Your SlideShare is downloading. ×
0
~Solaris 11 をマルチ・プロトコル SCSI ターゲットに~    「もう一つのストレージ仮想化機能 “COMSTAR”概要」日本オラクル株式会社システム事業統括ソリューション統括本部プロダクトマネジメント本部シニアセールスコンサルタ...
以下の事項は、弊社の一般的な製品の方向性に関する概要を説明するものです。また、情報提供を唯一の目的とするものであり、いかなる契約にも組み込むことはできません。以下の事項は、マテリアルやコード、機能を提供することをコミットメント(確約)するもので...
Program Agenda    • COMSTAR 概要    • iSCSIをつかってみよう    • VirtualBoxでiSCSIを使ってみる    • iSCSI における冗長化構成3   Copyright © 2012, Or...
COMSTAR 概要4   Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
ストレージの仮想化機能 “ZFS”    スケールアウト指向の組み込まれたデータサービス           圧縮                                    レプリケーション                    f...
ストレージの仮想化機能 “COMSTAR”    マルチ・プロトコルSCSIターゲット機能    • ホストをSCSIターゲットデバイスに                   • FibreChannel, Ethernet, InfiniBa...
ストレージの仮想化機能 “COMSTAR”    SCSI Target Mode Framework (STMF)    • STMFが中核となり、下記のサービスを提供          – COMSTARの構成要素             ...
ストレージの仮想化機能 “COMSTAR”    LUを構成する Logical-unit Provider    • SCSI Logical-unitを構成するためのもの          – SCSI block deviceを作成し、S...
ストレージの仮想化機能 “COMSTAR”    SCSI Target機能を構成する Port Provider (SCSI Target Port)    • 何らかのインターフェースを利用してtarget機能を提供する          ...
ストレージの仮想化機能 “COMSTAR”     管理インターフェース - libstmf     • STMF Frameworkを操作するためのAPI群           – Target作成コマンド(itadm, srptadm など...
ストレージの仮想化機能 “COMSTAR”      管理インターフェース - stmfadm                                                                           ...
ストレージの仮想化機能 “COMSTAR”                                                                                        libstmf      ...
ストレージの仮想化機能 “COMSTAR”     COMSTARを利用するための準備     • Oracle Solaris 11の動作するホストを用意     • パッケージのインストール           – # pkg instal...
ストレージの仮想化機能 “COMSTAR”     SCSIターゲットができるまでのまとめ Logical-unit providerの担当                                                    ...
iSCSI                                              を使ってみよう15   Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights ...
iSCSIとは?     • Small Computer System Interface (SCSI)        – コンピュータと機器を接続し、利用するための標準規格     • Sun Common SCSI Architectur...
iSCSIとは?     iSCSIは通信プロトコルです     • Internet Small Computer System Interface (iSCSI)            – IETF IP Storageワーキンググループに...
iSCSI Bootとは?             • iSCSIを利用するために押さえておくべき事柄             – iSCSI Initiator                         •      SCSIコマンドを...
ストレージの仮想化機能 “COMSTAR”     例: iSCSI Target の作成     • COMSTARのインストールからLUの作成まで           # pkg install storage-server        ...
ストレージの仮想化機能 “COMSTAR”     その他     • FC Target や iSCSI Targetなど複数の Target を立てた場合           – そのままでは、LU が全てのTargetから参照可能    ...
VirtualBox で                          iSCSIを使ってみる21   Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
VirtualBox in Oracle Solaris 11 Zones     Solaris Zones に構成可能な Oracle VM VirtualBox     • Oracle VM VirtualBox           –...
VirtualBox in Oracle Solaris 11 Zones     開発環境としての仮想環境                                                                    ...
VirtualBox in Oracle Solaris 11 Zones     開発環境としての仮想環境                                                                    ...
VirtualBox in Oracle Solaris 11 Zones     ゾーンの構成と VirtualBox のインストール     • 非大域ゾーンの構成 (下記は構成例)                             ...
VirtualBox in Oracle Solaris 11 Zones     ゾーンの構成と VirtualBox のインストール     • zlogin コマンドで非大域ゾーンへログイン           – ネットワーク設定などを...
VirtualBox in Oracle Solaris 11 Zones     非大域ゾーンのネットワーク構成例     • 物理NIC(net0)から仮想NICが生成され割り当てられる           – 非大域ゾーンの OS は物理...
VirtualBox in Oracle Solaris 11 Zones     COMSTARとの連携 - iSCSI Target の作成     • ゲストVMで利用するストレージを iSCSI LUNとして外出しする例     • C...
VirtualBox in Oracle Solaris 11 Zones     COMSTARとの連携 - iSCSI LUNの利用     • VirtualBox に iSCSI LUN を登録           –      Vir...
