SlideShare a Scribd company logo

データジャーナリズムの最新動向 (2012年7月)

2012年7月28日に実施したJCEJのワークショップ『JCEJ×GLOCOM データジャーナリズム実践 データから社会問題を発見する』で利用した資料。 [参考] http://d.hatena.ne.jp/jcej/20120802/1343919405

1 of 36
Download to read offline
データジャーナリズムの最新動
      向
           JCEJ×GLOCOM
 データジャーナリズム実践 データから社会問題を発見する



       JCEJ運営委員 赤倉優蔵
ニーズを生み出せ!
    使い倒せ!

2012/7/29   データジャーナリズムの最新動向   2
Who am I ?




2012/7/29   データジャーナリズムの最新動向   3
Agenda

0. データジャーナリズムとは?
1. データジャーナリズムの最新動向




2012/7/29   データジャーナリズムの最新動向   4
データジャーナリズムとは?



2012/7/29   データジャーナリズムの最新動向   5
WikiLeaks x Guardian




2012/7/29       データジャーナリズムの最新動向    6

Recommended

ロシアの観光ビザの取得方法:ロシアビザ取得申請代行センター
ロシアの観光ビザの取得方法:ロシアビザ取得申請代行センターロシアの観光ビザの取得方法:ロシアビザ取得申請代行センター
ロシアの観光ビザの取得方法:ロシアビザ取得申請代行センタービザ取得申請代行センター
 
データ活用最前線 (2013年1月)
データ活用最前線 (2013年1月)データ活用最前線 (2013年1月)
データ活用最前線 (2013年1月)yuzoakakura
 
Data Science Summit 2012 レポート
Data Science Summit 2012 レポートData Science Summit 2012 レポート
Data Science Summit 2012 レポートnagix
 
ビッグデータと市民主導による 健康医療イノベーション -US,北欧の先進事例-
ビッグデータと市民主導による健康医療イノベーション-US,北欧の先進事例-ビッグデータと市民主導による健康医療イノベーション-US,北欧の先進事例-
ビッグデータと市民主導による 健康医療イノベーション -US,北欧の先進事例-Eiji Sasahara, Ph.D., MBA 笹原英司
 
データジャーナリズム―異業種のコラボレーションがニュースを変える― (2013年12月)
データジャーナリズム―異業種のコラボレーションがニュースを変える― (2013年12月)データジャーナリズム―異業種のコラボレーションがニュースを変える― (2013年12月)
データジャーナリズム―異業種のコラボレーションがニュースを変える― (2013年12月)yuzoakakura
 
データサイエンティストとは? そのスキル/ナレッジレベル定義の必要性
データサイエンティストとは? そのスキル/ナレッジレベル定義の必要性データサイエンティストとは? そのスキル/ナレッジレベル定義の必要性
データサイエンティストとは? そのスキル/ナレッジレベル定義の必要性BrainPad Inc.
 
大規模ネットワーク分析 篠田
大規模ネットワーク分析 篠田大規模ネットワーク分析 篠田
大規模ネットワーク分析 篠田Kosuke Shinoda
 
20150630_ビッグデータプロジェクトを加速させるための仕組みと運用 -米国の最新フレームワーク動向とデータアドミニストレータの役割の変化- by 笹原英司
20150630_ビッグデータプロジェクトを加速させるための仕組みと運用 -米国の最新フレームワーク動向とデータアドミニストレータの役割の変化- by 笹原英司20150630_ビッグデータプロジェクトを加速させるための仕組みと運用 -米国の最新フレームワーク動向とデータアドミニストレータの役割の変化- by 笹原英司
20150630_ビッグデータプロジェクトを加速させるための仕組みと運用 -米国の最新フレームワーク動向とデータアドミニストレータの役割の変化- by 笹原英司Insight Technology, Inc.
 

