Facilitation
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

Facilitation

on

  • 1,126 views

 

Statistics

Views

Total Views
1,126
Views on SlideShare
877
Embed Views
249

Actions

Likes
0
Downloads
7
Comments
0

1 Embed 249

http://tatsunorihirota.net 249

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Microsoft PowerPoint

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

    Facilitation Facilitation Presentation Transcript

    • ファシリテーションスキルアップSs.
      Presented by TatsunoriHirota
    • アイスブレーキング
    • ファシリテーションとは?
      ×: 司会、仕切り、リーダー、チェアetc.
      ○: 議論円滑化の為のプロセス関与
    • 何故必要なのか?
      AIESEC活動効率化->Global Leader!!
      おまけ:就活無双
    • セッションゴール
      概要を知る
      独学出来るようになる
    • お願い: 質問&首振り
    • 場のデザイン

      議論を引き出す

      ファシリテーション4つのスキル
      論理的に構造化

      合意形成

    • ①場のデザイン
      マジックナンバー7±2
      ゴール&時間&プロセスを可視化して共有
      位置バランスをとる
      (発言量、意見、派閥、男女、エリア、国籍etc.)
      議論を可視化して共有
    • ホワイトボード&マーカー
      スケッチブック&4色ボールペン
      模造紙&付箋
      PC&プロジェクター
      議論を可視化して共有: ツール
      KJ法
      マインドマップ
    • マインドマップ実物
    • 注意事項
      ぎりぎり読める汚い字で素早く
      1つの塊に1つの意味
      必要な要素を取り出しワンフレーズにまとめる
      (付箋の場合)太いペンで大きく書く
      レイヤー毎に色を変える(3色推奨)
      同じ方向を見る(完全に同じ視界を共有する)
    • ぎりぎり読める汚い字で素早く
      1つの塊に1つの意味
      必要な要素を取り出しワンフレーズにまとめる
      マインドマップ作成(5min.)
      (付箋の場合)太いペンで大きく書く
      レイヤー毎に色を変える(3色推奨)
      同じ方向を見る(完全に同じ視界を共有する)
    • 実際のファシリテーションでは
    • ①場のデザイン
      マジックナンバー7±2
      ゴール&時間&プロセスを可視化して共有
      位置バランスをとる
      (発言量、意見、派閥、男女、エリア、国籍etc.)
      議論を可視化して共有
    • アイスブレーキング
      クローズ&オープンクエスチョン
      ②議論を引き出す
      ・笑顔&アイコンタクト
      ・うなづき&あいづち
      NLP
      ・ペーシング(動作&声)
      ・復唱&言い換え
      ・沈黙活用
    • ペアワーク(2min)「KOLCについて思う事」
    • アイスブレーキング
      クローズ&オープンクエスチョン
      Feed Back (1min.)
      ・笑顔&アイコンタクト
      ・うなづき&あいづち
      NLP
      ・ペーシング(動作&声)
      ・復唱&言い換え
      ・沈黙活用
    • ペアワーク(2min)「KOLCについて思う事」
    • アイスブレーキング
      クローズ&オープンクエスチョン
      Feed Back (1min.)
      ・笑顔&アイコンタクト
      ・うなづき&あいづち
      NLP
      ・ペーシング(動作&声)
      ・復唱&言い換え
      ・沈黙活用
    • ペアワーク(2min)「KOLCについて思う事」
    • アイスブレーキング
      クローズ&オープンクエスチョン
      Feed Back (1min.)
      ・笑顔&アイコンタクト
      ・うなづき&あいづち
      NLP
      ・ペーシング(動作&声)
      ・復唱&言い換え
      ・沈黙活用
    • アイスブレーキング
      クローズ&オープンクエスチョン
      ②議論を引き出す
      ・笑顔&アイコンタクト
      ・うなづき&あいづち
      NLP
      ・ペーシング(動作&声)
      ・復唱&言い換え
      ・沈黙活用
    • ③論理的に構造化
      縦の論理:「Why so?」「So what?」
      横の論理: 「MECE(モレなくダブりなく)」
    • Why so?
      理由
      理由
      理由
      理由
      理由
      理由
      理由
      理由
      理由
      理由
      理由
      理由
      理由
      理由
      理由
      ③論理的に構造化
      アクティブメンバー数が少ない
      退会者と
      フェードアウト
      が多い
      現実が
      期待より
      悪い
      入会者が少ない
      事象
      メンバー間
      コミュ不足
      So what?
      団体として
      魅力がない
      魅力を
      伝えきれない
      説明会×
      コミュ
      機会不足
      MECE(モレなくダブりなく)
      広報
      ツール×
      X
      LR
      GLE
      新歓合宿×
      期待値が
      高過ぎる
      現実が
      悪過ぎる
    • 個人ワーク (3min.)「ICXの事業成果が上がらない理由」を論理的に構造化
    • 解答例
    • ③論理的に構造化
      縦の論理: ”Why so?” & ”So what?”
      横の論理: MECE(モレなくダブりなく)
    • ・中立的立場
      ・言葉の裏にあるものは?
      対立解消
      ・人でなく主張にフォーカス
      ・前提認識/知識を揃える
      ・Mtg後に個別フォロー
      ④合意形成
      結論を可視化して共有
    • 振り返りテスト(3min.)
    • 答え合わせ
    • 休憩 (5min.)
    • 実践
    • 復習 (1min.)
    • グループワーク
      3人1組
      (13分ワーク->5分FB)×3回
      1人がファシリテーター(プロセス関与)
      1人が喋りながらFG(マインドマップ)
      1人がひたすら喋る
         ->交代して全部経験
    • グループワークA (13min.)「恋人にするなら2次元と3次元どっちが良い?その理由は?」
    • Feed Back (5min.)
    • グループワークB (13min.)「AIESECが輩出したいグローバルリーダーとはどんな人?」
    • Feed Back (5min.)
    • グループワークC (13min.)「BBQの時このチームでやる(?)3分間の出し物の企画」
    • Feed Back (5min.)
    • 振り返りテスト(3min.)
    • 答え合わせ
    • メッセージ
      ファシリテーションスキルあると競争力◎
      インプット&アウトプットを繰り返すべし
    • インプットの参考図書あとでML流します
    • Fin.