3年前の僕へ
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

Like this? Share it with your network

Share

3年前の僕へ

on

  • 35,119 views

DevLOVE現場甲子園2013にて、3年前の課題とそれに対する現在の気付きについて発表しました。

DevLOVE現場甲子園2013にて、3年前の課題とそれに対する現在の気付きについて発表しました。

Statistics

Views

Total Views
35,119
Views on SlideShare
34,184
Embed Views
935

Actions

Likes
143
Downloads
99
Comments
0

22 Embeds 935

http://blog.livedoor.jp 296
https://twitter.com 274
http://araratakeshi.blogspot.jp 139
http://gardentree.hatenablog.jp 113
http://raimusu.hateblo.jp 56
https://cybozulive.com 13
http://tweetedtimes.com 11
http://nuevospowerpoints.blogspot.com 7
http://rss.ameba.jp 6
http://araratakeshi.blogspot.com 5
http://nuevospowerpoints.blogspot.mx 3
http://webcache.googleusercontent.com 2
http://nuevospowerpoints.blogspot.com.es 1
http://www.feedspot.com 1
http://b.hatena.ne.jp 1
http://cloud.feedly.com 1
http://theoldreader.com 1
https://m.facebook.com&_=1384162980785 HTTP 1
https://m.facebook.com&_=1384157490491 HTTP 1
https://www.facebook.com 1
https://m.facebook.com&_=1384148622999 HTTP 1
https://m.facebook.com&_=1384157500790 HTTP 1
More...

