基調講演同時通訳中継の歴史
通訳中継の歴史(その1)
技術1 QTSS/DSSリレー <ul><li>DarwinStreamingServer2 から可能な技術 </li></ul><ul><li>Simple UDP relay が鉄則 </li></ul><ul><li>初期の頃はメンバーと...
リレー設定例 <RELAY_CONFIG> <OBJECT TYPE=&quot;relay&quot; NAME=&quot;Camp07&quot;> <PREF NAME=&quot;enabled&quot;>true</PREF> <...
技術2 サーバ分配スクリプト <ul><li>DNS ラウンドロビンは不平等・不適切 </li></ul><ul><li>リレーサーバー参加者の環境 ( 回線& CPU) とスキルは異なる( SMNP 制御等は無理) </li></ul><ul...
実際の JavaScript <a onclick=&quot;return gotoURL()&quot; href=&quot;../metafiles/server01.qtl&quot;><img src=&quot;4_topr1_c...
通訳中継の歴史(その2)
技術3 サーバ回線増強 <ul><li>九州は ISP のホップがボトルネックで帯域が狭い。但し、 Flet’s 自体の帯域はある-> ISP を複数化で対応 </li></ul><ul><li>PPPoE を複数セッション張る技術(通常 HU...
九州の FTTH 回線状況
全国の FTTH 回線状況
技術4  VoIP 経由で複数 MC <ul><li>Apple が QT 生中継を廃止->テキスト中継を訳す?->間が持たないのでトークを増やす必要 </li></ul><ul><li>MC 兼通訳兼エンコーダー管理の負担を減らす提案-> M...
通訳中継番組の機材編成
リスナー動向#1 アクセス時間
リスナー動向 #2  情報ソース (part 1)
リスナー動向 #2  情報ソース (part 2)
さて、これから <ul><li>個人的な都合により、中継へのコミットメントはちょっと無理 </li></ul><ul><li>MWSF07 の際のように事前準備無し(当日いきなり座って、その場にある資源のみで中継)なら可能。 </li></ul...
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

Keynote In Japanese

1,702 views
1,651 views

Published on

Published in: Technology
0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
1,702
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1
Actions
Shares
0
Downloads
4
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Keynote In Japanese

