Your SlideShare is downloading. ×
ベトナム: ベトナムの経済成長とIT
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×

Introducing the official SlideShare app

Stunning, full-screen experience for iPhone and Android

Text the download link to your phone

Standard text messaging rates apply

ベトナム: ベトナムの経済成長とIT

234
views

Published on

ベトナム:ベトナムの経済成長とIT …

ベトナム:ベトナムの経済成長とIT

Published in: Technology

0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total Views
234
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0
Actions
Shares
0
Downloads
6
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide
  • 2
  • 12
  • Transcript

    • 1. 1 ベトナム: ベトナムの経済成長とIT
    • 2. I. ベトナムの人口と経済に ついて II. ITセクターとアウトソーシ ング業界について Summary
    • 3. ベトナムの人口 平均年齢はきわめて若く主に農村部にすんでいます • ベトナムは8900万人の人口を有しており、平均余命は75歳で す。 • 人口は主に農村で市街地に住んでいるベトナム人は32%にと どまります。 • 平均年齢はとても若く28歳。その生活は急速に西洋化してい ます。 対GDP政府教育予算年齢別人口 (% GDP) 44% ベトナム人の人口の 44%が25歳以下で す。 Vietnam: 6.6% France: 6.1% Thailand: 3.7% Philippines: 2.7% Officience | 2013 | 3 0-14 years 25% 15-24 years 19% 55-64 years 7% 25-54 years 44% >65 5%
    • 4. 4 対GDP 政府教育予算 6.6%
    • 5. ベトナムの人口ボーナス ベトナムの人口は増加傾向にあり経済に人口ボーナスとしてよい影響をもたらしています。 • HDI(人間開発指数)は0.62。フィリピンやタイに比べ て劣るものの国連のレポートによれば教育投資によ り急速にHDI値は改善している。 • 8900万人の住民のうち600万人ほどが中流階級。 2012年の経済危機にもかかわらず6.2%の割合で 中流階級は増加しています。 • 生活水準はこの20年間の経済成長のおかげで劇的 に改善しています。 • 1995年から2013年にかけて一人あたりGDPは6倍 に増加して現在の3500USDになっています。 • 最低月給は地域によるが80USD~110USD *Source: Report on Human Development 2013 published by the United Nations Development Program (UNDP) 0.7 0.65 0.6 0.55 0.5 0.45 0.4 HDI progression since 1990 1990 1995 2000 2005 2010 1995年から2013年にかけて一 人あたりGDPは6倍に成長 Officience | 2013 | 5
    • 6. HDI growth since 1995: 41% 6
    • 7. ベトナムの経済上昇 経済は20年間継続して成長 1986: ドイモイ制作(reformation policy) 9% 8% 1990: 民間企業の認可(法的整備面) 7% 6% 1995:ASEAN加入 5% 4% 2007:WTO加入 3% 2% 2012: Exports at 90% of GDP 1% 0% GDP Structure Farming 21.6% Industry 40.7% Growth of GDP 20052006200720082009201020112012 • 過去10年間でベトナムは飛躍的な経済成長を遂げています。 • GDPは2002年から2010年までの8年間で3倍に成長。輸出と 投資がリードしました。 • 政府政策は断固として経済成長をめざし、貿易の自由化から 将来のベトナムの成長因子になる工業化(特にハイテク領域) に力を入れました。 • 産業の発展は主に公共セクターから開始されたが、民間セク ターもゆっくり成長に向かっている。(2009年の民間セクター 比率65%から今日75%に) 開かれた国を作ることを目的とした政策は、国際的な経 済成長を促した “「わずか数年で、ベトナム経済 は目覚ましい経済上昇を遂げ た。" フランス財務省 Officience | 2013 | 7 Services 37.7%
