SlideShare a Scribd company logo
3年前の僕へ
今日お話しする内容
働く環境の大きな変化で!
気づいた事がある
大きく変わった事
大きく変わった事
3年前

ベンチャー勤務

プログラマー

自社サービスの作成
大きく変わった事
3年前

現在

ベンチャー勤務

フリーランス

プログラマー

プログラマー兼CTO

自社サービスの作成

サービスの作成!
コンサル、受託
企画・営業チーム
企画・営業
調整

自社サービス
開発・運営

開発チーム
あの時の僕へ!
伝えたい事
気づき != 新しい解決策
当時の状況と課題!
と!
既知の解決策!
の!
結びつき
気づき = 結びつき
3年前の僕へ!
a piece of cake

@garden_tree
3つのテーマ
1. 創 技術で現場をリードする!
2. 団 プロセスと組織を変革する!
3. 守 チームを堅牢に護る
[公開用追記]!
発表は、以下の4トラックで構成されていて、!
本発表は考トラックで行われました。!
・技術で現場をリードする創!

・プロセスと組織を変革する団!
・チームを堅牢に護る守!

・未知の世界を切り開く考
1.創!

技術で現場をリードする
3年前の僕
企画・営業チーム
企画・営業
調整

自社サービス
開発・運営

開発チーム
システムイメージ
システムイメージ
アンバランスな構成
システムイメージ
アンバランスな構成
穴だらけ
システムイメージ
アンバランスな構成
穴だらけ

運用対策がされていない
3年前意識していた目標
• リリーススケジュールを守る!
• サービスを安定稼働させる!
• 運用の手間を減らす
システムイメージ
システムイメージ

変更に強くする為にバランスを整える
システムイメージ

変更に強くする為にバランスを整える

安定稼働させる為に穴をうめる
システムイメージ

変更に強くする為にバランスを整える

安定稼働させる為に穴をうめる

運用の為の機能を追加
目標を達成する為の手段
• アジャイル開発!
• テスト駆動開発!
• CI

等など・・・
その結果
使われない機能が!
増えていく・・・
なぜか?
当時のサービスは!

ビジネスモデルを模索している!
最中だった
ビジネスモデルを!
模索する為に!

仮説検証をするべきだった
サービスの拡大
サービスの拡大
ピボット
ピボット
なぜ気づかなかったのか?
3年前意識していた目標
• サービスを安定稼働!
• 運用の手間を減らす!
• リリーススケジュール

を守る
3年前意識していた目標
• サービスを安定稼働!
• 運用の手間を減らす!
• リリーススケジュール

を守る

目標を履き違えていた
ではあるべき目標は?
ケント・ベックがあるセミナーで紹介した!
NASAでのエピソード
トイレで掃除をしている一人の男に、!
「あなたの仕事は何ですか?」と聞いた!
彼は答えた!
「私の仕事は人を月に運ぶことだ」
目標はビジネスの成功
ビジネスに興味を持つ事から!
スタート
なぜ目標を履き違えたのか
3年前!
!

目標

手段

あるべき姿

サービスの安定稼働!
スケジュールを守る!
運用コストの軽減

ビジネスの成功

アジャイル開発!
テスト駆動開発!
CI!
等など・・・

仮説の検証!
システム開発!
等など・・・
3年前!
!

あるべき姿

システムを作る事が目標になっている
目標

手段

サービスの安定稼働!
スケジュールを守る!
運用コストの軽減

アジャイル開発!
テスト駆動開発!
CI!
等など・・・

ビジネスの成功

仮説の検証!
システム開発!
等など・・・
3年前!
!

あるべき姿

システムを作る事が目標になっている
目標

サービスの安定稼働!
スケジュールを守る!
運用コストの軽減

ビジネスの成功

あるべき目標

手段

アジャイル開発!
テスト駆動開発!
CI!
等など・・・

仮説の検証!
システム開発!
等など・・・
3年前!
!

あるべき姿

システムを作る事が目標になっている
目標

サービスの安定稼働!
スケジュールを守る!
運用コストの軽減

ビジネスの成功

あるべき目標

手段

アジャイル開発!
テスト駆動開発!
CI!
等など・・・

仮説の検証!
システム開発!
等など・・・

システム開発はビジネスを成功させる為の!
手段にすぎない
まとめ
システムを作る事を!
目標にすると!

使われないシステムになる
目標はビジネスの成功
!

現場はビジネスの中にある!
技術でビジネスを!
リードしよう!
補足
ビジネスという言葉の変化
当時の認識

経営

営業

開発
当時の認識
ビジネス側

経営

営業

ビジネス

開発側

開発
既知の解決策
∼アジャイルサムライ 第6章 より∼
ケーキで例えた当時の認識
経営
営業
開発
ケーキで例えた当時の認識
経営
営業
開発

ビジネス側
開発側
ケーキを食べるときにスポンジだけ食べたいと思う
人はあまりいないだろう。!
お客さんだって同じだ。解決策を土台から3分の1と
か半分だけ渡されたって嬉しくなんかない。!
(略)!
アーキテクチャのすべてのレイヤを貫いて、お客さ
んにとって価値のある成果を届けるようにするんだ。
∼アジャイルサムライ 第6章 より∼
経営
営業
開発
アーキテクチャのすべてのレイヤを貫いて
経営
営業

ビジネス

開発
お客さんに価値のある成果を届ける
アーキテクチャのすべてのレイヤを貫いて!
お客さんに価値のある成果を届ける!
=!
ビジネス
2.団!