More Related Content

Similar to データジャーナリズムの最新動向 (2012年7月)

ビッグデータプロジェクトを加速させるための 仕組みと運用
ビッグデータプロジェクトを加速させるための仕組みと運用ビッグデータプロジェクトを加速させるための仕組みと運用
ビッグデータプロジェクトを加速させるための 仕組みと運用Eiji Sasahara, Ph.D., MBA 笹原英司
 
オープンデータと環境未来都市
オープンデータと環境未来都市オープンデータと環境未来都市
オープンデータと環境未来都市Iwao KOBAYASHI
 
スマート健康・医療プラットフォームの課題を考える 「 認知症に関する事例と オープンデータ活用の観点」
スマート健康・医療プラットフォームの課題を考える 「認知症に関する事例とオープンデータ活用の観点」スマート健康・医療プラットフォームの課題を考える 「認知症に関する事例とオープンデータ活用の観点」
スマート健康・医療プラットフォームの課題を考える 「 認知症に関する事例と オープンデータ活用の観点」Masahiko Shoji
 
ESJ62自由集会・オープンデータからオープンサイエンスへ
ESJ62自由集会・オープンデータからオープンサイエンスへESJ62自由集会・オープンデータからオープンサイエンスへ
ESJ62自由集会・オープンデータからオープンサイエンスへIWASAKI NOBUSUKE
 
ソーシャル・スクレイピング(2014年10月Webスクレイピング勉強会資料)
ソーシャル・スクレイピング(2014年10月Webスクレイピング勉強会資料)ソーシャル・スクレイピング(2014年10月Webスクレイピング勉強会資料)
ソーシャル・スクレイピング(2014年10月Webスクレイピング勉強会資料)yuzoakakura
 
世界のデータジャーナリズム最前線
世界のデータジャーナリズム最前線世界のデータジャーナリズム最前線
世界のデータジャーナリズム最前線tsudamag
 
130801_udct_05_02
130801_udct_05_02130801_udct_05_02
130801_udct_05_02CSISi
 
2011年11月度Jmrx勉強会資料
2011年11月度Jmrx勉強会資料2011年11月度Jmrx勉強会資料
2011年11月度Jmrx勉強会資料Shigeru Kishikawa
 
20150528 ナイトレイ ESRIジャパンGISフォーラム2015_ビッグデータセッションスライド
20150528 ナイトレイ ESRIジャパンGISフォーラム2015_ビッグデータセッションスライド20150528 ナイトレイ ESRIジャパンGISフォーラム2015_ビッグデータセッションスライド
20150528 ナイトレイ ESRIジャパンGISフォーラム2015_ビッグデータセッションスライドYutaka Ishikawa
 
海外事例にみるヘルスデータ利活用と ITリスク管理
海外事例にみるヘルスデータ利活用とITリスク管理海外事例にみるヘルスデータ利活用とITリスク管理
海外事例にみるヘルスデータ利活用と ITリスク管理Eiji Sasahara, Ph.D., MBA 笹原英司
 
長岡オープン&ビッグデータ活用研究会(2015年10月20日)での講演資料
長岡オープン&ビッグデータ活用研究会(2015年10月20日)での講演資料長岡オープン&ビッグデータ活用研究会(2015年10月20日)での講演資料
長岡オープン&ビッグデータ活用研究会(2015年10月20日)での講演資料Tomohiro Yoneyama
 
Big data harvardbusiessreview20121112
Big data harvardbusiessreview20121112Big data harvardbusiessreview20121112
Big data harvardbusiessreview20121112Dennis Sugahara
 
220606 DPFJ7つの視点.pdf
220606 DPFJ7つの視点.pdf220606 DPFJ7つの視点.pdf
220606 DPFJ7つの視点.pdfssuser7e57a2
 
Lodチャレンジ2012in函館
Lodチャレンジ2012in函館Lodチャレンジ2012in函館
Lodチャレンジ2012in函館Iwao KOBAYASHI
 
オープンデータの本質と活用事例
オープンデータの本質と活用事例オープンデータの本質と活用事例
オープンデータの本質と活用事例Masahiko Shoji
 
人を動かすデータビジュアライゼーション - データビジュアライゼーションを学問にするには?
人を動かすデータビジュアライゼーション - データビジュアライゼーションを学問にするには?人を動かすデータビジュアライゼーション - データビジュアライゼーションを学問にするには?
人を動かすデータビジュアライゼーション - データビジュアライゼーションを学問にするには?E2D3.org
 
201306 オープンデータ
201306 オープンデータ201306 オープンデータ
201306 オープンデータTomihiko Azuma
 

Similar to データジャーナリズムの最新動向 (2012年7月) (20)

ビッグデータプロジェクトを加速させるための 仕組みと運用
ビッグデータプロジェクトを加速させるための仕組みと運用ビッグデータプロジェクトを加速させるための仕組みと運用
ビッグデータプロジェクトを加速させるための 仕組みと運用
 