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

3年前の僕へ Presentation Transcript

  • 1. DevLOVE現場甲子園2013
  • 2. 今日お話しする内容
  • 3. 働く環境の大きな変化で! 気づいた事がある
  • 4. 大きく変わった事
  • 5. 大きく変わった事 3年前 ベンチャー勤務 プログラマー 自社サービスの作成
  • 6. 大きく変わった事 3年前 現在 ベンチャー勤務 フリーランス プログラマー プログラマー兼CTO 自社サービスの作成 サービスの作成! コンサル、受託
  • 7. 企画・営業チーム 企画・営業 調整 自社サービス 開発・運営 開発チーム
  • 8. あの時の僕へ! 伝えたい事
  • 9. 3年前の僕へ @garden_tree
  • 10. 3つのテーマ 1. 創 技術で現場をリードする! 2. 団 プロセスと組織を変革する! 3. 守 チームを堅牢に護る [公開用追記]! 発表は、以下の4トラックで構成されていて、! 本発表は考トラックで行われました。! ・技術で現場をリードする創! ・プロセスと組織を変革する団! ・チームを堅牢に護る守! ・未知の世界を切り開く考
  • 11. 1.創! 技術で現場をリードする
  • 12. 3年前の僕
  • 13. 企画・営業チーム 企画・営業 調整 自社サービス 開発・運営 開発チーム
  • 14. システムイメージ
  • 15. システムイメージ アンバランスな構成
  • 16. システムイメージ アンバランスな構成 穴だらけ
  • 17. システムイメージ アンバランスな構成 穴だらけ 運用対策がされていない
  • 18. 3年前意識していた目標 • リリーススケジュールを守る! • サービスを安定稼働! • 運用の手間を減らす
  • 19. システムイメージ
  • 20. システムイメージ 変更に強くする為にバランスを整える
  • 21. システムイメージ 変更に強くする為にバランスを整える 安定稼働させる為に穴をうめる
  • 22. システムイメージ 変更に強くする為にバランスを整える 安定稼働させる為に穴をうめる 運用の為の機能を追加
  • 23. 目標を達成する為の手段 • アジャイル開発! • テスト駆動開発! • CI 等など・・・
  • 24. その結果
  • 25. 使われない機能が! 増えていく・・・
  • 26. なぜか?
  • 27. 当時のサービスは! ビジネスモデルを模索している! 最中だった
  • 28. ビジネスモデルを! 模索する為に! 仮説検証をするべきだった
  • 29. サービスの拡大
  • 30. サービスの拡大
  • 31. ピボット
  • 32. ピボット
  • 33. なぜ気づかなかったのか?
  • 34. 3年前意識していた目標 • サービスを安定稼働! • 運用の手間を減らす! • リリーススケジュール を守る
  • 35. 3年前意識していた目標 • サービスを安定稼働! • 運用の手間を減らす! • リリーススケジュール を守る 目標を履き違えていた
  • 36. ではあるべき目標は?
  • 37. ケント・ベックがあるセミナーで紹介した! NASAでのエピソード トイレで掃除をしている一人の男に、! 「あなたの仕事は何ですか?」と聞いた! 彼は答えた! 「私の仕事は人を月に運ぶことだ」
  • 38. 目標はビジネスの成功
  • 39. ビジネスに興味を持つ事から! スタート
  • 40. なぜ目標を履き違えたのか
  • 41. 3年前! ! 目標 手段 あるべき姿 サービスの安定稼働! スケジュールを守る! 運用コストの軽減 ビジネスの成功 アジャイル開発! テスト駆動開発! CI! 等など・・・ 仮説の検証! システム開発! 等など・・・
  • 42. 3年前! ! あるべき姿 システムを作る事が目標になっている 目標 手段 サービスの安定稼働! スケジュールを守る! 運用コストの軽減 アジャイル開発! テスト駆動開発! CI! 等など・・・ ビジネスの成功 仮説の検証! システム開発! 等など・・・
  • 43. 3年前! ! あるべき姿 システムを作る事が目標になっている 目標 サービスの安定稼働! スケジュールを守る! 運用コストの軽減 ビジネスの成功 あるべき目標 手段 アジャイル開発! テスト駆動開発! CI! 等など・・・ 仮説の検証! システム開発! 等など・・・
  • 44. 3年前! ! あるべき姿 システムを作る事が目標になっている 目標 サービスの安定稼働! スケジュールを守る! 運用コストの軽減 ビジネスの成功 あるべき目標 手段 アジャイル開発! テスト駆動開発! CI! 等など・・・ 仮説の検証! システム開発! 等など・・・ システム開発はビジネスを成功させる為の! 手段にすぎない
  • 45. まとめ
  • 46. システムを作る事を! 目標にすると! 使われないシステムになる
  • 47. 目標はビジネスの成功
  • 48. ! 現場はビジネスの中にある!
  • 49. 技術でビジネスを! リードしよう!
  • 50. 2.団! プロセスと組織を変革する
  • 51. 3年前の僕
  • 52. 企画・営業チーム 企画・営業 調整 自社サービス 開発・運営 開発チーム
  • 53. 当時イメージしてたプロセス
  • 54. プロセスのイメージ図 Aさん Bさん Cさん Dさん
  • 55. 当時の目標 工程α 工程β 工程γ 工程δ Aさん Bさん Cさん Dさん
  • 56. 当時の目標 工程α 工程β 工程γ 工程δ Aさん Bさん Cさん Dさん 1.各工程の質の向上
  • 57. 当時の目標 工程α 工程β 工程γ 工程δ Aさん Bさん Cさん Dさん 1.各工程の質の向上 2.各工程間の最適化
  • 58. 当時の目標 3.リードタイムの高速化 工程α 工程β 工程γ 工程δ Aさん Bさん Cさん Dさん 1.各工程の質の向上 2.各工程間の最適化
  • 59. その結果
  • 60. 成果が”想定範囲内”のものに なってしまった
  • 61. なぜか?
  • 62. 想定内の結果 Aさん Bさん Cさん A×B×C×D=Q! (1×1.2×0.8×1.1=1.056) Dさん
  • 63. 想定範囲を超えたものを! 作るには?
  • 64. 高速化より可能性