VirtualBox in Oracle Solaris 11 Zones     Solarisの仮想化機能をフルに活用した一例     • 利用されるSolarisの仮想化機能           – Solaris Zones (隔離され...
iSCSIにおける                                               冗長化構成31   Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All righ...
iSCSI における冗長化構成について     冗長化の必要性     • iSCSIは、TCP/IPを利用するプロトコル        – ネットワークで起こる問題は、iSCSIの障害要因に                       • N...
iSCSI における冗長化構成について     簡単な冗長化構成の例                                                                        Initiator Node  ...
iSCSI における冗長化構成について     冗長化が必要な部分     • IP LayerとSCSI Layerのfailover機構が必要に        – ネットワークの冗長化                       • IP ...
iSCSI における冗長化構成について     IPMPによるIP Layerの冗長化(Solaris 10)     • IPMPを利用したIP Layerの冗長化            – iSCSI HBAとは異なるNICを追加で用意  ...
iSCSI における冗長化構成について     IPMPによるIP Layerの冗長化 (Solaris 11)     • IPMPを利用したIP Layerの冗長化            – 2 つの NIC を用意            ...
iSCSI における冗長化構成について     IPMPによるIP Layerの冗長化     • NICの疑似障害によるインターフェースのfailover        – IPMPの機能により、追加NIC(e1000g1)の論理インターフェ...
iSCSI における冗長化構成について (Initiator)     iSCSI MS/Tを利用したSCSI Layerの冗長化     • iSCSI MS/Tを利用したscsi device layerの冗長化        – init...
iSCSI における冗長化構成について (Initiator)     iSCSI MS/Tを利用したSCSI Layerの冗長化     • iSCSI MS/T無効時        – Path Countの変化に注目           ...
iSCSI における冗長化構成について (Initiator)     MS/Tによるセッションの確認# iscsiadm list target -S (-vを追加することで、詳細を出力)Target: iqn.1986-03.com.sun...
iSCSI における冗長化構成について     まとめ     • Initiator側の冗長化構成           – 2 つのパスで冗長化構成を行う必要がある                    • ネットワークパス (IPMP, L...
参考情報     ストレージの仮想化機能 “COMSTAR”     • Oracle Solaris の管理: デバイスとファイルシステム       第 14 章 COMSTAR を使用した iSCSI ストレージデバイスの構成      ...
参考情報     Oracle Solaris 11 をすぐに試せる VM テンプレート     • Oracle Solaris 11 VM Downloads         http://www.oracle.com/technetwor...
参考情報     • 製品情報とダウンロード           – oracle.co.jp/solaris     • Oracle Technology Network           – http://www.oracle.com/...
45   Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
46   Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

~Solaris 11 をマルチ・プロトコル SCSI ターゲットに~ 「もう一つのストレージ仮想化機能 “COMSTAR”概要」

2,653

Published on

Published in: Technology
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total Views
2,653
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
2
Actions
Shares
0
Downloads
26
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Transcript of "~Solaris 11 をマルチ・プロトコル SCSI ターゲットに~ 「もう一つのストレージ仮想化機能 “COMSTAR”概要」"

  1. 1. ~Solaris 11 をマルチ・プロトコル SCSI ターゲットに~ 「もう一つのストレージ仮想化機能 “COMSTAR”概要」日本オラクル株式会社システム事業統括ソリューション統括本部プロダクトマネジメント本部シニアセールスコンサルタント 佐藤和幸1 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  2. 2. 以下の事項は、弊社の一般的な製品の方向性に関する概要を説明するものです。また、情報提供を唯一の目的とするものであり、いかなる契約にも組み込むことはできません。以下の事項は、マテリアルやコード、機能を提供することをコミットメント(確約)するものではないため、購買決定を行う際の判断材料になさらないで下さい。オラクル製品に関して記載されている機能の開発、リリースおよび時期については、弊社の裁量により決定されます。 OracleとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。 文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。2 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  3. 3. Program Agenda • COMSTAR 概要 • iSCSIをつかってみよう • VirtualBoxでiSCSIを使ってみる • iSCSI における冗長化構成3 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  4. 4. COMSTAR 概要4 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  5. 