Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

社会関係の数と親密さのトレードオフが社会構造に与える影響

1,070 views

Published on

第一回計算社会科学ワークショップ 発表資料

Published in: Science
  • Be the first to comment

社会関係の数と親密さのトレードオフが社会構造に与える影響

  1. 1. 社会関係の数と親密さ のトレードオフが社会 構造に与える影響 2017 Feb. 26, 27 – 第⼀回 計算社会科学ワークショップ CyberAgent, Inc. All Rights Reserved 株式会社サイバーエージェント 技術本部 秋葉原ラボ ◯⾼野雅典, 福⽥⼀郎 1 Masanori Takano and Ichiro Fukuda. "Limitations of Time Resources in Human Relationships Determine Social Structures", Palgrave Communications, 2017 (in press).
  2. 2. 焦点を当てる⾏動: 社会的グルーミング 社会関係の構築・維持のための 社会的⾏為 協⼒⾏為、うわさ話、FacebookやTwitterの "いいね" 、  会釈したり、お歳暮を送ったり、⽬配せなど 社会関係は複雑な社会で様々な利益 (協⼒、情報など)をもたらすため、 その構築・維持は重要 2
  3. 3. 知りたいこと ヒトの社会的グルーミングの進化 •  ⾮ヒト霊⻑類: ⽑づくろい  → ヒト: 会話、⽬配せ - Kobayashi H and Kohshima S (1997) Unique Morphology of the Human Eye. Nature 387(6635): pp 767–768. - Dunbar RIM (2004) Gossip in Evolutionary Perspective. Review of General Psychology 8(2): 100–110. 251 現代⼈の多様な社会的グルーミングの 使い分け •  知⼈・友⼈: SNSなど  → 親密な関係: Face to Face・電話 - Burke M and Kraut RE, Growing closer on facebook: changes in tie strength through social network site use. In: CHI, pp 4187–4196 (2014). 3
  4. 4. タイトル TITLEヒトの社会関係は偏っている •  べき分布: ランダムではこのような 偏りは⽣まれない •  少数の親密な友⼈と、 多数の顔⾒知り •  様々なデータでべき分布が存在 携帯電話、E-mail、Facebook、Twitterなど ref: - W. Zhou, D. Sornette, R. Hill, R. Dunbar, "Discrete hierarchical organization of social  group sizes", Proceedings of the Royal Society B: Biological Sciences, 2005 - Chaoming Song, Dashun Wang, and Albert-László Barabási, Connections between  Human Dynamics and Network Science, arxiv. - V. Arnaboldi, M. Conti, A. Passarella, F. Pezzoni, "Analysis of Ego Network Structure  in Online Social Networks", PASSAT, 2012. 4 ヒトの社会関係の偏り 社会関係イメージ 親密さ 社会関係の強さ(頻度)の分布
  5. 5. タイトル TITLE•  社会的グルーミングは時間的なコストが⼤きい ・ヒトはおおよそ⽇中20%を充てている Dunbar, R. I. M. (1998). Theory of mind and the evolution of language. In: Approaches to the Evolution of Language: 250 Social and Cognitive Bases, Cambridge University Press: Cambridge, pp 92–110. •  社会関係のべき分布はYule-Simon過程で⽣成 Pachur, T., Schooler, L. J. and Stevens, J. R. (2012). When Will We Meet Again? Regularities of Social Connectivity and 222 Their Reflections in Memory and Decision Making. In: Simple Heuristics in a Social World, Oxford University Press: 223 Oxford, pp 199–224.  Yule-Simon過程(the rich get richer)  ・社会関係強化の確率 ∝ 社会関係の強さ 5 なぜこのような偏りを⽰すのか?
  6. 6. タイトル TITLE•  社会的グルーミングは時間的なコストが⼤きい ・ヒトはおおよそ⽇中20%を充てている Dunbar, R. I. M. (1998). Theory of mind and the evolution of language. In: Approaches to the Evolution of Language: Social and Cognitive Bases, Cambridge University Press: Cambridge, pp 92–110. •  社会関係のべき分布はYule-Simon過程で⽣成 Pachur, T., Schooler, L. J. and Stevens, J. R. (2012). When Will We Meet Again? Regularities of Social Connectivity and Their Reflections in Memory and Decision Making. In: Simple Heuristics in a Social World, Oxford University Press: Oxford, pp 199–224.  ・社会関係強化の確率 ∝ 社会関係の強さ  社会的グルーミングの戦略は  ヒトは社会関係の強さに依存 6 社会的グルーミング戦略
