Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

(オープンデータ活用のための)アイディアソン・ハッカソンを成功させるには

14,623 views

Published on

2014年のインターナショナルオープンデータデイに向けて、アイディアソン・ハッカソンの運営に役立つ情報をまとめました。ASPICオープンデータ研究会での発表資料です。

Published in: Self Improvement

(オープンデータ活用のための)アイディアソン・ハッカソンを成功させるには

  1. 1. (オープンデータ活用のための) アイディアソン・ハッカソンを 成功させるには 庄司昌彦 Masahiko SHOJI 国際大学GLOCOM 主任研究員 一般社団法人オープン・ナレッジ・ファウンデーション・ジャパン 代表 理事 1
  2. 2. International Open Data Day 2014 2014年2月22日(土)開催 参加地域・参加者を募集しています! 北海道札幌市、北海道旭川市、青森県、岩手県滝沢市、宮城県仙台市、福島県会津若松市、 群馬県前橋市、千葉県千葉市、千葉県流山市、東京、東京2、東京都荒川区、 二子玉川(東京都世田谷区)、神奈川県横浜市、神奈川県川崎市、神奈川県厚木市、 長野県上田市、長野県須坂市、静岡県静岡市(静岡県立大学、三保松原)、静岡県湖西市、 愛知県名古屋市、岐阜県、石川県金沢市・野々市市・内灘町、福井県鯖江市・越前市・福井 市 京都、大阪、兵庫県丹波市、徳島県 2 福岡県北九州市、福岡県飯塚市、佐賀県佐賀市
  3. 3. 目次 (オープンデータ活用の)アイディアソン・ハッカソンを成功させるに は 位置づけ • データ循環社会のプロセ スの一部 • ハッカソン限界説 • ハッカソンの意味 • 前後のプロセスを考える • ハッカソン以外の方法 成功させるためのポイント • 場を作る – 空間(色・音)、茶菓、備 品 – 開発環境、検索チーム • 参加者の多様性 • 対話の重視 • 時間割 – チェックイン、インプット、 アイディア出し、グループ 形成、ワーク、シェア、次 のステップ • 記録 3
  4. 4. 位置づけ 4
  5. 5. データ循環社会のプロセスの一部 データ提供 データ生成 • 一元化 • 権利処理 • 活用を前提とした 形式・内容 事業化支援 データ循環 社会 • 企業育成 • 市民活動支援 課題発見分析 • 対話と協働 • リテラシー向上 開発 • 解決、価値創出 筆者作成 5
  6. 6. ハッカソン限界説 • 時間 – 週末だけでできることは限られる – マラソンというには短時間。むしろスプリント(短 距離走) • 社会的効果 – 現実の社会課題を解決しただろうか? – いつも同じようなアプリを作っている – 市民・消費者向けの分かり易いものになりがち • 経済効果 – 市場性のあるアプリを全然作っていない – アドホックなチームでは本気のビジネスを作りにく い – そもそもスマホアプリが産業を作る可能性は低い 6
  7. 7. ハッカソンの意味 • 啓発・学習 – 社会課題やデータ、ツール – 異なる立場の人との対話からの気付き (官・民、 業界、職種) – 仕事から離れて自由な発想で課題に向き合う機会 – イノベーションのヒントを見つける • 人間関係 – 後につながるネットワーキング プロダクトよりもプロセスが重要 長期で捉える (例:ヘルシンキ) 7
  8. 8. 前後のプロセスを考える • 社会課題設定+インキュ ベーション • OGDチューリッヒの教訓 1. OGDには政治的支援が必要 – 英国ODIはNESTA(科学・技 術・芸術基金)と組み2年で7 課題にチャレンジ 2. OGD作成と活用は違う – 予算は約1.9億円(運営費含む) 4. OGDはコミュニケーション、コ ミュニケーション、コミュニ ケーション、コミュニケーショ ン – 課題設定、公開データの選定・ 評価、コンテスト、インキュ ベーション等を一連のプロセス として設計 – 各段階が参加型 • ポストハッカソンプロセス – 何度も改善 3. OGDは放置してても回るプロ ジェクトではない • ツイッター、ニューズレター、 ラウンドテーブル、リーフレッ ト 5. OGDの効果は数字に現れるもの だけではない • 長期滞在型 – Code for America / XX 8