    • 8. 貿易:成長の本質的な原動力 輸出を高めることは工業化の進展そして経済活力の源です。IT製品はますます重要な位置を占 めています。 • 輸出は2006年の毎年平均して20%上昇しており、2012年には12兆円に達しました。 • 貿易はASEANと中国の成長を背景に多くの国と取引をしています。 • 2012年はきわめて重要な都市でした。 • この20年間で初めて国際収支がプラスになりました • 携帯電話や周辺機器が輸出のトップとなりかつての繊維や服、オイルを追い抜きました。 • 輸出は過去10年間で大幅に成長をしており、ハイテク製品がゆっくりと農業製品をリプレイスしています。 20% ハイテク製品やサービスの輸出比 率 $18bn 2013年の輸出に占める携帯電 話・スマートフォンの売上高 世界銀行の資 料は輸出品目 の移り変わりを 示しています。 Officience | 2013 | 8
    • 9. 海外資金援助によるベトナムの経済開発 国際資金援助はベトナム経済活動の中で未だメジャーな位置を占める。 • ベトナムは世界で2番目の大きな国際開発協会( IDA)0%ローンの享受jを受けている国です。20年 間でおおよそ1兆円の援助を受けている。 • Public Development Aid (PDA)の面ではベトナム は3兆円/年を2010年から享受している。 • インフラ投資の40%がPDAによってまかなわれて いる。 • 2002年から20006年にかけて日本政府はODAで 4788億円の支援を行っている。 • インフラ整備分野、投資環境整備分野、環境保全 分野等について支援を継続。2005年以降の日本 政府のODA額は1000億円/年を超える。 4000 3500 3000 2500 2000 1500 1000 500 0 1st 日本は政府開発援助(ODA)の最 大の援助国 Total amount of PDA in Vietnam, in $ millions 1980 1985 1990 1995 2000 2005 2010 Financial transfers from the Vietnamese diaspora are breaking records each year: $8bn in 2010, $10bn in 2012 Officience | 2013 | 9
    • 10. $29 billion 10 Net total of PDA received by Vietnam since 2000
    • 11. ベトナムにフォーカスする世界銀行 世界銀行は多くのベトナムの開発をサポートするための投資を定期的に行っています。 • 世界銀行はベトナムの成長に欠かせないサポートを 担っています。2400億円ものローンを2011年発行して おり、近年は以下のようなプロジェクトが含まれていま す。 • 150億円高等教育の品質を高めるために小学校前 の子供への教育を行っています。 • 250億円ベトナムの経済運営の再構築に活用。これ により生産性や競争優位性が向上した。2013年~ 2015年。 13 世界銀行が支援しているプロジェ クト数2012年度 $2bn 世界銀行からのローン 2013年度 世界銀行は6年間で110億円の助成を行っています。(科学技術の研究) このプロジェクトは知をベースとした経済の発展を助成しており、人材誘致や技術者の開発、革新的な 企業の創造のために使われました。 このプロジェクトは科学技術庁(Ministry of Science and Technology (MOST))が管轄しました。 Officience | 2013 | 11
    • 12. I. ベトナムの人口と経済 について II. ITセクターとアウトソーシ ング業界について Summary
    • 13. ベトナムITセクターの魅力 5th most popular destination for IT directors ベトナムのBPO/ITO産業開発のため欧米諸国やアジ ア諸国は大規模な投資を行った •2006:インテルはコンピュータ部品の組み立てのた めの10億ドルを投資 •2009:キャップジェミニはIACP Asia を買収(IT企業) •2011:NTTドコモはVMG Media(ベトナム通信大手) の25%を取得しました •2013:サムスンは、マイクロプロセッサの工場に12 億ドルを投資 ベトナムはAT Kearney 2011 Global Services Location Indexでは世界で8番目に位置します。2010年から比べて2 ランクアップしました。 スコア: • 24th 人々のスキルと能力 • 1st フィナンシャル魅力度 • 39th ビジネス環境 2010年度の”オフショア開発調査”によるとベトナムはITオ フショア領域において5番目に人気のある国です。5%のIT 2008年以降1000億円以上の海外直接投資を誘致。担当役員が好きな地域と答えました。 世界銀行によるとベトナムはFDI/ GDP比率で ASEANの中では2番目に大きな外国資本を受け入 れています。 海外直接投資はハイテク業界、流通、サービス面に おいてますますその金額を増やしています。 Tholons’ Top 100 Outsourcing Destinations (2013)によ るとHCMCとハノイはそれぞれ16位、23位にランキングされ ています。 ベトナムはITとBPOの市場カテゴリの中で急成長市場に位 置し、フィリピンと同様に評価されています。 Officience | 2013 | 13
