20111026 cms oracle

1,174 views

Published on

0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
1,174
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
277
Actions
Shares
0
Downloads
3
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

20111026 cms oracle

  1. 1. <Insert Picture Here>CandyとDukeが盛り上げるOracle OpenWorld 2012に向けたWebマーケティング戦略日本オラクル株式会社 マーケティング本部藤野 誠一郎2011年10月26日
  2. 2. 以下の事項は、弊社の一般的な製品の方向性に関する概要を説明するものです。また、情報提供を唯一の目的とするものであり、いかなる契約にも組み込むことはできません。以下の事項は、マテリアルやコード、機能を提供することをコミットメント(確約)するものではないため、購買決定を行う際の判断材料になさらないで下さい。オラクル製品に関して記載されている機能の開発、リリースおよび時期については、弊社の裁量により決定されます。OracleとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 2
  3. 3. Oracle OpenWorld 2012 Tokyoに向けた情報発信①Official Page ②Social Media 公式サイトからの情報発信 Social Mediaを活用した情報発信 お客様に公式情報を届けるための役目 Facebook/Twitterと連携し、口コミ を果たす Mktgの効果を狙う Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved.
  4. 4. プロモーションの構造 ①Official Page email外部HP DM Oracle OpenWorld Official Page Oracle Japan Homepage②Social Media Oracle OpenWorld Facebook Oracle OpenWorld Twitter Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved.
  5. 5. Oracle OpenWorld 2012 Tokyoに向けた情報発信①Official Page ②Social Media 公式サイトからの情報発信 Social Mediaを活用した情報発信 お客様に公式情報を届けるための役目 Facebook/Twitterと連携し、口コミ を果たす Mktgの効果を狙う Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved.
  6. 6. 公式サイトからの情報発信• 役割: • お客様に公式情報を届けるための役目を果たす • 2012年1月末から、公式サイトにイベント登録が開始される• 制作/運営について • 2009年は、日本でHTML制作 • 2012年は、Oracle CMSで管理 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved.
  7. 7. Oracle OpenWorld公式ページの流れ 日本語 Facebook, Twitterからの誘導英語 Oracle CMS 中国語 各国共通、独自部品の 管理 英語 翻訳サーバー テキスト 日本語 テキスト •テンプレート •翻訳進行管理 •バージョニング •翻訳メモリ管理 •承認ワークフロー •コスト管理 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved.
  8. 8. 公式サイトからの情報発信• 役割: • お客様に公式情報を届けるための役目を果たす • 2012年1月末から、公式サイトにイベント登録が開始される• 制作/運営について • 2009年は、日本でHTML制作 • 2012年は、Oracle CMSで管理• 利点 • グローバルコンテンツを活用可能 • Globalの変更(Brandingの観点)に素早く準拠可能 • サイト公開までの時間が短縮 • サイト作成コストの削減 • プロモーション(誘導)に予算を割くことが可能に Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved.
  9. 9. Oracle OpenWorld 2012 Tokyoに向けた情報発信①Official Page ②Social Media 公式サイトからの情報発信 Social Mediaを活用した情報発信 お客様に公式情報を届けるための役目 Facebook/Twitterと連携し、口コミ を果たす Mktgの効果を狙う Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved.
  10. 10. Social Mediaの活用に向けて (1/2)• 実行の理由/背景 • 通常プロモーションではリーチできていない層に対するア プローチ • 他のプロモーションでの成功(oracletech.jp) • 予算をかけない(マーケティング予算が発生しない)プロモ ーションの実施• 実施内容の明確化 • ターゲット:現場のエンジニア(20代~30代後半) • 2012年1月末のイベント登録開始前までに、「4/4にOW実 施」という認知獲得のためのアクティビティ • イベント登録開始の際に、コミュニケーションを行える素地 を作る Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved.
  11. 11. Social Mediaの活用に向けて (2/2)• 成功の測定(KPIの設定) • 4,000名の登録(~9月)• 情報発信の方向性 • オラクルおもしろいことするじゃん! • 同じ目線で、情報を発信していこう! Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved.
  12. 12. アプリの説明• アプリのコンセプト: • 2012年4月4日~6日に開催する「Oracle OpenWorld Tokyo 2012」イベントを盛り上げる ため、Candy&Co.の社員となってもらう。 • Facebook上で出社し、配属、異動、時々起こ るハプニングなどを乗り越え、出世を目指す。• インテンション • 求人(プロモーション)広告 • イベントの告知開始 • いいね • プロモーションのコンタクト先 • WALLへの書き込み • 一定の時期で盛り上げ(Wallが真っ赤に) Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved.
  13. 13. 社員アプリ利用イメージ1:入社時(初回の登録)アプリ利用を開始すると、まず社員証が発行されます。 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved.
  14. 14. 社員アプリ利用イメージ1:入社時(初回の登録)アプリ利用を開始すると、まず社員証が発行されます。 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved.
  15. 15. 社員アプリ利用イメージ2:日々の出社 パネルにタッチして出社 出社すると、毎回、部署 異動させられる。 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved.
  16. 16. 社員アプリ利用イメージ3:出社後のイメージ部署異動後に、5つのアクションが可能。 配属部署の履歴を確認 することが可能。 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved.
  17. 17. 社員アプリ利用イメージ4:ウォールへの表示 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved.
  18. 18. Oracle OpenWorld 2012 Tokyoに向けた情報発信①Official Page ②Social Media 公式サイトからの情報発信 Social Mediaを活用した情報発信 お客様に公式情報を届けるための役目 Facebook/Twitterと連携し、口コミ を果たす Mktgの効果を狙う Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved.
  19. 19. Lessons Learned• Social Media活用の目的の明確化 • 流行ってるからやってみようはNG • 何をするかを明確に• お客様とのインターアクションを積極的に実施 • Paint It Red、プレゼントキャンペーン • コメントに対する反応• FacebookとTwitterの特性の認識 • Twitterの140文字の制限 • ハッシュタグ • Facebookはインターフェースが同じ、Twitterはクライアントがばら ばら(画像の表示のされ方が違う) • コメントとRTの違い Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved.
  20. 20. http://www.oracle.co.jp/openworld/2012/index.html http://www.oracle.co.jp/javaone/2012/index.htmlhttp://www.facebook.com/OracleOpenWorldTokyo http://www.facebook.com/JavaOneTokyohttp://twitter.com/#!/openworldtokyo Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. http://twitter.com/#!/javaonetokyo
  21. 21. Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved.
  22. 22. Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 22

×