• Save
Qt小技(修正版)
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Like this? Share it with your network

Share

Qt小技(修正版)

  • 3,669 views
Uploaded on

(Japanese - 日本語です) ...

(Japanese - 日本語です)
関東Qt勉強会 #16で発表したときの資料(修正版)

More in: Technology
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Be the first to comment
No Downloads

Views

Total Views
3,669
On Slideshare
2,793
From Embeds
876
Number of Embeds
7

Actions

Shares
Downloads
0
Comments
0
Likes
2

Embeds 876

http://blog.hermit4.info 575
https://twitter.com 157
http://qt5.jp 135
http://www.feedspot.com 4
http://4572229387701660661_6aaec763dd878caf890ad9f0aa6e60a539f18502.blogspot.com 3
http://cc.bingj.com 1
http://reader.aol.com 1

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
    No notes for slide

Transcript

  • 1. Qt小技集CUIもQtで行こうよ* 諸事情により一部画像は、発表時から差し替えております。ご想像によりご自由な画像を思い浮かべてお読みください。13年6月17日月曜日
  • 2. 自己紹介Twitter :hermit4職業 : 文系出身のプログラマ所属   :フリーランス分野   :最近何でも屋の雰囲気最近の興味 : プライベート時間の作り方最近の課題 : 勉強時間の確保13年6月17日月曜日
  • 3. 本日のお題• Qt5って美味しいの?Qt4.8で行きます!• QMLってなんだっけ。C++で行きます!• GUIはQMLでいいじゃん。CUIで行きます。13年6月17日月曜日
  • 4. QtでCUIってぶっちゃけどうなの?• 正規表現が使えます• Write-on-copy等に対応したコンテナ• 強化された文字を扱うQStringの利用• 豊富なマルチスレッド機能• シグナルやスロットを使ったイベントドリブンな設計13年6月17日月曜日
  • 5. QtでCUIってどう作るの?13年6月17日月曜日
  • 6. QtでCUIってどう作るの?13年6月17日月曜日
  • 7. QtでCUIってどう作るの?13年6月17日月曜日
  • 8. QtでCUIってどう作るの?イベントループが回り続けるだけなので、何もせず終了もしないプログラムが出来るだけです。13年6月17日月曜日
  • 9. QtでCUIってどう作るの?返事が無い。ただのしかばねのようだ・・・イベントループが回り続けるだけなので、何もせず終了もしないプログラムが出来るだけです。13年6月17日月曜日
  • 10. QtでCUIってどう作るの?// 心配になってGoogle検索したら出てきたブログ記事から抜粋#include <QCoreApplication>#include <iostream>int main(int argc, char *argv[]){QCoreApplication a(argc, argv);std::cout << "Hello World." << std::endl;return a.exec();}標準出力へメッセージを出した後、イベントループ待ちするため、終了しないコマンドになります。死んだわけではなく、イベント待ちしているのですが、コンソールアプリとしては間違ってます。13年6月17日月曜日
  • 11. QtでCUIってどう作るの?// 心配になってGoogle検索したら出てきたブログ記事から抜粋#include <QCoreApplication>#include <iostream>int main(int argc, char *argv[]){QCoreApplication a(argc, argv);std::cout << "Hello World." << std::endl;return a.exec();}Hello World.もの言わなくなった。死んでしまうとは情けない・・・標準出力へメッセージを出した後、イベントループ待ちするため、終了しないコマンドになります。死んだわけではなく、イベント待ちしているのですが、コンソールアプリとしては間違ってます。13年6月17日月曜日
  • 12. QtでCUIってどう作るの?#include <iostream>// ただ表示するだけなら、これだけで良いのですint main(int argc, char *argv[]){std::cout << "Hello World." << std::endl;return 0;}QtSOUNDONLYQtはどこへ・・・。わたし気になります。13年6月17日月曜日
  • 13. QtでCUIってどう作るの?#include <QTextStream>static QTextStream cout(stdout);int main(int argc, char* argv[]){Q_UNUSED(argc);Q_UNUSED(argv);cout << "Hello World" << endl;return 0;}QtSOUNDONLYQCoreApplicationはいらないのですか?無理矢理Qt使ってみていますが、とはいえ使う意味はあまりないプログラムになります13年6月17日月曜日
  • 14. QCoreApplicationは必要?無くてもQtの色々は使えます• Qt定義のタイプを使えます(qreal, qint16, qint32, qint64)• コンテナクラスを使えます(QList, QVector,QMap)• QTextStream経由でコンソールに文字出せます• QString, QVariantなんかも使えます13年6月17日月曜日