  • 65. 可能性の計算式 工程α 工程β 工程γ 工程δ (A+B+C+D)x(A+B+C+D)x(A+B+C+D)x(A+B+C+D)=Q (1.2+1+0.8+1.1)x(1.1+1.2+1+0.8)x(0.8+1.1+1.2+1)x(0.8+1.2+1+1.1)=282
  • 66. コラボレーション
  • 67. コレボレーションとは 共通の目標を触媒に! 特定の成果に対して! それぞれのやり方で貢献する
  • 68. コレボレーションとは 例えば、ビジネスの成功 共通の目標を触媒に! 特定の成果に対して! それぞれのやり方で貢献する
  • 69. なぜ気づかなかったのか?
  • 70. 組織のフロー
  • 71. 組織のフロー Aさん Bさん Cさん Dさん
  • 72. 組織のフロー 企画部 営業部 開発部 開発部 Aさん Bさん Cさん Dさん
  • 73. 当時イメージしていたプロセスは! 組織によって決められた! フローだった
  • 74. 当時イメージしていたプロセスは! 組織によって決められた! フローだった ものづくりのプロセスではない
  • 75. まとめ
  • 76. 組織のフローでは! 想定内ものしか作れない
  • 77. 目指すのは最適化より可能性
  • 78. コラボレーションは! 可能性のプロセス
  • 79. コラボレーションで! 変革を起こそう!
  • 80. 3.守! チームを堅牢に護る
  • 81. 3年前の僕
  • 82. 企画・営業チーム 企画・営業 調整 自社サービス 開発・運営 開発チーム
  • 83. プロジェクトを! メンバーに任せた
  • 84. 好きにやって良いよ ラジャー!
  • 85. その結果
  • 86. チームを壊しかけた...
  • 87. なぜか?
  • 88. 認識の違いがあった
  • 89. 好きにやって良いよ ラジャー!
  • 90. いつも通り成果 を期待 好きにやって良いよ ラジャー!
  • 91. 俺達のやり方 でいつもとは違う 最高の成果を! いつも通り成果 を期待 好きにやって良いよ ラジャー!
  • 92. 認識の違い 俺達のやり方 でいつもとは違う 最高の成果を! いつも通り成果 を期待 好きにやって良いよ ラジャー!
  • 93. そして、その事に! 気づいていなかった
  • 94. なぜ気づかなかったのか?
  • 95. 俺達のやり方 でいつもとは違う 最高の成果を! いつも通り成果 を期待 好きにやって良いよ ラジャー!
  • 96. 既存の文化 俺達のやり方 でいつもとは違う 最高の成果を! いつも通り成果 を期待 好きにやって良いよ ラジャー!
  • 97. 既存の文化 新しい文化 いつも通り成果 を期待 俺達のやり方 でいつもとは違う 最高の成果を! 好きにやって良いよ ラジャー!
  • 98. 文化(暗黙知)の違い 既存の文化 新しい文化 いつも通り成果 を期待 俺達のやり方 でいつもとは違う 最高の成果を! 好きにやって良いよ ラジャー!
  • 99. “いつも通り”だと! 思いこんでいた
  • 100. では文化の違いを埋めるには?
  • 101. 目標を共有し! 共に新しい文化を作る
  • 102. コラボレーション!
  • 103. まとめ
  • 104. 認識の違いがチームを壊す
  • 105. 認識は文化に依存する
  • 106. 文化はチームで作る
  • 107. 文化を育て! チームを堅牢に護る
  • 108. 総括
  • 109. 3年前の僕は何を見ていたのか?! ! 現在の僕は何を見ているのか?
  • 110. 3年前 現在 現場 システム開発 ビジネスの成功 プロセス 組織のフロー コラボレーション 護る 自分の文化 チームの文化
  • 111. 3年前 現在 システム開発 ビジネスの成功 プロセス 組織のフロー コラボレーション 護る 自分の文化 チームの文化 現場 目の前の業務
  • 112. 3年前 現場 プロセス 護る 現在 システム開発 ビジネスの成功 組織のフロー コラボレーション 自分の文化 チームの文化 目の前の業務 与えられた環境
  • 113. 3年前 現場 プロセス 護る 現在 システム開発 ビジネスの成功 組織のフロー コラボレーション 自分の文化 チームの文化 目の前の業務 与えられた環境 自分自身
  • 114. 目の前にあるたった1つの! ものしか見ていなかった
  • 115. 目の前にあるたった1つのもの! =! 閉じた世界
  • 116. 3年前 現在 現場 システム開発 ビジネスの成功 プロセス 組織のフロー コラボレーション 護る 自分の文化 チームの文化
  • 117. 3年前 現在 現場 システム開発 ビジネスの成功 プロセス 組織のフロー コラボレーション 護る 自分の文化 チームの文化 本当の目標
  • 118. 3年前 現在 現場 システム開発 ビジネスの成功 プロセス 組織のフロー 護る 自分の文化 本当の目標 コラボレーション 可能性の挑戦 チームの文化
  • 119. 3年前 現在 現場 システム開発 ビジネスの成功 プロセス 組織のフロー 護る 自分の文化 本当の目標 コラボレーション 可能性の挑戦 チームの文化 チーム
  • 120. 自ら見つけたもの
  • 121. 自ら見つけたもの! =! 開かれた世界
  • 122. 開かれた世界とは! 未知の世界
  • 123. 未知の世界へ
  • 124. 閉じられた世界! =! 地図
  • 125. つまり地図を見て歩いていた
  • 126. 地図を見ていては! 開かれた世界は見えない
  • 127. 地図からコンパスに! 持ちかえた
  • 128. 地図を捨てコンパスを頼りに進め! 伊藤穣一
  • 129. コンパスを持ち! 自身がより良いと思える方向へ
  • 130. より良い方向を見続けるのは疲れる・・・! 先が見えない・・・! 不安・・・! そもそもどこに行きたかったんだっけ?
  • 131. 地図よりもコンパスよりも! 以前に人類にあったもの
  • 132. 星
  • 133. 星とは?
  • 134. 自身の中にある絶対的なもの
  • 135. 体験
  • 136. 僕があの時あの場所で受けた! 体験は! 誰にも否定出来ない
  • 137. 暗闇の荒野を照らすような! 体験とは?
  • 138. 憧れ
  • 139. 自らが体験した憧れを! 目指し進む
  • 140. それが
  • 141. 憧れ駆動
  • 142. 3年前の僕に伝えたい! たった1つのこと
  • 143. 憧れ駆動で 未知の世界を切り開け!