    • 14. 16th Ho Chi Minh City’s ranking in the TOP 100 Outsourcing destinations
    • 15. ベトナムのIT市場:クラスターのダイナミクス • インフラ整備のために2010年から3000億円以 上の投資がなされています。 • その投資はハイテク領域に振り向けられ、Hao Lac, An Giang, Quang Nam, Thua Thiên-Huê and Vinh Phucなどのインフラ整備がすすみま した。 • インフラ整備はベトナムの事業の中でも最 も重要なチャレンジです。 • 財·サービスの輸出のための付加価値税 の免除 • 外国投資手続きの簡素化 • IT開発は、2020年戦略計画の中心に位 置 • 国家目標:2020年にはIT,ソフトウェア領域 においての1兆5000億円の市場創出 • 高等教育における学生の割合は毎年9%ずつ増 加している。 • 2012年では26万人の学生が大学や高等教育の 学校を卒業しており、科学技術分野における80% が海外とのコラボレーションに卓越しています。 • ベトナムは300箇所以上のITエンジニア育成 高度教育機関を所持しています。 (2000年度は10カ所) • 海外直接投資: 2013年上半期に1兆円投資 • ベトナムを代表する企業群: Hitachi, Fujitsu, Samsung, NTT, Accenture, IBM, Intel, Cap Gemini, Sony, Oracle etc. • BPO領域におけるベトナム企業と海外企業の ジョイントベンチャーの創出 • (例:F-Agrex 2013年度) • ソフトウェア産業:1000以上の企業が2011年で は1000億円以上の売上を創出しています。 教育 インフラストラク チャ 民間のチカラ公共のチカラ Officience | 2013 | 15
    • 16. 300 Higher education establishments which train IT engineers
    • 17. BPO-ITO セクターのメインプレイヤー ベトナムに進出した海外のBPO/ITO企業 1997 2000 2005 2008 2009 Global Cybersoft Pentalog, Capgemini • 先進国でトレーニングをうけている • 国際的なジョブを案件の中心にしていない • ローカルクオリティスタンダード 例: FPT Software, Lac Viet • Viet Kieuによる創業 • 先進国でトレーニングを受けている • 国際的な品質標準をもち現地のコスト構造 で経営 例:Global Cybersoft, Officience • ローカルでは製造のみ担当 • 営業チームは現地に不在、顧客との関係は 本社主導 例:Capgemini, IBM TMA Solutions IBM Source: Vietnam Outsourcing Portal Officience 2006 Alcatel 2010 Cisco Officience | 2013 | 17
    • 18. 都市の地理的な特徴 2つの大きな都市は産業によってわかれている。ホーチミン市はハイテク産業やITサービスにおいてリー ダーシップをとっている。 • 全世界アウトソーシング最適都市TOP50でホーチミン市( HCMC)は5位。ハノイは10位にランクイン。 • ダナン市はベトナム内で特にソフトウェア産業において3番目 のアウトソーシング都市になりつつある。 • HCMCはプロダクト開発とテストにおいて専門的なアウトソー シングとしての認識がされている。 Hanoi 市場伝統的繊維中心 Ho Chi Minh City イノベーションに向けて動いている IT,エネルギー、バイオテック 企業ドメスティック、国営企業インターナショナル、外国企業 家庭インターネット接続率22% of the population 33% of the population *Source : TOP 100 Outsourcing destinations, Tholons Officience | 2013 | 18
    • 19. 19 “Danang is gradually becoming the 3rd outsourcing destination in Vietnam”
