Gradle a new Generation Build Tool
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

Gradle a new Generation Build Tool

on

  • 6,962 views

Gradleという新しいビルドツールについての説明

Gradleという新しいビルドツールについての説明

Statistics

Views

Total Views
6,962
Views on SlideShare
3,993
Embed Views
2,969

Actions

Likes
8
Downloads
35
Comments
1

9 Embeds 2,969

http://d.hatena.ne.jp 2506
http://siosio.hatenablog.com 436
https://si0.twimg.com 9
http://webcache.googleusercontent.com 7
https://twitter.com 4
https://www.google.co.jp 3
http://us-w1.rockmelt.com 2
http://translate.googleusercontent.com 1
http://www.google.co.jp 1
More...

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel

11 of 1

  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

    Gradle a new Generation Build Tool Gradle a new Generation Build Tool Presentation Transcript

    • Gradle a newbuild toolgradle 入門
    • Who presents this?● name : mike_neck● job : no jobs now● specialized : Java / Groovy / Javascript● Im establishing a company specialized at Groovy products -- Grails, Gradle, SprinG roo.● And Im creating FxJsJUnit -- Javascript testing framework with JavaFX.
    • Agender● Whats Gradle● Comparison with Ant, Maven● How to install?● Lets make Web Application!● Task customization● Convention Properties
    • Agender● Whats Gradle● Comparison with Ant, Maven● How to install?● Lets make Web Application!● Task customization● Convention Properties
    • Whats Gradle● Antの自由さとMavenの秩序を取り入れた次世 代のビルドツール● 人間には優しくないXMLを捨てたビルドツール● ビルドの設定にはGroovy DSLを採用 ○ 設定ファイルはスクリプトに置き換わる ○ 直感的に読める設定ファイル
    • Agender● Whats Gradle● Comparison with Ant, Maven● How to install?● Lets make Web Application!● Task customization● Convention Properties
    • Ant ... 書き方忘れたorz<build default="clean"> <task name="build"> <javac </task></build>
    • Maven ... 長い<groupId>org.mikeneck.sample</group><artifactId>gradle-sample</artifactId><version>0.0.1-SNAPSHOT</version><build> <plugins> <plugin> <groupId>org.apache.maven.plugins</...
    • Gradle ... 簡潔!apply plugin : java group = org.mikeneck.sampleversion = 0.0.1-SNAPSHOT sourceCompatibility = 1.6targetCompatibility = 1.6
    • Agender● Whats Gradle● Comparison with Ant, Maven● How to install?● Lets make Web Application!● Task customization● Convention Properties
    • How to install? (1)● Macの人 ○ Brewを使っている人 ■ sudo brew install gradle ○ Mac Ports使っている人 ■ sudo port install gradle
    • How to install? (2)● xnix系の人 ○ wget http://goo.gl/WJm7L ○ unzip gradle-1.0-milestone-9-all.zip ○ sudo mv gradle-1.0-milestone-9 /path/to/gradle_home ○ export GRADLE_HOME=/path/to/gradle_home/gradle- 1.0-milestone-9 ○ export PATH=$PATH:GRADLE_HOME/bin
    • How to install? (3)● Macの場合は下記のディレクトリーに入れるのが いいかも/Library/Frameworks/Gradle.framework/Versions● で、ln -s gradle-milestone-9 Current● export GRADLE_HOME=/Library/Frameworks/Gr adle.framework/Versions/Current
    • How to install? (4)● Windowsの人 ○ http://goo.gl/WJm7L をダウンロード ○ gradle-milestone-9-all.zipを解凍 ○ 作成されたフォルダをどこか適当なフォルダに配置する。 ( 例えば C:¥gradle ) ○ マイコンピューター→プロパティから環境変数設定画面 を開いて以下のとおり設定する。 GRADLE_HOME → C:¥gradle¥gradle-milestone-9 PATH → ;%GRADLE_HOME%¥bin を追加
    • How to install? (5)● インストールの確認 ○ 適当なディレクトリー・フォルダーにて以下のコマンドを実 行する $ gradle --version  ● バージョンが表示されればおk。
    • How to install? (6) うまくいった?
