Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

エンジニア採用について

4,307 views

Published on

  • Be the first to comment

エンジニア採用について

  1. 1. エンジニア採⽤用について アウトサイダーが思うこと Version  1.01 本⽂文書のいかなる部分をも、事前の許可なく複写したり転送したりすることはできません。 株式会社HEART QUAKE 1
  2. 2. 会社及び、著者紹介 l  株式会社HEART QUAKE -  設⽴立立:2010年年 10⽉月 -  事業内容: ü IT企業向け研修事業 -  http://heart-quake.com/zeroprm.html ü ⼤大学⽣生向けプログラミング講座 -  http://www.jobweb.jp/s/zeropro1 ü ビジネスゲーム型研修事業  等 -  代表取締役:千葉葉  順 ü ⼤大学で情報⼯工学を専攻後、㈱ワークスアプリケーションズ⼊入社。 ü エンジニアとして同社を代表する10⼈人の社員に選出される。 ü 同社インターンシップ運営リーダーを歴任。 2 Copyright (c) 2013 HEART QUAKE All right received .
  3. 3. 本資料料について l  対象ユーザー -  新卒エンジニア採⽤用を担当・検討されている採⽤用担当者様 l  ゴールイメージ -  エンジニア採⽤用に関する情報を少しだけ論論理理的・体系的に -  考えてみるきっかけを提供します。 l  お断り -  著者⾃自⾝身は実務において⼀一般的なエンジニア採⽤用を -  ⾏行行ったことはありません。 -  -  前職ではエンジニアという⽴立立場からインターンシップの 運営リーダーとして採⽤用に関わっていました。 3 Copyright (c) 2013 HEART QUAKE All right received .
  4. 4. 現状の問題 l  エンジニア育成を⾏行行う採⽤用アウトサイダーが考える問題 -  ⾃自社が求めるエンジニアのレベル感が決まっていない -  各社が欲しいという思うエンジニアはカニばっている -  エンジニアにとって何が魅⼒力力になるか悩んでいる -  優秀な(に、なりえる)エンジニアを⾒見見極める術がわからない -  知識識0の学⽣生を採⽤用しても⾃自社で育成できる仕組みがない 4 Copyright (c) 2013 HEART QUAKE All right received .
  5. 5. 新卒エンジニアの構造(1/4) ギーク層(コンテスト等で優勝するよ うな⼈人) WEB系企業ができれば欲しい と思っている⼈人材ボーダー 即戦⼒力力層(フレームワークを使って開 発し、サービスをリリースできる) 駆け出しエンジニア層(知識識、経験共 に浅いが企画と開発ができる) IT系学部層(基本情報程度度の知識識はあ るが、サービスを作ったことは無い) ポテンシャル層(知識識も経験も無いが 論論理理的思考⼒力力、コミュニケーション能 ⼒力力が⾼高い) 5 Copyright (c) 2013 HEART QUAKE All right received .
  6. 6. 新卒エンジニアの構造(2/4) l  ちょっと解説(+仮説) -  ギーク層 ü 起業してしまう可能性 ü どこの会社も欲しがる⼈人材 ü コンテストとかで優勝するレベル ü スカウティングじゃないと採⽤用できない? ü 給料料的にはそんなに⾼高くはならないと思う -  即戦⼒力力層 ü ⾃自分でサービスが開発・リリースできる ü フレームワークを利利⽤用した開発ができる ü 技術への好みがあったりするかも? 6 Copyright (c) 2013 HEART QUAKE All right received .
  7. 7. 新卒エンジニアの構造(3/4) -  駆け出しエンジニア層 ü 動くものを⾒見見せることができる ü 作りたいサービスを語りがち? ü ⽂文系・理理系は関係ない -  IT系学部層 ü IT系学部の10%ぐらいしかモノは作れない -  著者の学部では90⼈人中10⼈人ぐらいしかものを作れない ü 知識識・資格はあるがプログラムが書けるかどうかは別問題 ü キャッチアップスピードは早い -  ポテンシャル層 ü 論論理理的思考⼒力力が⾼高いことは必須 ü 論論理理的思考⼒力力は学歴と正の相関関係 ü プラスでコミュニケーション能⼒力力が⾼高いとベスト Copyright (c) 2013 HEART QUAKE All right received . 7
  8. 8. 新卒エンジニアの構造(4/4) l  ⾃自社が求めるエンジニアのレベル感はどこですか? -  考慮すべきポイント ü 採⽤用⼈人数は何名ですか? ü ⾃自社のどの魅⼒力力で引きつけますか? ü 社内で育成できる仕組み・⼯工数はありますか? ü エンジニアが採⽤用に協⼒力力してくれますか? 8 Copyright (c) 2013 HEART QUAKE All right received .
  9. 9. カニバるエンジニア達(1/2) l  そのエンジニアはどこも欲しがっている⼈人材です -  著者のイメージではギーク+即戦⼒力力層の学⽣生は⽇日本で数百⼈人 -  ⾃自社が欲しいと思う⼈人材はどこも欲しがっている -  様々な採⽤用イベントに出ても「あれ?またこの学⽣生がいる」と いう可能性(⺟母数が少ないから仕⽅方ない?) -  カニバるエンジニアをどうやって採⽤用していきますか? 9 Copyright (c) 2013 HEART QUAKE All right received .