5. ストレージの仮想化機能 “ZFS” スケールアウト指向の組み込まれたデータサービス 圧縮 レプリケーション flash deviceと 重複排除 データ暗号化 組み合わせる hybrid storage pool 重複排除で10倍の利用効率 チェックサムによるデータ破壊からの保護 仮想化されたストレージリソースを利用した高速なプロビジョニング5 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  6. 6. ストレージの仮想化機能 “COMSTAR” マルチ・プロトコルSCSIターゲット機能 • ホストをSCSIターゲットデバイスに • FibreChannel, Ethernet, InfiniBand を 利用してストレージを提供可能に – iSCSI, iSER, FCoE, SRP など多数の ストレージ・プロトコルをサポート – Ethernet を利用した iSCSI Target を 構成するならば、追加コストなし – ターゲットとして公開される領域にはZFS を利用 (zvol)6 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  7. 7. ストレージの仮想化機能 “COMSTAR” SCSI Target Mode Framework (STMF) • STMFが中核となり、下記のサービスを提供 – COMSTARの構成要素 • Logical-Unit Proveider(+ SCSI block device) • Port Proveider (Target サービス) • libstmfによる管理インターフェース • これがCOMSTARのコアとなる実装7 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  8. 8. ストレージの仮想化機能 “COMSTAR” LUを構成する Logical-unit Provider • SCSI Logical-unitを構成するためのもの – SCSI block deviceを作成し、SCSI LUとしてSTMF Frameworkに登 録(Regist)する • SCSI block deviceを作成するには、backing storeが必要に – STMF Frameworkに登録されると、GUIDと呼ばれるユニークなIDが 割り当てられる – この割り当てられたGUIDを使ってTargetの結び付きを行う # sbdadm list-lu Found 2 LU(s) GUID DATA SIZE SOURCE -------------------------------- ------------------- ---------------- 600144f00003ba12ba194bd6ec950001 21474836480 /dev/zvol/rdsk/rpool2/fct-volume.01 600144f00003ba12ba194bd7a0e10002 36417050624 /dev/rdsk/c0t1d0s08 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  9. 9. ストレージの仮想化機能 “COMSTAR” SCSI Target機能を構成する Port Provider (SCSI Target Port) • 何らかのインターフェースを利用してtarget機能を提供する – Ethernet (iSCSI) – Fiber Channel (FC, FCoE) – InifiniBand(iSER..) – SAS(未サポート) • STMF Frameworkを通してLogical-unit Providerと結び付く • SCSIコマンドをLUに運ぶ役割を担う • target毎に異なる管理コマンドで操作9 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  10. 10. ストレージの仮想化機能 “COMSTAR” 管理インターフェース - libstmf • STMF Frameworkを操作するためのAPI群 – Target作成コマンド(itadm, srptadm など) – sbdadm/stmfadmコマンド • Initiatorはlibstmfで提供されるAPIは利用していない – iscsiadm コマンド等 – そのため、initiator自身はSTMFの影響を受けない – Targetとの接続には、既存の方法がそのまま利用される • COMSTAR特有の接続方法は必要なし10 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  11. 11. ストレージの仮想化機能 “COMSTAR” 管理インターフェース - stmfadm $ stmfadm 使用法: stmfadm -?,-V,--help• stmfadmコマンド 使用法: 使用法: 使用法: stmfadm add-hg-member [-?] stmfadm add-tg-member [-?] stmfadm add-view [-?] – STMF Frameworkを操作するコマンド 使用法: 使用法: stmfadm create-hg [-?] stmfadm create-tg [-?] 使用法: stmfadm create-lu [-?] – backing storeからSCSI block deviceを 使用法: stmfadm delete-hg [-?] 使用法: stmfadm modify-lu [-?] 作成しLogical-unitとしてSTMF 使用法: stmfadm delete-lu [-?] 使用法: stmfadm delete-tg [-?] Frameworkに登録するためのコマンド 使用法: stmfadm import-lu [-?] 使用法: stmfadm list-hg [-?] – Logical-unitの操作や、target/host group 使用法: 使用法: stmfadm list-lu [-?] stmfadm list-state [-?] の操作、Port Providerとの紐付けなど 使用法: 使用法: stmfadm list-target [-?] stmfadm list-tg [-?] 使用法: stmfadm list-view [-?] 使用法: stmfadm online-lu [-?] 使用法: stmfadm offline-lu [-?] 使用法: stmfadm online-target [-?] 使用法: stmfadm offline-target [-?] 使用法: stmfadm remove-hg-member [-?] 使用法: stmfadm remove-tg-member [-?] 使用法: stmfadm remove-view [-?] 11 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  12. 12. ストレージの仮想化機能 “COMSTAR” libstmf LU Provider Port Provider 12 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.© 2011 Oracle Corporation – Proprietary and Confidential