プロセスと組織を変革する
3年前の僕
企画・営業チーム
企画・営業
調整

自社サービス
開発・運営

開発チーム
当時イメージしてたプロセス
プロセスのイメージ図

Aさん

Bさん

Cさん

Dさん
当時の目標
工程α

工程β

工程γ

工程δ

Aさん

Bさん

Cさん

Dさん
当時の目標
工程α

工程β

工程γ

工程δ

Aさん

Bさん

Cさん

Dさん

1.各工程の質の向上
当時の目標
工程α

工程β

工程γ

工程δ

Aさん

Bさん

Cさん

Dさん

1.各工程の質の向上

2.各工程間の最適化
当時の目標
3.リードタイムの高速化
工程α

工程β

工程γ

工程δ

Aさん

Bさん

Cさん

Dさん

1.各工程の質の向上

2.各工程間の最適化
その結果
成果が”想定範囲内”のものに
なってしまった
なぜか?
想定内の結果

Aさん

Bさん

Cさん

A×B×C×D=Q!
(1×1.2×0.8×1.1=1.056)

Dさん
想定範囲を超えたものを!
作るには?
高速化より可能性
可能性の計算式
工程α

工程β

工程γ

工程δ

(A+B+C+D)x(A+B+C+D)x(A+B+C+D)x(A+B+C+D)=Q
(1.2+1+0.8+1.1)x(1.1+1.2+1+0.8)x(0.8+1.1+1.2+1)x(0.8+1.2+1+1.1)=282
コラボレーション
コレボレーションとは
共通の目標を触媒に!
特定の成果に対して!
それぞれのやり方で貢献する
コレボレーションとは
例えば、ビジネスの成功

共通の目標を触媒に!
特定の成果に対して!
それぞれのやり方で貢献する
なぜ気づかなかったのか?
組織のフロー
組織のフロー

Aさん

Bさん

Cさん

Dさん
組織のフロー
企画部

営業部

開発部

開発部

Aさん

Bさん

Cさん

Dさん
当時イメージしていたプロセスは!
組織によって決められた!
フローだった
当時イメージしていたプロセスは!
組織によって決められた!
フローだった

ものづくりのプロセスではない
まとめ
組織のフローでは!
想定内ものしか作れない
目指すのは最適化より可能性
コラボレーションは!
可能性のプロセス
コラボレーションで!
変革を起こそう!
補足
コラボレーションの一例
チョコレート職人 チ
クリーム職人
スポンジ職人

ク
サイコーの!

チョコレート

チ

サイコーの!
クリーム

ク

サイコーの!
スポンジ

サイコーの!
ケーキ(?)
サイコーの!

チョコレート

チ
作る
クリームと!

スポンジに!

合うチョコレート

チ
作る
クリームと!

スポンジに!

合うチョコレート

チ
作る

ク
味見

味見
クリームと!

スポンジに!

合うチョコレート

チ
作る

ク
味見

味見
クリームと!
スポンジに!
合うチョコレート

チョコレートと!
スポンジに!
合うクリーム

チ

ク

作る

作る

ク

味見

チ

味見

チョコレートと!
クリームに!
合うスポンジ

チ

作る
味見

調和のとれた!
美味しい!
ケーキ!

ク
3.守!

チームを堅牢に護る
3年前の僕
企画・営業チーム
企画・営業
調整

自社サービス
開発・運営

開発チーム
プロジェクトを!
メンバーに任せた
好きにやって良いよ
ラジャー!
その結果
チームを壊しかけた...
なぜか?
認識の違いがあった
好きにやって良いよ
ラジャー!
いつも通り成果
を期待

好きにやって良いよ
ラジャー!
俺達のやり方
でいつもとは違う
最高の成果を!

いつも通り成果
を期待

好きにやって良いよ
ラジャー!
認識の違い
俺達のやり方
でいつもとは違う
最高の成果を!

いつも通り成果
を期待

好きにやって良いよ
ラジャー!
そして、その事に!
気づいていなかった
なぜ気づかなかったのか?
俺達のやり方
でいつもとは違う
最高の成果を!

いつも通り成果
を期待

好きにやって良いよ
ラジャー!
既存の文化
俺達のやり方
でいつもとは違う
最高の成果を!

いつも通り成果
を期待

好きにやって良いよ
ラジャー!
既存の文化

新しい文化

いつも通り成果
を期待

俺達のやり方
でいつもとは違う
最高の成果を!
好きにやって良いよ
ラジャー!
文化(暗黙知)の違い
既存の文化

新しい文化

いつも通り成果
を期待

俺達のやり方
でいつもとは違う
最高の成果を!
好きにやって良いよ
ラジャー!
“いつも通り”だと!
思いこんでいた
では文化の違いを埋めるには?
目標を共有し!
共に新しい文化を作る
コラボレーション!
まとめ
認識の違いがチームを壊す
認識は文化に依存する
文化はチームで作る
文化を育て!
チームを堅牢に護る
補足
共に作る新しい文化の例
美味しいケーキ?

美味しいケーキ作ろう!
作ろう!
美味しいケーキ?

美味しいケーキ作ろう!
作ろう!
美味しいケーキ?

クリームとスポンジの!
ケーキが食べたい
イチゴの!

ケーキが食べたい
美味しいケーキ?

クリームとスポンジの!
ケーキが食べたい
イチゴの!