  • 15. • Event LoopとEvent Handling• アプリケーションおよびライブラリのPATH取得• 国際化及び翻訳機能• コマンドライン引数への簡単アクセス• ロケールの設定QCoreApplicationで出来る事13年6月17日月曜日
  • 16. • いわゆるシグナルとスロットを使うもの• QTimer• QProcessで終了をスロット検知する• QThread間のやり取り• QFileSystemWatcherのような監視してるものEvent LoopとEvent Handling13年6月17日月曜日
  • 17. • QString QCoreApplication::applicationDirPath()• QString QCoreApplication::applicationFilePath()• qint64 QCoreApplication::applicationPid()• QStringList QCoreApplication::libraryPaths()• void QCoreApplication::addLibraryPath(const QString& path)アプリケーションやライブラリのパス取得13年6月17日月曜日
  • 18. 国際化と翻訳#include <QTextStream>#include <QCoreApplication>#include <QTranslator>static QTextStream cout(stdout);int main(int argc, char* argv[]){QCoreApplication app(argc, argv);QTranslator trans;trans.load("hello.qm");app.installTranslator( &trans );cout << QObject::tr("Hello World") << endl;return 0;}13年6月17日月曜日
  • 19. lupdate hello.pro -ts hello.tslinguist hello.ts国際化と翻訳13年6月17日月曜日
  • 20. 国際化と翻訳13年6月17日月曜日
  • 21. コマンドライン引数への簡単アクセスQStringList QCoreApplication::arguments()ちなみに、これstaticなメンバ関数です。QStringListなので、オプション解析は自力でも簡単にできるかと。arguments().contains(“-t”)順番や無効引数でhelpが必要とかいうなら、loopしながら見てくなりすれば良いと思うよ13年6月17日月曜日
  • 22. ところでQtSOUNDONLY小技はどこへ・・・。わたし気にな(ryコンソールアプリ作るときの小技紹介のつもりで、そもそもコンソールアプリの作り方を話しただけで時間無くなってしまう計算に・・・・。内容を良く考えもせずタイトルだけ伝えてあったもので・・・。実際この時点で残り時間5分ちょっと。とはいえ、タイトル詐欺に成らないように駆け足でざっくり小技のご紹介をしました。13年6月17日月曜日
  • 23. 小技(1) QDebugQtでデバッグ出力といったら<QDebug>実は、このデバッグ、書き出し先や挙動を変更できます。qDebug() << “hogehoge”;qWarning() << “Warning”;qCritical() << “Critical”;QtMsgHandler qInstallMsgHandler(QtMsgHandler handler)を使います。13年6月17日月曜日
  • 24. 小技(1) QDebug#include <qapplication.h>#include <stdio.h>#include <stdlib.h>void myMessageOutput(QtMsgType type, const char *msg){switch (type) {case QtDebugMsg:fprintf(stderr, "Debug: %sn", msg);break;case QtWarningMsg:fprintf(stderr, "Warning: %sn", msg);break;case QtCriticalMsg:fprintf(stderr, "Critical: %sn", msg);break;case QtFatalMsg:fprintf(stderr, "Fatal: %sn", msg);abort();}}int main(int argc, char **argv){qInstallMsgHandler(myMessageOutput);QApplication app(argc, argv);...return app.exec();}13年6月17日月曜日
  • 25. 小技(2) QtGlobal - typedefqint8qint16qint32qint64qlonglongqptrdiffqrealquint8quint16quint32quint64quintptrqulonglongucharuintulongushort各自がバラバラに作りやすいtypedefQtを使えば解決じゃんというおはなし13年6月17日月曜日
  • 26. 小技(3) QtGlobal - 演算関数T qAbs ( const T & value )const T & qBound ( const T & min, const T & value, const T & max )bool qFuzzyCompare ( double p1, double p2 )bool qFuzzyCompare ( float p1, float p2 )const T & qMax ( const T & value1, const T & value2 )const T & qMin ( const T & value1, const T & value2 )qint64 qRound64 ( qreal value )int qRound ( qreal value )qFuzzyCompareは、その名の通り適当な感じで比較しているので、計算機イプシロンを使った厳密な比較ではないものの、浮動小数点の簡易的な比較には十分使える。13年6月17日月曜日
