Your SlideShare is downloading. ×
0
Open Data
Open Data
Open Data
Open Data
Open Data
Open Data
Open Data
Open Data
Open Data
Open Data
Open Data
Open Data
Open Data
Open Data
Open Data
Open Data
Open Data
Open Data
Open Data
Open Data
Open Data
Open Data
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×
Saving this for later? Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime – even offline.
Text the download link to your phone
Standard text messaging rates apply

Open Data

389

Published on

0 Comments
2 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
389
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0
Actions
Shares
0
Downloads
4
Comments
0
Likes
2
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. Open Data 変わる公共の現在 田島 逸郎 2012/11/2412年11月24日土曜日
  • 2. About me 2009-2011 ビジネスは苦手です 社会学研究 2011-2012 ぶらぶらする 2012-present Georepublic Japan LLC.12年11月24日土曜日
  • 3. What to talk • オープンデータ • 個人的経緯 - 震災から行政まで • 現在 - 政府とハッカーと研究者 • 展望12年11月24日土曜日
  • 4. After 4 hours from “3.11” • 宮城県での既存の通信手段の崩壊(TV、 新聞、電話など) • 東京23区も罹災 • IP網、さらにソーシャルメディアの役割 が必然的に強まる12年11月24日土曜日
  • 5. After 4 hours and 1 year from “3.11” • 原発事故など、事態の深刻化に伴い、即 座に情報が錯綜 • いかにして被災地の救助の声を知るか • → http://sinsai.info/ • メンテナンスのために、何十人ものエン ジニアが集まる12年11月24日土曜日
  • 6. Good Hack Collaboration • 復興のためのハック、オープンソース技 術 • 「助けあいジャパン」「Hack4Japan」 • →「⃝⃝のためのハック、オープンソー ス技術」12年11月24日土曜日
  • 7. International Space Apps Challenge • NASAが公開しているデータを使ったハ ッカソン • 全大陸(南極含)、ISSを含む23ヶ所 • http://internet.watch.impress.co.jp/docs/ event/ISAC2012/20120424_528821.html12年11月24日土曜日
  • 8. オープンデータ活用 アイディアソン/ハッカソン • 国のデータがオープンになったら何が できるか • 今度は行政系の人も集まってきた • http://www.futuresession.net/sessions/35 • http://www.opendata.gr.jp/12年11月24日土曜日
  • 9. to Open Data • オープンデータに至る一つの流れ、ハ ッカーによる社会貢献について紹介し ました • これから様々な人、組織、界隈が出て くる前に、オープンデータとは何かを 整理します12年11月24日土曜日
  • 10. What is Open Data? • 形式的定義をいくつか • 特定のデータが、一切の著作権、特許などの制御メカニズムの 制限なしで、全ての人が望むように利用・再掲載できるような 形で入手できるべきであるというアイデア(Wikipedia、田島訳) • オープンデータとは、自由に使えて再利用もでき、かつ誰でも 再配布できるようなデータのことだ。従うべき決まりは、せい ぜい「作者のクレジットを残す」あるいは「同じ条件で配布す る」程度である http://opendatahandbook.org/ja/what-is-open-data/index.html12年11月24日土曜日
  • 11. What is Open Data? • 国や行政機関が持っているデータに限らず、当初はどちらかと いうと科学技術の実験的データなどにフォーカスが当たってい た • オープンガバメントの流れにより、政府のデータのオープン化 へ(Obamaによる推進が大きい) • 透明性、国民参加、連携・協業 • 世界が追従 • 以下、オープンデータと呼称する場合行政のデータに関するも のを指す12年11月24日土曜日