ケーキが食べたい
2人で作ったケーキ!
=!
共に作った新しい文化
総括
3年前の僕は何を見ていたのか?!
!

現在の僕は何を見ているのか?
3年前

現在

現場

システム開発

ビジネスの成功

プロセス

組織のフロー

コラボレーション

護る

自分の文化

チームの文化
3年前

現在

システム開発

ビジネスの成功

プロセス

組織のフロー

コラボレーション

護る

自分の文化

チームの文化

現場

目の前の業務
3年前

現場

プロセス

護る

現在

システム開発

ビジネスの成功

組織のフロー

コラボレーション

自分の文化

チームの文化

目の前の業務
与えられた環境
3年前

現場

プロセス

護る

現在

システム開発

ビジネスの成功

組織のフロー

コラボレーション

自分の文化

チームの文化

目の前の業務
与えられた環境
自分自身
目の前にあるたった1つの!
ものしか見ていなかった
目の前にあるたった1つのもの!
=!

閉じた世界
3年前

現在

現場

システム開発

ビジネスの成功

プロセス

組織のフロー

コラボレーション

護る

自分の文化

チームの文化
3年前

現在

現場

システム開発

ビジネスの成功

プロセス

組織のフロー

コラボレーション

護る

自分の文化

チームの文化

本当の目標
3年前

現在

現場

システム開発

ビジネスの成功

プロセス

組織のフロー

護る

自分の文化

本当の目標

コラボレーション

可能性の挑戦
チームの文化
3年前

現在

現場

システム開発

ビジネスの成功

プロセス

組織のフロー

護る

自分の文化

本当の目標

コラボレーション

可能性の挑戦
チームの文化

チーム
自ら見つけたもの
自ら見つけたもの!
=!
開かれた世界
開かれた世界とは!
未知の世界
未知の世界へ
閉じられた世界!
=!

地図
つまり地図を見て歩いていた
地図を見ていては!
開かれた世界は見えない
地図からコンパスに!
持ちかえた
地図を捨てコンパスを頼りに進め!
伊藤穣一
コンパスを持ち!
自身がより良いと思える方向へ
でも・・・
より良い方向を見続けるのは疲れる・・・!
先が見えない・・・!
不安・・・!
そもそもどこに行きたかったんだっけ?
地図よりもコンパスよりも!
以前に人類にあったもの
星
星とは?
自身の中にある絶対的なもの
体験
僕があの時あの場所で受けた!
体験は!

誰にも否定出来ない
暗闇の荒野を照らすような!
体験とは?
憧れ
自らが体験した憧れを!
目指し進む
それが
憧れ駆動
3年前の僕に伝えたい!
たった1つのこと
憧れ駆動で
未知の世界を切り開け!

More Related Content

What's hot

人事×Agileの意気込みを語る 京アジャlt
人事×Agileの意気込みを語る 京アジャlt人事×Agileの意気込みを語る 京アジャlt
人事×Agileの意気込みを語る 京アジャlt
KazuhiroNiwaya
 
良いルール・悪いルール
良いルール・悪いルール良いルール・悪いルール
良いルール・悪いルール
Haruo Sato
 
withコロナでのアジャイルウェアの挑戦
withコロナでのアジャイルウェアの挑戦withコロナでのアジャイルウェアの挑戦
withコロナでのアジャイルウェアの挑戦
agileware_jp
 
Essence position talk by hiranabe
Essence position talk by hiranabeEssence position talk by hiranabe
Essence position talk by hiranabe
Kenji Hiranabe
 
Agile Tech EXPO - New Normal Agile Episode 1 - Akihiro Yamamoto
Agile Tech EXPO - New Normal Agile Episode 1 - Akihiro YamamotoAgile Tech EXPO - New Normal Agile Episode 1 - Akihiro Yamamoto
Agile Tech EXPO - New Normal Agile Episode 1 - Akihiro Yamamoto
Akihiro Yamamoto
 
テレワーカーな開発チームでのオンボーディング
テレワーカーな開発チームでのオンボーディングテレワーカーな開発チームでのオンボーディング
テレワーカーな開発チームでのオンボーディング
Satoshi Yoshinaga
 
自律的なチームを作るために —組織心理学・臨床心理学の応用—
自律的なチームを作るために —組織心理学・臨床心理学の応用—自律的なチームを作るために —組織心理学・臨床心理学の応用—
自律的なチームを作るために —組織心理学・臨床心理学の応用—
MILI-LLC
 
大企業でアジャイル開発を推進できる条件とその心構え
大企業でアジャイル開発を推進できる条件とその心構え大企業でアジャイル開発を推進できる条件とその心構え
大企業でアジャイル開発を推進できる条件とその心構え
LIFULL Co., Ltd.
 
Modeling in the Agile Age and casual astah models
Modeling in the Agile Age and casual astah modelsModeling in the Agile Age and casual astah models
Modeling in the Agile Age and casual astah models
Kenji Hiranabe
 
エンジニアからプロダクトマネージャーへ
エンジニアからプロダクトマネージャーへエンジニアからプロダクトマネージャーへ
エンジニアからプロダクトマネージャーへ
SmartNews, Inc.
 