  13. 13. ストレージの仮想化機能 “COMSTAR” COMSTARを利用するための準備 • Oracle Solaris 11の動作するホストを用意 • パッケージのインストール – # pkg install storage-server • サービスの有効化 – # svcadm enable stmf • COMSTARによる SCSI ターゲットサービスが提供可能に – ソフトウェアによるフレームワークの実装であるため容易に導入可能 – 非大域ゾーンでは利用できません13 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  14. 14. ストレージの仮想化機能 “COMSTAR” SCSIターゲットができるまでのまとめ Logical-unit providerの担当 Port Providerの担当 Initiator との接続 • backing store を用意 • そして、Target の作成 • Initiator から Target へ接続 • backing store を SCSI block • Logical-unit を紐づける Target を選 • Target が利用するストレー device へ変換 定 ジプロトコルをサポートして • stmfadmでSCSI clock deviceを • iSCSI, FC, Inifiniband など.... いるかを確認 STMF Frameworkに登録し、 • Targetの作成 • COMSTAR を考慮した特 Logical-unitに変身させる • iSCSI なら/usr/sbin/itadm 別な接続方法は必要ない • ここまでがLogical-unit provider • SRPなら/usr/sbin/srptadm • 外部ディスクとして認識 の担当 • backing store とは – 実データを格納するための入れ物 – 利用可能なものは、 – ディスク、スライス, raw/block device (zvol 含む), ファイル14 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  15. 15. iSCSI を使ってみよう15 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  16. 16. iSCSIとは? • Small Computer System Interface (SCSI) – コンピュータと機器を接続し、利用するための標準規格 • Sun Common SCSI Architecture (SCSA) – Solarisに実装されるSCSIを扱うための共通アーキテクチャ • ディスクを扱うために普通に利用している機能 – sd/ssd driverがSCSIプロトコルを使ってデバイスと会話 • Fibre Channel, iSCSI, Parallel SCSI, SAS, etc... • Solarisは、このような機能をあらかじめ持っています – 特に気にする必要はありません16 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  17. 17. iSCSIとは? iSCSIは通信プロトコルです • Internet Small Computer System Interface (iSCSI) – IETF IP Storageワーキンググループにて策定(RFC 3720) • TCP/IPネットワーク経由にてSCSIコマンドを送信する通信プロトコル – SCSIコマンドをTCP/IPパケットでカプセル化しデータ通信を実現 • ネットワーク上のストレージをローカルデバイスとして扱うことが可能に SCSI SCSIサーバ コマンド/データ レスポンス/データ ストレージ SCSI SCSIプロトコル SCSI iSCSI iSCSIプロトコル iSCSI TCP TCP/IPプロトコル TCP IP IP Link IP Link PHY network PHY17 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  18. 18. iSCSI Bootとは? • iSCSIを利用するために押さえておくべき事柄 – iSCSI Initiator • SCSIコマンドを発行する役割を持つ – iSCS Target • Initiatorから発行されたコマンドを処理する役割持つ – iSCSI Name (RFC 3721) • ノード識別や管理の為に利用される名前。 – iSCSI Qualified Nameやiqnと呼ばれる – iSCSI Initiator/Targetに割り当てられる名前 • 全世界で唯一であることが求められる iSCSI Name: iSCSI Name: iqn.1986-03.com.intel:s10u9 iqn.1986-03.com.sun:02:760428f9-f1fc-ed2f-9102-bf0e4e27eeb9 SCSI IP SCSI コマンド/データ network レスポンス/データ iSCSI targetiSCSI Initiator 18 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  19. 19. ストレージの仮想化機能 “COMSTAR” 例: iSCSI Target の作成 • COMSTARのインストールからLUの作成まで # pkg install storage-server # svcadm enable stmf # zfs create -p -V 4g rpool/zvol/testVolume ZFS 上に 4GB の zvol を作成 # stmfadm create-lu /dev/zvol/rdsk/rpool/zvol/testVolume testVolume を LU として登録 Logical unit created: 600144F0080027E5D1964EE09C570001 # stmfadm add-view 600144F0080027E5D1964EE09C570001 target と結びつけるため view に追加 • iSCSI Targetの作成 # svcadm enable –r svc:/network/iscsi/target:default (初回のみ) # itadm create-target iSCSI target を作成 Target iqn.1986-03.com.sun:02:1ff9b930-7298-c82e-be3b-ad392d9d674f successfully created iqn が生成される • iSCSI Initiator からの接続 (Solaris iSCSI Initiator の場合) target 探索用 IP address をセット # iscsiadm add discovery-address 10.0.2.2 # iscsiadm modify discovery –t enable target の探索開始!19 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  20. 