No007-01-Suc3rum-20091125

923 views

Published on

Published in: Technology
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
923
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
121
Actions
Shares
0
Downloads
2
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

No007-01-Suc3rum-20091125

  1. 1. すくすくスクラム 第7回 「チームとは何ぞや」
  2. 2. チームティーム Team ちーむ Emerson Mills Odd-e Japan 2009/11/25
  3. 3. 今日は楽しい 3
  4. 4. はず  /(ー。ー);
  5. 5. 5つの課題
  6. 6. 3つのワークショップ
  7. 7. ちょっと いたずら気分
  8. 8. 健全な遊び心
  9. 9. ですから
  10. 10. このフォント
  11. 11. ちょっとした 自己紹介
  12. 12. Odd-e Japan
  13. 13. アジャイル悩み相談室
  14. 14. ときには仕事もする
  15. 15. チームとは何ぞや?
  16. 16. スクラムとしてのチーム
  17. 17. ゆるっ ! •5 人から 9 人 •同じ作業場 •スケジュールを決める •作業のやり方の独自で決定する
  18. 18. コンポネントチームがいい といったら
  19. 19. それもあり!! ノ(; _ ;)\
  20. 20. アジャイルとしてのチーム
  21. 21. よりうれしい • 機能横断 • テスト駆動開発 • 一日一回インテグレーションする • ぺあぷろぐらみんぐ •などなど
  22. 22. それでもな。。。
  23. 23. 家族企業
  24. 24. 皆さん考えたことあります か?
  25. 25. お父さんは。。。
  26. 26. お母さんは。。。
  27. 27. 長男は。。。
  28. 28. 長女は。。。
  29. 29. 次男は。。。
  30. 30. 次女は。。。
  31. 31. ぽちは。。。
  32. 32. 生き延びることを考えるが
  33. 33. お金としての利益はない
  34. 34. なぜ?
  35. 35. 理念で結ばれている
  36. 36. ある日飛行機で会った 妊婦さんは。。。
  37. 37. ” 。。。あの社長さんは 皆のお父さん だったんですよ。”
  38. 38. お父さんが大変な時は。。。
  39. 39. チームとして何よりも大事 なこと
  40. 40. 技術がなくても
  41. 41. 経験がなくても
  42. 42. 共有した目標があれば。。。
  43. 43. 改善もある
  44. 44. 「共有した」といいますと?
  45. 45. その目標は 心の底から信じている
  46. 46. 横文字嫌いけど
  47. 47. マインド
  48. 48. 言い換えれば
  49. 49. チームの心の底にある 目標の統一
  50. 50. たのしいぃぃぃ!
  51. 51. チームの育成
  52. 52. 先生の経験?
  53. 53. 早速ロールプレイ
  54. 54. 。。。
  55. 55. 皆さん何を感じましたか?
  56. 56. 今度は先生は見本を見せて ください。
  57. 57. 育てる
  58. 58. 育つ
  59. 59. 育てるといったら問題領域に すべて必要とされる情報は お持ちでしょうか?
  60. 60. 実は悪生徒がペースを 設定していたことが 分かりました?
  61. 61. 落とし穴上手
  62. 62. 失敗は最大の学習チャンス
  63. 63. 科学では実験で証明 しなければ 意味がない
  64. 64. 実験するうえ失敗は必要
  65. 65. チームが足りないぞ!
  66. 66. またワークショップ
  67. 67. 二つの会社に 分かれてください (同じ人数でお願いします)
  68. 68. 書く会社は4人のチームに 分かれてください
  69. 69. どっちが早かった?
  70. 70. どっちがベロシティーを保つ ?
  71. 71. どんな気持ちでした?
  72. 72. 精神状況はベロシティーを 影響すると思いますか?
  73. 73. 分散と集団
  74. 74. チームと営業
  75. 75. 大の仲良し
  76. 76. でしょう?
  77. 77. なぜそうでないのか
  78. 78. まーけ組
  79. 79. チームは好きな組織をくん でください
  80. 80. わざとそうする人はいない でしょう?
  81. 81. チームと振り返り
  82. 82. 学祭をおぼえていますか?
  83. 83. 反省会
  84. 84. 軽い気持ちで振り返ると。。。
  85. 85. 進むべき道は見えない
  86. 86. 権能と共有した目標
  87. 87. 会社を変えようとしても無 力だとおもっていると
  88. 88. 変える気持ちですら沸かな い
  89. 89. 将来目指したい方向がなけ れば足並みがばらばら
  90. 90. 飛ばす?
  91. 91. なぜこんな風のお話?
  92. 92. 人間は人間です
  93. 93. 機会でもプロセス駆動でも ありありません
  94. 94. 人間性を認めて
  95. 95. こころの余裕を持たせると
  96. 96. チームは自然に生まれる
  97. 97. ご清聴有難うございました •sonny@odd-e.jp •アジャイルコーチング •社内研修 •認定スクラムマスター研修 •アジャイル導入の悩み相談 気軽にご連絡ください!

×