Agile Scrum at Knowledge Forum 2020
Agile Scrum at Knowledge Forum 2020Agile Scrum at Knowledge Forum 2020
Agile Scrum at Knowledge Forum 2020
Kenji Hiranabe
 
アジャイル開発をよりアジャイルに
アジャイル開発をよりアジャイルにアジャイル開発をよりアジャイルに
アジャイル開発をよりアジャイルに
ESM SEC
 
Agile Ba with Covid
Agile Ba with CovidAgile Ba with Covid
Agile Ba with Covid
Kenji Hiranabe
 
「失敗事例から学ぶアジャイル開発」研修の紹介
「失敗事例から学ぶアジャイル開発」研修の紹介「失敗事例から学ぶアジャイル開発」研修の紹介
「失敗事例から学ぶアジャイル開発」研修の紹介
ESM SEC
 
チームをワークさせるために 最も大事なコミュニケーション 意識していますか? - XP祭り2017
チームをワークさせるために 最も大事なコミュニケーション 意識していますか? - XP祭り2017チームをワークさせるために 最も大事なコミュニケーション 意識していますか? - XP祭り2017
チームをワークさせるために 最も大事なコミュニケーション 意識していますか? - XP祭り2017
Koichi Yoshida
 
ただのエンジニアチームの改善を謀ったら。。。
ただのエンジニアチームの改善を謀ったら。。。ただのエンジニアチームの改善を謀ったら。。。
ただのエンジニアチームの改善を謀ったら。。。
Shoko Kayano
 
価値ある製品を生み出すためのアジャイル実践ポイント
価値ある製品を生み出すためのアジャイル実践ポイント価値ある製品を生み出すためのアジャイル実践ポイント
価値ある製品を生み出すためのアジャイル実践ポイント
Naoya Maekawa
 
エンジニアが起業するとき気を付けること
エンジニアが起業するとき気を付けることエンジニアが起業するとき気を付けること
エンジニアが起業するとき気を付けること
晋 奥山
 
ITLeader 2nd nabepan
ITLeader 2nd nabepanITLeader 2nd nabepan
ITLeader 2nd nabepan
Panda nabe
 
週刊Webサイトのアーキテクチャ
週刊Webサイトのアーキテクチャ週刊Webサイトのアーキテクチャ
週刊Webサイトのアーキテクチャ
Yoshitaka Kawashima
 

What's hot (20)

人事×Agileの意気込みを語る 京アジャlt
人事×Agileの意気込みを語る 京アジャlt人事×Agileの意気込みを語る 京アジャlt
人事×Agileの意気込みを語る 京アジャlt
 
良いルール・悪いルール
良いルール・悪いルール良いルール・悪いルール
良いルール・悪いルール
 
withコロナでのアジャイルウェアの挑戦
withコロナでのアジャイルウェアの挑戦withコロナでのアジャイルウェアの挑戦
withコロナでのアジャイルウェアの挑戦
 
Essence position talk by hiranabe
Essence position talk by hiranabeEssence position talk by hiranabe
Essence position talk by hiranabe
 
Agile Tech EXPO - New Normal Agile Episode 1 - Akihiro Yamamoto
Agile Tech EXPO - New Normal Agile Episode 1 - Akihiro YamamotoAgile Tech EXPO - New Normal Agile Episode 1 - Akihiro Yamamoto
Agile Tech EXPO - New Normal Agile Episode 1 - Akihiro Yamamoto
 
テレワーカーな開発チームでのオンボーディング
テレワーカーな開発チームでのオンボーディングテレワーカーな開発チームでのオンボーディング
テレワーカーな開発チームでのオンボーディング
 
自律的なチームを作るために —組織心理学・臨床心理学の応用—
自律的なチームを作るために —組織心理学・臨床心理学の応用—自律的なチームを作るために —組織心理学・臨床心理学の応用—
自律的なチームを作るために —組織心理学・臨床心理学の応用—
 
大企業でアジャイル開発を推進できる条件とその心構え
大企業でアジャイル開発を推進できる条件とその心構え大企業でアジャイル開発を推進できる条件とその心構え
大企業でアジャイル開発を推進できる条件とその心構え
 
Modeling in the Agile Age and casual astah models
Modeling in the Agile Age and casual astah modelsModeling in the Agile Age and casual astah models
Modeling in the Agile Age and casual astah models
 
エンジニアからプロダクトマネージャーへ
エンジニアからプロダクトマネージャーへエンジニアからプロダクトマネージャーへ
エンジニアからプロダクトマネージャーへ
 
Agile Scrum at Knowledge Forum 2020
Agile Scrum at Knowledge Forum 2020Agile Scrum at Knowledge Forum 2020
Agile Scrum at Knowledge Forum 2020
 
アジャイル開発をよりアジャイルに
アジャイル開発をよりアジャイルにアジャイル開発をよりアジャイルに
アジャイル開発をよりアジャイルに
 
Agile Ba with Covid
Agile Ba with CovidAgile Ba with Covid
Agile Ba with Covid
 
「失敗事例から学ぶアジャイル開発」研修の紹介
「失敗事例から学ぶアジャイル開発」研修の紹介「失敗事例から学ぶアジャイル開発」研修の紹介
「失敗事例から学ぶアジャイル開発」研修の紹介
 
チームをワークさせるために 最も大事なコミュニケーション 意識していますか? - XP祭り2017
チームをワークさせるために 最も大事なコミュニケーション 意識していますか? - XP祭り2017チームをワークさせるために 最も大事なコミュニケーション 意識していますか? - XP祭り2017
チームをワークさせるために 最も大事なコミュニケーション 意識していますか? - XP祭り2017
 
