファイルをできるだ け小さくするため、クラスライブラリ の機能を充実し、ランタイムエンジン と同時に配布• 複数のファイルから構築されるアセン ブリを生成できる – 実行時にはメソッド単位でメモリ上にロー ドされるため、メソッドが含まれるファイ ル毎にダウンロードされる
  9. 9. プログラムの実行も快適に• 実行時にはメソッド単位でメモリ上にロード されるため、そのとき実行されないメソッド はロードされない• ロード時にネイティブコードへのコンパイル を行い、実行速度をあげる( JIT コンパイラ )• インメモリデータベース( DataSet) を採用す ることでデータの一括ダウンロードと一括ア ップロードを実現(処理単位のスループット の向上が可能に)
  10. 10. セキュリティに十分な配慮を• ロード時にセキュリティチェックを行う – 型チェックによるメモリの利用領域確認 – ユーザのロール(役割)による実行権限の確認 – コードの出自による実行権限の確認 • プログラムはどこからダウンロードされているのか • プログラムは誰によってつくられたのか • プログラムは何をしようとしているのか• 管理者がセキュリティの設定を管理できる – ユーザが「 OK 」ボタンを押したらなんでも実行 できてしまったいままでのセキュリティとは違う
  11. 11. セキュリティ管理ツール• Caspol.exe – コマンドラインから実行 – ログオンスクリプト等にくみこめる• Microsoft .NET Framework Configuration – 管理ツールに組み込まれる – GUI で設定 – セキュリティ設定用の msi ファイルを作成 可 – Active Directory を利用してセキュリティ設 定
  12. 12. Web アプリケーションへの対応 は?– IE のオブジェクトモデルを理解し、複雑な DHTML を記述すれば、業務アプリケーシ ョンに必要な入力系のユーザインタフェー スをつくりこむことは可能だった– DHTML をモジュール化するビヘイビアと いった技術もすでに存在する– .NET では、業務アプリケーションを構築 できるように、 IE のオブジェクトモデル を最大限に活用する DHTML を生成するよ うにもできたはずなのに。。。
  13. 13. 標準を重視した ASP.NET• ASP.NET では HTML3.2 ベースの HTML を生 成することが重視されている – DHTML を活用する Web コントロールは Validation (入力チェック)系のものぐらい – DHTML を記述する方法は用意されているが、む しろ面倒ともいえる手順が必要になっている – DHTML は依然として文字列の形で記述する必要 がある• ASP.NET では、データの閲覧を主とするアプ リケーションの構築に重点が置かれている – DataGrid/DataList/Repeater 等の Web コントロール
  14. 14. 真実(ほんとう)の .NET の姿• .NET は Microsoft が考える次世代の分散シ ステムの姿をうかびあがらせる – Web アプリケーションはn階層といっても、 その実態は集中型のシステムを構築するもの であった – .NET により、システムの管理コストを抑えつ つ、クライアントのパワーを利用できる分散 型のシステムの構築がより簡単になろうとし ている

×