  9. 9. ハッカソン以外の方法 • ニュース作成 – データジャーナリズムキャンプ • データ発掘・登録 – データ発掘キャンプ • エディットソン – Wikipediaタウン • アーカイブづくり – Historypin 写真を用いた世代間対話 • ユーザ参加による既存サービスの改善 – イノベーションキャンプ(デンマーク政府) 9
  10. 10. JCEJ×GLOCOM データジャーナリズム実践 データから社会問題を発見する(アイディアソン) • 概要 – 日時:2012年7月28日 – 会場:国際大学GLOCOM – 参加者:約40名 • プログラム – 「オープンデータについて」 • 庄司昌彦/国際大学GLOCOM – 「データジャーナリズムの最先 端(データジャーナリズムア ワードの事例から)」 • 赤倉優蔵/ JCEJ • 成果 テーマ データから見るクラブとクラブ風営法問題 原発補助金漬けの自治体は脱原発について いけるのか? 浪速の無灯火自転車をなくそう 東京都幸せ向上プロジェクト 電動アシスト自転車のデータ公開を! 復興予算は必要なところで 使われている か~復興予算の流れを見せる~ 知られざる保育所格差-貧困と子育て環境 の負のスパイラルいじめをなくそう!Hack Against Ijime – Data Journalism Award への応 募を目指す – 8つのアイディアを提案 10
  11. 11. 筆者撮影 11
  12. 12. JCEJ×GLOCOM データ発掘キャンプ テーマ:防災 • 概要 – 日時:2012年9月1日13-17時 – 会場:国際大学GLOCOM – 参加者:26名 • プログラム – クロストーク「防災とメディ ア:防災のために何を伝える か」 – ワーク「防災に役立つデータを 発見する」 テーマ 発掘件 数 一家に一枚!枚避難経路マップ 人の気持ちは冷める 6件 10件 災害による帰宅困難者支援のため に 5件 台風をやり過ごすための防災情報 6件 災害弱者を助けよう 12件 合計 39件 • 成果 – 20人が2時間集中的に発掘 – 39種類のデータを発掘 – データポータルCKANに登録 筆者撮影 12
  13. 13. イノベーションキャンプ • 参加型デザイン – ユーザーが使い易くなるよ う、デザイン過程に積極的 に利害関係者を巻込む – 年金申請画面を改善し高齢 者でもセルフサービスで手 続きを完結させたい – 行政、エンジニア、専門家、 ユーザー(高齢者)が話合 い、その場でデザインを改 善 – 2チームの成果を会場とオ ンラインの投票で評価 – 今後のサイト改善に反映 筆者撮影 13
  14. 14. 成功させるためのポイント 14
  15. 15. 成功させるためのポイント • 場を作る – 空間 • 備品、配置、色、音… – 茶菓 • 栄養ドリンク、おやつ他 – 開発環境 • ネット環境、電源 • PC – サポート体制 • 検索チーム • 参加者の多様性 – – – – エンジニア 課題意識のある人 デザイナー アナリスト・ジャーナリ スト – 事業モデルを考える人 – 人数に枠を設ける – 役割を明示してもらう • 対話の重視 – 事前アイディアソン – 参加意識・満足度に影響 15
  16. 16. 成功させるためのポイント • 時間割 – チェックイン • アイスブレイク • 非日常な雰囲気を作る – インプット • 課題設定 • 使えるデータ・ツール等 • 次のステップ – コンテスト応募などの目標 設定 – 次のアクションの宣言 – 連絡グループの作成 • メーリングリスト • フェイスブックグループ – アイディア出し • 自分で考える • 対話しながら考える(ワール ドカフェ等) • 仲間を見つける – グループ形成 • この指とまれ形式 • オープンスペーステクノロ ジー – ワーク • 記録 – 成果物の可視化と把握 • ブログ • Googleドキュメント 等 • 参加者・登録データ等の数 – 記念 • 写真撮影など • 時間を区切る • 中間発表 • 偵察タイム – アウトプットとシェア • 発表フォーマット 16
  17. 17. オープンデータデイ2014 サポート&メディアセンター Peatix 17

×