オープンデータと環境未来都市
オープンデータと環境未来都市オープンデータと環境未来都市
オープンデータと環境未来都市
 
tut_pfi_2012
tut_pfi_2012tut_pfi_2012
tut_pfi_2012
 
スマート健康・医療プラットフォームの課題を考える 「 認知症に関する事例と オープンデータ活用の観点」
スマート健康・医療プラットフォームの課題を考える 「認知症に関する事例とオープンデータ活用の観点」スマート健康・医療プラットフォームの課題を考える 「認知症に関する事例とオープンデータ活用の観点」
スマート健康・医療プラットフォームの課題を考える 「 認知症に関する事例と オープンデータ活用の観点」
 
ESJ62自由集会・オープンデータからオープンサイエンスへ
ESJ62自由集会・オープンデータからオープンサイエンスへESJ62自由集会・オープンデータからオープンサイエンスへ
ESJ62自由集会・オープンデータからオープンサイエンスへ
 
ソーシャル・スクレイピング(2014年10月Webスクレイピング勉強会資料)
ソーシャル・スクレイピング(2014年10月Webスクレイピング勉強会資料)ソーシャル・スクレイピング(2014年10月Webスクレイピング勉強会資料)
ソーシャル・スクレイピング(2014年10月Webスクレイピング勉強会資料)
 
世界のデータジャーナリズム最前線
世界のデータジャーナリズム最前線世界のデータジャーナリズム最前線
世界のデータジャーナリズム最前線
 
130801_udct_05_02
130801_udct_05_02130801_udct_05_02
130801_udct_05_02
 
2011年11月度Jmrx勉強会資料
2011年11月度Jmrx勉強会資料2011年11月度Jmrx勉強会資料
2011年11月度Jmrx勉強会資料
 
20150528 ナイトレイ ESRIジャパンGISフォーラム2015_ビッグデータセッションスライド
20150528 ナイトレイ ESRIジャパンGISフォーラム2015_ビッグデータセッションスライド20150528 ナイトレイ ESRIジャパンGISフォーラム2015_ビッグデータセッションスライド
20150528 ナイトレイ ESRIジャパンGISフォーラム2015_ビッグデータセッションスライド
 
Open Data
Open DataOpen Data
Open Data
 
海外事例にみるヘルスデータ利活用と ITリスク管理
海外事例にみるヘルスデータ利活用とITリスク管理海外事例にみるヘルスデータ利活用とITリスク管理
海外事例にみるヘルスデータ利活用と ITリスク管理
 
長岡オープン&ビッグデータ活用研究会(2015年10月20日)での講演資料
長岡オープン&ビッグデータ活用研究会(2015年10月20日)での講演資料長岡オープン&ビッグデータ活用研究会(2015年10月20日)での講演資料
長岡オープン&ビッグデータ活用研究会(2015年10月20日)での講演資料
 
Big data harvardbusiessreview20121112
Big data harvardbusiessreview20121112Big data harvardbusiessreview20121112
Big data harvardbusiessreview20121112
 
220606 DPFJ7つの視点.pdf
220606 DPFJ7つの視点.pdf220606 DPFJ7つの視点.pdf
220606 DPFJ7つの視点.pdf
 
Lodチャレンジ2012in函館
Lodチャレンジ2012in函館Lodチャレンジ2012in函館
Lodチャレンジ2012in函館
 
オープンデータの本質と活用事例
オープンデータの本質と活用事例オープンデータの本質と活用事例
オープンデータの本質と活用事例
 
2013 アメリカのIT政策の動向(前編)
2013 アメリカのIT政策の動向(前編)2013 アメリカのIT政策の動向(前編)
2013 アメリカのIT政策の動向(前編)
 
人を動かすデータビジュアライゼーション - データビジュアライゼーションを学問にするには?
人を動かすデータビジュアライゼーション - データビジュアライゼーションを学問にするには?人を動かすデータビジュアライゼーション - データビジュアライゼーションを学問にするには?
人を動かすデータビジュアライゼーション - データビジュアライゼーションを学問にするには?
 