    • Do you have trouble?● Java(1.6以上)はインストールされてますか?● 環境変数JAVA_HOMEは設定されていますか?● 環境変数GRADLE_HOMEは設定されています か?● 環境変数PATHを壊していませんか?● Windowsのコードページは932ですか?
    • Agender● Whats Gradle● Comparison with Ant, Maven● How to install?● Lets make Web Application!● Task customization● Convention Properties
    • さっそくWebアプリ作ろう1. プロジェクトホームを作成します。2. プロジェクトホームの直下にビルドファイル(build. gradle)を作ります。3. ideタスクを実行してIDEを開きます。4. Servletを作ります。5. テストを書きます。6. Gradleでテスト実行、Jettyを実行します。7. warを発行します。
    • 1.プロジェクトホーム$ mkdir sample-web$ cd sample-web$ vim sample-web
    • 2.build.gradleapply plugin : javaapply plugin : ideaapply plugin : eclipseapply plugin : warapply plugin : jettyrepositories { mavenCentral() }dependencies { compile org.apache.geronimo.specs:geronimo-servlet_2.5_spec:1.2 testCompile junit:junit:4.10}sourceCompatibility = 1.6targetCompatibility = 1.6
    • 3. ide タスクを実行$ gradle idea または $ gradle eclipse
    • 4.Servletをつくります。Web用のプロジェクト構造を作って、Servletを作ります。
    • 5.テストをつくるJMockItを使いたい人はdependenciesに加えましょう。JUnit4でテストを書きます。src/test/java以下のパッケージに記述して下さい。
    • 6.Gradleでテストを実行$ gradle testでテストを実行する。project-home/build/reports/testsにあるindex.htmlにテスト結果が出力される。
    • こんな感じ
    • 6.Jettyで試す$ gradle jettyRunデフォルトはポート8080で起動される
    • 6.Jettyで試すさっそくつなげてみる
    • 7.warを発行する$ gradle war
    • 7.warを発行するwarファイルはproject-home/build/libs以下に作成されます。
    • Agender● Whats Gradle● Comparison with Ant, Maven● How to install?● Lets make Web Application!● Task customization● Convention Properties
    • タスクをカスタマイズ● Gradleの強みはそのカスタマイズ性にもありま す。 ○ 規約に基づいたプロパティを利用できます。 ○ Groovyの力を借りたカスタマイズが可能です。 ■ テスト実行前にDBに値を登録する ■ プロジェクト作成前に規約に基づいたディレクトリを作 成する ■ 発行したwarをサーバーにデプロイする
    • タスクをカスタマイズ● カスタムタスクの作成 /** task taskName はタスクを新規に定義 **/task customTask << { println do something } customTask { println load task }customTask.doFirst { println do first }customTask.doLast { println do last } 
    • タスクをカスタマイズ● タスクのライフサイクルとイディオムを覚えておこ うtask customTask << { println do something }customTask { println load task }customTask << { println do task }customTask.doFirst { println do first }customTask.doLast { println do last }customTask << { println do lastly } 
    • タスクをカスタマイズ● 実行結果 
    • タスクをカスタマイズ● タスクのライフサイクルとイディオムを覚えておこ うtaskObject closure : Gradle起動時に実行する処理customTask.doFirst closure : 最初に実行する処理 (後に追加した処理のほうが先に実行される)customTask.doLast closure : 最後に実行する処理 (Left Shift と同意)taskObject << closure : 最後に実行する処理を追加 (後に追加した処理の方が後に実行される)
    • Agender● Whats Gradle● Comparison with Ant, Maven● How to install?● Lets make Web Application!● Task customization● Convention Properties
    • 規約プロパティを参照する$ gradle properties を実行する
    • 規約プロパティを再設定する例えばコンパイルはJava6で、実行環境はJava5の場合は以下のように sourceCompatibility = 1.6targetCompatibility = 1.5 既存の規約プロパティを上書きする
    • 規約プロパティを利用する例えば依存ライブラリーのパスが欲しい場合 task showPath { project.configurations.each { println it.name println it.asPath }} 
    • 規約プロパティを利用する実行結果
    • 練習規約どおりのディレクトリーツリーを作るタスクを定義してみよう ヒント : ディレクトリーを作る方法 ant.mkdir ( dir : src/main/java )
    • 解答例def langs = [java]task structure << { project.sourceSets.each { set -> langs.each { lang -> ant.mkdir dir : "src/${set.name}/${lang}" } }}
    • Note● Gradle Home Page ○ http://www.gradle.org● User Guide ○ http://www.gradle. org/docs/current/userguide/userguide_single. html● DSL Reference ○ http://www.gradle.org/docs/current/dsl/index. html
    • Enjoy yourproject with Fun! presented by mike_neck