小野 修司どっとねっとふぁん(http://dotnetfan.org)
ASP.NETメンバーシップ   コーディングなしで認証の仕組みを実現可能     Default.aspx      ○ LoginStatusコントロール      ○ LoginNameコントロール     Login.aspx  ...
ASP.NETメンバーシップの問題点   サーバ上での管理ツールが存在しない     Webサイト管理ツールはVisualStudio付属   開発時に利用したデータベースを設定を    含めてそのまま使用することには問題が    ある ...
IIS7管理ツールからのユーザ管理   IIS7管理ツールからできること     メンバーシップ管理用のデータベースへの接続        文字列の修正       認証の設定       ロールの有効化       ロールの追加/編...
Web.configの直接編集   IIS7管理ツールではできないこと     承認の設定(フォルダ/ファイル)     ユーザの持つプロファイルデータの管理      ○ これらは開発時点で設定等が確定するので、        管理ツー...
メンバーシッププロバイダの設定   マシンレベルのweb.configに記述    <membership>       <providers>         <add name="AspNetSqlMembershipProvider" ...
ASP.NETメンバーシップとIIS7 管理ツール   IIS7管理ツールの登場で、実際に運用管理の    できる最低限の環境が整った   活用するための情報提供はまだ必要なのでは    ないか?     管理ツール     データベー...
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

20090418

413 views

Published on

0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
413
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
2
Actions
Shares
0
Downloads
2
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

20090418

  1. 1. 小野 修司どっとねっとふぁん(http://dotnetfan.org)
  2. 2. ASP.NETメンバーシップ コーディングなしで認証の仕組みを実現可能  Default.aspx ○ LoginStatusコントロール ○ LoginNameコントロール  Login.aspx ○ Loginコントロール  Web サイト管理ツール ○ 認証の種類 - インターネットから ○ ロールの作成 ○ アカウントの作成 ○ アクセス規則(承認)の作成
  3. 3. ASP.NETメンバーシップの問題点 サーバ上での管理ツールが存在しない  Webサイト管理ツールはVisualStudio付属 開発時に利用したデータベースを設定を 含めてそのまま使用することには問題が ある  SQL Server Express Edition特有のユーザイ ンスタンスの機能を利用している  メンバーシップ用のデータベースは aspnet_regsql.exeから作成することは可能
  4. 4. IIS7管理ツールからのユーザ管理 IIS7管理ツールからできること  メンバーシップ管理用のデータベースへの接続 文字列の修正  認証の設定  ロールの有効化  ロールの追加/編集/削除  ユーザの追加/編集/削除  ユーザのロールへの追加/削除  プロファイルの有効化  匿名ユーザのプロファイルの有効化  プロファイルの追加/編集削除
  5. 5. Web.configの直接編集 IIS7管理ツールではできないこと  承認の設定(フォルダ/ファイル)  ユーザの持つプロファイルデータの管理 ○ これらは開発時点で設定等が確定するので、 管理ツールでの操作は必要ないかもしれない  メンバーシッププロバイダの設定変更 ○ どんな設定ができるかを理解させるためには 管理ツールから設定を変更できるとうれしい ○ 柔軟な設定が可能なことがわかりにくいため にメンバーシップが使われていないのでは?
  6. 6. メンバーシッププロバイダの設定 マシンレベルのweb.configに記述 <membership> <providers> <add name="AspNetSqlMembershipProvider" type="System.Web.Security.SqlMembershipProvider, System.Web, Version=2.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=b03f5f7f11d50a3a" connectionStringName="LocalSqlServer" enablePasswordRetrieval="false“ enablePasswordReset="true" requiresQuestionAndAnswer="true" applicationName="/" requiresUniqueEmail="false" passwordFormat="Hashed" maxInvalidPasswordAttempts="5" minRequiredPasswordLength="7" minRequiredNonalphanumericCharacters="1" passwordAttemptWindow="10" passwordStrengthRegularExpression=""/> </providers> </membership>
  7. 7. ASP.NETメンバーシップとIIS7 管理ツール IIS7管理ツールの登場で、実際に運用管理の できる最低限の環境が整った 活用するための情報提供はまだ必要なのでは ないか?  管理ツール  データベース  各種設定

×