Successfully reported this slideshow.
仮想化ディザスタリ・リカバリ・プラン のエッセンシャル・チェックリスト     株式会社クライム     www.climb.co.jp
仮想化DRに対するアプローチ アセスメント : DRソリューションに必要なリクアイアメ ントの調査 デザイン : 事業とテクニカルなリクアイアメントに合 致するDRプランの作成 ディプロイ:必要なインフラの準備、そしてインストー ル、コンフィグ...
アセスメントBIA :ビジネス・インパクト(事業影響)分析RPOとRTOの決定予算管理アプリケーションの依存性の確認仮想化環境データの自動収集
デザイン仮想化への乗り遅れリソース・リクアイアメントの分析仮想化インフラ・コンフィグレーションの決定継続テストが可能なDRプラン
ビジネス・インパクト分析(BIA)BIAとは:• ビジネスとITサービスに対するRPO, RTOの決定• DRプランナーと管理者に対する目標の設定主なBIA行動• 重要なビジネス・システムの特定• システム・リソースの依存性を特定• 重要なサポ...
RPOとRTOの決定 例教育機関 • RTO:2日から1週間 • RPO:24~48時間会計事務所 • 通常時のRPO/RTOは24~48時間 • 納税時期は1時間以下医療機関 • 医療システム:ゼロに近いRPO/RTOが要求される • 一般的...
予算管理できるだけDRオプションを1製品に統合する段階的な予算• DR導入を段階的に行う仮想化DRの長期的なビジョンを持つ• レガシーなDRからの移行メリットを経営者に提供• プランがよければ3-5年で低TCOが可能に経営者にとって仮想化の話は...
アプリケーションの依存性の確認最初にクリティカルなアプリケーションを保護• DRを必要とするコアのインフラ・サービス• Active Directory, DNS, IPアドレス・アサインメント( DHCP,等)、ファ  イヤーウォール• MS...
アプリケーションの依存性の確認(続)ステートレスなアプリケーション・サーバ • それほどミッションクリティカルでないアプリケーション・サーバ • クリティカルな変更がある期間は重要   • 例:アプリケーションのアップグレード、大きなソフトウェ...
仮想化環境データの自動収集VMインベントリーのデータの自動収集:DRプランのデザインの可視化:DRプランに重要で正確なプランとジャンプスタートが可能Veeam ONE:モニター、レポート機能から構築された統合仮想化監視ソリューション
仮想化への乗り遅れ仮想化DR の機能とコストパフォーマンス > 物理サーバのDRソリューション仮想化DRの利点• スナップショット:クリティカル・パッチのテストとフェイル時にロールバック  が可能• サーバ・イメージ全体(OS、アプリケーション...
仮想化への乗り遅れ(続)物理サーバを残さず、すべて仮想化へ社内での色々な抵抗VMパフォーマンスに関するバリアーは無くなりましたが、仮想化に対する適切なキャパシティ・プランは必要です。• 仮想化のワークロードとハードウェア・リソースの適切なバランス
リソース・リクアイアメントの分析ディザスタ・シナリオで、そのリクアイアメントに必要なリカバリ・サイトのサイズと予算アセスメントの仮想化環境データ収集をベースにCPU とメモリ• 本番環境でのワークロードの統計を分析• クリティカルなワークロード...
リソース・リクアイアメントの分析(続)ストレージ• 必要な生のストレージ・スペースの確認• DRサイトへリカバリーするすべてのVMのGB• プラス日々の差分バックアップ• ストレージ・パフォーマンスの確認  • IOPS, ストレージ・バンド幅...
リストアが容易なデザインリストアのプロセスには単純化がキーレガシーなリカバリ手法             VeeamによるVM全体のリカバリ1. エンプティVMのプロビジョン     1. VM全体のリストア2. DRサイトに新規システムの再イ...
リストアが容易なデザイン(続)VMの強力な機能• カプセル化とH/Wからの独立• レガシーなリカバリ手法 < VM全体のリカバリ• ステップ数の削減 ⇒ リスクとコストの低減レプリケーションからスタート• VM全体のリカバリ: バックアップとレ...
インフラ・コンフィグレーションの決定H/W, ソフト、オフサイト・データ転送方法、リカバリープランの決定• サーバ  • BIAにガイドされる仮想化環境から最適な容量を割り出す。• ストレージDRサイトへのvMotion, HA :• NAS,...
インフラ・コンフィグレーションの決定(続)ネットワーク• 予算↑: しっかりした帯域幅の準備• 帯域幅↓: RTOの変更  • サーバ・リソースのプロビジョニングが必要クラウドDR:仮想化ホスト・プロバイダの活用• 初期投資の低減• 充分な事前...
継続的な仮想化DRテストのプラン最初のバックアップ前にリストア計画と検証テストを意識したデザイン• VMのリストア・テストが可能なワークフローの準備継続テスト(Test Drive)が可能なDRテスト新規VM追加等に対応• 仮想化ではテストが継...
仮想化DRテスト・ドライブのプラン(続)Surebackによるリカバリ検証プラン • いつでも、すべてのVMをすべてのバックアップでテスト • バックアップに対して変更なく • 隔離されたテスト環境 • すべてのOS,アプリケーションに対して ...
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