  1. 1. 基調講演同時通訳中継の歴史
  2. 2. 通訳中継の歴史(その1)
  3. 3. 技術1 QTSS/DSSリレー <ul><li>DarwinStreamingServer2 から可能な技術 </li></ul><ul><li>Simple UDP relay が鉄則 </li></ul><ul><li>初期の頃はメンバーとの調整が大変 </li></ul><ul><li>( NAT の問題やサーバ操作の慣れ等) </li></ul>
  4. 4. リレー設定例 <RELAY_CONFIG> <OBJECT TYPE=&quot;relay&quot; NAME=&quot;Camp07&quot;> <PREF NAME=&quot;enabled&quot;>true</PREF> <OBJECT CLASS=&quot;source&quot; TYPE=&quot;udp_source&quot;> <PREF NAME=&quot;in_addr&quot;>192.168.0.11</PREF> <LIST-PREF NAME=&quot;udp_ports&quot;> <VALUE>7120</VALUE> <VALUE>7122</VALUE> </LIST-PREF> </OBJECT> <OBJECT CLASS=&quot;destination&quot; TYPE=&quot;udp_destination&quot;> <PREF NAME=&quot;dest_addr&quot;> 192.168.0.11 </PREF> <LIST-PREF NAME=&quot;udp_ports&quot;> <VALUE> 8120 </VALUE> <VALUE> 8122 </VALUE> </LIST-PREF> </OBJECT> <OBJECT CLASS=&quot;destination&quot; TYPE=&quot;udp_destination&quot;> <PREF NAME=&quot;dest_addr&quot;>192.168.0.13</PREF> <LIST-PREF NAME=&quot;udp_ports&quot;> <VALUE>8120</VALUE> <VALUE>8122</VALUE> </LIST-PREF> </OBJECT> </OBJECT> </RELAY_CONFIG> relayconfig.xml v=0 o=- 0 1072511234 IN IP4 127.0.0.0 s=QuickTime t=0 0 a=x-qt-text-an � ス :Macwebcaster-ML Camp07 a=x-qt-text-pc � ス :Macwebcaster-ML 2007 All Rights Reserved a=x-qt-text-ua � ス :Macwebcaster-ML a=range:npt=now- a=isma-compliance:2,2.0,2 m=audio 8120 RTP/AVP 96 c=IN IP4 192.168.0.11 a=rtpmap:96 mpeg4-generic/44100/1 a=fmtp:96 profile-level-id=15;mode=AAC-hbr;sizelength=13 ;indexlength=3;indexdeltalength=3;config=1208 a=mpeg4-esid:101 b=AS:55 a=x-bufferdelay:8.000000 m=video 8122 RTP/AVP 97 c=IN IP4 192.168.0.11 a=rtpmap:97 H264/90000 a=fmtp:97 packetization-mode=1;profile-level-id=4D4015;sprop- parameter-sets=J01AFakYMhP94A1BgEGtsK173wE=,KM4JF6A= a=mpeg4-esid:201 a=cliprect:0,0,300,400 a=framesize:97 400-300 b=AS:600 a=x-bufferdelay:8.000000 camp07.sdp
  5. 5. 技術2 サーバ分配スクリプト <ul><li>DNS ラウンドロビンは不平等・不適切 </li></ul><ul><li>リレーサーバー参加者の環境 ( 回線& CPU) とスキルは異なる( SMNP 制御等は無理) </li></ul><ul><li>こうなれば、リンクの「くじびき」しかない!(ただし確率固定) </li></ul>
  6. 6. 実際の JavaScript <a onclick=&quot;return gotoURL()&quot; href=&quot;../metafiles/server01.qtl&quot;><img src=&quot;4_topr1_c4.gif&quot; ></a> <script type=&quot;text/javascript&quot;> <!-- // parameters var setURL = new Array() var setPAR = new Array(); setURL[0] = 'http://www.macwebcaster.com/metafiles/server01.qtl'; setPAR[0] = 1000 ; setURL[1] = 'http://www.macwebcaster.com/metafiles/server02.qtl'; setPAR[1] = 2000 ; setURL[2] = 'http://www.macwebcaster.com/metafiles/server03.qtl'; setPAR[2] = 0; setURL[3] = 'http://www.macwebcaster.com/metafiles/server04.qtl'; setPAR[3] = 0; setURL[4] = 'http://www.macwebcaster.com/metafiles/server05.qtl'; setPAR[4] = 0; var countNUM; var allPAR = 0; for(countNUM=0;countNUM<setPAR.length;countNUM++){ allPAR += setPAR[countNUM]; } // Randominzing var randomNUM = Math.floor(Math.random() * allPAR); function gotoURL(){ document.form01.text01.value = randomNUM; var tempNUM = 0; if(randomNUM < 0 || randomNUM > allPAR){ // if Randomizing fails, use URL of herf return true; }else{ countNUM = 0; while(randomNUM >= tempNUM){ tempNUM += setPAR[countNUM]; countNUM++; } location.href = setURL[countNUM-1]; document.form01.text02.value = setURL[countNUM-1]; return false; } } //--> </script> リンク部分 振り分け用スクリプトその1 振り分け用スクリプトその2
  7. 7. 通訳中継の歴史(その2)
  8. 8. 技術3 サーバ回線増強 <ul><li>九州は ISP のホップがボトルネックで帯域が狭い。但し、 Flet’s 自体の帯域はある-> ISP を複数化で対応 </li></ul><ul><li>PPPoE を複数セッション張る技術(通常 HUB を経由 ) を応用。 Linux で複数 PPPoE セッションを単独の Ether から接続。 Default GW での経路混乱を防ぐために iproute2 を使用 </li></ul><ul><li>現在は、さくらインターネット ( Web & Mail) 、 Asahi-Net(DSS) 、 i-revo(Helix Server) を使用 </li></ul>
  9. 9. 九州の FTTH 回線状況
  10. 10. 全国の FTTH 回線状況
  11. 11. 技術4  VoIP 経由で複数 MC <ul><li>Apple が QT 生中継を廃止->テキスト中継を訳す?->間が持たないのでトークを増やす必要 </li></ul><ul><li>MC 兼通訳兼エンコーダー管理の負担を減らす提案-> MC を VoIP 経由で </li></ul><ul><li>当初は Asterisk + X-Lite 、その後 Skype を使用 </li></ul>
  12. 12. 通訳中継番組の機材編成
  13. 13. リスナー動向#1 アクセス時間
  14. 14. リスナー動向 #2  情報ソース (part 1)
  15. 15. リスナー動向 #2  情報ソース (part 2)
  16. 16. さて、これから <ul><li>個人的な都合により、中継へのコミットメントはちょっと無理 </li></ul><ul><li>MWSF07 の際のように事前準備無し(当日いきなり座って、その場にある資源のみで中継)なら可能。 </li></ul><ul><li>眠たくなったらしないので、広報等もしない。-> ML メンバーのみを対象とするイベント? </li></ul>

×