ただのエンジニアチームの改善を謀ったら。。。
ただのエンジニアチームの改善を謀ったら。。。ただのエンジニアチームの改善を謀ったら。。。
ただのエンジニアチームの改善を謀ったら。。。
 
価値ある製品を生み出すためのアジャイル実践ポイント
価値ある製品を生み出すためのアジャイル実践ポイント価値ある製品を生み出すためのアジャイル実践ポイント
価値ある製品を生み出すためのアジャイル実践ポイント
 
エンジニアが起業するとき気を付けること
エンジニアが起業するとき気を付けることエンジニアが起業するとき気を付けること
エンジニアが起業するとき気を付けること
 
ITLeader 2nd nabepan
ITLeader 2nd nabepanITLeader 2nd nabepan
ITLeader 2nd nabepan
 
週刊Webサイトのアーキテクチャ
週刊Webサイトのアーキテクチャ週刊Webサイトのアーキテクチャ
週刊Webサイトのアーキテクチャ
 

Similar to 3年前の僕へ-a piece of cake-

2019年12月16日開催「DevOpsの実践 - Terraform EnterpriseとBitbucketで実現するCI/CD」セッション1「Dev...
2019年12月16日開催「DevOpsの実践 - Terraform EnterpriseとBitbucketで実現するCI/CD」セッション1「Dev...2019年12月16日開催「DevOpsの実践 - Terraform EnterpriseとBitbucketで実現するCI/CD」セッション1「Dev...
2019年12月16日開催「DevOpsの実践 - Terraform EnterpriseとBitbucketで実現するCI/CD」セッション1「Dev...
アトラシアン株式会社
 
超高速開発の基礎概念 20141119 0
超高速開発の基礎概念 20141119 0超高速開発の基礎概念 20141119 0
超高速開発の基礎概念 20141119 0
正善 大島
 
【在宅OK・言語自由】企画からコーティングをやりたいリードエンジニア募集!
【在宅OK・言語自由】企画からコーティングをやりたいリードエンジニア募集!【在宅OK・言語自由】企画からコーティングをやりたいリードエンジニア募集!
【在宅OK・言語自由】企画からコーティングをやりたいリードエンジニア募集!
APCommunications-recruit
 
虎の穴ラボ TechDay#3 フルリモート率100%!リモートワークを可能にするマネージメント
虎の穴ラボ TechDay#3 フルリモート率100%!リモートワークを可能にするマネージメント 虎の穴ラボ TechDay#3 フルリモート率100%!リモートワークを可能にするマネージメント
虎の穴ラボ TechDay#3 フルリモート率100%!リモートワークを可能にするマネージメント
虎の穴 開発室
 
関西バランス・スコアカード研究会 資料
関西バランス・スコアカード研究会 資料関西バランス・スコアカード研究会 資料
関西バランス・スコアカード研究会 資料
関西 バランス・スコアカード研究会
 
開発者からサポートエンジニアにジョブチェンジした話
開発者からサポートエンジニアにジョブチェンジした話開発者からサポートエンジニアにジョブチェンジした話
開発者からサポートエンジニアにジョブチェンジした話
Ito Takayuki
 
アジャイルマネジメントとは?
アジャイルマネジメントとは?アジャイルマネジメントとは?
アジャイルマネジメントとは?
Kiro Harada
 
ふりかえりワークショップ@オープンラボ備後
ふりかえりワークショップ@オープンラボ備後ふりかえりワークショップ@オープンラボ備後
ふりかえりワークショップ@オープンラボ備後
Shinsuke Abe
 
【日商USA】webinar 2022.6.30 世界最大級のテックカンファレンス Collision 2022 フィードバックセミナー
【日商USA】webinar 2022.6.30 世界最大級のテックカンファレンスCollision 2022 フィードバックセミナー【日商USA】webinar 2022.6.30 世界最大級のテックカンファレンスCollision 2022 フィードバックセミナー
【日商USA】webinar 2022.6.30 世界最大級のテックカンファレンス Collision 2022 フィードバックセミナー
NISSHO USA
 
JPC2018[E3]NoOps で進める! Microsoft 365 提案のポイント
JPC2018[E3]NoOps で進める! Microsoft 365 提案のポイントJPC2018[E3]NoOps で進める! Microsoft 365 提案のポイント
JPC2018[E3]NoOps で進める! Microsoft 365 提案のポイント
MPN Japan
 
ジンジニアが話す理想の人事とエンジニアの協力体制
ジンジニアが話す理想の人事とエンジニアの協力体制ジンジニアが話す理想の人事とエンジニアの協力体制
ジンジニアが話す理想の人事とエンジニアの協力体制
LIFULL Co., Ltd.
 
株式会社リブセンス会社説明資料(転職エージェント企業様向け)
株式会社リブセンス会社説明資料(転職エージェント企業様向け)株式会社リブセンス会社説明資料(転職エージェント企業様向け)
株式会社リブセンス会社説明資料(転職エージェント企業様向け)
Taku Unno
 
【19-D-2】今更聞けない!?インフラ選定のケーススタディ「ベアメタルクラウド」を活用した最適な環境構築をするためのポイントはなんだ!?
【19-D-2】今更聞けない!?インフラ選定のケーススタディ「ベアメタルクラウド」を活用した最適な環境構築をするためのポイントはなんだ!?【19-D-2】今更聞けない!?インフラ選定のケーススタディ「ベアメタルクラウド」を活用した最適な環境構築をするためのポイントはなんだ!?
【19-D-2】今更聞けない!?インフラ選定のケーススタディ「ベアメタルクラウド」を活用した最適な環境構築をするためのポイントはなんだ!?
Developers Summit
 