  • 27. 浮動小数点数の補足説明(追記)便利そうという顔をした人が少ない気もしたので念のため補足。floatもdoubleも使わない業界の人はずっと使わないですしねぇ・・・。かく言う私も、この仕事についてかなり後の方でした、floatやdoubleをガリガリ使う仕事についたのは。現代のコンピュータにおいては、実数であっても有限なビット数の2進数を使って表現しています。実装方法は色々ですが、WikipediaのIEEE 754とか、その辺りを見ると割と一般的に使われているものが説明されています。いや、IEEE754自体を読むのが正しいとは思いますけど、知らないと言う事は必要な局面に立っていないのでしょうし、楽な解説読めばいいんじゃなイカ。で、Google先生に聞けば、文系出の私の知識よりよっぽど詳しく正しいものが見つかりそうなので省きますが、floatやdoubleには、同じ数字に思えても、誤差を含んでいる場合があります。このため、C,C++において、!=や==は正常に動作しない場合があります。こういった比較をする時は、比較する「実数同士の差の絶対値」が、「ある数値」を超えるか否かで判断します。この「ある数値」は、非常に厳密にやるなら、”比較する数のうち「大きい数」とその「大きい数を超えた最小の数」の差”を比較対象にするのですが、いちいち比較の度にこれを厳密に求めるのは無駄な場合が多い(そこまで厳密である必要が無い事が多い)ので、システムとして必要な有効桁数を決めてざっくり決めるのが現実的かと思います。で、Qtの方で適当に決めた範囲で比較してくれてますというお話です。ただし、かなりざっくりな事は覚悟して使って下さいと。なお、1.0と1.0を超える最小の数値を計算機イプシロンと呼びます(と私は人に教わりました)が、C,C++では、1.0と1.0を超える最小の数値の差をFLT_EPSILON, DBL_EPSILONと定義していたりで、こちらをイプシロンと呼ぶ人もいます。ちなみにこのイプシロンですが、1.0の場合の話で、1.0より小さい数の場合、もっと小さな値になる相対的なものです。また、人によっては、その相対的な差の事をイプシロンと呼ぶ人もいるので注意が必要です。まぁ、イプシロンについては、Cで定義されているイプシロンは、「1.0と1.0を超える最小の数との差」で、それをそのまま等号比較に使ってはいけないとだけ覚えておけば良いでしょう。あとは、相当真面目にやらなきゃ行けない仕事についた時に頑張って調べ直して下さい。13年6月17日月曜日
  • 28. 小技(4) QtGlobal - rand関数int qrand ()void qsrand ( uint seed )seedをもとにしたランダム値の生成。Thread-safe版小技(5) QtGlobal - 環境変数環境変数の取得・設定用の関数QByteArray qgetenv ( const char * varName )bool qputenv ( const char * varName, const QByteArray & value )13年6月17日月曜日
  • 29. 小技(6) QtGlobal - マクロ編QT_REQUIRE_VERSION ( int argc, char ** argv, const char * version )必要なQtバージョンを指定できる。(GUIのみ) QMessageBoxに定義されている#include <QApplication>#include <QMessageBox>int main(int argc, char *argv[]){QT_REQUIRE_VERSION(argc, argv, "4.0.2")QApplication app(argc, argv);...return app.exec();}13年6月17日月曜日
  • 30. 小技(6) QtGlobal - マクロ編Q_BYTE_ORDERビルド環境のエンディアンに応じた処理を記述できる#if Q_BYTE_ORDER == Q_BIG_ENDIAN...#endifor#if Q_BYTE_ORDER == Q_LITTLE_ENDIAN...#endifその他、assertの変わり、コンパイラやQtバージョンのマクロ等もあるので、見てみるとこれはと言う物がみつかるかもhttp://qt-project.org/doc/qt-4.8/qtglobal.html13年6月17日月曜日
  • 31. 小技(7) .pro編元々Qt Creatorを使っていなかった時代の知識なので、若干古くさいですが、qmake用の.proファイルを手作業でいじるお話です。QtはデフォルトでlibQtGUIとリンクしようとするので、それをはずすには.proファイルに以下の記述が必要です。Qt -= guiQtはモジュールと呼ばれる単位に分かれています。(完全に奇麗に分かれているかは少し怪しい所もありますが)使いたいモジュールを足していきます。13年6月17日月曜日
  • 32. 小技(6) .pro編network ネットワーク関連クラスを使うsql データベース関連のクラスを使うxml XML関連で、SAX,DOMを使うxmlpatterns XPath,XQuery,XSLT,SchemaValidationscript スクリプトエンジンの組込みCUIで使えそうなものだけ抜き出してみました。マニュアルのAll ModulesでModuleを選択すると何をQT+=するか出てます。13年6月17日月曜日
  • 33. 小技(7) .pro編アプリケーション名、インストール先を変えるTARGET = hellotarget.path = /usr/local/binINSTALLS += targetこれで生成されるMakefileには、インストール用の設定が行われます。13年6月17日月曜日
  • 34. 小技(7) .pro編複雑になり始めたアプリケーション構成への対応TEMPLATE = libqmake -projectで生成されるのは、基本アプリケーションビルド用ののappですが、ライブラリを生成したい時には、lib templateを選択します。TEMPLATE = subdirsSUBDIRS += lib helloちなみに、subdirsを使うと、サブディレクトリを分けてそれぞれの下を巡回してqmakeを行い、サブディレクトリをたどるMakefileを生成してくれます。13年6月17日月曜日
  • 35. ご清聴ありがとうございましたもともとQtをあまり知らない人用にと思って書いたのでみなさんには既知の内容が多かったかもしれません。RubyやPython等のお手軽さに比べるとビルドの必要性ややらなければなことの多さで負けていますが、処理するものの量が多ければ、Qtの方が有用な場合もあります。ちょとしたスクリプトを書いた時、お暇があれば、Qtを使って書き直してみてはどうでしょうか。13年6月17日月曜日