Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Why don't you learn programming?

10,664 views

Published on

At the school festival of Nada High School

Published in: Technology

Why don't you learn programming?

  1. 1. Why Don’t You Learn Programming? Hiromu Yakura
  2. 2. Hiromu Yakura 高校3年生 17歳 プログラマー
  3. 3. 略歴 アジア太平洋情報オリンピック 銅メダル 日本情報オリンピック 第12, 13回 日本代表候補
  4. 4. 略歴 情報セキュリティスペシャリスト 最年少取得 ハッキング大会 (Capture The Flag) 世界 7位
  5. 5. 略歴 独立行政法人 情報処理推進機構 未踏人材育成プロジェクト最年少採択 U-20 プログラミングコンテスト 経済産業大臣賞
  6. 6. 略歴 高校生科学技術チャレンジ 2012 文部科学大臣賞・富士通賞 2013 科学技術政策担当大臣賞    富士通賞
  7. 7. 作ったもの ハードウェア ソフトウェア
  8. 8. 作ったもの 目目連
  9. 9. 作ったもの Oculus
  10. 10. 作ったもの WiiFlight
  11. 11. 作ったもの
  12. 12. 作ったもの OpenLume
  13. 13. 作ったもの
  14. 14. 作ったもの
  15. 15. 作ったもの
  16. 16. これまでの話
  17. 17. 小学生の頃 パソコンはほとんど 触ったことがない いろいろなものを 体験するのが好き
  18. 18. アマチュア無線
  19. 19. 能楽 能楽
  20. 20. 分解 分解
  21. 21. 中学に入学 たまたまパソコン部に入部 この時からプログラミングを 始める
  22. 22. プログラミング
  23. 23. プログラミング 全能感
  24. 24. 転機 中学2年生の夏 セキュリティ&プログラミング キャンプに参加
  25. 25. 転機 政府が主催する人材育成合宿 22歳以下の学生が集まり 5日間で課題に取り組む
  26. 26. Linux Kernel Linux Kernelの開発に挑戦 世界中で動いているシステム 「オープンソース」
  27. 27. オープンソース ソフトウェアのすべてが 公開されている 無料 だれでも開発に参加できる
  28. 28. 世界30カ国以上から
  29. 29. 世界30カ国以上から 2829人が集まって
  30. 30. 世界30カ国以上から 2829人が集まって 15900000行の ソースコードを開発
  31. 31. 転機 このLinux Kernelにバグを発見 これを修正してみることに
  32. 32. ここ間違ってるから こう直しましょう というメールを送る
  33. 33. 議論して 納得してもらえれば 使ってもらえる
  34. 34. 転機 すごくわくわくする体験    
  35. 35. 転機 すごくわくわくする体験 自分の書いたコードが 世界中で使われている
  36. 36. コードさえ合っていれば 年齢や性別などは 全く関係のない世界
  37. 37. コードさえ合っていれば 年齢や性別などは 全く関係のない世界 ITの世界の醍醐味
  38. 38. コードがすべての世界 コードを見て 評価してもらえる 実力があればどこでも行ける
  39. 39. コードがすべての世界 未踏IT人材発掘プロジェクト 中学3年生の時に最年少採択
  40. 40. コードがすべての世界 プロジェクトに対して 最先端を行くメンターと 資金をつけて育成する
  41. 41. コードがすべての世界 成果物はオープンソースで公開 情報オリンピックの 練習システム
  42. 42. コードがすべての世界 その他にもいろいろ シリコンバレーの ベンチャーからお誘い 一般学会で招待講演
  43. 43. ITを使うということ
  44. 44. Intel ISEF
  45. 45. Intel ISEF 科学自由研究の大会
  46. 46. 世界30カ国から
  47. 47. 世界30カ国から 1700人の高校生が集まる
  48. 48. Intel ISEF Intel ISEF 2013に参加 アリゾナ州で開催 Androidのウイルス検知に ついて
  49. 49. Intel ISEF Computer Science 2位の研究 Cloud4Cancer
  50. 50. IT + Medical 見た目がいいわけでもない アルゴリズムも そんなに難しいものではない
  51. 51. IT + Medical でも,がんの発見率を 40%から99.1%に向上させた
  52. 52. IT + ? =
  53. 53. ITにできること コンピューターの利便性を 上げる 計算を早くする
  54. 54. ITにできること 他の分野にITを組み合わせる できることが大幅に広がる
  55. 55. IT expands the Possibilities
  56. 56. プログラミングが できるかどうか
  57. 57. それが自分の可能性を広げる
  58. 58. 読み・書き・       
  59. 59. 読み・書き・プログラミング
  60. 60. IT + 哲学 哲学とは・・・    
  61. 61. IT + 哲学 哲学とは・・・ 世界や人間についての知恵 原理を探究する学問。
  62. 62. IT + 哲学 哲学とは・・・ 世界や人間を相対化する 試み
  63. 63. IT + 哲学 ITが哲学にできること ITは一定の技術に 支えられている
  64. 64. IT + 哲学 ITが哲学にできること ITを尺度として 人間を相対化できるかも
  65. 65. 自動作曲ロボット 人はなぜ音楽に感動するのか 人はなにを芸術とするのか
  66. 66. 自動作曲ロボット ロボットが作った曲に 感動するか? ロボットが作ったと 知らずに聞いていたら?
  67. 67. 自動作曲ロボット 音楽そのものへの感動 人間が作ったからこその感動 作られた背景を知っている からこその感動
  68. 68. 自動作曲ロボット すでに自動作曲の研究は ある程度進んでいる 普段聞いている曲も もしかしたら...
  69. 69. ITを使うということ ハードとソフトの境目    
  70. 70. ITを使うということ ハードとソフトの境目 = インターフェイス 人間探索の試み
  71. 71. プログラミングが できるかどうか
  72. 72. これからの時代は プログラミングが礎になる
  73. 73. Let’s implement the world by programming

×