20. ストレージの仮想化機能 “COMSTAR” その他 • FC Target や iSCSI Targetなど複数の Target を立てた場合 – そのままでは、LU が全てのTargetから参照可能 – host/target groupを作成し、Targetと結び付けるマスキング機能を提供 • Multipathによる冗長化 – Initiator側で提供される冗長化ソフトウェアを利用可能 • Solaris は MPxIO – COMSTARに依存した設定等は必要なし • その他のプロトコルを利用する場合でも、 – LUの作成手順は、すべて同一手順で可能20 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  21. 21. VirtualBox で iSCSIを使ってみる21 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  22. 22. VirtualBox in Oracle Solaris 11 Zones Solaris Zones に構成可能な Oracle VM VirtualBox • Oracle VM VirtualBox – 強力なクロスプラットフォーム仮想化ソフトウェア – Oracle Solaris 11 をホストOSとしてサポート • Solais 11上に Solaris, Windows や Linux 環境を構築可能 • Oracle Solaris Zones Ready – Solaris Zones 上での動作をサポート – Solaris 11 では Crossbow の仮想NICと連携可能 – COMSTAR iSCSI target も利用可能 https://www.virtualbox.org/ • ストレージを iSCSI にすることでゾーンをコンパクトに運用することも可能 • VirtualBoxにiSCSI Initiator機能を搭載22 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  23. 23. VirtualBox in Oracle Solaris 11 Zones 開発環境としての仮想環境 vbox-zone02 • VirtualBox がサポートする OS を Solaris vbox-zone01 ホストに集約 Solaris 11 VirtualBox – Solaris では提供できないサービス Solaris 11 (他OSに特化した)の提供など Windows • Windows, Linux などの開発環境として VirtualBox 利用可能 Windows • Solaris Zones 単位で VirtualBox を 動作させることで可搬性の向上を狙う global zone – VBox の HDD に iSCSI LUN を割り当てるなど e1000g0 • Solaris 使いとしては、これを ZFS data stream 化できることに喜びを感じる iSCSI LUN23 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  24. 24. VirtualBox in Oracle Solaris 11 Zones 開発環境としての仮想環境 vbox-zone02 • サンプル環境の作成方法 vbox-zone01 – 右図の赤い線に囲われている環境を作成 Solaris 11 VirtualBox • 大域ゾーンへ VirtualBox をインストール Solaris 11 Windows – カーネル・モジュールが提供する機能を利用する 必要がある為 VirtualBox # pkgadd –d VirtualBox-4.1.12-SunOS-r77218.pkg Windows • 続いて、非大域ゾーンを作成 global zone – 非大域ゾーンを作成し、こちらにも VirtualBox を インストールする e1000g0 iSCSI LUN24 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  25. 25. VirtualBox in Oracle Solaris 11 Zones ゾーンの構成と VirtualBox のインストール • 非大域ゾーンの構成 (下記は構成例) ゾーンの構成開始 # /usr/sbin/zonecfg -z VBox_Windows_7 zonecfg:VBox_Windows_7> create zonecfg:VBox_Windows_7> set autoboot=true zonecfg:VBox_Windows_7> set zonepath=/rpool/zones/VBox_Windows7 zonecfg:VBox_Windows_7> add device zonecfg:VBox_Windows_7:device> set match=/dev/vboxdrv add device は、大域ゾーンの device file zonecfg:VBox_Windows_7:device> end を非大域ゾーンでも利用するために指定 zonecfg:VBox_Windows_7> add device zonecfg:VBox_Windows_7:device> set match=/dev/vboxusbmon (必須) zonecfg:VBox_Windows_7:device> end zonecfg:VBox_Windows_7> commit zonecfg:VBox_Windows_7> exit ゾーンのデプロイ # zoneadm –z VBox_Windows_7 install # zoneadm –z VBox_Windows_7 boot ゾーンの起動 # zlogin –C VBox_Windows_7 ゾーンへのログイン – ネットワークは、anet リソースを使用した仮想 NIC自動生成機能にて対応 • anet リソース設定は、 すでに設定されている(create より自動生成) • VirtualBox は、この仮想NICをブリッジアダプタとしても利用可能 – NAT ,内部ネットワークなども利用可能25 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  26. 26. VirtualBox in Oracle Solaris 11 Zones ゾーンの構成と VirtualBox のインストール • zlogin コマンドで非大域ゾーンへログイン – ネットワーク設定などを実施後、ssh で大域ゾーン等からログイン可能 • 非大域ゾーンに IPS からパケージを追加 大域ゾーンからIPSリポジトリへアクセス 可能であれば、組み込まれた Proxy に – VirtualBox を動作させるためのパッケージをインストール より、非大域ゾーンからもアクセス可能 # pkg install X-all – 非大域ゾーンは、大域ゾーンの IPS情報を利用するため設定不要 • 非大域ゾーンにも VirtualBox をインストール 大域ゾーンと非大域ゾーンには 必ず同一バージョンの VirtualBox – VirtualBox を、非大域ゾーンで動作させるため をインストールすること zones # pkgadd –d VirtualBox-4.1.10-SunOS-r76795.pkg26 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  27. 