    • 20. 郊外のIT地域の躍進 技術開発は2大都市だけの特権ではなく郊外のIT業界も活発化しています。 • 2都市以外にもテクノロジーパークは郊外で急速に開発が進 められています。北部にあるHoa Loc工業団地はハイテク地 区として2017年を目処に宇宙航空研究センターの中心になる 計画がなされています。 • ベトナムでは技術開発は地域によって中央にて決定されます 。それぞれの地区でどのような技術者を育成するか、固有の 技術を開発するかを検討することになります。郊外のIT地区 はこのようにして決められています。 • 北ベトナム:IT、電気機械、自動化、新素材、バイオテクノロジ ー。 • ベトナム中部:IT、クリーン技術、自動化、石油化学、造船。 • 南ベトナム:IT、精密機械、化学製品、ゴム加工、バイオテクノ ロジー、電気機械、エネルギー、石油化学製品。... “By 2017, Hoa Lac will be home to the new Aerospace Research Centre.” ITは北・中部・南と3エリア 全体で開発が進められて います。 Officience | 2013 | 20
    • 21. ベトナムBPO-ITOの展望(1/2) BPO-ITO: 継続的に成長するセクター100,000 • BPO & ITO sector in Vietnam in 2012: • 年間1500億円の市場 • 10万人以上の人が直接または間接的に働いている • McKinsey Global Instituteによるとオフショアサービスの マーケットはここ10年間ベトナムの成長を牽引するであろ うと予測している。 • このセクターの利得は若く安い労働者がいる点だ。ただそ の利得だけではなくベトナム自体より優秀な人材開発とイ ンフラ管理が求められている。 ベトナムは世界のITリーダーに2020年までになることを目指す BPO-ITO セクター従事者数 • ITセクターを開発することは2011-2015年度プラン・2020年戦略の一つの目玉となっている。5つの重点分野で大 きな産業の発展を目指している。 サービスプロバイダと多 国籍企業を誘致 品質と可用性のある人 材プールを構築する 国際標準に近いネット ワークインフラの構築 有効な産業規制を 実施 国際的なフォーラムでベトナ ムブランドの売り込みを図る Officience | 2013 | 21
    • 22. 22 “Vietnam has the potential to become one of the top ten locations in the world for offshore services.” McKinsey Global Institute
    • 23. ベトナムBPO-ITOの展望(2/2) • ベトナムのITO産業は以下のような3領域での発展が見 ► ベトナムのベネフィットはアウトソーシング市場の中でも特徴があります。具体的には日本語と英語が 話せる人の層の厚さにあります。 ► BPO/ITOのニッチで継続的な成功を収めることは多くの日系企業がベトナムに進出していることでも照 明されています。 ►  ベトナムにとって開発とインフラへの投資はベトナムの国際経済でのニッチセグメントの確率を強化 することでしょう。 込まれている Niches ► ベトナムは欧米企業または日系企業の新しいパートナーを探している ► パートナーに対してベトナムは隣人のようでありながら、インフラストラクチャのボトルネックを解 決しパートナーの事業に影響を与えないようにしなければいけない。 地域接続は既にインドネシアとタイの間に存在しており、これらのボトルネックの解決に貢献 している。これらはベトナムを中心としたシナジーを作る上で地域の魅力を高め、拡張の必 要性がある。 Developing regional coordination ► 多くの国々(米国、イスラエル、ノルウェー、他)で公共の購買力はソフトウェア産業そしてローカル経済 のイノベーションに貢献してきた。 ► これはベトナム国内の需要創造に貢献し、上記の国の成長力になった。  ベトナムはITの国内需要による経済便益はまだ少ないが、同様のスキームにて地場産業の受注 を通じて市場の活況化に貢献すると考える Investing in the domestic market ニッチ協調 ベトナム国内市場 Officience | 2013 | 23
    • 24. ベトナムのIT業界環境– SWOT Analysis STRENGTHS ► 非常に競争力のある給与水準 ► GDPが安定しており、輸出の増加も安定している ► 教育水準が高く、教育により技術に一定の保証 がある ► 政府がICTセクターのサポートを行っている ► 地政学的安定 WEAKNESSES ► 若く、比較的経験の浅い労働力 ► ローカルビジネス環境の評判 ► 不透明な規制慣行 ► 知的財産の保護が甘い ► 通信とIT業界にとっては十分ではないインフラ OPPORTUNITIES ► 低賃金。インフレの中でもコスト上昇率が高くない ► 東南アジアや新興国においてITアウトソーシング の需要増加。 ► 未開発な国内市場 ► 投資手続きの簡素化 ► 日中関係の政治的悪化によるBPO/ITO発注先企 業の変化 THREATS ► 他地域からの新規参入(語学力、信頼性、能力...) ► サイバー犯罪率の高さ ► 内資の貸付資金不足(PDAがインフラ融資の40% をサポート) ► 低付加価値事業が区分されてしまうことのリスク Officience | 2013 | 24