  7. 7. ⽬的とアプローチ 社会的グルーミング戦略と社会構造 •  ヒトは限られた時間を適切に配分して社会関係を構築 •  時間配分戦略の結果、偏った社会関係が構築されているはず 知りたいこと •  ヒトの社会的グルーミング戦略はどのようなものか? (どのように時間を配分しているのか?) •  その戦略の結果、どのような社会構造が形成されるのか? アプローチ •  ソーシャルビッグデータを分析してマクロなパターンの発⾒ → それの説明モデルの構築 データ: Twitter, 755, Ameba Pigg, 携帯電話, SMS 7
  8. 8. 親密さ(相互作⽤⽇数)の分布と⽣成プロセス 先⾏研究と同様に親密さはべき分布を⽰す Yule-Simon過程に よって⽣成 8
  9. 9. 親密さ(相互作⽤⽇数)の分布と⽣成プロセス 先⾏研究と同様に親密さはべき分布を⽰す Yule-Simon過程に よって⽣成 9 どのような戦略でヒトはリソースを分配して 社会関係を構築しているか? → 「社会関係に依存しない戦略」のモデルと    ⽐較する
  10. 10. 社会的グルーミングのコスト分配戦略 Nullモデルの仮定:   1⽇あたりの社会的グルーミングコストは、    社会関係の強さに依存しない •  相⼿ j にグルーミングした⽇数を dj とすると総コスト C は •  つまり、総コストがユーザ共通とすると、  - グルーミングした相⼿数 N(社会関係の多さ)  - 平均グルーミング⽇数 m(平均的な社会関係の強さ) は反⽐例する(はず) N: グルーミングした相⼿数 m: グルーミング相⼿における   平均グルーミング⽇数(Σdj/N) 10
  11. 11. 11 Nはmのa乗に反⽐例(C=Nma) •  狭くて深い社会関係(m⼤, N⼩)だと、 Nullモデルほどm, Nが⼤きくない → 社会的グルーミング戦略によって、   コストが異なることを⽰唆 •  弱い社会関係の相⼿  → 低コスト? •  強い社会関係の相⼿  → ⾼コスト? Nullモデル 実データに対する 回帰直線 Null Model と実データの⽐較 回帰モデル log N ~ -a log m + b log d - d: 利⽤⽇数(C=db と仮定)
  12. 12. Null Model と実データの⽐較 12
  13. 13. なぜ親密であるほどコストが⾼いのか? 親密さとコミュニケーションのボリューム → 親密であるほど増加 仲が良くなるほど、⾼頻度・複雑なコミュニケーションをしている  ≒ ⾼コスト? 13 コミュニケーションボリューム ・送信⽂字数、通話時間 ー 75%ile ー 50%ile ー 25%ile
  14. 14. Individual-based Simulationによる仮説検証 モデル概要 •  各個体は資源 R を持ち、各ステップ(⽇)に R を消費して社会関係の 新規構築 or 強化をする •  強化はYule-Simon過程に従う (社会関係の強さに⽐例して強化する) ※ 社会関係の強さに⽐例して R の消費量が決まる(コスト関数)  → つまり強い社会関係を強化すると、強化できる社会関係の数を    少なくなる このコスト関数 α dij + β のパラメータ(αとβ)を調整してデータにフィ ットさせる 14Individuals Social Grooming
  15. 15. シミュレーション結果 – α, β によるデータへのフィット ⾼精度でフィット → 現象の表現能⼒あり → C=Nma の a>1は、親密さに伴うコスト増加で説明可能 15 α dij + β
  16. 16. 親密さ d に基づくコスト増の勾配 α の影響 勾配αによって 社会構造が変化 16 0 50 100 150 200 0 20 40 60 d v コスト勾配関数 (傾きα) 傾き α が緩やかになるほど、 狭く深い社会構造に
  17. 17. まとめ 社会関係の数(N)と社会関係の強さ(m)にトレードオフ •  C=Nma (a > 1) に従う •  a > 1は親密であるほどコミュニケーションコストが 増加することに起因 コミュニケーションコスト増加の勾配が社会構造に影響 •  勾配がきつい: 薄く広い社会構造(Twitterとか?) → 初対⾯コストが低く、維持コストが⾼い。 •  勾配がゆるい: 深く狭い社会構造(対⾯や電話など?) → 初対⾯コストは⾼いが維持コストは低い。 17
  18. 18. コミュニケーションシステムの変化・使い分け ヒトの社会的グルーミングはライトな⽅向に進化  (⽬配せ・うわさ話など) - Kobayashi H and Kohshima S (1997) Unique Morphology of the Human Eye. Nature 387(6635): pp 767–768. - Dunbar RIM (2004) Gossip in Evolutionary Perspective. Review of General Psychology 8(2): 100–110. 251 → 社会構造は薄く広く → ⼤きな社会集団が維持可能になったことを⽰唆 知⼈とはFacebook、親密な間柄は電話・直接 - Burke M and Kraut RE, Growing closer on facebook: changes in tie strength through social network site use. In: CHI, pp 4187–4196 (2014). → 維持コストの切⽚・勾配の違いが使い分け要因の可能性 18 Twitter 携帯電話 仲の良さ 維持コスト
  19. 19. ネットワークの⽣成モデルとの関連 社会ネットワークの⽣成に制約 •  ノードの度数 N •  各ノードの平均的なエッジの太さ m → C=Nma に従う   aはコミュニケーションシステムの性質に依存 19
  20. 20. 20 Masanori Takano and Ichiro Fukuda. "Limitations of Time Resources  in Human Relationships Determine Social Structures", Palgrave Communications, 2017 (in press). http://arxiv.org/abs/1605.07305

×