ワークスタイルを変革する情報基盤 [ITpro EXPO A651]
ワークスタイルを変革する情報基盤 [ITpro EXPO A651]ワークスタイルを変革する情報基盤 [ITpro EXPO A651]
ワークスタイルを変革する情報基盤 [ITpro EXPO A651]
智治 長沢
 
NTTデータにおけるScrumの組織的導入
NTTデータにおけるScrumの組織的導入NTTデータにおけるScrumの組織的導入
NTTデータにおけるScrumの組織的導入
shibao800
 
ビープラウドの紹介と渋谷区千駄ヶ谷5-32-7に漂着するまでの道のり
ビープラウドの紹介と渋谷区千駄ヶ谷5-32-7に漂着するまでの道のりビープラウドの紹介と渋谷区千駄ヶ谷5-32-7に漂着するまでの道のり
ビープラウドの紹介と渋谷区千駄ヶ谷5-32-7に漂着するまでの道のり
Haruo Sato
 
20231019 Notion Labs Japan × エルボーズ コラボ勉強会
20231019 Notion Labs Japan × エルボーズ コラボ勉強会20231019 Notion Labs Japan × エルボーズ コラボ勉強会
20231019 Notion Labs Japan × エルボーズ コラボ勉強会
makototsubakihara
 
イケてない開発チームがイケてる開発を始めようとする軌跡
イケてない開発チームがイケてる開発を始めようとする軌跡イケてない開発チームがイケてる開発を始めようとする軌跡
イケてない開発チームがイケてる開発を始めようとする軌跡
NTT Communications Technology Development
 
5年しかもたない最高のシステムとの向き合い方
5年しかもたない最高のシステムとの向き合い方5年しかもたない最高のシステムとの向き合い方
5年しかもたない最高のシステムとの向き合い方
Jumpei iwamura
 

Similar to 3年前の僕へ-a piece of cake- (20)

2019年12月16日開催「DevOpsの実践 - Terraform EnterpriseとBitbucketで実現するCI/CD」セッション1「Dev...
2019年12月16日開催「DevOpsの実践 - Terraform EnterpriseとBitbucketで実現するCI/CD」セッション1「Dev...2019年12月16日開催「DevOpsの実践 - Terraform EnterpriseとBitbucketで実現するCI/CD」セッション1「Dev...
2019年12月16日開催「DevOpsの実践 - Terraform EnterpriseとBitbucketで実現するCI/CD」セッション1「Dev...
 
超高速開発の基礎概念 20141119 0
超高速開発の基礎概念 20141119 0超高速開発の基礎概念 20141119 0
超高速開発の基礎概念 20141119 0
 
【在宅OK・言語自由】企画からコーティングをやりたいリードエンジニア募集!
【在宅OK・言語自由】企画からコーティングをやりたいリードエンジニア募集!【在宅OK・言語自由】企画からコーティングをやりたいリードエンジニア募集!
【在宅OK・言語自由】企画からコーティングをやりたいリードエンジニア募集!
 
虎の穴ラボ TechDay#3 フルリモート率100%!リモートワークを可能にするマネージメント
虎の穴ラボ TechDay#3 フルリモート率100%!リモートワークを可能にするマネージメント 虎の穴ラボ TechDay#3 フルリモート率100%!リモートワークを可能にするマネージメント
虎の穴ラボ TechDay#3 フルリモート率100%!リモートワークを可能にするマネージメント
 
関西バランス・スコアカード研究会 資料
関西バランス・スコアカード研究会 資料関西バランス・スコアカード研究会 資料
関西バランス・スコアカード研究会 資料
 
開発者からサポートエンジニアにジョブチェンジした話
開発者からサポートエンジニアにジョブチェンジした話開発者からサポートエンジニアにジョブチェンジした話
開発者からサポートエンジニアにジョブチェンジした話
 
アジャイルマネジメントとは?
アジャイルマネジメントとは?アジャイルマネジメントとは?
アジャイルマネジメントとは?
 
ふりかえりワークショップ@オープンラボ備後
ふりかえりワークショップ@オープンラボ備後ふりかえりワークショップ@オープンラボ備後
ふりかえりワークショップ@オープンラボ備後
 
【日商USA】webinar 2022.6.30 世界最大級のテックカンファレンス Collision 2022 フィードバックセミナー
【日商USA】webinar 2022.6.30 世界最大級のテックカンファレンスCollision 2022 フィードバックセミナー【日商USA】webinar 2022.6.30 世界最大級のテックカンファレンスCollision 2022 フィードバックセミナー
【日商USA】webinar 2022.6.30 世界最大級のテックカンファレンス Collision 2022 フィードバックセミナー
 
JPC2018[E3]NoOps で進める! Microsoft 365 提案のポイント
JPC2018[E3]NoOps で進める! Microsoft 365 提案のポイントJPC2018[E3]NoOps で進める! Microsoft 365 提案のポイント
JPC2018[E3]NoOps で進める! Microsoft 365 提案のポイント
 
ジンジニアが話す理想の人事とエンジニアの協力体制
ジンジニアが話す理想の人事とエンジニアの協力体制ジンジニアが話す理想の人事とエンジニアの協力体制
ジンジニアが話す理想の人事とエンジニアの協力体制
 