仮想化ディザスタリ・リカバリ・プランのエッセンシャル・チェックリスト

3,056 views

Published on

VMware, Hyper-Vの仮想化に対応するディザスタリ・リカバリ・プランのエッセンシャル・チェックリスト

Published in: Technology
  • 仮想化ディザスタリ・リカバリ・プランのエッセンシャル・チェックリスト
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here

仮想化ディザスタリ・リカバリ・プランのエッセンシャル・チェックリスト

  1. 1. 仮想化ディザスタリ・リカバリ・プラン のエッセンシャル・チェックリスト 株式会社クライム www.climb.co.jp
  2. 2. 仮想化DRに対するアプローチ アセスメント : DRソリューションに必要なリクアイアメ ントの調査 デザイン : 事業とテクニカルなリクアイアメントに合 致するDRプランの作成 ディプロイ:必要なインフラの準備、そしてインストー ル、コンフィグレーション、テスト 管理:できるだけ頻繁にDRプランのテストを行う P-01
  3. 3. アセスメントBIA :ビジネス・インパクト(事業影響)分析RPOとRTOの決定予算管理アプリケーションの依存性の確認仮想化環境データの自動収集
  4. 4. デザイン仮想化への乗り遅れリソース・リクアイアメントの分析仮想化インフラ・コンフィグレーションの決定継続テストが可能なDRプラン
  5. 5. ビジネス・インパクト分析(BIA)BIAとは:• ビジネスとITサービスに対するRPO, RTOの決定• DRプランナーと管理者に対する目標の設定主なBIA行動• 重要なビジネス・システムの特定• システム・リソースの依存性を特定• 重要なサポート個人またはチームを特定• 被害インパクトを想定• リソース(資産)・リカバリの優先度の決定BIAテンプレートの活用 (IPA等から提供)
  6. 6. RPOとRTOの決定 例教育機関 • RTO:2日から1週間 • RPO:24~48時間会計事務所 • 通常時のRPO/RTOは24~48時間 • 納税時期は1時間以下医療機関 • 医療システム:ゼロに近いRPO/RTOが要求される • 一般的なオフィス・システム:24~48時間
  7. 7. 予算管理できるだけDRオプションを1製品に統合する段階的な予算• DR導入を段階的に行う仮想化DRの長期的なビジョンを持つ• レガシーなDRからの移行メリットを経営者に提供• プランがよければ3-5年で低TCOが可能に経営者にとって仮想化の話は難しいもの• CIOまたはそれに代わる人に必要性を説明
  8. 8. アプリケーションの依存性の確認最初にクリティカルなアプリケーションを保護• DRを必要とするコアのインフラ・サービス• Active Directory, DNS, IPアドレス・アサインメント( DHCP,等)、ファ イヤーウォール• MS VSS(Volume Shadow Copy Service)対応のツールの採用ミッション・クリティカルなアプリケーション• データベース等の重要なデータ• SQL Server, AD – VSSを必ず使用• VSSをサポートしないデータベースはDBAと事前に相談• スクリプトでの対応を検討
  9. 9. アプリケーションの依存性の確認(続)ステートレスなアプリケーション・サーバ • それほどミッションクリティカルでないアプリケーション・サーバ • クリティカルな変更がある期間は重要 • 例:アプリケーションのアップグレード、大きなソフトウェア変更 • 初期バックアップ後は帯域幅、 I/Oに対応したフル/差分バックアップディプロイメント・システムの保護 • 例:ターミナルサーバ・ベースのアプリケーション・サーバ、Javaアプリケーション、 Webサーバ • DRサイトで再ディプロイが必要なシステムの依存性と検証 • エンド・ツー・エンドのプロビジョニングが必要か? • いくつのVMに共通なコンフィグレーションを? • そのリストアをどの様に短期間で?
  10. 10. 仮想化環境データの自動収集VMインベントリーのデータの自動収集:DRプランのデザインの可視化:DRプランに重要で正確なプランとジャンプスタートが可能Veeam ONE:モニター、レポート機能から構築された統合仮想化監視ソリューション