  • 12. What Open Data contains? • データの「提供」と「活用」 • 「行政のデータ」を網羅することは、恐らく不可能 • データへの発見的アプローチ • データを市民とギークが読み解く場:ハッカソン • データの公開方法の統一:API • データを見つけるカタログ • プラクティスを共有するネットワーク12年11月24日土曜日
  • 13. ハッカソン • 1日-1週間程度の短期間で、即興的に集まったメンバーで 集中的にアイデアを練ってプロトタイプを作り、発表 • もともと、エンジニアやギークのコミュニティ内部での活 動、オープンソースに深く関わる • 「フューチャーセッション」などの概念と結びつき、市 民、行政など多くの人が協働してものを作っていく窓口へ • オープンデータについては、データを見つけ、アイデアを 考え、サービスを作ったり輸入する12年11月24日土曜日
  • 14. API • 「機械に読める」データを「統一的な方法で」発表 • HTTPリクエストを投げる(普通のウェブと同じ) と、欲しいデータが構造化(XML,JSONなど)されて 返ってくる • プラットフォーム(Windowsなど)に依存せず、同じ 種類のデータは同じ方法で取得、処理できる(のが 理想)12年11月24日土曜日
  • 15. データカタログ • ある機関や組織が、どのようなデータを持っ ていて、どこにあるかを見つけられるサービ ス • 世界のオープンガバメントでは、各国・自治 体ごとに一元化されている • オープンソースのCKANによって、誰でも作る ことが可能に12年11月24日土曜日
  • 16. ネットワーク • どこかで成功したプラクティスを、別の 国などでも行える体制 • 今ではSNSなどが発達しているため、極 度に多様化、しかし最も重要な点の一つ • カンファレンス、ライトニングトーク、 飲み会12年11月24日土曜日
  • 17. Open Data in Japan • ざっくり言って4つくらいの流れがある(非常にざっ くりしています) • ギーク文化の流れ(Open Source) • 行政の流れ(Open Government) • ウェブ研究の流れ(Linked Open Data) • ビジネスの流れ(苦手なので割愛) • 様々な場も形成されている12年11月24日土曜日
  • 18. Open Source • 日本のエンジニアコミュニティは、世界的に見ても比較的 活発 • Rubyなど国産のオープンソース • 海外のオープンソースにも多くの貢献 • 行政に関心があるかどうかは、違う話 • 面白い事例を作れば作るほど、集まると思います • OpenStreetMapなどの地図コミュニティなど、近い分野 のコミュニティも積極的に参加12年11月24日土曜日
  • 19. Open Government • オープンガバメントの意義(非常にざっくりしています) • 行政の透明化 • 非行政、公共的領域との協働 • そして、それに伴う行政の変化 • ペーパーワークからの脱却 • 市民を管理する方法を、市民との協働のために変 えていく12年11月24日土曜日
  • 20. Linked Open Data • オープンデータの主要論客の一人である、Tim Berners- Lee(Web, Semantic Webの提唱者)の提唱する概念 • データ同士をつなげて、リアルが介在する余地がない ほどのデータのネットワークを作る • →現実世界のモデル化 • データ版ウェブ • http://lod.sfc.keio.ac.jp/challenge2012/12年11月24日土曜日
  • 21. 展望 • 安心してデータを公開できる制度構築(プ ライバシーを必然的に含むため、それを 公開しない粒度にしないといけない) • まずは地方自治体から • 横浜市、 江市など • あらゆる参加者が「主導」する12年11月24日土曜日
  • 22. 参考文献 (本文中にあるもの除く) • 基礎情報(Wikipedia) http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%BC %E3%83%97%E3%83%B3%E3%83%87%E3%83%BC%E3%82%BF • Open Knowledge Foundation 日本グループ(情報更新多) http://okfn.jp/ • 税金はどこへ行った? http://spending.jp/ • 復興メーター http://spending.jp/fukkou-meter/ • 横浜市のオープンデータ https://www.facebook.com/yokohamaopendata • データシティ 江 http://www.city.sabae.fukui.jp/pageview.html?id=11552 • 気象データ・ハッカソン https://www.facebook.com/events/260545114067855/12年11月24日土曜日

×