  10. 10. カニバるエンジニア達(2/2) l  エンジニア(だけじゃないかもだけど)が感じる魅⼒力力例例 -  学⽣生時代では開発しづらい製品がある ü 社会的な意義のあるシステムが開発できる ü ⼤大規模なシステムを開発・運⽤用できる -  ⼤大規模⇒⼀一般的には利利⽤用ユーザー数、トラフィック数 ü 先進的な技術を⽤用いて開発している -  会社の魅⼒力力がある ü 社⻑⾧長・社員・内定者の先輩が魅⼒力力的 ü 優秀な・著名なエンジニアがいる ü 働く環境が快適 -  googleの様なオフィス、フルフレックス、私服可等 10 Copyright (c) 2013 HEART QUAKE All right received .
  11. 11. 採⽤用⼈人数について(1/2) l  エンジニア採⽤用予定⼈人数は何名ですか? -  1-5名 ü 即戦⼒力力層までで取りきれる可能性がある ü 逆求⼈人やエンジニア限定イベントに出るのがベター -  5-20名 ü 有名企業なら即戦⼒力力層までで取りきれると思う ü ベンチャー系採⽤用媒体でポテンシャルの⾼高い学⽣生を採⽤用す る必要がある -  20名〜~ ü IT系学部層やポテンシャル層を採⽤用しないと厳しいと思う ü 当然、社内での育成の仕組みが必要 11 Copyright (c) 2013 HEART QUAKE All right received .
  12. 12. 採⽤用⼈人数について(2/2) l  【補⾜足】採⽤用⼈人数はIT業界の中でも業態・規模によって異異なる -  SIer ü 事業上、⼈人員が必要 ü 採⽤用⼈人数は多い ü ⽂文理理問わず、未経験者も積極採⽤用 -  WEB系⼤大企業 ü 全体として採⽤用⼈人数は多いがエンジニア採⽤用は数⼗十名 ü 即戦⼒力力層までで取りきる傾向 -  WEB系ベンチャー ü エンジニア採⽤用は数名 ü 即戦⼒力力層までで取りきりたい 12 Copyright (c) 2013 HEART QUAKE All right received .
  13. 13. エンジニアの適性について(1/5) l  ポテンシャルって何? -  エンジニアに必要なポテンシャルについて ü 能⼒力力 -  論論理理的思考⼒力力 -  想定⼒力力 -  コミュニケーション能⼒力力(優先度度B?) -  技術⼒力力(ポテンシャルじゃないけど) ü 興味・関⼼心 -  ものづくり・プログラミングが好き -  新しい、⾯面⽩白いと思ったものへの好奇⼼心 13 Copyright (c) 2013 HEART QUAKE All right received .
  14. 14. エンジニアの適性について(2/5) l  もう少し細かく分析してみる -  論論理理的思考⼒力力 ü プログラミングに論論理理的思考は必須 ü 著者のイメージでは「法則性を⾒見見出す⼒力力」 ü 例例:ブレストで出てきたアイデアを分類わけしてまとめる ü 例例:ゲームなどで勝利利に直結する要素を⾒見見つけ出せる ü ⾒見見極め⽅方 -  ロジカルシンキングテスト -  http://gce.globis.co.jp/service/gmap/ 14 Copyright (c) 2013 HEART QUAKE All right received .
  15. 15. エンジニアの適性について(3/5) l  もう少し細かく分析してみる -  想定⼒力力 ü プログラムを書くだけの⼈人材なら必要ないが設計には必須 ü 著者のイメージでは「可能性を考えられる⼒力力」 -  MECEのようにモレがないこと -  将来の拡張性を考えて設計ができること -  例例:将来、⼦子供が増えることを想定して家を設計する ü ⾒見見極め⽅方 -  賃貸住宅宅システム(例例:SUUMO)の検索索機能を考えさせ るような問題(社内のエンジニアと相談して下さい) 15 Copyright (c) 2013 HEART QUAKE All right received .
  16. 16. エンジニアの適性について(4/5) l  もう少し細かく分析してみる -  コミュニケーション能⼒力力(優先度度B?) ü 社内の営業・顧客と話す時に必要 ü 著者のイメージでは⼤大きく分けて2つ -  発信:相⼿手に合わせて使う⾔言葉葉を使い分けられること -  受信:相⼿手の発⾔言を整理理してあげること ü ⾒見見極め⽅方 -  受信:ロジカルシンキングテスト -  発信:あたなが今、⼀一番⾯面⽩白いと思うことをできるだ け私に伝わるように説明して下さい、という問題 16 Copyright (c) 2013 HEART QUAKE All right received .
  17. 17. エンジニアの適性について(5/5) l  【補⾜足】エンジニアのコミュニケーション能⼒力力 -  -  ⼀一般的にエンジニアのコミュニケーション能⼒力力は低い と⾔言われますが、著者はこう考えています。 -  -  -  エンジニアは「⼀一⽅方的に話す」ということは得意。 なので、「教えてください」というと喜んで教えてくれる。 ただし、事前にググること! -  みなさんからエンジニアに話をする時、エンジニアからたくさ んの質問をうけると思いますが、それは、前⾴頁にある通り、   みなさんの思考を整理理したいと考えているからです。 17 Copyright (c) 2013 HEART QUAKE All right received .
  18. 18. 修正履履歴 l  2013/11/13 Version1.0をリリースしました l  2013/11/13 誤字を修正しました (V1.0.1) -  ご指摘いただいた⽶米原さんありがとうございます! 18 Copyright (c) 2013 HEART QUAKE All right received .

×