  11. 11. 仮想化への乗り遅れ仮想化DR の機能とコストパフォーマンス > 物理サーバのDRソリューション仮想化DRの利点• スナップショット:クリティカル・パッチのテストとフェイル時にロールバック が可能• サーバ・イメージ全体(OS、アプリケーション、データ)をドライバの心配なく、 どんなH/Wにリストア可能• ゼロ・ダウンタイムでH/Wの再起動• リストアの自動化と必要に応じたテスト• VMバックアップ・イメージからファイルとアプリケーション・アイテムのリス トが可能• VSSによるアプリケーションの整合性
  12. 12. 仮想化への乗り遅れ(続)物理サーバを残さず、すべて仮想化へ社内での色々な抵抗VMパフォーマンスに関するバリアーは無くなりましたが、仮想化に対する適切なキャパシティ・プランは必要です。• 仮想化のワークロードとハードウェア・リソースの適切なバランス
  13. 13. リソース・リクアイアメントの分析ディザスタ・シナリオで、そのリクアイアメントに必要なリカバリ・サイトのサイズと予算アセスメントの仮想化環境データ収集をベースにCPU とメモリ• 本番環境でのワークロードの統計を分析• クリティカルなワークロードの検証
  14. 14. リソース・リクアイアメントの分析(続)ストレージ• 必要な生のストレージ・スペースの確認• DRサイトへリカバリーするすべてのVMのGB• プラス日々の差分バックアップ• ストレージ・パフォーマンスの確認 • IOPS, ストレージ・バンド幅 • SSD,SAS,SATA• 統計と予算の分析が必要ネットワーク• VPN, WAN回線のリース• データ量/日、またはデータ量/レプリケーションの分析• テープでの輸送
  15. 15. リストアが容易なデザインリストアのプロセスには単純化がキーレガシーなリカバリ手法 VeeamによるVM全体のリカバリ1. エンプティVMのプロビジョン 1. VM全体のリストア2. DRサイトに新規システムの再インス 2. SureBackupで検証したVMをパワーオ トール ン3. OSにパッチ4. アプリケーションと他の依存性をイン ストール5. バックアップ・エージェントのインス トールとアプリケーション・データのリ ストア6. リカバリ・データに依存するアプリケー ションのコンフィグレーション7. VMがリスタートの準備ができ、最初 のアプリケーション検証
  16. 16. リストアが容易なデザイン(続)VMの強力な機能• カプセル化とH/Wからの独立• レガシーなリカバリ手法 < VM全体のリカバリ• ステップ数の削減 ⇒ リスクとコストの低減レプリケーションからスタート• VM全体のリカバリ: バックアップとレプリケーションプライマリ・サイト バックアップ・ロケーション プライマリ・サイト リカバリ・サイト vSphere レプリケーション vSphere vSphere バックアップ
  17. 17. インフラ・コンフィグレーションの決定H/W, ソフト、オフサイト・データ転送方法、リカバリープランの決定• サーバ • BIAにガイドされる仮想化環境から最適な容量を割り出す。• ストレージDRサイトへのvMotion, HA :• NAS, iSCSI, FCを検討SMB, リモート・オフィス:• ローカル・ディスクを使用したDR
  18. 18. インフラ・コンフィグレーションの決定(続)ネットワーク• 予算↑: しっかりした帯域幅の準備• 帯域幅↓: RTOの変更 • サーバ・リソースのプロビジョニングが必要クラウドDR:仮想化ホスト・プロバイダの活用• 初期投資の低減• 充分な事前計画が必要 • クラウドに対応したSLA • クラウド・ベンダのサポート体制に対応する準備
  19. 19. 継続的な仮想化DRテストのプラン最初のバックアップ前にリストア計画と検証テストを意識したデザイン• VMのリストア・テストが可能なワークフローの準備継続テスト(Test Drive)が可能なDRテスト新規VM追加等に対応• 仮想化ではテストが継続できるDRプランが可能• DRプランを守る自動リカバリ検証環境の確立
  20. 20. 仮想化DRテスト・ドライブのプラン(続)Surebackによるリカバリ検証プラン • いつでも、すべてのVMをすべてのバックアップでテスト • バックアップに対して変更なく • 隔離されたテスト環境 • すべてのOS,アプリケーションに対して VM OS App Report バックアップ・レプジトリ 隔離環境 検証ジョブ本番VM Veeam Backupサーバ

×