開発とテストが一体となったソフトウェア開発
開発とテストが一体となったソフトウェア開発開発とテストが一体となったソフトウェア開発
開発とテストが一体となったソフトウェア開発
 
株式会社リブセンス会社説明資料(転職エージェント企業様向け)
株式会社リブセンス会社説明資料(転職エージェント企業様向け)株式会社リブセンス会社説明資料(転職エージェント企業様向け)
株式会社リブセンス会社説明資料(転職エージェント企業様向け)
 
【19-D-2】今更聞けない!?インフラ選定のケーススタディ「ベアメタルクラウド」を活用した最適な環境構築をするためのポイントはなんだ!?
【19-D-2】今更聞けない!?インフラ選定のケーススタディ「ベアメタルクラウド」を活用した最適な環境構築をするためのポイントはなんだ!?【19-D-2】今更聞けない!?インフラ選定のケーススタディ「ベアメタルクラウド」を活用した最適な環境構築をするためのポイントはなんだ!?
【19-D-2】今更聞けない!?インフラ選定のケーススタディ「ベアメタルクラウド」を活用した最適な環境構築をするためのポイントはなんだ!?
 
ワークスタイルを変革する情報基盤 [ITpro EXPO A651]
ワークスタイルを変革する情報基盤 [ITpro EXPO A651]ワークスタイルを変革する情報基盤 [ITpro EXPO A651]
ワークスタイルを変革する情報基盤 [ITpro EXPO A651]
 
NTTデータにおけるScrumの組織的導入
NTTデータにおけるScrumの組織的導入NTTデータにおけるScrumの組織的導入
NTTデータにおけるScrumの組織的導入
 
ビープラウドの紹介と渋谷区千駄ヶ谷5-32-7に漂着するまでの道のり
ビープラウドの紹介と渋谷区千駄ヶ谷5-32-7に漂着するまでの道のりビープラウドの紹介と渋谷区千駄ヶ谷5-32-7に漂着するまでの道のり
ビープラウドの紹介と渋谷区千駄ヶ谷5-32-7に漂着するまでの道のり
 
20231019 Notion Labs Japan × エルボーズ コラボ勉強会
20231019 Notion Labs Japan × エルボーズ コラボ勉強会20231019 Notion Labs Japan × エルボーズ コラボ勉強会
20231019 Notion Labs Japan × エルボーズ コラボ勉強会
 
イケてない開発チームがイケてる開発を始めようとする軌跡
イケてない開発チームがイケてる開発を始めようとする軌跡イケてない開発チームがイケてる開発を始めようとする軌跡
イケてない開発チームがイケてる開発を始めようとする軌跡
 
5年しかもたない最高のシステムとの向き合い方
5年しかもたない最高のシステムとの向き合い方5年しかもたない最高のシステムとの向き合い方
5年しかもたない最高のシステムとの向き合い方
 

Recently uploaded

【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models
【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models
【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models
Sony - Neural Network Libraries
 
「福利厚生をコストから投資へ」AIで社員1人ひとりに最適な支援を届ける 全く新しいカフェテリアプラン
「福利厚生をコストから投資へ」AIで社員1人ひとりに最適な支援を届ける 全く新しいカフェテリアプラン「福利厚生をコストから投資へ」AIで社員1人ひとりに最適な支援を届ける 全く新しいカフェテリアプラン
「福利厚生をコストから投資へ」AIで社員1人ひとりに最適な支援を届ける 全く新しいカフェテリアプラン
shogotaguchi
 
【GPT4-o越えのリアルタイム会話AI】kyutai labsのMoshiデモ動画を解説
【GPT4-o越えのリアルタイム会話AI】kyutai labsのMoshiデモ動画を解説【GPT4-o越えのリアルタイム会話AI】kyutai labsのMoshiデモ動画を解説
【GPT4-o越えのリアルタイム会話AI】kyutai labsのMoshiデモ動画を解説
TsuyoshiSaito7
 
MySQLの文字コードと照合順序について 2024/07/05の勉強会で発表されたものです。
MySQLの文字コードと照合順序について 2024/07/05の勉強会で発表されたものです。MySQLの文字コードと照合順序について 2024/07/05の勉強会で発表されたものです。
MySQLの文字コードと照合順序について 2024/07/05の勉強会で発表されたものです。
iPride Co., Ltd.
 
「スマートエスイー」におけるスマートシステム&サービスおよびDX推進人材の産学連携育成ならびに参照モデルに基づく育成プログラム分析
「スマートエスイー」におけるスマートシステム&サービスおよびDX推進人材の産学連携育成ならびに参照モデルに基づく育成プログラム分析「スマートエスイー」におけるスマートシステム&サービスおよびDX推進人材の産学連携育成ならびに参照モデルに基づく育成プログラム分析
「スマートエスイー」におけるスマートシステム&サービスおよびDX推進人材の産学連携育成ならびに参照モデルに基づく育成プログラム分析
Hironori Washizaki
 
"ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ...
"ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ..."ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ...
"ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ...
たけおか しょうぞう
 
論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...
論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...
論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...
Toru Tamaki
 
第61回CV勉強会「CVPR2024読み会」(前編)発表資料:State Space Models for Event Cameras
第61回CV勉強会「CVPR2024読み会」(前編)発表資料:State Space Models for Event Cameras第61回CV勉強会「CVPR2024読み会」(前編)発表資料:State Space Models for Event Cameras
第61回CV勉強会「CVPR2024読み会」(前編)発表資料:State Space Models for Event Cameras
Takuya Minagawa
 
Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)
Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)
Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)
Natsutani Minoru
 
MOSHI: 革新的な音声AI QAIが開発した次世代のコミュニケーションツール
MOSHI: 革新的な音声AI QAIが開発した次世代のコミュニケーションツールMOSHI: 革新的な音声AI QAIが開発した次世代のコミュニケーションツール
MOSHI: 革新的な音声AI QAIが開発した次世代のコミュニケーションツール
TsuyoshiSaito7
 
Matsuo-Iwasawa Lab. Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. Research unit IntroductionMatsuo-Iwasawa Lab. Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. Research unit Introduction
Matsuo Lab
 
Matsuo-Iwasawa lab. Research Unit Introduction
Matsuo-Iwasawa lab. Research Unit IntroductionMatsuo-Iwasawa lab. Research Unit Introduction
Matsuo-Iwasawa lab. Research Unit Introduction
Matsuo Lab
 
Matsuo-Iwasawa Lab. | Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. | Research unit IntroductionMatsuo-Iwasawa Lab. | Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. | Research unit Introduction
Matsuo Lab
 
Kyndryl Developer Services のご紹介 2024年7月
Kyndryl Developer Services のご紹介  2024年7月Kyndryl Developer Services のご紹介  2024年7月
Kyndryl Developer Services のご紹介 2024年7月
Takayuki Nakayama
 

Recently uploaded (14)

【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models
【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models
【AI論文解説】LLMの事前学習をvisionに適用する手法Autoregressive Image Models
 
「福利厚生をコストから投資へ」AIで社員1人ひとりに最適な支援を届ける 全く新しいカフェテリアプラン
「福利厚生をコストから投資へ」AIで社員1人ひとりに最適な支援を届ける 全く新しいカフェテリアプラン「福利厚生をコストから投資へ」AIで社員1人ひとりに最適な支援を届ける 全く新しいカフェテリアプラン
「福利厚生をコストから投資へ」AIで社員1人ひとりに最適な支援を届ける 全く新しいカフェテリアプラン
 
【GPT4-o越えのリアルタイム会話AI】kyutai labsのMoshiデモ動画を解説
【GPT4-o越えのリアルタイム会話AI】kyutai labsのMoshiデモ動画を解説【GPT4-o越えのリアルタイム会話AI】kyutai labsのMoshiデモ動画を解説
【GPT4-o越えのリアルタイム会話AI】kyutai labsのMoshiデモ動画を解説
 
MySQLの文字コードと照合順序について 2024/07/05の勉強会で発表されたものです。
MySQLの文字コードと照合順序について 2024/07/05の勉強会で発表されたものです。MySQLの文字コードと照合順序について 2024/07/05の勉強会で発表されたものです。
MySQLの文字コードと照合順序について 2024/07/05の勉強会で発表されたものです。
 
「スマートエスイー」におけるスマートシステム&サービスおよびDX推進人材の産学連携育成ならびに参照モデルに基づく育成プログラム分析
「スマートエスイー」におけるスマートシステム&サービスおよびDX推進人材の産学連携育成ならびに参照モデルに基づく育成プログラム分析「スマートエスイー」におけるスマートシステム&サービスおよびDX推進人材の産学連携育成ならびに参照モデルに基づく育成プログラム分析
「スマートエスイー」におけるスマートシステム&サービスおよびDX推進人材の産学連携育成ならびに参照モデルに基づく育成プログラム分析
 
"ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ...
"ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ..."ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ...
"ros2rapper", Hardware implimentation of ROS2 communication Protocol without ...
 
論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...
論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...
論文紹介:Task-aligned Part-aware Panoptic Segmentation through Joint Object-Part ...
 
第61回CV勉強会「CVPR2024読み会」(前編)発表資料:State Space Models for Event Cameras
第61回CV勉強会「CVPR2024読み会」(前編)発表資料:State Space Models for Event Cameras第61回CV勉強会「CVPR2024読み会」(前編)発表資料:State Space Models for Event Cameras
第61回CV勉強会「CVPR2024読み会」(前編)発表資料:State Space Models for Event Cameras
 
Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)
Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)
Imitation learning for robotics 勉強会資料(20240701)
 
MOSHI: 革新的な音声AI QAIが開発した次世代のコミュニケーションツール
MOSHI: 革新的な音声AI QAIが開発した次世代のコミュニケーションツールMOSHI: 革新的な音声AI QAIが開発した次世代のコミュニケーションツール
MOSHI: 革新的な音声AI QAIが開発した次世代のコミュニケーションツール
 
Matsuo-Iwasawa Lab. Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. Research unit IntroductionMatsuo-Iwasawa Lab. Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. Research unit Introduction
 
Matsuo-Iwasawa lab. Research Unit Introduction
Matsuo-Iwasawa lab. Research Unit IntroductionMatsuo-Iwasawa lab. Research Unit Introduction
Matsuo-Iwasawa lab. Research Unit Introduction
 
Matsuo-Iwasawa Lab. | Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. | Research unit IntroductionMatsuo-Iwasawa Lab. | Research unit Introduction
Matsuo-Iwasawa Lab. | Research unit Introduction
 
Kyndryl Developer Services のご紹介 2024年7月
Kyndryl Developer Services のご紹介  2024年7月Kyndryl Developer Services のご紹介  2024年7月
Kyndryl Developer Services のご紹介 2024年7月
 

3年前の僕へ-a piece of cake-