Google ドキュメント プレゼンテーションを、そのままのイメージでSlideShareへアップする方法

4,802 views

Published on

Google ドキュメント プレゼンテーションを、そのままのイメージでSlideShareへアップする方法です。

Published in: Technology, Business
0 Comments
3 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
4,802
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
12
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
3
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Google ドキュメント プレゼンテーションを、そのままのイメージでSlideShareへアップする方法

  1. 1. Google ドキュメント プレゼンテーションを そのままのイメージで SlideShareへアップする方法 nupe = mimu http://acguy.info/
  2. 2. 1. オンラインでスライドをつくる Google ドキュメント(https://docs.google.com/) など、オンラインでスライドを作れるWEBアプリが登場しています。 使い出すと、手軽で、手放せない…でも、セキュリティは大丈夫…?   ということで、オンラインでスライドを作ることのメリットとデメリットを、挙げてみます。   <メリット> (1) データを持ち歩かなくていい。 (2) Officeのような大きなアプリを立ち上げなくていいので、 性能の低いパソコンでもスライドを作れる。   <デメリット> (1) セキュリティが不安。 (2) ネット環境のないところでは、スライドを作れない。 当然、他にも挙げられるでしょうが、主なものはこんなところです。
  3. 3. 2. Google ドキュメントでスライドをつくる ひとまず、略。
  4. 4. 3. スライドをダウンロードする スライドが完成したら、ファイルをダウンロードします。 メニューから、 ”ファイル⇒プレゼンテーションのダウンロード形式” を見ると、PDF・PPT・TXT の3つが選べることに気づきます。 さて、どれを選べばいいのやら…
  5. 5. 4. TXT形式でダウンロードする TXT ファイルは、そのままSlideShareにアップできないので…   略。
  6. 6. 5. PPT形式でダウンロードする PPT 、すなわちPowerPoint形式でダウンロードすると…   <よいところ> オフラインでもスライドが見られる。 <よくないところ> フォントやレイアウトが、少しずれる… このファイルをSlideShareにアップすると、作成時のイメージとは少し異なるものになっ てしまいます。 (参考スライド) http://www.slideshare.net/nupe/wordpressslideshareptt
  7. 7. 5. PDF形式でダウンロードする PDF 形式でダウンロードすると…   <よいところ> フォントやレイアウトが崩れない。 SlideShareにあっぷしたとき、処理が早い。 <よくないところ> スライドファイルではなくなってしまう。 このファイルをSlideShareにアップすると、PPT形式のときとは異なり、スライド作成時の イメージに近いものになります。 (参考スライド) http://www.slideshare.net/nupe/wordpressslideshare-1465894
  8. 8. ということで… Google ドキュメントで作成したプレゼンテーションは、   PDF形式で保存してからSlideShareにアップ   するのが、個人的には好きです。        保存なしでアップできればいいのにな… (▼_▼メ)シメシメ

×