201306 オープンデータ
201306 オープンデータ201306 オープンデータ
201306 オープンデータ
 

データジャーナリズムの最新動向 (2012年7月)

  • 1. データジャーナリズムの最新動 向 JCEJ×GLOCOM データジャーナリズム実践 データから社会問題を発見する JCEJ運営委員 赤倉優蔵
  • 2. ニーズを生み出せ! 使い倒せ! 2012/7/29 データジャーナリズムの最新動向 2
  • 3. Who am I ? 2012/7/29 データジャーナリズムの最新動向 3
  • 5. データジャーナリズムとは? 2012/7/29 データジャーナリズムの最新動向 5
  • 6. WikiLeaks x Guardian 2012/7/29 データジャーナリズムの最新動向 6
  • 7. Guardianの挑戦 • 2010年10月、WikiLeaksに投函された約40 万点のイラク戦争に関する米軍の機密文 書からスクープを掘り出す • 2010年11月、WikiLeaksに投函された約25 万点のアメリカ外交機密文書からスクー プを掘り出す “データジャーナリズムに先鞭をつけた” 2012/7/29 データジャーナリズムの最新動向 7
  • 8. The Data Journalism Handbook http://datajournalismhandbook.org/ 2012/7/29 データジャーナリズムの最新動向 8
  • 9. The Data Journalism Handbook データジャーナリズムの現場 データジャーナリズムの事例 データジャーナリズムのノウハウ 2012/7/29 データジャーナリズムの最新動向 9
  • 10. なぜ「データ」ジャーナリズムな のか • あらゆる事象が<デジタル>データで表 現・公開されるようになった • 多くの人が<デジタル>データで表現され た情報を利用するようになった <デジタル>データが偏在するようになった 2012/7/29 データジャーナリズムの最新動向 10
  • 11. データジャーナリズムとは? データジャーナリズムは 環境の変化に ジャーナリズムが適応する手段 避けては通れない!! 2012/7/29 データジャーナリズムの最新動向 11
  • 12. ジャーナリストの役割も変化 <Before> いま起きていることを伝える <After> いま起きていることに どのような意味があるのかを伝える 2012/7/29 データジャーナリズムの最新動向 12
  • 13. データジャーナリズムの 最新動向 2012/7/29 データジャーナリズムの最新動向 13
  • 14. 最新動向を知るには? • データジャーナリズムの特徴 – 新しい取り組み – みな手さぐりで実践している – とにかく変化が早い • 優良な最新事例で学ぶのが良い 2012/7/29 データジャーナリズムの最新動向 14
  • 15. データジャーナリズム・アワード (DJA) • 世界各地で実施されているデータジャー ナリズム・プロジェクトから優秀なプロ ジェクトを決めるデータジャーナリズム の祭典 • CNNやBBC、ル・モンドなど世界各地の報 道機関に所属する上級編集者らで構成さ れる世界的な編集者ネットワーク「Global Editors Network(GEN)」が主催 • Googleがスポンサー 2012/7/29 データジャーナリズムの最新動向 15
  • 16. DJA2012 • 第1回開催にも関わらず、アメリカ、イ ギリス、フランス、ドイツ、ロシア、メ キシコ、フィリピン、ケニヤ、ウガンダ など世界各国の報道機関や、フリーラン スのジャーナリストから300を超えるプロ ジェクトが集結 • 日本からは参加なし 2012/7/29 データジャーナリズムの最新動向 16
  • 17. DJAの目的 • 優れた取り組みにスポットを当て、デー タジャーナリズムのレベル向上に貢献す る • ジャーナリストを刺激する • 編集者やメディアの経営者にデータ ジャーナリズムの価値を知ってもらう • ジャーナリスト、開発者、デザイナーな ど、データジャーナリズムに関わる人た ちの連携を促進する 2012/7/29 データジャーナリズムの最新動向 17
  • 18. データジャーナリズムのポイント ① チームで取り組む 2012/7/29 データジャーナリズムの最新動向 18
  • 19. “The Opportunity Gap” by ProPublica • アメリカの地域ごとの「教育機会」を可視化 するウェブサービス – フロリダは貧困層と富裕層とで教育機会にほとん ど差はないが、カンザス、メリーランド、オクラ ホマはかなり大きな差がある • 公開データを利用 • 利用者は自分が住んでいる地域の「教育機 会」の平等性を確認できる • 複数の新聞社がこのサービスを利用して関連 記事を作成・配信 2012/7/29 データジャーナリズムの最新動向 19