27. VirtualBox in Oracle Solaris 11 Zones 非大域ゾーンのネットワーク構成例 • 物理NIC(net0)から仮想NICが生成され割り当てられる – 非大域ゾーンの OS は物理 NICとして認識 – VirtualBox は、このNICをブリッジインターフェース global zone vbox-zone として利用可能 – 構成例では、それぞれ同一ネットワークに接続して VirtualBox いることになる Solaris 11 Solaris 11 Windows • 外部からみた場合は、完全に独立した net0 net0 (vnic) 環境を構成可能 • リソースが許せば複数のVBox環境を動作可能 • VBoxのストレージは iSCSI LUN に外出し可能 同一ネットワークへの接続 – VBox 自身が iSCSI Initiator の機能を持つ27 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  28. 28. VirtualBox in Oracle Solaris 11 Zones COMSTARとの連携 - iSCSI Target の作成 • ゲストVMで利用するストレージを iSCSI LUNとして外出しする例 • COMSTARを利用した、40GBのiSCSI LUN 作成例 # pkg install storage-server # svcadm enable stmf # zfs create -p -V 40g rpool/zvol/testVolume ZFS 上に 40GB の zvol を作成 # stmfadm create-lu /dev/zvol/rdsk/rpool/zvol/testVolume Logical unit created: 600144F0080027E5D1964EE09C570001 testVolume を LU として登録 # stmfadm add-view 600144F0080027E5D1964EE09C570001 target と結びつけるため view に追加 • iSCSI Targetの作成 # svcadm enable –r svc:/network/iscsi/target:default (初回のみ) # itadm create-target iSCSI target を作成 Target iqn.1986-03.com.sun:02:1ff9b930-7298-c82e-be3b-ad392d9d674f successfully created iqn が生成される28 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  29. 29. VirtualBox in Oracle Solaris 11 Zones COMSTARとの連携 - iSCSI LUNの利用 • VirtualBox に iSCSI LUN を登録 – VirtualBox 自身が iSCSI Initiator の機能を持つ – VirtualBox 4.x では CUI でのみ iSCSI LUN を登録可能 – VM: dummy を登録し、これをベースに iSCSI LUN を登録 (登録後は削除する) – Virtual Media Manager に登録される為、以降の VM作成時にストレージとして指定可能 – 起動ディスクにすることで、ゾーンで抱えるデータを最小限にすることが可能 $ /opt/VirtualBox/VBoxManage createvm -name dummy --register $ VBoxManage storagectl dummy --name "SATA Controller" --add sata --controller IntelAHCI ※192.168.10.254 – iSCSI Target $ /opt/VirtualBox/VBoxManage storageattach dummy ¥ --storagectl "SATA Controller" --port 0 --device 0 --type hdd --medium iscsi ¥ --server 192.168.10.254 --target iqn.1986-03.com.sun:02:1ff9b930-7298-c82e-be3b-ad392d9d674f29 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  30. 30. VirtualBox in Oracle Solaris 11 Zones Solarisの仮想化機能をフルに活用した一例 • 利用されるSolarisの仮想化機能 – Solaris Zones (隔離された実行環境) – Crossbow (仮想ネットワーク) – COMSTAR (仮想ストレージ) – ZFS (データ管理)30 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  31. 31. iSCSIにおける 冗長化構成31 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  32. 32. iSCSI における冗長化構成について 冗長化の必要性 • iSCSIは、TCP/IPを利用するプロトコル – ネットワークで起こる問題は、iSCSIの障害要因に • NICやスイッチの故障、断線などいろいろ • さらにiSCSIはSCSIデバイスを扱っているのと同等 – iSCSI Targetから提供されるLUNへの冗長化も考慮する必要がある • ネットワークとSCSIデバイスの冗長化が必要に32 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  33. 33. iSCSI における冗長化構成について 簡単な冗長化構成の例 Initiator Node • Initiator側は2つのNICを持ち 1つのiSCSI Targetへのネット iSCSI Initiator ワークとLUNへのパスを iSCSI NIC NIC HBA 冗長化構成にする IP • iSCSI Targetは 2 つの NICを持ち Network ネットワークパスの冗長化を確保 する必要がある NIC NIC iSCSI Target LUN 0 Storage Node33 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  34. 34. iSCSI における冗長化構成について 冗長化が必要な部分 • IP LayerとSCSI Layerのfailover機構が必要に – ネットワークの冗長化 • IP Layerの冗長化 – IPMP機能によるネットワーク・パスの冗長化 – LUNへのパス冗長化 • SCSI Layerの冗長化 – iSCSI MS/TにSCSI Layerの冗長化 • iSCSI Multi Session Per Target • IPMP+iSCSI MS/Tで冗長化を構成することが可能34 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  35. 