2013-10-01_FRBR&RDA勉強会復習スライド

  • 82 views
Uploaded on

 

  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Be the first to comment
    Be the first to like this
No Downloads

Views

Total Views
82
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0

Actions

Shares
Downloads
1
Comments
0
Likes
0

Embeds 0

No embeds

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
    No notes for slide

Transcript

  • 1. FRBR&RDA勉強会復習スライド 2013年10月01日 国立教育政策研究所 江草由佳
  • 2. What is RDA • RDA: Resource Description and Access • RDAはAACR2に取って変わる新しい目録規則 – AACR2: Anglo‐American Cataloguing Rules, 2 edtion (英米目録規則第2版) • RDAの全体的な目的は:資料発見の支援のた めのデータ標準化のガイドラインおよび規則 “a  set of guidelines and instructions on formulating  data to support resource discovery”(0.0)
  • 3. AACR2とここが違う! 1. FRBRとFRADという理論的なフレームワークに 基づいている 2. ディジタル環境のためにデザインされている 3. AACR2より広い範囲を対象としている →図書館だけじゃない、英語圏だけじゃない (ただし、AACR2と強くリンクもしている)
  • 4. FRBRやFRADでは 何が定義されているか?(ユーザ) • ユーザ – (FRBR)大規模な書誌データを使う人 – (FRAD)大規模な典拠データを使う人(+作る人)
  • 5. FRBRやFRADでは 何が定義されているか? (ユーザのタスク) • (FRBR)大規模な書誌 データを使うときによく あるタスク –find – identify – select – obtain • (FRAD)大規模な典拠 データを使うときによく あるタスク –find, –Identify – clarify (contextualize) –understand (justify)
  • 6. FRBRやFRADでは 何が定義されているか?(データ) • 記録されるデータ・・・ERモデルで – (FRBR)書誌データについて定義 – (FRAD)典拠データについて定義 • タスクと記録されるデータの関係 • (ERモデルについては、後にくわしく)
  • 7. ER(Entity‐Relationship)モデル • Entity: 利用者が興味のある”key object” • Attribute:Entityについての情報 • Relationship:Entity と Entity の関係 • →この3つが – (FRBR)書誌データ – (FRAD)典拠データ を表すために定義されている Work Preferred title of the work: ハリーポッターと賢者の石 Person Name of the person:  J.K. ローリング Is created by  Entity Entity Relationship Attribute Attribute
  • 8. RDAでは, どんな定義・説明があるか? • RDAで新しく出てきた言葉 ”element” • RDAでは – どんなelementがあり – そのelementには何を記述するか • についての説明がある • Elementの説明や定義にはFRBRやFRADの Entity,Attribute,Relationshipが使われている
  • 9. RDAのelement • RDAのelementは2種類ある – FRBRやFRADのAttributeに対応するelement – FRBRやFRADのRelationshipに対応するelement • Relationshipそのものではなく、 結果としてRelationshipを表現しうる値というのがミソ Work Preferred title of the work: ハリーポッターと賢者の石 Person Name of the person:  J.K. ローリング Creator  Entity Entity Relationship Attribute Attribute RDAの element RDAの element RDAの element
  • 10. RDAのsectionとchapterの見方(1) • chapter 0~37  と appendix A~L がある • RDAでは section は大きな内容の区切り – chapter はsectionを超えて通し番号に • chater 1~37 は 10のsectionに分かれている • Chapter 0 • Section 1 – Chapter 1, 2, 3, 4 • Section 2 – Chapter 5,6,7 • Section 3 – Chapter 8
  • 11. RDAのsectionとchapterの見方(2) 例:6.2.1.2  Sources of Information • Chapter 6 Identifying Works and Expressions • の 2.1.2 • Section 6 ではないのに注意
  • 12. RDAの流れ • 10 section  +付録(Appendix) • Section  1~ 4  Entity の Attribute に対応したElement • Section 5 ~ 10 Relationshipに対応したElement • Appendix  A ~ L 
  • 13. Sectionのはじめには General Guidelines  • Section のはじめには 必ずGeneral Guidelines  がある • 例 • Section 1: Recording Attributes of Manifestation  and Item – Chapter 1: General Guidelines on Recording Attributes  of Manifestations and Items – Chapter 2: Identifying Manifestations and Items – ・・・