  • 20. ProPublicaの取り組み “The Opportunity Gap” プロジェクトチーム <編集者> <編集者> <記者> <アナリスト> <エンジニア> <エンジニア> 2012/7/29 データジャーナリズムの最新動向 20
  • 21. 2012/7/29 データジャーナリズムの最新動向 21
  • 22. DJAのカテゴリ データ駆動調査報道部門 – “DATA-DRIVEN INVESTIGATIONS” – 「データに隠された事実の掘り出し」にス ポット データ可視化/ストーリーテリング部門 – “DATA VISUALISATION AND STORYTELLING” – 「分かり易さ」にスポット データ駆動アプリケーション部門 – “DATA-DRIVEN APPLICATIONS” – 「ユーザインタラクション」にスポット 2012/7/29 データジャーナリズムの最新動向 22
  • 23. DJA評価のポイント • 単にデータを可視化しただけの独りよが りのプロジェクトはNG • 「読者にとって分かり易いか」「読者が 洞察を得る手助けができたか」など、読 者目線が大きなポイント 2012/7/29 データジャーナリズムの最新動向 23
  • 24. データジャーナリズムのポイント ② 読者目線 2012/7/29 データジャーナリズムの最新動向 24
  • 25. DJA2012受賞プロジェクト  データ駆動調査報道部門 – 【広域】FBIにとってのテロリスト (米調査報道NPO) – 【地域】ワシントン州のメタドン薬害禍 (米紙)  データ可視化/ストーリーテリング部門 – 【広域】ロンドン暴動”うわさ”の伝播状況 (英紙) – 【地域】ノヴォシビルスク歩行者事故の発生状況 (露デ ザイナ)  データ駆動アプリケーション部門 – 【広域】スイス議会動向監視アプリ (スイスNPO) – 【地域】イリノイ州立学校情報提供アプリ (米紙) 2012/7/29 データジャーナリズムの最新動向 25
  • 26. ワシントン州のメタドン薬害禍 -概要- • 英題“Methadone and the Politics of Pain” • 米シアトルタイムスのスクープ • ワシントン州が医療費を節減するため安 価な一方で副作用の強い合成鎮痛剤「メ タドン」を多用、貧困地域を中心に8年間 で2000人以上が亡くなっていた事実を掘 り起こし、最終的には政治を動かした • 2012年のピューリッツアー賞も受賞 2012/7/29 データジャーナリズムの最新動向 26
  • 27. ワシントン州のメタドン薬害禍 -経緯- • 2010年末、医療関係者から「メタドンの 副作用で死亡するケースが多い」とのタ レこみ (端緒・テーマ設定) • 公共機関が公開している複数のデータ セット及び文書の調査を開始 (データ収集・分 析) • 調査結果を元に100人以上の関係者へイン タビューを実施 (裏取り) • 調査結果を公開 (発表) 2012/7/29 データジャーナリズムの最新動向 27
  • 28. 2012/7/29 データジャーナリズムの最新動向 28
  • 29. ノヴォシビルスク歩行者事故の発生状 況 2012/7/29 データジャーナリズムの最新動向 29
  • 30. スイス議会動向監視アプリ 2012/7/29 データジャーナリズムの最新動向 30
  • 31. データジャーナリズムの方向性 • テクノロジーの取り込み – メディア企業による優秀な技術者の採用 – Jスクールのプログラム変更 (テクノロジー重 視) – Googleが強力にバックアップ • 読者の巻き込み – インタラクションの実装 – リアクションの取り込み – N次創作の促進 2012/7/29 データジャーナリズムの最新動向 31
  • 32. データジャーナリズムを知る • Web Sites – [英語] Nieman Journalism Lab – [英語] Knight Foundation – GLOCOM / JCEJ • Books – [英語] The Data Journalism Handbook – 『統計データはおもしろい!』 – 『ビューティフルビジュアライゼーション』 2012/7/29 データジャーナリズムの最新動向 32
  • 33. データジャーナリズムはフロン ティア • 日本の大手メディアでの取組みは遅れて いる – 体制が整っていない – フリーツールのほとんどが英語のため? • 多くのデータが公開されている – 東日本大震災直後、海外の団体は日本の省庁 が公開しているデータを活用していた (by 田 中幹人氏) ブロガー、新興メディアにとってはチャンス! 2012/7/29 データジャーナリズムの最新動向 33
  • 34. データジャーナリズムのポイント ③ とにかくやってみる 2012/7/29 データジャーナリズムの最新動向 34
  • 35. ポイントのまとめ • チームで取り組む • 読者目線 • とにかくやってみる 2012/7/29 データジャーナリズムの最新動向 35
  • 36. やってみよう。 2012/7/29 データジャーナリズムの最新動向 36