35. iSCSI における冗長化構成について IPMPによるIP Layerの冗長化(Solaris 10) • IPMPを利用したIP Layerの冗長化 – iSCSI HBAとは異なるNICを追加で用意 – /etc/hostname.e1000g0 (iSCSI HBA) • 192.168.200.100 netmask + broadcast + group ipmp0 up – /etc/hostname.e1000g1 (追加NIC) • group ipmp0 up – 再起動でIPMP リンクベース障害検出機能が有効になる# ifconfig -ae1000g0: flags=1000843<UP,BROADCAST,RUNNING,MULTICAST,IPv4> mtu 1500 index 1 inet 192.168.200.100 netmask ffffff00 broadcast 192.168.200.255 groupname ipmp0 ether 0:1b:21:76:f:a1e1000g1: flags=1000843<UP,BROADCAST,RUNNING,MULTICAST,IPv4> mtu 1500 index 3 inet 0.0.0.0 netmask ff000000 broadcast 0.255.255.255 groupname ipmp0 ether 0:1b:21:77:81:3235 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  36. 36. iSCSI における冗長化構成について IPMPによるIP Layerの冗長化 (Solaris 11) • IPMPを利用したIP Layerの冗長化 – 2 つの NIC を用意 – ネットワークは手動構成が必須 – # netadm enable –p ncp DefaultFixed – ipadm コマンドで IPMP interface を構成 # ipadm create-ip net0 # ipadm create-ip net1 # ipadm create-ipmp -i net0 -i net4 ipmp1 # ipadm create-addr -T static -a 192.168.10.13/24 ipmp1/v4 # ipmpstat –a ADDRESS STATE GROUP INBOUND OUTBOUND :: down ipmp1 -- -- 192.168.10.13 up ipmp1 net5 net5 net136 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  37. 37. iSCSI における冗長化構成について IPMPによるIP Layerの冗長化 • NICの疑似障害によるインターフェースのfailover – IPMPの機能により、追加NIC(e1000g1)の論理インターフェースが作成 され failoverが完了する • e1000g0 (iSCSI HBA)に疑似障害を発生 # if_mpadm -d e1000g0 # ifconfig -a e1000g0: flags=89000842<BROADCAST,RUNNING,MULTICAST,IPv4,NOFAILOVER,OFFLINE> mtu 0 index 1 inet 0.0.0.0 netmask 0 groupname ipmp0 ether 0:1b:21:76:f:a1 e1000g1: flags=1000843<UP,BROADCAST,RUNNING,MULTICAST,IPv4> mtu 1500 index 3 inet 0.0.0.0 netmask ff000000 broadcast 0.255.255.255 groupname ipmp0 ether 0:1b:21:77:81:32 e1000g1:1: flags=1000843<UP,BROADCAST,RUNNING,MULTICAST,IPv4> mtu 1500 index 3 inet 192.168.200.100 netmask ffffff00 broadcast 192.168.200.25537 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  38. 38. iSCSI における冗長化構成について (Initiator) iSCSI MS/Tを利用したSCSI Layerの冗長化 • iSCSI MS/Tを利用したscsi device layerの冗長化 – initiatorから複数のセッションを1つのTarget(group)に張る • 内部的にmultipath機能が有効に # iscsiadm modify initiator-node -c 2 iscsi: [ID 240218 kern.notice] NOTICE: iscsi session(13) 設定可能なセッション数: 1 - 4 iqn.1986-03.com.sun:02:760428f9-f1fc-ed2f-9102-bf0e4e27eeb9 online genunix: [ID 834635 kern.info] /scsi_vhci/disk@g600144f05a8c0e0000004cc284780001 (sd0) multipath status: optimal, path /iscsi (iscsi0) to target address: 0004iqn.1986-03.com.sun:02:760428f9-f1fc-ed2f-9102-bf0e4e27eeb90001,0 is online Load balancing: round-robin genunix: [ID 834635 kern.info] /scsi_vhci/disk@g600144f05a8c0e0000004cc284780001 (sd0) multipath status: degraded, path /iscsi (iscsi0) to target address: 0000iqn.1986-03.com.sun:02:760428f9-f1fc-ed2f-9102-bf0e4e27eeb90001,0 is offline Load balancing: round-robin iscsi: [ID 328943 kern.notice] NOTICE: iscsi session(10) iqn.1986-03.com.sun:02:760428f9-f1fc-ed2f-9102-bf0e4e27eeb9 offline38 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  39. 39. iSCSI における冗長化構成について (Initiator) iSCSI MS/Tを利用したSCSI Layerの冗長化 • iSCSI MS/T無効時 – Path Countの変化に注目 # mpathadm list lu /dev/rdsk/c0t600144F05A8C0E0000004CC284780001d0s2 Total Path Count: 2 Operational Path Count: 1 この状態では、ネットワーク側の冗長化は機能しているが iSCSI Targetへのセッションが1つであるためfailoverに失敗する • iSCSI MS/T有効時 – Path Countの変化に注目 # mpathadm list lu /dev/rdsk/c0t600144F05A8C0E0000004CC284780001d0s2 Total Path Count: 3 Operational Path Count: 2 Path Countが増え、iSCSI Targetへのセッションが 2つになる この状態になることで、failoverが可能になる39 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  40. 40. iSCSI における冗長化構成について (Initiator) MS/Tによるセッションの確認# iscsiadm list target -S (-vを追加することで、詳細を出力)Target: iqn.1986-03.com.sun:02:760428f9-f1fc-ed2f-9102-bf0e4e27eeb9 Alias: - TPGT: 1 セッションが1つ増えたことにより ISID: 4000002a0001 Connections: 1 新たなセッションIDが生成される ※追加されたセッション情報 LUN: 0 Vendor: SUN Product: COMSTAR OS Device Name: /dev/rdsk/c0t600144F05A8C0E0000004CC284780001d0s2Target: iqn.1986-03.com.sun:02:760428f9-f1fc-ed2f-9102-bf0e4e27eeb9 Alias: - TPGT: 1 ISID: 4000002a0000 Connections: 1 ISID = Initiator Session ID LUN: 0 ※既存のセッション情報 Vendor: SUN Product: COMSTAR OS Device Name: /dev/rdsk/c0t600144F05A8C0E0000004CC284780001d0s240 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  41. 41. iSCSI における冗長化構成について まとめ • Initiator側の冗長化構成 – 2 つのパスで冗長化構成を行う必要がある • ネットワークパス (IPMP, Link Aggregation) • LUN へのパス (iSCSI MS/T, MC/S) • Target側の冗長化構成 – ネットワークパスのみ冗長化構成 • IPMP, Link Aggregation を使用41 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  42. 42. 参考情報 ストレージの仮想化機能 “COMSTAR” • Oracle Solaris の管理: デバイスとファイルシステム 第 14 章 COMSTAR を使用した iSCSI ストレージデバイスの構成 http://docs.oracle.com/cd/E26924_01/html/E25880/fmvcd.html#scrolltoc • Oracle Solaris 10 の新インストール技術 – iSCSI Boot Support (iSCSI の冗長化構成) http://www.slideshare.net/satokaz/oracle-solaris-10u9iscsiboot20101111public • PSARC/2007/523 COMSTAR: Common Multiprotocol SCSI Target http://arc.opensolaris.org/caselog/PSARC/2007/523/ • PSARC/2008/235 SCSI Block Disk Provider for COMSTAR http://arc.opensolaris.org/caselog/PSARC/2008/235 • PSARC/2008/587 iSCSI Port Provider for COMSTAR http://arc.opensolaris.org/caselog/PSARC/2008/587 • PSARC/2008/434 libstmf enhancement for provider data http://arc.opensolaris.org/caselog/PSARC/2008/43442 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  43. 43. 参考情報 Oracle Solaris 11 をすぐに試せる VM テンプレート • Oracle Solaris 11 VM Downloads http://www.oracle.com/technetwork/server-storage/solaris11/downloads/virtual- machines-1355605.html – Oracle Solaris 11 VM for Oracle VM VirtualBox • VirtualBox にインポートするだけで Oracle Solaris 11 を試用可能 – Oracle VM Template for Oracle Solaris 10 Zones for SPARC/x86 • Oracle Solaris 10 Zones の構成情報テンプレート • Oracle Solaris 11 VM for Oracle VM VirtualBox と組み合わせることで、 VirtulBox 上で Solaris 11 と Solaris 10 Zones の試用環境を構築可能 • Solaris 11が動作する環境にて利用可能43 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  44. 44. 参考情報 • 製品情報とダウンロード – oracle.co.jp/solaris • Oracle Technology Network – http://www.oracle.com/technetwork/jp/server- storage/solaris11/overview/index.html • System administrators community – oracle.com/technetwork/systems • @ORCL_Solaris • facebook.com/SolarisJP44 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  45. 45. 45 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  46. 46. 46 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  1. A particular slide catching your eye?

    Clipping is a handy way to collect important slides you want to go back to later.

×